大人ニキビの跡

ニキビ跡とは、肌に出来た炎症、傷、色素沈着によるシミの状態の事を言います。
ニキビ跡は、治るまでに時間が掛かり、種類によっては半年~1年以上の長期になる事もあるのです。

ただし、早めに正しい方法で治療をして食生活や生活習慣を見直す事で、早く改善する事も出来るでしょう。
最近では、医療が発達して治らないと言われていた重症のニキビ跡もでも目立たなく出来るようになっています。

そこで今回は、気になる大人ニキビの跡を自分で治すための方法をご紹介しましょう。

大人ニキビの跡の種類

ニキビが繰り返し同じ場所に炎症や傷がつくと、次第にダメージが深くなります。
そして、皮膚深部の組織を壊すため、ニキビが治っても跡が残ってしまうのです。

大人ニキビの跡には、赤みが残るもの、紫色や茶色のシミが残るもの、クレーター状の凹凸が残るタイプの3種類あります。
赤みのニキビ跡は、膨らんだニキビが落ち着き平らになりますが、赤みだけが残った状態。

ニキビが炎症を起こした際に、毛穴の周りでうっ血が起こる事で赤みを帯びる事が原因になります。
2つ目は、紫色や茶色のシミが残り、色素沈着タイプのニキビ跡です。

ニキビが炎症を起こした際に、毛穴周辺の毛細血管が破裂する事によって血がにじみ出たのが原因となります。
茶色の色素沈着が残ったニキビ跡は、メラニンが大量に生成されて、シミになった状態です。

そして、凹凸が残るタイプはクレーターと呼ばれるもので、一番厄介なニキビ跡になります。
炎症がひどく、破壊された皮膚組織は、凸凹状となって肌に残るもの。

強い炎症を起こしやすい体質の人や、皮膚の硬い人に多くみられる症状です。

大人ニキビの跡が残るのはなぜ?

大人ニキビの跡が残るのはなぜ

大人ニキビがニキビ跡として残ってしまう原因は、ニキビの炎症がひどい場合です。
ニキビの炎症がひどいと、毛穴周辺の皮膚組織が損傷してしまい、傷跡として残ってしまいます。

ニキビを自分で潰してしまうと、手などに付着している細菌が皮膚組織の中に入って、炎症が悪化してしまう可能性があるのです。
炎症していない白ニキビや黒ニキビは、炎症が進むと赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビなどの炎症ニキビに悪化します。

ニキビを潰す行為は、ニキビ跡が残る原因になってしまうので避けましょう。
ただし、面皰型と呼ばれる白ニキビと黒ニキビは、まだ毛穴の中で炎症がおこってない状態のためニキビの炎症が悪化しない可能性もあります。

しかし、基本的には、自分でニキビを潰すのは控えて、皮膚科などの医療機関に相談するようにしましょう。

大人ニキビの跡は薬で消す事が出来る?

大人ニキビの跡は薬で消す事が出来る

ニキビ跡にオススメ出来る飲み薬は「シミ・そばかす」の改善に効果のある薬です。
各メーカーから、ビタミンC、L-システイン、ビタミンEやビタミンB郡を配合した市販薬が多く発売されていますね。

ビタミンCとL-システインには、メラニン色素の発生を抑えたり色シミ・色素沈着を無色化したり、肌の新陳代謝を高める効果があります。
ビタミンEには、血行を促進して肌の新陳代謝を高める効果が期待出来るのです。

赤みのニキビ跡、黒や茶色に色素沈着したシミのニキビ跡にオススメ。
塗り薬は、皮膚の新陳代謝を高めてくれるビタミンEが配合されているクリームを選ぶのがオススメです。

体用のクリームであれば、ヘパリン類似物質も皮膚の新陳代謝を高めてくれる効果があります。
医薬部外品であれば、メラニンの発生を抑制、出来てしまったシミや色素沈着を還元してくれる効果も期待出来るでしょう。

ビタミンC誘導体が配合されているクリームもあります。
ただし、基本的に市販薬は、ニキビ跡が改善するのを助ける役割です。

ニキビ跡を治す即効性があるわけではありません。

大人ニキビの跡に効果的な化粧水は?

化粧水によるニキビ跡の改善が出来るのは、赤みタイプと色素沈着タイプです。
ターンオーバーの乱れや紫外線によるダメージは化粧水を使用する事によってケアが出来るため、ニキビ跡に期待出来るでしょう。

クレータータイプは、改善までは出来ません。
しかし、お肌を柔らかくする事で、悪化を抑える事が可能です。

クレータの中でもしこりタイプのニキビ跡は、化粧品によるケアは出来ないため医療機関での治療がベストと言えます。
赤みタイプのニキビ跡には、ターンオーバーの促進や、炎症を抑える働きのある成分の化粧水を選びましょう。

ビタミンC誘導体は、余分な皮脂を抑え、美白もしてくれる成分。
グリチルリチン酸は、炎症を抑える働きがあり、肌に優しい成分です。

そして、ハイドロキノンは、ビタミンCの10~100倍もの美白効果があります。
しかし、かなり強い成分のため、濃度2%以内のものがオススメです。

トラネキサム酸は、国が認可している医薬部外品美白成分で、メラニンが作られるのを抑制し色素沈着を防ぐ働きもあります。
水溶性プラセンタエキスは美白効果や抗炎症作用があるため、ニキビ跡に効果的です。

お肌のターンオーバーを活発にする働きもあります。

大人ニキビの跡を自力で治すには?

大人ニキビの跡を自力で治す

赤みのあるニキビ跡を自分でケアするためには、すばやく炎症を抑えてターンオーバーを促進する必要があります。
ダメージが深刻してニキビ跡がひどくなる前に、早めに炎症を抑える必要があるのです。

炎症を抑えるには、甘草エキス(グリチルリチル酸ジカリウム)やビタミンC誘導体などの抗炎症成分の入ったスキンケア商品を選びましょう。
そして、炎症によって肌がダメージを受けると肌が固くなるので、成分が肌に浸透しにくくなります。

よって、同時に肌のごわつきを和らげる保湿効果があるものを選ぶ必要があるでしょう。

ケミカルピーリングで大人ニキビの跡を治す

ニキビやニキビ跡を治療する方法のひとつに、ケミカルピーリングという治療法があります。
皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して、古くなった角質や毛穴に詰まっている角栓・汚れなどを溶かして除去する治療法です。

ケミカルピーリングピーリングを行うと、古い角質が取れます。
そして、肌を柔軟になり、ターンオーバーの機能が活性化されるのです。

保湿成分の浸透力が高まるので、肌の乾燥を根本的に改善するというメリットも。
余分な角質をスッキリ取り去る事で、皮膚の新陳代謝を高め肌の再生を促すので、ニキビの跡も治す事が出来ます。

ニキビやニキビ跡だけでなく、シワやたるみといったエイジングのサインにも有効な治療法です。
ケミカルピーリングで主に使われる酸は、グリコール酸やクエン酸、乳酸、リンゴ酸などのフルーツ酸「AHA」など。

皮膚科医は、皮膚やニキビの状態や肌質など総合的に判断した上で、使用する薬剤や濃度、塗布時間などを決めて施術します。
ケミカルピーリングをして3か月が経った頃には、最初に出来ていたニキビはだいぶ落ち着き、新しいニキビも出来にくくなるでしょう。

ターンオーバーを促進させる角質ケアで大人ニキビの跡を治す

大人ニキビの跡が残る原因の一つに、肌のターンオーバーの乱れがあります。
肌のターンオーバーが乱れると、古い角質がいつまでも肌に残りますから、毛穴が詰まってにきび跡が残るのです。

古い角質は、角質ケアで取り除く必要があります。
角質ケアに効果的なのはスクラブ洗顔です。

しかし、大人ニキビは肌が弱った状態にあり、強い成分が入っている化粧品を使うと肌の状態を悪化させる可能性があります。
大人ニキビ跡を治すために角質ケアをするのならば、肌に刺激を与えない心肌に優しい化粧品を選びましょう。

角質を取ろうと、強く洗顔すると逆効果になります。
あくまでも優しく、古い角質や汚れだけを取るようにしましょう。

ビタミンとミネラルを摂取して大人ニキビの跡を治す

私たちの体は、ビタミンとミネラルがなければ維持する事が出来ません。
ビタミンとミネラルは、体の組織を構成したり調子を整える働きがある成分です。

ビタミンとともに5大栄養素の一つであるミネラル。
人にが生きていてくためには、16種類のミネラルが必要と言われてます。

これらのミネラルは、大人ニキビ跡の改善のためにも必要不可欠な栄養素です。
ミネラル不足は、肌のターンオーバー(新陳代謝)に影響します。

ターンオーバーが悪くなると、ニキビ跡が残るのです。
ストレスが溜まりイライラしたり精神が不安定になると、ホルモンバランスや自律神経が乱れてターンオーバーが上手くいかなくなります。

ビタミンとミネラルを上手に取り入れる事で、肌のターンオーバーが活発になれば、新しい細胞がどんどん生まれてくるのでニキビ跡が治るでしょう。
結果的に、ニキビ跡が残りにくい肌環境も整えてくれます。

大人ニキビと跡のまとめ

大人ニキビと跡のまとめ

ニキビ跡に対処するための方法は沢山あるので、諦めないで早めに対処するようにしてみてください。
セルフでのスキンケアや日々の生活習慣の改善、クリニックでの治療など、自分の要望やニキビ跡に合わせたものを選びましょう。

丁寧にケアしていけば、今よりもニキビ跡が目立たなくなるハズです。
ニキビ跡をキレイに治すのは時間が掛かりますので、早く対処する事が大切。

ニキビの炎症がひどい場合やニキビの跡が同じ場所に繰り返し出来てしまう方は、肌内部の皮膚組織が損傷付いている可能性があります。
ニキビ専門の皮膚科クリニックで相談する事をオススメします。