大人ニキビとクレンジング

知らぬ間にポツポツと出来る大人ニキビ。
治ったと思っても、生理前に繰り返し現れて、嫌になる方は多いのではないでしょうか。

20歳を過ぎると、ストレスや生活習慣の乱れにより肌のターンオーバーが遅くなってしまいます。
これが、皮脂が毛穴に詰まる原因なのです。

大人ニキビを完治させるためには、毛穴の汚れを常にスッキリきれいに保つ必要があります。
そこで大切なのが毎日のクレンジングです。

クレンジング選びやクレンジングの仕方を間違えると、繰り返す大人ニキビに悩まされる事になります。
そこで今回は、大人ニキビとクレンジングについて記載していきます。

大人ニキビランキング

大人ニキビのクレンジングの選び方

大人ニキビを防ぐためには、まずは毛穴に入った皮脂やメイク汚れをきれいにする事が大切。
ただし、大人ニキビの場合は、肌の乾燥も過剰な皮脂分泌の原因となると言われています。

ですから、大人ニキビ対策のクレンジングは毛穴汚れをきれいにする洗浄力と、乾燥を防ぐ保湿力のどちらも必要なのです。
大人ニキビに悩む方は、洗浄力と保湿力が伴ったクレンジングを選ぶようにしましょう。

大人ニキビのクレンジングは肌に優しいものを選ぶ

大人ニキビには、洗浄力が強すぎない肌に優しいクレンジング剤を選びましょう。
市販のクレンジング剤には界面活性剤を含むものが多いですが、肌への刺激が強いので避けた方が良いのです。

特に、肌への刺激が強いとされる石油系のものは、皮脂を取りすぎて大人ニキビを悪化させる事もあります。
クレンジングは、ココナッツオイルやアルガンオイルなどの美容オイルが配合の植物由来のものを選ぶと良いでしょう。

また、商品の劣化を防ぐ防腐剤なども、天然由来のものを使用していると安心出来ます。
クレンジングは毎日使うものですから、アロマなどリラックス効果のある香りがあると効果的。

スキンケアの時間を、香りで安らぐ癒しの時間にしてくれるのでオススメです。

大人ニキビのクレンジングはミルク・ジェルタイプを選ぶ

オイルクレンジングは一番洗浄力がありますが、メイク汚れだけではなく必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。
クリームタイプもメイク落としの力に優れていますが、馴染ませるために時間が掛かります。

そのため、大人ニキビには負担になってしまうのです。
それに対して、ミルクとジェルタイプはクリームよりも柔らかいテクスチャーのため、大人ニキビにすぐ馴染みやすく大人ニキビの負担になりません。

そして、オイルクレンジングよりも洗浄力が優しいので、必要な皮脂まで奪い取ってしまう事がないのも大人ニキビに向いています。
大人ニキビがある時は、摩擦の刺激がなく優しく洗う事が出来るものを選ぶ必要があります。

そのためには、無添加の低刺激の洗顔料で洗顔するようにしてください。

大人ニキビのクレンジングは保湿力のあるものを選ぶ

大人ニキビになる原因は肌の乾燥ですから、クレンジング剤も保湿成分配合されたものを選びましょう。
メイクを落とす力が強いクレンジング剤は、肌に必要な皮脂までも奪い取ってしまうので気を付けなければなりません。

クレンジング剤に保湿成分が含まれていれば、乾燥肌するのを抑える事が出来ます。
有名な保湿成分としては、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン、植物由来のエキスが挙げられます。

大人ニキビはさっぱり系のメンソール入りの洗顔料やティーン用の洗顔フォームを使うと乾燥肌を招くので避けましょう。

市販の大人ニキビ対策・クレンジングの選び方

市販の大人ニキビ対策・クレンジングの選び方

市販のクレンジング剤の種類はいくつもあって、選ぶのに迷ってしまいますよね。
しかし、厳密には大人ニキビにはこれが一番!と順位をつける事は難しいのです。

なぜなら、人によって肌質や大人ニキビの原因が異なるから。
同じ人でも、年齢や体調や季節によっても肌に合うクレンジングは変わってくるのです。

ですから、クレンジングを含めスキンケアは肌で確かめながら、合うものを見つけていきましょう。
クレンジングを選ぶ基準は、自分の肌質、メイクの濃さ、ニキビの原因から決めます。

大人ニキビ対策のタイプ別クレンジング

クリームタイプのクレンジング剤の洗浄力は、オイルほどではありませんが高めです。
オイルに比べて肌への負担が少なく、保湿力が高いのがメリット。

乾燥肌も大人ニキビの原因なので、クリームタイプのクレンジングにしましょう。
アイメイクなどをしっかりしている方は、その部分だけ洗浄力の高いオイルタイプを使うのも良いでしょう。

更に肌に優しいのが、ミルクタイプのクレンジング剤です。
ミルキーなテクスチャーで、大人ニキビが顔に多くあってもメイクを優しく落とす事が出来ます。

ただし、洗浄力はあまり高くないため、メイクや皮脂汚れ、毛穴に詰まった汚れは落としきれない事もあるでしょう。
ミルクタイプのクレンジング剤を選ぶ際は、口コミなどで、洗浄力をチェックしてから購入する事をオススメします。

ドラッグストアの大人ニキビ対策・クレンジングの選び方

ドラッグストアの大人ニキビ対策・クレンジングの選び方

ドラッグストアでクレンジングを購入している方も多くいると思います。
大人ニキビがある場合には、界面活性剤の量が少ない低刺激の物を選ぶようにしましょう。

界面活性剤とは、本来混ざる事のない水と油を混ぜる成分です。
単に油と水を混ぜるだけでなく、水の中に油を引き込もうとする力が強いので、肌への刺激となります。

洗浄系界面活性剤が多く含まれるとメイクも綺麗に落とせますが、大人ニキビ対策との相性は悪いと言えます。

大人ニキビ対策・正しいクレンジングの方法

大人ニキビ対策・正しいクレンジングの方法

クレンジングをする前に基本的な事ですが、手を綺麗にする事が大切です。
帰宅後にすぐメイクを落としたいために汚れた手でクレンジングをしても、雑菌が付いてしまうので大人ニキビを悪化させてしまいます。

クレンジングをする前には、石鹸でよく手を洗うことを忘れないようにしましょう。
そして、クレンジング剤は適量を手にとって、一旦両手で温めるようにして手のひらになじます。

それを頬やおでこなど顔の面積が広い部分に置き、メイクの汚れ浮かせてください。
その後鼻の周りや口周りといった細かい部分になじませて、メイクの汚れを浮かせて馴染ませます。

目元や口元は一番皮ふが弱い部分ですので、力を入れずに指で優しく馴染ませましょう。
最後に、30度くらいのぬるま湯でクレンジングを素早く洗い流します。

すすぐ時のお湯が熱過ぎると、大人ニキビ肌への刺激になるので避けましょう。
逆に冷た過ぎても汚れが落ちにくいため、クレンジングと洗顔はぬるま湯が基本です。

大人ニキビ対策・クレンジング後の洗顔方法

大人ニキビ対策・クレンジング後の洗顔方法

クレンジング後の洗顔方法について説明していきます。

クレンジングはメイク汚れと、余分な皮脂を落とす事が目的です。
その後は、残ったクレンジング剤や細かい毛穴の汚れを洗顔料で落としていきましょう。

クレンジングが終わったら、洗顔料を手に取り弾力のある泡を作ります。
上手く泡立てられない場合は、泡立てネットを使うと角が立つほど弾力のある泡が出来上がります。

細かく弾力のある泡が出来ると、毛穴の皮脂汚れもしっかり吸着させる事が出来るでしょう。
手のひらが肌に触れないように、手と肌の間に泡のクッションを作るように優しく洗顔しましょう。

最後に泡が残らないよう、ぬるま湯でしっかりとすすいでください。
洗顔成分が肌表面に残ってしまうと、肌への刺激になるため大人ニキビの悪化に繋がるので気を付けましょう。

特に髪の生え際、顎周りは洗顔料の泡が残りやすいので、意識的によくすすぐように心がけてください。

大人ニキビとクレンジングのまとめ

大人ニキビとクレンジングのまとめ

大人ニキビを治すためには、クレンジングの選び方というのは非常に重要と言えます。
クレンジングを含めて、大人ニキビの改善にはルナメアACがオススメとなっています。

ルナメアACのクレンジングはオイルで出来ていますが、植物由来の潤い成分も配合されています。
アーチチョーク葉エキスは、効能が認められている医薬部外品です。

シミの元となるメラニンを作り出すメラノサイトの増殖を抑える働きがあるため、シミ対策にも役立つでしょう。
優しいオイルなので、大人ニキビがある時でも、なでるだけで簡単にメイクをツルッと落とす事が出来ます。

低刺激で肌に優しく、保湿力が高いので、大人ニキビ対策にオススメです。

大人ニキビランキング