おでこの大人ニキビ

思春期の頃は、よくおでこやTゾーンにニキビが出来てしまった方も多いでしょう。
その頃のおでこのニキビは、ホルモン分泌が活発による皮脂の増加が原因でした。

しかし、大人になってからのおでこのニキビは、出来る原因が違います。
そこで今回は、おでこに大人ニキビが出来てしまう原因とその治し方についてご紹介しましょう。

おでこに大人ニキビが出来る原因

髪をツヤツヤに保つトリートメント剤や、スタイリング剤にはコーティング剤が入っています。
これが前髪やおでこに触れることで毛穴を塞ぎ、大人ニキビの原因になるのです。

シャンプー・トリートメント、整髪料など前髪に付くのも、おでこのニキビの原因となります。
そして、睡眠不足や新陳代謝低下は、肌のターンオーバーを遅くするのです。

その他、おでこに大人ニキビが出来る理由を見ていきましょう。

おでこの大人ニキビは前髪による刺激が原因

髪の毛は実は雑菌が多いので、前髪がおでこに触れるだけでニキビの原因となるのです。
髪というのは頭を保護するためにありますが、汚れも付きやすい場所。

前髪がおでこに触れると、炎症を起こしニキビになるケースが多いのです。
また、寝るときにうつ伏せですと枕の汚れでニキビになる場合もあります。

ヘアスタイルでは、おでこニキビを前髪で隠すためにワックスなどの整髪料を付けると、さらに悪化してしまうので気を付けなければなりません。
おでこニキビの予防は、シャンプー、トリートメントのすすぎをしっかりする事です。

前髪をいつも清潔にして、おでこに髪が触れないようにすると良いでしょう。
おでこのニキビは気になるのでつい触ってしまいますよね。

しかし、手に付いた雑菌が付くのでやめましょう。

おでこの大人ニキビは生活習慣の乱れが原因

おでこの大人ニキビに悩む方は、生活習慣を見直す必要があります。
食生活の乱れは、脂肪分の多いお肉や揚げ物を多く食べたり、お米やパスタ、うどんなど炭水化物メインの食事になる事。

また、甘いものを沢山食べたり、塩分の摂り過ぎ、添加物の多いコンビニ食や冷凍食品の食べ過ぎもよくありません。
このように食生活が乱れると、便秘やお肌の新しい細胞を作る栄養素が足りずお肌のターンオーバーが乱れ、老廃物が溜まります。

これが、おでこの大人ニキビの原因となるのです。
また、運動が不足すると、血流が悪くなり、新陳代謝が遅れ必要な栄養素が届かず、ニキビが出来やすくなります。

そして、睡眠不足になると交感神経と副交感神経のリズムが乱れ、副交感神経が優位になるのです。
そうすると男性ホルモンの分泌量が増えて、おでこやUゾーン、鼻の下の皮脂分泌が増えニキビが出来やすくなります。

おでこの大人ニキビは間違ったスキンケアが原因

おでこの大人ニキビは過剰な皮脂の洗浄は逆効果になります。
例えば、オイルクレンジングはとても洗浄力が強いものです。

朝の何もメイクしていない状態で使用してしまうと、肌本来に必要な皮脂まで取ってしまいます。
朝の洗顔は、洗い過ぎに気をつけなければなりません。

余分な油分がとれる温度のぬるま湯だけで洗ってあげれば、刺激が少なく余分な油分を洗い流すことが出来ます。
また、あぶらとり紙の使い過ぎは要注意です。

メイクが崩れてきたり、テカりが気になる時についつい使ってしまう脂取り紙。
しかし、これも必要な油分を吸い取ってしまう原因となります。

テカりが気になる時は、ティッシュなどを優しく当てて余分な皮脂を取ると良いでしょう。

大人ニキビがおでことあごに同時発生する原因は?

大人ニキビがおでことあごに同時発生する原因

大人ニキビの主な原因は乾燥です。
おでことあごの皮脂を過剰に取ると、余計にお肌は乾燥してしまいます。

女性は洗顔をする時には、お肌を傷めないように丁寧にされる方が多いでしょう。
しかし、男性の場合には、強めに洗ってしまう方が多いのです。

汚れが落ちてさっぱりしたい所ですが、洗顔の力加減が強いと、肌の必要な皮脂まで奪い取ってしまっています。
おでことあごにニキビが出来た時は、優しく撫でるように泡洗顔することがオススメ。

そうすれば乾燥することなく、ケアすることが出来るでしょう。
また、女性は便秘になる方が多いですが、便秘も大人ニキビの原因になります。

便秘の主な原因はいくつかありますが、ストレス、腹筋が少ない、運動不足、乱れた食生活、食物繊維不足が挙げられます。
便秘になると老廃物が腸内に溜まり、有害なガスが発生するのです。

それが血液に乗って全身を巡り、大人ニキビの原因になると言われています。
そのため、便秘対策も気を付けた方が良いでしょう。

おでこと顎の大人ニキビはホルモンバランスとストレスが原因

おでことあごの大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れとストレスが最もよくある原因です。
ホルモンバランスの乱れとは女性の場合、生理周期によって増減する卵巣ホルモンと黄体ホルモンが大きく影響します。

エストロゲンと呼ばれる卵巣ホルモンには皮脂の分泌を抑える働きが、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあります。
黄体ホルモンが増える生理前には、皮脂の分泌量が増加するのです。

そして、皮脂が増えることで角栓が毛穴を塞ぎ、ニキビの原因となってしまいます。
男性の場合は、思春期やストレスなどで男性ホルモンの分泌が活発になり、皮脂分泌が増えることが多いもの。

この時期に増える男性ホルモンの一つであるアンドロゲンは、皮脂分泌を活発にしながら肌の角質も厚くしてしまいます。
大量に分泌される皮脂と毛穴を塞ぐ角質により、おでこのニキビが急増するのです。

おでこがあるTゾーンだけでなく、あごなど髭が生えてくるUゾーンにも、大量のニキビが出来てしまいます。

大人ニキビがおでこと頬に同時発生する原因は?

大人ニキビがおでこと頬に同時発生する原因

頬は、顔の中でも口周りや額などに比べて皮脂の分泌が非常に少ない場所です。
頬は肌が過度に乾燥することによって、肌のバリア機能が低下してしまいます。

一方、おでこは皮脂分泌が多い場所ですが、乾燥が原因の場合が多いのです。
おでこと頬に大人ニキビが増える場合は、乾燥しないように保湿を重視しましょう。

毛穴に詰まった皮脂がもととなり、アクネ菌が増殖してニキビを作ってしまわないようにしっかり保湿して、過度な皮脂分泌を防ぐようにしてくださいね。

おでこと頬の大人ニキビは肝機能の低下が原因

おでこと頬に大人ニキビが出来る場合は、肝機能が低下している可能性があります。
内臓の異常は、敏感な肌にとても表れやすく、大人ニキビとなって頬に症状が現れるのです。

特に肝臓は、様々な毒素を体内で分解します。
腸から吸収した栄養素を、体の中で吸収しやすい形に分解・合成し体全体に行きわたらせる機能です。

この働きが鈍くなると、必要な栄養素が吸収出来にくくなってしまいます。
その機能が低下してしまうと、肌のターンオーバーを妨げる原因となってしまうのです。

よって、肌が再生されにくく、頬にニキビが出来やすい環境を作ってしまいます。
肝機能が低下してしまうと、毒素が体に取り残されたままになってしまい、おでこと頬にニキビが出来やすくなってしまうのです。

ニキビを予防・治療するには、生活習慣の見直しが不可欠となるでしょう。

なかなか治らないおでこの大人ニキビの治し方

なかなか治らないおでこの大人ニキビの治し方

おでこは皮脂が多く、乾燥しにくいというイメージがあるかもしれません。
しかし、大人ニキビが出来る要因として肌の乾燥が挙げられます。

肌が乾燥すると毛穴が狭くなり、皮脂がつまりやすくなるためです。
なかなか治らない大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れの他にも、糖質や脂質の摂りすぎも要因として挙げられます。

また、ストレスや睡眠不足もホルモンバランスに影響する要素。
おでこは、前髪やサイドの髪など、髪が触れることの多い部分です。

髪の毛についたほこりやよごれ、シャンプーやトリートメントがおでこの皮膚に付着したりします。
髪の毛自体が刺激になることでニキビが出来たり、悪化するので注意が必要です。

大人ニキビは生活習慣と食生活を整えて治す

ニキビに有効な栄養素を積極的に取って、おでこの大人ニキビを治しましょう。
ニキビに役立つ栄養素は、肌のターンオーバーを促したり、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑える働きがあります。
ビタミンAは、にんじん、ホウレンソウ、カボチャ、しその葉、うなぎ、レバーなどに含まれ、毛穴のつまりを解消してくれる栄養素。
そして、肌のターンオーバーを促して、皮膚や粘膜の潤いを保ちます。

ビタミンB2は、卵、乳製品、レバー、うなぎ、藻類などに多い栄養素です。
角化を調整し、皮脂の分泌を抑制して、肌の状態を正常に保つ働きがあります。

ビタミンB6は、まぐろ、かつお、鶏ササミ、にんにくなどで摂りましょう。
新陳代謝を促し、新しい肌の形成に関わるとされています。

ビタミンCは、緑黄色野菜、果実、芋類などに含まれ、コラーゲン線維の生成促進、メラニンの生成抑制、抗酸化作用で美肌を保つのです。
ビタミンEは、レバー、うなぎ、かつお、緑黄色野菜などから摂れる栄養素。

高い抗酸化作用を持ち、血液の循環を改善します。
おでこのニキビの予防や改善をサポートしてくれるものばかりです。

ぜひ、毎日の食ことに意識してとり入れてみましょう。

おでこの大人ニキビは市販のニキビ薬で治す

市販のニキビ薬は、適量を患部に塗布するだけの塗り薬が主流です。
ただし、1週間使用しても改善しない場合は、使用を中止して医師に相談しましょう。

ステロイドの長期使用は、逆にニキビの原因になる事もあります。
ステロイドは大きく腫れた炎症ニキビを早く治しますが、広範囲に使わないよう注意しましょう。

処方箋のニキビ薬には、抗生物質、抗炎症剤、皮脂分泌抑制剤、抗ニキビ剤、ビタミン剤、過酸化ベンゾイル配合のニキビの新薬があります。
ニキビ治療薬の一般的な抗生物質は、アクネ菌などの菌が繁殖した際に、菌を抑えるために効果的。

即効性があり、瞬時に改善したい時に効果的です。

おでこの大人ニキビはビタミンC配合の化粧水がオススメ

ビタミンCは、ニキビや美白など様々な美容ケアに効果的な成分です。
しかし、肌への浸透が悪く、壊れやすいというデメリットがありました。

そんなビタミンCの安定性や浸透力を高めたものとして作られたのが「ビタミンC誘導体」です。
ビタミンC誘導体の効果は、おでこの大人ニキビのケアに効果的。

その効果は、美白効果、シミの予防、毛穴を目立たなくさせる、ハリを与えて小じわを防ぐなどが挙げられます。
こうしたことから、ビタミンC誘導体は、様々な肌悩みを同時にケア出来る優れた美容成分であると言えるのです。

ビタミンC誘導体化粧水は、種類が多くありますが、選ぶポイントがあります。
まず、両性か水溶性のビタミンC誘導体を選びましょう。

そして、適切な配合量のものを選び、配合成分のチェックもポイントです。

ストレスをコントロールしておでこの大人ニキビを治す

ストレスを感じた時に発生する男性ホルモンやノルアドレナリンは、皮脂の分泌を促す働きがあります。
そのため、ストレス反応が持続すると、脂性肌になってしまうのです。

男性ホルモンには、肌を固くしてしまう性質もあり、毛穴が収縮して詰まりやすくなります。
皮脂が正しく代謝されなくなると、詰まった毛穴に皮脂が溜まり、皮脂の中で悪玉アクネ菌が増殖して炎症を起こすのです。

ストレスを感じたときに起こる生体反応によって、男性ホルモン、ノルアドレナリンといったものが分泌されてしまい、これが皮脂の増加を促します。
男性ホルモンは、肌の角化異常を引き起こして皮膚を固くしてしまいます。

そして、毛穴が収縮することで、角栓による毛穴詰まりの原因にもなるのです。
このような理由から、過度のストレスを受け続けると、おでこのニキビが出来てしまうと言われています。

大人ニキビとおでこのまとめ

大人ニキビとおでこのまとめ

大人のおでこニキビには、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥、髪の毛による刺激、汚れの付着など様々な要因が絡んでいることが分かりました。
その他、過度な喫煙習慣、ストレス、睡眠不足、食生活の乱れ、メイクによる毛穴づまりも挙げられます。

これらの要因の多くは、食生活の改善や睡眠の質の改善、洗顔・保湿の方法の見直しなどで良くなるでしょう。
日常生活の中の工夫で改善されるものです。

大人になってからもおでこのニキビが出来るような場合は、スキンケア方法や生活習慣を見直してみましょう。