白い歯になろう!ホワイトニング歯磨き粉7選

歯のホワイトニングの歯磨き粉

テレビで見る芸能人の真っ白な歯に憧れを抱く方は、とても多い事でしょう。
しかし、自宅でいくら歯磨きをしても、なかなか思った様な歯の色に近づく事が出来ません。

このため、歯医者さんでホワイトニング治療を検討していると言う方も多いと思います。
ただ、ホワイトニングは数万円もの費用や通院時間などの負担が大きく掛かるもの。

「出来る事なら、費用や時間をあまり掛けずにホワイトニングを行いたい!」と考える方もとても多くいるはずです。
実は、ホワイトニングはお手軽な価格かつ、自宅で簡単に行う事が出来ます。

ホワイトニング歯磨き粉を毎日使うだけで、キレイな白い歯に近づける事が出来るのです。
そこで今回は、白い歯を目指したい方にオススメのホワイトニング歯磨き粉を7つご紹介します。

「黄ばんだ歯を白くしたい!」と言う方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

オーラルケアのランキング

歯の表面が黄ばむ原因は?

歯の表面が黄ばむ原因はいくつかありますが、代表として挙げられるものが「ステイン」による着色汚れです。
ステインとは、色のついた飲食物やタバコなどを口にした際、その色素が歯に付着・沈着したもの。

すぐに歯磨きを行えば色素沈着をする事はありませんが、コーヒーやタバコを嗜んだ後、毎回歯を磨く人はほぼいません。
これらの着色が唾液に含まれるタンパク質と結びつく事で、歯の表面が黄ばんでしまうのです。

実は、日本人は歯の表面を覆うエナメル質が薄いため、もともと歯の色が黄味がかっています。
その歯にステインが蓄積する事により、さらに黄ばんだ歯の色になってしまうのです。

この他にも、加齢によるエナメル質の減少や、ミネラル成分の減少が黄ばみの原因として挙げられます。
これは歯が弱っている証拠なので、オーラルケアと生活習慣を見直せば改善する事が出来ます。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉の選び方

ホワイトニング効果のある歯磨き粉の選び方

歯を白くする歯磨き粉を選ぶ上で最も重要なのは、ステインや歯垢をしっかりと除去する成分を配合しているかどうかです。
しかし、ただ歯を白くすれば良いのかと言うと、そうではありません。

ステインや歯垢の付着を予防する効果があるか、口腔内に優しい成分かなど、しっかりチェックするポイントがあるのです。
予防効果がなければ、せっかくホワイトニングを行っても、歯はステインで黄ばんでしまいます。

また、ホワイトニングに効果があっても、口腔内に有害な成分が配合されていては意味がありません。
安心・安全に使えるような成分で作られているかをチェックする事も大切なのです。

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時は、以下の項目に当てはまる商品を選びましょう。
下記では、ホワイトニング効果のある歯磨き粉の選び方をご紹介します。

ホワイトニング効果がある成分を選ぶ

歯を白くするためには、ホワイトニング効果のある成分を配合しているかを必ず確認しましょう。
と言うのも、厚生労働省は市販のホワイトニング剤に対し、明確な基準を定めていません。

このため、「歯を磨けば汚れが落ちる=ホワイトニング効果」と安直に謳っている商品もあり、実際は歯を白くさせる成分が配合されていない事があるのです。
薬局やネット通販でホワイトニング歯磨き粉を購入する場合は、以下の成分が配合されているかを確認しましょう。

【ホワイトニング効果のある成分】

・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・PEG-600(ポリエチレングリコール600)
・PEG-8(マクロゴール400)
・ポリアスパラギン酸ナトリウム
・ポリリン酸ナトリウム
・ピロリン酸ナトリウム

この他にもホワイトニング効果がある成分はありますが、比較的安全な成分をご紹介しています。
健康かつキレイな白い歯にするためにも、上記の成分を選ぶ様にしましょう。

着色汚れを防ぐ成分を選ぶ

せっかくホワイトニング歯磨き粉を購入するのであれば、着色汚れを防ぐ成分も一緒に選んでみましょう。
白くなった歯が長続きする成分を選べば、より良いホワイトニング効果を実感する事が出来ます。

特に、コーヒーや紅茶、カレーなどの着色しやすい飲食物を好む方は、ぜひ以下の成分を選んでみて下さい。

【着色汚れを防ぐ成分】

・ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
・トリポリリン酸ナトリウム
・パパイン酵素
・茶葉エキス
・リンゴ酸
・パールなど

植物や果実から抽出されるエキスや酵素には、汚れが歯に付着する事を防ぐ働きがあります。
自然由来の成分なので安全に使用できて効果もあるため、とてもオススメなのです。

もちろん、この他にも着色汚れを防ぐ成分は沢山ありますが、まずは上記の物を中心に選んでみましょう。

研磨剤や発泡剤を避ける

「研磨剤が多い方が、ホワイトニング効果が高い!」と考えている方も多いかと思いますが、実はそうではありません。
研磨剤は歯の表面に傷をつけ、歯の黄ばみが酷くなる原因となる事があるのです。

また、研磨剤が歯と歯茎の間に入り込み、歯茎が炎症を起こす場合もあります。
このため、出来るだけ研磨剤が少ない商品を選ぶか、ハイドロキシアパタイトを配合した歯磨き粉を選ぶ事をオススメします。

ハイドロキシアパタイトは歯のエナメル質に近い成分で、研磨剤よりも粒子が細かいと言う特徴があります。
安心・安全な歯磨き粉を選ぶためにも、注目しておきたい成分の1つなのです。

また、発泡剤も極力避けた方が良い成分と言われています。
発泡剤は泡立ちが良いため、少ししか磨いていないのに「しっかりと磨いた!」と錯覚しやすいのです。

磨き残しは黄ばみの原因となるため、出来れば避けた方が良いでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉の注意点

ホワイトニング歯磨き粉の注意点

「真っ白な歯になりたい!」と思って使うホワイトニング歯磨き粉。
ですが、いくらホワイトニング歯磨き粉を使用しても、真っ白な歯になる事はまずありません。

と言うのも、芸能人のあの白い歯はインプラントだったり、歯を白く漂白しているのです。
先述した様に、日本人は歯の表面を覆うエナメル質が薄いため、元々歯の色は黄味がかっています。

このため、芸能人の真っ白な歯は、本来であればあり得ない色なのです。
歯を漂白するには「過酸化水素」と「過酸化尿素」という成分が使用されますが、残念な事に日本では歯医者のみが使用できるもの。

薬局などで目にする歯磨き粉には、配合が禁止されている成分なのです。
真っ白な歯になりたいと考えている方は、ホワイトニング歯磨き粉ではしっかりと効果を感じる事が出来ないと言っても良いでしょう。

これが、ホワイトニング歯磨き粉の注意点です。
上記の方は費用や時間は掛かりますが、歯医者でホワイトニング治療を行う事をオススメします。

海外のホワイトニング歯磨き粉を個人輸入する場合

日本の市販歯磨き粉には禁止されている成分、「過酸化水素」と「過酸化尿素」。
実は、ホワイトニングに対し意識の高いアメリカでは、これらの成分を配合した歯磨き粉が普通に薬局で販売されています。

日本では個人輸入代行業者を通す事で、海外の歯磨き粉が購入できます。
しかし、海外のホワイトニング歯磨き粉を購入する場合は、注意が必要です。

日本人はアメリカ人などと比べ、エナメル質が元々薄く弱いと言う特徴があります。
過酸化水素や過酸化尿素は日本人の歯には刺激が強過ぎるため、歯茎までダメージを負う事があるのです。

海外のホワイトニング歯磨き粉を使用した途端にヒリヒリと沁み、食事が出来ない程の知覚過敏になるケースもあります。
これらの歯磨き粉を個人輸入する時は、この様な思わぬ副作用があると言う事も覚えておきましょう。

もし購入する場合は、米国FDA(食品医療品局)の認可マークがある商品を選ぶ事をオススメします。

ホワイトニングにオススメの歯磨き粉ランキング7選

ホワイトニングにオススメの歯磨き粉ランキング7選

「ホワイトニングに良い成分は分かったけど、実際はどの歯磨き粉が良いのだろう?」
歯を白くするために、アットコスメなどの口コミサイトを活用している方は多いと思います。

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時は、歯が白くなる事はもちろん、価格や味なども検討材料の1つです。
ここからは、ホワイトニングにオススメの歯磨き粉をランキングでご紹介します。

7つともそれぞれの良さがあるので、気になった商品は公式HPを確認してみましょう。

美歯口 ホワイトニングキット30DAYS

美歯口美歯口 30DAYS ホワイトニングキット

美歯口ホワイトニングキットは、96.2%もの人がホワイトニング効果を実感した歯磨き粉です。
人間の歯や骨に含まれているハイドロキシアパタイトを配合し、黄ばみの原因となる歯垢やステイン汚れを除去します。

また、配合されたパールや酸化ジルコニウムが、黄ばみの無い白い歯に導きます。
さらに、美歯口ホワイトニングキットは、一般的なホワイトニング製品に配合されている石油系界面活性剤を使用していません。

防腐剤などの添加物も不使用のため、安心・安全にホワイトニングが出来るのです。
30日間使い続ける事で、気になる歯の黄ばみがスッキリと解消されるでしょう。

ただし、就寝前に使用する歯磨き粉なので、朝や昼は他の歯磨き粉を使う必要があります。

初回価格:1,058円(税込・送料無料)
ナノプラチナ歯ブラシ付き

初回価格の場合は定期購入などの条件があるので、まずは公式HPを見てみましょう。

はははのは

はははのは

黄ばんだ歯を白くするべく、製薬会社と共同開発して作られた「はははのは」。
大切な歯をより丁寧に磨くため、泡立ちの無いジェルを採用した歯磨き粉です。

「はははのは」は、毎日使う歯磨き粉だからこそ、体に優しい10種類のオーガニック成分を中心に作られています。
パパイヤやソープナッツから抽出されるエキスを配合し、自然な歯の白さに導くのです。

さらに、ココナッツオイルで口腔内を保湿する事で、歯の着色や口臭を防ぎます。
「はははのは」は、ホワイトニングも口臭予防も出来るオールインワン歯磨き粉なのです。

漂白剤や合成界面活性剤などの添加物を一切使用していないので、安全に白い歯に近づく事が出来るでしょう。

はははのは

初回価格:1,980円(税込・送料無料)
口元美人の作り方、まっ白歯磨き講座シート付き

コスパが良くホワイトニングが出来るので、とてもオススメの歯磨き粉です。

薬用ちゅらトゥースホワイトニング

薬用ちゅらトゥースホワイトニング

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、口コミサイトでも高評価されている歯磨き粉です。
配合されたポリアスパラギン酸が、通常の歯磨きでは落ちない歯の黄ばみをキレイに落とします。

また、汚れが再び歯に付着する事を防ぐため、リンゴ酸などを豊富に配合しています。
さらに、ビタミンCやアラントイン、イソプロピルメチルフェノールなどを配合し、歯茎の健康維持にも効果を発揮します。

その他、ウーロン茶抽出物とホップエキスからなる新成分「GTO」を配合。
虫歯発生の元凶を無くす事により、虫歯のリスクも大幅に減少させる事が出来ます。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは、ホワイトニングだけではなく、歯肉炎や口臭予防にも効果がある歯磨き粉なのです。
1日2回、歯磨き後にブラッシングすれば、だんだん白い歯に近づいていく事でしょう。

薬用ちゅらトゥースホワイトニング

初回価格:4,298円(税込・送料無料)
ワンタフトブラシ付き

薬用ホワイトニング歯磨き剤 オーラパール

薬用ホワイトニング歯磨き剤 オーラパール

薬用ホワイトニング歯磨き剤オーラパールは、製薬会社が8年もの歳月をかけて開発した歯磨き粉です。
ホワイトニングはもちろん、歯肉炎や虫歯、口臭ケアもオーラパール1本で出来ます。

ナノ粒子化した薬用ハイドロキシアパタイトを配合し、歯表面のミクロな傷を修復します。
歯の表面が滑らかになる事で、歯本来の白さを取り戻す事が出来るのです。

また、歯表面がツルツルになる事で、飲食物の汚れが付着する事を防ぎます。
さらに、塩化リゾチームを配合し、歯周病や歯槽膿漏、歯肉炎を予防する事が出来ます。

独特な味と泡立ちの少なさに最初は戸惑いますが、徐々にホワイトニングの効果を実感できるでしょう。

薬用ホワイトニング歯磨き剤 オーラパール

初回価格:1,944円(税込・送料無料)

今回ご紹介したホワイトニング歯磨き粉の中でも特にコスパが良いので、1度試してみると良いでしょう。

>>薬用ホワイトニング歯磨き剤 オーラパールを見てみる。

ビースマイル トゥースホワイトニング

ビースマイル トゥースホワイトニング

ビースマイルトゥースホワイトニングは、ホワイトニングはもちろん、虫歯や歯肉炎などのケアも出来る歯磨き粉です。
ポリアスパラギン酸ナトリウムを配合し、歯垢や歯の黄ばみをスッキリ取り除きます。

このポリアスパラギン酸はアミノ酸の仲間のため、体に優しく安全にホワイトニングが出来るのです。
また、汚れの付着を防ぐリンゴ酸や、口腔内の環境を整えるビタミンCやGTOも配合。

ただ歯を白くするだけではなく、白い歯が継続する様にこだわって作られているのです。
このため、ビースマイルは漂白剤や研磨剤、発泡剤などの添加物を一切使用していません。

植物系エキスをふんだんに配合しているので、歯磨き時に爽快なリフレッシュ感を得られるでしょう。

ビースマイル トゥースホワイトニング

初回価格:2,592円(税込・送料無料)
サプリメントケース付き

一般的なホワイトニングのとは違いしみないので、楽しみながら歯磨きが出来るでしょう。

>>ビースマイル トゥースホワイトニングを見てみる。

ディノベートデンタルホワイトプロ

ディノベートデンタルホワイトプロ

ディノベートデンタルホワイトプロは、歯科医師監修の元作られたホワイトニング歯磨き粉です。
ホワイトニングはもちろん、歯周病や虫歯予防をこれ1本で補う事が出来ます。

DL-リンゴ酸やピロリン酸Na、ポリリン酸を配合し、しつこい歯石や着色汚れを浮かせて落とします。
また、歯周病や口臭に効果のあるシメン5オールやアラントイン、茶葉エキスなどを配合しています。

これらの成分は歯周病による歯茎の腫れを抑え、口臭の原因菌を減少させる効果があるのです。
安心・安全に使用できるように、研磨剤や発泡剤、漂白剤などは一切使用していません。

1~2か月使い続ける事で、歯医者で受けるホワイトニング効果と同等レベルの白い歯になったと実感できるでしょう。

ディノベートデンタルホワイトプロ

初回価格:1,771円(税込・送料無料)

初回価格の場合は定期購入などの条件があるため、まずは公式HPを確認してみましょう。

>>ディノベートデンタルホワイトプロを見てみる。

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースは、世界5か国で売り上げ1位を獲得した液体タイプのホワイトニング歯磨き粉です。
歯や歯茎を労わるため、自然由来の成分をギュッと詰め込んで作られています。

ホワイトニング成分には、パパイヤから抽出される酵素「パパイン」を採用。
歯表面に付着したタンパク質を分解して剥がす事で、自然な白さの歯に導きます。

また、白い歯が長く続くように、茶カテキンやウーロン茶エキスを配合しています。
配合した6つの植物性オイルで口腔内を潤し、歯垢やステインなどの汚れから歯を守るのです。

その他にも、16もの植物エキスを配合し、健康な口腔内環境に近づけます。
研磨剤も不使用なので、安心・安全にホワイトニングを行う事が出来るでしょう。

プレミアムブラントゥース

初回価格:4,298円(税込・送料無料)

初回価格での購入には条件がありますが、返金保証つきなので安心して申し込む事が出来るでしょう。

>>プレミアムブラントゥースを見てみる。

ホワイトニング効果を上げる歯磨きの方法

ホワイトニング効果を上げる歯磨きの方法

どれだけホワイトニングに高い効果がある歯磨き粉を買っても、使い方次第では良い効果を得る事が出来ません。
キレイな白い歯を目指すためにも、しっかりと歯磨きを行いましょう。

下記では、ホワイトニング効果を上げる歯磨きの方法をご紹介します。
簡単に出来る事ばかりなので、ぜひ試してみて下さい。

歯に良い歯ブラシの選び方

ホワイトニング歯磨き粉の効果をより高めるため、「ふつう」~「やわらかめ」の歯ブラシを使う様にしましょう。
と言うのも、歯ブラシは使う人の力の強さや歯茎の健康具合によって、使う種類が変わります。

白く健康な歯に近づくためにも、自分に合った歯ブラシを選ぶ事が大切なのです。
力が強い方は歯ブラシに力を加えてしまうため、歯茎を傷つけ炎症が起こる事が多々あります。

このため、「やわらかめ」の歯ブラシを使う様にしましょう。
ただし、力を強く加えると歯ブラシの毛先が寝てしまい、ホワイトニング効果が下がる事もあるため注意が必要です。

また、歯ブラシの毛の形状は「平切りタイプ」、ヘッドの大きさは「小さいもの」を選ぶと、よりホワイトニング効果が高まります。
薬局にはとても沢山の種類の歯ブラシがあるので、自分の歯に良い歯ブラシを選ぶ様にしましょう。

市販の歯磨き粉で黄ばみを落とす

まずは、薬局で売っている歯磨き粉で通常の歯磨きを行い、ある程度の黄ばみや歯垢を除去します。
先に通常の歯磨きを行う事で、この後のホワイトニング歯磨き粉の成分がより歯に浸透しやすくなります。

ただし、市販の歯磨き粉を使う場合、ゴシゴシと強く磨かない様に注意しましょう。
市販の歯磨き粉の多くは研磨剤が配合されているため、強く磨くと歯の表面に傷が付いてしまいます。

すると、思ったようなホワイトニング効果が得られない場合があるのです。
通常の歯磨きもホワイトニングも、「優しく丁寧に磨くこと」を心がけながら行って下さい。

ある程度の黄ばみや歯垢が除去できたら、口内に歯磨き粉が残らない様にしっかりと口をゆすぎます。
歯磨き粉の成分が口内に残っていると、ホワイトニング効果が薄れる場合もあるため、しっかりとゆすぐのです。

その後にホワイトニング歯磨き粉を使用すれば、普段よりも1ランク上の白い歯になれるでしょう。

ホワイトニング歯磨き粉で仕上げる

通常の歯磨き粉で歯を磨いた後は、いよいよホワイトニング歯磨き粉で仕上げを行います。
ホワイトニング歯磨き粉は効果にムラが出ないように注意し、歯全体を丁寧に磨く様に意識しましょう。

右上の奥歯(表裏)→右下の奥歯(表裏)→上の前歯(表裏)
上記の様に自分の中で順番を決めれば、磨き残しもなくキレイに歯磨きが出来ます。

また、歯磨きは1つの歯に対して小さな円を描く様に磨く事をオススメします。
この方が歯垢やステインなどの黄ばみ汚れが落ち、よりツルツルの歯に仕上がるのです。

全体を丁寧に終わった後は、1~2回ほど口を軽くゆすぎます。
ホワイトニングの有効成分を口内に少し残した方が、歯の黄ばみ汚れを落とす効果が高まるのです。

ただし、これに関しては使用するホワイトニング歯磨き粉によってゆすぎ回数は異なります。
基本的には購入したホワイトニング歯磨き粉に記載されている方法に従って行いましょう。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉のまとめ

ホワイトニング効果のある歯磨き粉のまとめ

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時は、歯を白くする成分を配合しているかの確認が必要です。
「歯を白くする」と表記があっても、ホワイトニング成分を含まない歯磨き粉も多く販売されています。

「磨けば汚れが落ちる=ホワイトニング効果」ではなく、「ステインを落とす=ホワイトニング効果」と言える歯磨き粉を選ぶ事が大切なのです。
ホワイトニングにはハイドロキシアパタイトをはじめ、ピロリン酸ナトリウムなどを配合した歯磨き粉をオススメします。

また、汚れの付着を予防する成分を選ぶ事も大切です。
ただし、ホワイトニング歯磨き粉は、価格や好みの味なども検討材料にする必要があります。

アットコスメなどの口コミサイトを活用し、お気に入りのホワイトニング歯磨き粉を選びましょう。
「どれが良いの?」と言う方は、今回ランキングでご紹介した歯磨き粉を参考にしてみて下さい。

安心・安全にホワイトニングができ、良い効果を実感できるでしょう。

オーラルケアのランキング

ページの先頭へ