大人ニキビの原因と改善・予防法と美肌に導くスキンケア法

大人ニキビの原因と改善・予防法と美肌に導くスキンケア法

大人になると出来る、やっかいな大人ニキビ。
大人ニキビは顎や頬に出来やすいのが特徴で、ホルモンバランスの乱れなどが原因で発生します。

なかなか治らないので悩んでいる方も多いものです。
そこで今回は、大人ニキビの原因や改善法、予防法、そしてお手入れの仕方をご紹介しましょう。

>>当サイトでオススメしている大人ニキビの化粧品ランキングを見てみる

Contents

大人ニキビの特徴は?

10代の頃に出来る思春期ニキビと、大人ニキビの特徴は異なります。
思春期ニキビの原因は皮脂の過剰分泌ですが、大人ニキビは原因が皮脂の過剰分泌だけではありません。

生活習慣やホルモンバランスの乱れ、ストレスや肌の乾燥等も原因となります。
また、肌が乾燥しやすいUゾーンに出来やすいのも特徴と言えるでしょう。

大人ニキビは顎とおでこの位置に出来やすい

大人ニキビの主な原因は、過剰な皮脂分泌。
皮脂が分泌する場所にはニキビが出来やすいため、 顔は最もニキビができやすい場所なのです。

皮脂の過剰分泌により、毛穴に皮脂が詰まってしまいます。
特に顎は毛穴の多い場所なので、あごの大人ニキビに悩む人が多いのです。

そして、顎ニキビはホルモンの影響、胃・消化器系などの内臓の不調、ビタミンB群の不足なども原因と考えられています。
胃や消化器系はストレスの影響を受けやすいので、ストレスが原因で胃が悪くなり、あごにニキビができてしまう場合もあるのです。

男性の場合は、ひげを剃る事で肌にダメージを与え、顎のにきびの原因となっている場合もあります。
おでこのニキビは、ホルモンバランスの乱れやシャンプーの洗い残しなどが刺激となって出来る場合が多いものです。

おでこは前髪が触れて刺激になりやすいので、悪化させないように注意しなければなりません。
大人ニキビは、ホルモンバランスや睡眠不足、ストレスの影響を受けやすいので、生活習慣やストレスの管理をしっかりすると良いでしょう。

大人ニキビはUゾーンに繰り返し出来やすい

Uゾーン(フェイスライン)の大人ニキビの原因は様々ですが、下記のような事が挙げられます。

  • 保湿が足りない
  • 雑菌などの外部刺激
  • 洗顔などのすすぎ残し
  • 生活習慣の乱れ

肌の中には保湿成分があり、乾燥肌にならないようにしてくれます。
Uゾーンに関しては、保湿成分が少ない場所なので、しっかりと保湿を行う必要があります。

もともと少ない上に、加齢によっても減少するため、乾燥肌になりやすいと言えます。

大人ニキビは赤ニキビが多い

赤く炎症した「赤ニキビ」が多く出来やすいのが大人ニキビの特徴。
もともとあるニキビが炎症を起こして赤ニキビが出来る場合もあります。

また、炎症している部分を放置していると、跡にも残りやすいので注意しなければなりません。
炎症を抑えるためにも、下記のような事に気を付ける必要があります。

  • スキンケア
  • 生活習慣(食生活・睡眠など)
  • 抗生物質などの薬
  • 化粧品の見直し

あまりに赤ニキビが繰り返される場合は、ホルモン治療、クニック治療などの医療的なケアも必要になるでしょう。

大人ニキビは膿があり痛い

大人ニキビは膿が溜まりやすく痛いというのも特徴の一つです。
年齢を重ねた肌は様々な理由によりターンオーバーが乱れやすく、毛穴が詰まりやすい人は多いでしょう。

毛穴が詰まると皮脂が溜まり、そこへアクネ菌が増殖します。
アクネ菌を退治しようとして白血球が集まるのですが、この白血球の残骸が膿の正体なのです。

大人ニキビ肌はバリア機能も弱い事が多いため、悪化しやすいので早めのケアが必要でしょう。

大人ニキビの原因は?

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因は様々。
大人ニキビの主な原因には、肌のターンオーバーの乱れ、バリア機能の低下が挙げられます。

その他、化粧品やメイクによる毛穴の詰まり、ホルモンバランスの乱れも原因の一つ。
複数の原因があるため、特定するのは難しいのですが、根本的に治すにはスキンケア・生活習慣の見直しが必要です。

大人ニキビはストレスと睡眠不足が原因

過度なストレスを感じると、体が緊張状態となります。
そして、自律神経が反応してホルモンバランスが崩れてしまいます。

睡眠不足は脳疲労となり、ストレスが溜まり、ホルモンバランスが崩れる原因となるのです。
こうしてストレスが溜まったり、慢性的な睡眠不足が続くと、体の血行が悪くなります。

その結果、新陳代謝も遅くなってしまいます。
すると、新しい肌に生まれなくなるので、毛穴に余分な皮脂が詰まるようになってきてしまいます。

メイクの汚れが詰まり、そこにアクネ菌が非常に繁殖してまい大人ニキビが発生するのです。
つまり、日頃からストレスがある生活や慢性的な睡眠不足になっていると、大人ニキビになってしまいます。

大人ニキビを予防するには、スキンケアをしっかりする事も大切です
生活習慣を整えて、しっかり睡眠を確保したり、日頃からストレスを解消する事がとても大切です。

生活習慣が整うとホルモンバランスが整って、大人ニキビが出来ない肌になってくでしょう。

大人ニキビは偏った食べ物が原因

カフェイン・香辛料・アルコールなどの刺激物は時には体に良い働きをします。
しかし、刺激物の強い食べ物を食べていると、皮脂が過剰分泌されます。

また、肌の健康に重要なビタミンの欠乏も発生させるため、十分に注意しなければなりません。
ビタミンには皮脂の分泌を抑える作用がありますので、皮脂コントロールが上手く行かなくなるのです。

また、糖分・脂肪分は直接ニキビになる事はありません。
しかし、糖分の消費でビタミンも一緒に消費されるため、ビタミン不足になります。

そして、大人ニキビが出来やすい肌体質へと変化してしまうのです。
体内のビタミンの消費を抑えるためにも、刺激物や甘いもの、油っこいものを摂り過ぎるのは避けましょう。

大人ニキビは過剰な喫煙と飲酒が原因

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ血行を悪くし、肌に様々な悪影響を及ぼします。
血流が悪くなると、肌細胞へ十分栄養が送られなくなり、肌の代謝が低下しまうのです。

タバコを吸うと、体内に活性酸素を発生させ、お肌の老化を早めてしまいます。
活性酸素は身体をサビさせ、肌の治癒力を低下させ、ニキビの炎症を助長させてしまうのです。

喫煙は肌荒れや大人ニキビを起こしやすいので、どんなにニキビケアを頑張っても効果が上がらなくなります。
また、お酒を飲むとタバコを吸った時とは逆に、血流が増えます。

適度のお酒は血流が良くなり、代謝もアップするのですが、過剰摂取は問題が生じます。
血流が増えすぎると、体の中に活性酸素が発生します。

結果的に、タバコやお酒はお肌の炎症を助長してしまうので、肌荒れ・ニキビが悪化するのです。

大人ニキビは皮脂の過剰分泌が原因

大人ニキビは皮脂の過剰分泌が主な原因です。
皮脂の過剰分泌は、乾燥肌による男性ホルモンの増加で引き起こされます。

また、過度なストレスでも、男性ホルモンが活発化します。
皮脂の分泌量が増えると、毛穴に角栓が詰まりやすくなるのです。

大人ニキビは角栓が詰まった毛穴が原因で、皮脂が溜まってしまう事で発生します。
男性ホルモンにて皮脂の分泌量が増えると、大人ニキビへと繋がります。

大人ニキビを予防するには、日頃からストレスを解消して交感神経が刺激される事を防ぎましょう。

そのためには、力強い洗顔で皮脂膜を無理に落とす事は止めましょう。
そして、男性ホルモンが活発化するようなストレスがある生活を改める事です。

忙しい現代人は、睡眠不足やパソコンの長時間使用も肌が休まらないために控えると良いでしょう。

大人ニキビは運動不足による老廃物が原因

大人ニキビなどの肌トラブルは、運動不足による老廃物の蓄積も関係しています。
運動不足は肌の新陳代謝であるターンオーバーを悪化させてしまうので、ニキビの原因となってしまう事があるのです。

新陳代謝とは、体の中の古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わる事。
個人差はありますが、人の細胞は約3ヶ月サイクルで生まれ変わっています。

この細胞の生まれ変わりが滞ってしまうと、古い細胞のまま老廃物が溜まってしまい、免疫機能が正常な働きを失うのです。
そして、運動不足になると、成長ホルモンの分泌が促進されません。

そのため、新陳代謝が悪化してしまう事で肌のターンオーバーが正常に行われなくなります。
肌の免疫機能であるバリア機能が低下してしまうために、ニキビが出来やすくなり悪化してしまうのです。

乾燥肌の大人ニキビは栄養不足が原因

大人のニキビケアは栄養をしっかり取る事が大事。
大人ニキビ予防にオススメの栄養素は、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE、亜鉛です。

レバーや緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンAは、肌を健康に保つ働きがあるため積極的に摂りたい栄養素の一つ。
そして、柑橘類や緑黄色野菜に多く含まれるビタミンCは美肌を目指す方には欠かせない栄養素です。

ビタミンEは、身体のめぐりをサポートしてくれる働きを持っています。
健康な肌をつくるオススメの栄養素は、ビタミンB群・コラーゲン・食物繊維です。

大人のニキビ予防するためには、これらの栄養素を持つ食材を積極的に摂っていきましょう。

白ニキビは毛穴のつまりが原因

白い大人ニキビは、閉鎖コメドや閉鎖めんぽうとも呼ばれたりします。
コメド(角栓)や汚れなどで毛穴が塞ぎ、毛穴の中に汚れが溜まると出来ます。

白ニキビに関しては、毛穴に詰まっている状態で、炎症や痛みは生じません。
白ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌とターンオーバーの乱れが挙げられます。

また、化粧による毛穴のつまりや、肌に合わない化粧品や汚れ・ホコリも原因です。
洗顔料・シャンプー・リンスのすすぎ不足、洗い残しにも十分気を付けましょう。

大人ニキビの効果的な治療法

大人ニキビの効果的な治療法

繰り返す大人ニキビには、医療の力やクリニックでのホルモン治療もオススメです。
低用量ピルは、ニキビ治療に効果的な薬でもあります。

低用量ピルとは、女性ホルモンをコントロールする薬です。
つまり、生理前のホルモンバランスの乱れを改善でき、生理前の皮脂分泌の増加を抑えてくれるのです。

そのため、低用量ピルを飲む事でニキビ治療効果と共に美肌効果も期待出来ます。
ただし、低用量ピルには様々な種類があり副作用が出る事もありますから、興味のある方はニキビ専門のクリニック等で相談してみましょう。

大人ニキビに即効性がある薬はある?

大人ニキビは直接ニキビに塗って、炎症を抑えたり殺菌する軟膏があります。
軟膏は即効性があるため、早く大きいニキビを抑えるのに効果的です。

一方、飲み薬は即効性はありません。
しかし、大人ニキビに効果的なビタミン剤を体内に取り入れて、長期的に治すのが主流になります。

飲み薬は根本的な肌の改善が期待出来ます。
しかし、大きな炎症した大人ニキビを治すのには時間が掛かるのです。

もし早く大人ニキビを治したい場合は、赤みを抑える軟膏を使うと良いでしょう。
大人ニキビの治療で本当に大切な事は、肌の内側から根本的に解決する事です。

ですから、軟膏と合わせて飲み薬を一緒に活用すると、繰り返す大人ニキビを予防する事が出来るでしょう。
赤くなってしまったニキビの炎症を治めてくれる効果があるがテラ・コートリル。

抗炎を抑えてくれるヒドロコルチゾンと、ニキビの原因であるアクネ菌を抑えるオキシテトラサイクリン塩酸塩が配合されています。
オキシテトラサイクリン塩酸塩は、病院で処方されるニキビ薬に含まれているものですから、即効性を期待出来るでしょう。

大人ニキビの薬と市販薬

乾燥したぷちっと白い大人ニキビが出来た場合は、オロナインが有効。
オロナインは、家庭の常備薬でどこの家にもあり、便利な市販薬です。

大人ニキビの初期段階の乾燥した白ニキビは、オロナインで効果的に治す事が出来ます。
黄ニキビや赤く腫れ上がった大人ニキビが出来た時は、オロナインは余計に悪化するので使わないようにしてください。

赤ニキビや膿があるニキビが出来た時は、抗生物質、ステロイドが入った軟膏剤を使って直していきましょう。
直接、膿のある腫れた所に使用する事で、殺菌効果が働き、アクネ菌の増殖を抑えます。

そして、大人ニキビの炎症を改善してくれるのです。
その時に、ビタミンCやビタミンC配合のマルチビタミンのサプリを摂取すると、さらに早く炎症した大人ニキビを治す事が出来ます。

市販の塗り薬は飲み薬で治らなかった場合は、皮膚科クリニックに行き、処方箋を出してもらうと良いでしょう。

大人ニキビは食べ物で改善する

大人ニキビ予防にオススメの食べ物は、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE亜鉛です。
健康な肌をつくるオススメの食べ物には、ビタミンB群・コラーゲン・食物繊維が挙げられます。

レバーや緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンAは、肌を健康に保つので、積極的に摂りたい栄養素です。
また、柑橘類や緑黄色野菜に多く含まれるビタミンCは美肌を目指す方には欠かせない栄養素となります。

ビタミンEは、身体のめぐりをサポートしてくれる働きがありオススメです。
また、牡蠣やレバー・たまごなどに多く含まれる亜鉛は新陳代謝に欠かせないミネラルなので、大人のニキビケアにも良い効果が期待出来ます。

大人ニキビが悪化した時の治し方

大人ニキビが悪化した時の治し方

大人ニキビが悪化して腫れ上がってしまったり、しこりが出来てしまった場合は、自分で治そうとしない事をオススメします。
早めに皮膚科に行って処方薬を出してもらうようにしましょう。

大人ニキビは医薬品で治す

大人ニキビを薬品で治すには、ドラッグストアや薬局で販売されている一般の塗り薬、または飲み薬を使用するか、または皮膚科に行って処方薬を出してもらう方法があります。

大人ニキビが白ニキビ、黒ニキビの場合は、市販の抗生物質の塗り薬で十分治す事が出来ます。
ただし、ステロイドが入った塗り薬の場合は、使い続けると効果が薄くなっていきます。

そのため、赤みが引いた時にすぐに使用を止めてください。
市販の大人ニキビ用飲み薬は、ビタミンAやビタミンC配合のサプリメントや医薬品があります。

飲み薬は基本的にビタミン剤のため、副作用はなく体に優しく、ゆっくり大人ニキビを治していく事が出来るでしょう。
市販の塗り薬や飲み薬で治らなかった場合は、皮膚科で処方薬を出してもらいましょう。

皮膚科の処方薬の方が、一般的な医薬品よりも治りが早いと言えます。
すぐに治したい方は皮膚科に行く事をオススメします。

皮膚科での大人ニキビ治療は保険がききますので、治療費を抑えて治す事が出来ます。

大人ニキビは漢方で治す

大人ニキビは様々な原因が絡み合って発生します。
そのため、一回薬を飲んだだけで完治するという事はありません。

そのため、治ったと思ってもまた発生してしまうのが、大人ニキビの厄介な特徴と言えるでしょう。
大人ニキビを完治させるためには、まず体質を改善させなければなりません。

大人ニキビが出来るという事は、血行が悪く、ホルモンバランスが崩れている可能性があります。
漢方を飲む事によって、ホルモンのバランスを整えていくのです。

漢方は、最近は一般の薬局でも販売されています。
漢方を利用したニキビ治療薬は、飲み続ける事で肌の新陳代謝を高めて、多くの栄養素を行き渡らせてくれます。

その結果、肌の水分と皮脂バランスを整え、大人ニキビが出来にくくなります。
皮膚科や医療機関に行くと、約200種類以上の中から自分に合った漢方を選んでくれる事があります。

本格的に大人ニキビ体質を治していきたい場合は、医療機関に相談して漢方で体質改善をしていきましょう。

大人ニキビを皮膚科で治療する

皮膚科での大人ニキビの治療法としては、ケミカルピーリングが代表的です。
毛穴に詰まった角質や汚れを綺麗に取り除く施術になります。

ケミカルピーリングをすると、毛穴に皮脂が詰まって黒ずみが出来ていても綺麗になるのでオススメです。
そして、大人ニキビの固い肌にある古い角質を剥がす事で、新しい肌の生まれ変わりを促します。

ケミカルピーリングで肌がつるつるになる、肌の色がワントーン明るくなる、といったクチコミが見られます。
スキンクリニックに中には、「イオン導入」という大人ニキビの治療が出来る所もあります。

イオン導入は、皮膚に微弱な電流を流して、大人ニキビに効果的な美容液を皮膚深部に浸透させる治療です。
皮膚の表面に美容液や保湿剤を塗っても全ては浸透しません。

しかし、イオン導入を行うと、より確実に美容成分を肌へ取り入れる事が出来ます。
大人ニキビ肌には「ビタミンC」「トラネキサム酸」「グリシルグリシン」「グロースファクター」と言った、ターンオーバーを促進するもの、色素沈着改善・毛穴収れん作用のある美容液が使われるでしょう。

大人ニキビは炎症を抑える抗生物質で治療する

大人ニキビの原因の1つであるアクネ菌を、抗生物質で抑える事で治療する事が出来ます。
即効性があり、瞬時に改善したい時に効果的です。

飲み薬はミノマイシン、塗り薬はダラシンT、アクアチム、などがあります。
しかし、あくまで炎症を抑えるだけで根本解決にはならず、副作用があるのがデメリットです。

大人ニキビはタバコをやめて改善する

タバコは大人ニキビにも原因にも繋がります。
現在1日1箱、もしくはそれ以上吸っている人は吸い過ぎと言えますので、数を減らす事からチャレンジしてみてください。

急に禁煙も難しい話ですが、自分のペースで出来る所から始めてみると良いでしょう。
フリスクやガムで口の寂しさを紛らわすのも良いですし、禁煙外来に行く事もオススメです。

ニコチン・タールフリーのビタミンタバコで吸った気分にするのも良いでしょう。
とにかく大人ニキビを改善したい人は、タバコを吸いたいという気持ちを紛らわすようにして減らしてみる事をオススします。

大人ニキビはクレンジングで皮脂コントロールをする

大人ニキビを治すためには、肌の上の水分と油分のバランスを整える必要があります。
大人ニキビが出来てしまうという事は、肌の水分保持力が低下していて、皮脂だけが多くなってしまっている状態。

特にオイリー肌の人は肌表面がベタついているため、化粧水をしないが多いのです。
しかし、皮脂は肌に多くても水分保持力が下がっているので、しっかり化粧水で水分を与えてあげないと、余計に皮脂が生まれてしまうのです。

ですから、大人ニキビがある時は、クレンジングはミルクでしっかり余分な皮脂を取って、必要な水分を残して上げる必要があります。
そのため、大人ニキビ肌にはクレンジングは、オイルよりもミルクまたはジェルタイプがオススメです。

オイリー肌の人も乾燥肌の人も、しっかり化粧水で水分を与えて、水分保持力を上げてあげましょう。
そして、化粧水は90%水分で出来ているため、すぐに蒸発してしまう特徴があります。

乳液で蓋をしてあげる事で、水分と油分のバランスを整える事が出来るのです。

大人ニキビを潰すのは大丈夫?

大人ニキビを潰すのは大丈夫か

基本的に、大人ニキビを自分の指で潰すのは、雑菌が入ったり大人ニキビを悪化させて、跡になる可能性があるので止めましょう。
大人ニキビを潰しても良いのは、白ニキビのプチっとした初期段階です。

乾燥が原因でプチっと白い大人ニキビが出来る事があります。
この場合は、皮膚科クリニックに行くと、ニキビを潰して治す治療法があります。

自分でも清潔な手や綿棒を使って潰す方法もありますが、やり方を間違えると、肌の真皮を傷つけるので止めましょう。
また。しこりがあったり膿が出来ている大人ニキビをた場合は、絶対にニキビを潰してはいけません。

皮膚科でも、しこりがある大人にきびや膿のある大人ニキビは、潰さずに抗生物質で直していきます。
凸凹した大人ニキビは潰したくなってしまいます。

しかし、雑菌が入って後になってしまうので、絶対に自分では潰さないようにしてください。

大人ニキビの跡の治し方

大人ニキビの跡の治し方

赤みが残っているニキビ跡は、スキンケアでも薄くする事が出来ます。
最も効果があると言われているは、ビタミンC配合の化粧水と美容液を使う事です。

ビタミンCは、皮脂を抑える効果や大人ニキビの炎症を抑えます。
ビタミンCは肌への浸透が悪いため、ビタミンC誘導体が含まれた化粧水や美容液が効果的と言えます。

そして、茶色いシミが残るニキビ跡には、ピーリングをオススメします。
ピーリングとは、剥がれずに残った古くなった角質を落とすという角質ケア方法です。

ピーリングをセルフで行うには色々な種類があり、ゴマージュタイプやシートタイプ、肌にクリームやジェル塗って洗い流すものがあります。
茶色いニキビ跡をスキンケアで治すには2~3年掛かると見て良いでしょう。

その間に、日焼けをしたり大人ニキビを悪化させると、ニキビ跡治療にかなり時間が掛かるので気を付けましょう。
ニキビ跡の中でもクレーター状の陥没がある場合は、スキンケアだけで治すことは難しくなるので、専門機関で治療をする必要があります。

大人ニキビの跡は塗り薬と飲み薬で治す

大人ニキビ跡専用の市販薬はないため、体の内側からビタミン剤を摂取したり、外用薬の塗り薬を使う方法があります。
シミなどの跡は塗り薬や飲み薬で治る場合がありますが、クレータータイプは難しいと言えます。

大人ニキビの跡の種類を見極めて、市販薬で治すのか、皮膚科などの専門的な所で治すのかを判断しましょう。

大人ニキビの対策と予防法

大人ニキビの対策と予防法

大人ニキビの対策には、睡眠時間の確保が大切です。
睡眠不足によって、大人ニキビの原因でもある、ホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌量が増えます。

しっかり睡眠時間を確保出来るようにしましょう。
その他にも、下記のような対策・予防は大切と言えます。

大人ニキビは内側からサプリで予防

大人ニキビやニキビ跡を改善するための方法は、スキンケアだけではありません。
最も重要な事は、生活習慣の改善、特に食生活の見直しです。

しかし、忙しい毎日を過ごしている方だと、なかなかバランスの取れた食事を続ける事は難しいかもしれません。
そんな時は、サプリの服用がオススメです。

ご自身の症状に合わせて必要な栄養素を確実に摂取出来るサプリメントは、大人ニキビやニキビ跡の改善効果が期待出来ます。
ただし、サプリを過剰に服用して栄養素を摂りすぎると、体調不良や病気の原因となる事も。

あくまでも、サプリは普段の食事で不足しがちな栄養素を補うための方法だと考えておきましょう。
ニキビ跡改善に効く栄養素には、ビタミンや亜鉛などがあります。

大人ニキビは栄養素をしっかり取る

大人ニキビを改善する肌のターンオーバーを正常に機能させるためには、いくつかのポイントがあります。
中でも肌を作るための栄養素として必要なのが、ビタミンCやビタミンB群・亜鉛。

必要な栄養素が足りていないと、肌の生まれ変わりが出来ずに、大人ニキビを繰り返してしまいます。
ビタミンやミネラルを摂りながらも、健康的な食生活をするには緑黄色野菜やフルーツ・魚介類を積極的に食べるようにしましょう。

大人ニキビを改善するスキンケアは?

大人ニキビを改善するスキンケア

ニキビ肌でも安心して使用しやすい保湿剤の1つにミネラルオイルがあります。
大人ニキビに対して菌の繁殖を抑える事が出来るためオススメです。

手に入りやすいミネラルオイルといえば「ベビーオイル」や「ワセリン」などがあります。
洗顔後、化粧水や美容液で肌を整えた後にお顔全体に塗ってみましょう。

乾燥しやすい頬やフェイスラインは、しっかり塗ると効果的です。

大人ニキビにはアクネ菌を撃退するスキンケア

大人ニキビが出来る原因は、アクネ菌という肌に常在する菌です。
このアクネ菌が毛穴を詰まらせると、繰り返し大人ニキビに悩まされる事になります。

毛穴が皮脂などで塞がれて酸素が減少すると、アクネ菌が増殖するのです。
なぜアクネ菌が増えるのかと言うと、皮脂を餌として増殖するので皮脂が増えればそれだけ大人ニキビも増えていきます。

過剰な皮脂分泌を防ぐために洗顔をし過ぎると、乾燥して逆にバリア機能の低下により、皮脂分泌を活発化させる事になるので気を付けましょう。
アクネ菌は100%悪い菌というだけでなく、皮膚を弱酸性に保つ働きもあるのです。

ですから、アクネ菌は皮膚にとってはある程度なくてはならない存在でもあるのです。
大人ニキビ専用のスキンケアで、程よい皮脂状態を保つ事が大切と言えます。

大人ニキビを改善する洗顔料と化粧水は?

大人ニキビがある時は、肌が敏感になっています。
そのため、大人ニキビの刺激にならないような洗顔料と化粧水を選ぶ必要があります。

オススメの洗顔料は、弱酸性の無添加の固形石鹸です。
大人ニキビ専用の洗顔料には、ピーリングやスクラブが入っているものもあります。

しかし、大人ニキビの刺激になって悪化させてしまう可能性があるので、使うのを避けるようにしてください。
そして、大人ニキビがある時はたっぷりの泡で、大人ニキビに指が触れないようにして優しく洗うようにしましょう。

化粧水は大人ニキビの炎症を抑えるビタミンC誘導体の化粧水がオススメです。
ビタミンC誘導体は肌の炎症を抑えたり、肌の酸化を防いで肌を滑らかにしたり、大人ニキビの跡を予防してシミを防いでくれます。

今ある大人ニキビの炎症を抑えるだけではなく、これから出来る大人ニキビ跡のシミまでも予防してくれるので効果的です。

大人ニキビのまとめ

大人ニキビのまとめ

今回は、大人ニキビの特徴や発生の原因についてご紹介しました。
原因や治し方などは様々なので、しっかりと今の状況を把握して、大人ニキビを改善していきましょう。

普段仕事などで忙しい方もいると思いますので、簡単にできるスキンケアから始めてみるのがオススメです。

大人ニキビにオススメの化粧品ランキング

  1. ルナメアAC

    ルナメアAC

    価格 5.0
    使いやすさ 4.5
    効果 5.0
    価格:
    1,080円(税込)
    内容量:
    1週間分

    ルナメアACは、”毛穴からキレイになる”大人のニキビケアシリーズ。
    洗顔料には、繊維状のスクラブ「ファイバースクラブ」を配合。
    大人のデリケートな肌に負担をかけず、毛穴のつまりをしっかりと除去してくれます。
    そこへ富士フィルム独自のナノ化技術によって作られた成分「アクネシューター」がニキビの元に直接届いて集中ケア。
    ニキビになりやすい成分不使用のノンコメドジェニックテスト済みです。

    商品詳細を見る 商品レビュー

  2. ファンケル

    ファンケル

    価格 5.0
    使いやすさ 4.0
    効果 5.0
    価格:
    1,000円(税込)
    内容量:
    1ヵ月分

    ファンケルが皮膚科医と共同開発したアクネケアシリーズ「FDR」は、繰り返す大人ニキビや毛穴づまりの根本原因にアプローチ。
    3種の漢植物エキス、プルーン酵素エキス、アケビエキスが配合されているのが特徴です。
    これらの成分により毛穴づまりを徹底ケアし、しっかりと肌の奥まで潤いを与えます。
    無添加で肌に負担が少ない他、ニキビの原因となりやすい成分が不使用のノンコメドジェニックテスト済みです。

    商品詳細を見るファンケル 商品レビュー

  3. NOV

    NOV

    価格 4.0
    使いやすさ 4.5
    効果 5.0
    価格:
    1,500円(税込)
    内容量:
    1週間分

    25歳からの大人ニキビ肌のためのNOV「ACアクティブシリーズ」。
    臨床皮膚医学に基づいて考えられたマイルドピーリングによって、大人ニキビの原因である毛穴づまりをしっかりとケアしてくれます。
    何段階もの試験を重ね厳選した、精製度にこだわった原料を使用しており、ニキビの原因となりやすい成分を使用しないノンコメドジェニックテスト済み。
    効果と安全性を追及した、低刺激性のスキンケアシリーズです。

    商品詳細を見るNOV 商品レビュー

大人ニキビに効くトライアルセット5選

大人ニキビに効くトライアルセットを5選としてご紹介しています。価格や購入先の情報も記載していますので、まずはお試ししてみたいとお考えの方は、是非参考にしてみてください。

1 / 1612345...1015...最後 »

ページの先頭へ