出来る大人ニキビとクレンジング

知らぬ間にポツポツと出来る大人ニキビ。
治ったと思っても、生理前に繰り返し現れて、嫌になる方は多いのではないでしょうか。

20歳を過ぎると、ストレスや生活習慣の乱れにより肌のターンオーバーが遅くなってしまいます。
これが、皮脂が毛穴に詰まる原因なのです。

大人ニキビを完治させるためには、毛穴の汚れを常にスッキリきれいに保つ必要があります。
そこで大切なのが毎日のクレンジングです。

クレンジング選びやクレンジングの仕方を間違えると、繰り返す大人ニキビに悩まされる事になります。
そこで今回は、大人ニキビを治すためのクレンジングの選び方についてご紹介しましょう。

大人ニキビがある時の、正しいクレンジング方法もご紹介します。

大人ニキビランキング

大人ニキビのクレンジングの選び方

大人ニキビを防ぐためには、まずは毛穴に入った皮脂やメイク汚れをきれいにする事が大切。
ただし、大人ニキビの場合は、肌の乾燥も過剰な皮脂分泌の原因となると言われています。

ですから、大人ニキビ対策のクレンジングは毛穴汚れをきれいにする洗浄力と、乾燥を防ぐ保湿力のどちらも必要なのです。
大人ニキビに悩む方は、洗浄力と保湿力が伴ったクレンジングを選ぶようにしましょう。

大人ニキビのクレンジングは肌に優しいものを選ぶ

大人ニキビには、洗浄力が強すぎない肌に優しいクレンジング剤を選びましょう。
市販のクレンジング剤には界面活性剤を含むものが多いですが、肌への刺激が強いので避けた方が良いのです。

特に、肌への刺激が強いとされる石油系のものは、皮脂を取りすぎて大人ニキビを悪化させる事もあります。
クレンジングは、ココナッツオイルやアルガンオイルなどの美容オイルが配合の植物由来のものを選ぶと良いでしょう。

また、商品の劣化を防ぐ防腐剤なども、天然由来のものを使用していると安心出来ます。
クレンジングは毎日使うものですから、アロマなどリラックス効果のある香りがあると効果的。

スキンケアの時間を、香りで安らぐ癒しの時間にしてくれるのでオススメです。

大人ニキビのクレンジングはミルク・ジェルタイプを選ぶ

大人ニキビに最もオススメなのは、肌への刺激が非常に少ないクレンジングミルクです。
ただし、クレンジングミルクは、界面活性剤がほぼ含まれないため、メイクを落とすのに時間がかかります。

つまり、濃いメイクをクレンジングミルクで落とすのは難しいのです。
クレンジングクリームはメイクを落とす力が強く、しっかりと毛穴の汚れを落とす事が出来ます。

クレンジングジェルは、粘度が高く肌への摩擦刺激が少なく優しくメイクを落とす事が出来るのでオススメです。
最もメイク落としの力が強いクレンジングオイルは、大人ニキビが多く出来ている時に使うと皮脂を取り過ぎる可能性があります。

ですから、スペシャルケアとして取り入れると良いでしょう。
結論としては、大人ニキビが顔に多く発生している時は、クレンジングミルクまたはクレンジングジェルがオススメです。

大人ニキビのクレンジングは保湿力のあるものを選ぶ

大人ニキビのクレンジング選びのポイントとして、保湿成分が入ったものを選ぶ事が大切です。
クレンジングをすると、どうしても肌の表面の皮脂を奪い取ってしまいます。

クレンジング剤に保湿成分が含まれていれば、乾燥するのを抑えて洗い上がり後のつっぱりなどを防ぐ事が出来るでしょう。
有名な保湿成分としては、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン、植物由来のエキスが挙げられます。

大人ニキビは思春期ニキビ用の洗顔料を使ってしまうと、皮脂を取りすぎてしまうので気をつけましょう。

市販の大人ニキビ対策・クレンジングの選び方

市販の大人ニキビ対策・クレンジングの選び方

市販のクレンジング剤の種類はいくつもあって、選ぶのに迷ってしまいますよね。
しかし、厳密には大人ニキビにはこれが一番!と順位をつける事は難しいのです。

なぜなら、人によって肌質や大人ニキビの原因が異なるから。
同じ人でも、年齢や体調や季節によっても肌に合うクレンジングは変わってくるのです。

ですから、クレンジングを含めスキンケアは肌で確かめながら、合うものを見つけていきましょう。
クレンジングを選ぶ基準は、自分の肌質、メイクの濃さ、ニキビの原因から決めます。

大人ニキビ対策のタイプ別クレンジング

クリームタイプのクレンジング剤の洗浄力は、オイルほどではありませんが高めです。
オイルに比べて肌への負担が少なく、保湿力が高いのがメリット。

ですから、肌の乾燥が原因でニキビが出来る方には、クリームタイプのクレンジング剤がオススメです。
アイメイクなどをしっかりしている方は、その部分だけ洗浄力の高いオイルタイプを使うのも良いでしょう。

更に肌に優しいのが、ミルクタイプのクレンジング剤です。
ミルキーなテクスチャーで、大人ニキビが顔に多くあってもメイクを優しく落とす事が出来ます。

ただし、洗浄力はあまり高くないため、メイクや皮脂汚れ、毛穴に詰まった汚れは落としきれない事もあるでしょう。
ミルクタイプのクレンジング剤を選ぶ際は、口コミなどで、洗浄力をチェックしてから購入する事をオススメします。

ドラッグストアの大人ニキビ対策・クレンジングの選び方

ドラッグストアの大人ニキビ対策・クレンジングの選び方

ドラッグストアでクレンジングを選ぶ際は、大人ニキビでも使える優しいものを選びましょう。
大人ニキビがある時に刺激が強いクレンジングを使うと、ニキビが悪化する恐れがあるのです。

肌に優しいクレンジングとは、「界面活性剤の量」が少ないものを言います。
界面活性剤とは、本来混ざる事のない水と油を混ぜる成分です。

単に油と水を混ぜるだけでなく、水の中に油を引き込もうとする力が強いので、肌への刺激となります。
洗浄系界面活性剤が多く含まれるほど簡単にメイクを落とす事が出来ますが、大人ニキビ対策には避けたほうが良いでしょう。

大人ニキビ対策・正しいクレンジングの方法

大人ニキビ対策・正しいクレンジングの方法

正しいクレンジングを始める前に、よく石けんで手を洗う事が大切です。
清潔な手で洗う事は大人ニキビを治す基本になります。

そして、クレンジングを適量手にとり、はじめに皮脂の多いTゾーンにのせましょう。
指の腹でなじませて、メイクや皮脂の汚れを浮かせます。

あごや頬などのフェイスラインに、伸ばして馴染ませましょう。
目元や口元にやさしくなじませてメイクを浮かせます。

目元や口元は一番皮ふが弱い部分ですので、力を入れずに指で優しく馴染ませましょう。
最後は、ぬるま湯でクレンジングを素早く洗い流します。

お湯が熱すぎたり冷たすぎたりすると、肌への刺激になりますので必ずぬるま湯で流してください。
そして大人ニキビがある時は、絶対にシャワーを顔にあてて流さないようにしましょう。

クレンジング後のデリケートな肌には刺激となり、大人ニキビを悪化させてしまいます。

大人ニキビ対策・クレンジング後の洗顔方法

大人ニキビ対策・クレンジング後の洗顔方法

クレンジングでメイクの油分を落としたら、洗顔で皮脂や角質汚れを落としていきましょう。
クレンジングが終わったら、流した水を拭き取らずにそのまま洗顔に入ります。

はじめに洗顔料をしっかり泡立てますが、うまく行かない場合は泡立てネットを利用してください。
しっかりときめ細かい泡に泡立てる事で、毛穴の中の汚れまでしっかりと落とす事が出来ます。 

手のひらが肌に触れないように、手と肌の間に泡のクッションを作るように優しく洗顔しましょう。
泡が残らないよう、ぬるま湯で回数を多めにすすぎます。

洗顔成分が肌表面に残ってしまうと、肌への刺激になりニキビの悪化に繋がるので気をつけましょう。
特に髪の生え際、顎下などの泡が残りやすい部分は特に入念に洗い流してください。

最後に、清潔なタオルでこすらずにポンポンと優しく叩くように水気を拭き取ります。

大人ニキビとクレンジングのまとめ

大人ニキビとクレンジングのまとめ

今回は、大人ニキビを治すためのクレンジング選びと正しいクレンジング方法をご紹介しました。
大人ニキビに悩む方の間で今話題のスキンケアは、「ルナメアAC」です。

ルナメアACのクレンジングはオイルでできていますが、植物由来の潤い成分も配合されています。
アーチチョーク葉エキスは、効能が認められている医薬部外品です。

シミの元となるメラニンを作り出すメラノサイトの増殖を抑える働きがあるため、シミ対策にも役立つでしょう。
優しいオイルなので、大人ニキビがある時でも、なでるだけで簡単にメイクをツルッと落とす事が出来ます。

低刺激で肌に優しく、保湿力が高いので、大人ニキビ対策にオススメです。

大人ニキビランキング