大人ニキビとアクネ菌

大人ニキビが発生する要因の1つは、アクネ菌の増殖です。
アクネ菌が増えて大人ニキビが悪化するメカニズムを、詳しく知る必要があります。

アクネ菌を抑えれば、大人ニキビを治す事が出来るのです。
そして、正しい皮脂コントロールで予防して、大人ニキビになりにくい肌をめざしましょう。

今回は、大人ニキビとアクネ菌について記載していきます。

大人ニキビランキング

大人ニキビの原因・アクネ菌とは?

大人ニキビの原因のひとつとして、アクネ菌が挙げられます。
アクネ菌には2種類あり、それぞれの特徴を知る事で、大人ニキビの予防にも繋がります。

ニキビは、皮脂や角栓などで毛穴が詰まると発生するもの。
ふさがった毛穴の中に皮脂が溜まった状態が白ニキビです。

アクネ菌によって炎症を起こし、赤や黄ニキビが発生します。
増殖を抑えるためにも、正しいスキンケアを行う事が非常に重要と言えます。

大人ニキビになるアクネ菌が存在する体の部分

アクネ菌は、皮脂を多く分泌させる毛穴に増殖します。
アクネ菌は皮脂を好むので、皮脂が多く排出されている部位に増殖するのです。

大人ニキビが出来やすい部位は、皮脂が比較的多く分泌される、顔や胸、背中、頭になります。
実際に、顔、胸、背中、頭皮に大人ニキビやが出来やすくなります。

アクネ菌は顔の大人ニキビを招きやすい

アクネ菌はニキビの原因と言われているため、悪のイメージがあるかもしれません。
しかし、善玉アクネ菌は、我々の肌の上に常駐している優れた菌であり、肌を弱酸性に保ち、肌の皮脂バランスを整えてくれます。

大人になって生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが崩れて、肌の新陳代謝が遅れてしまい、毛穴に古い角質や皮脂が集まってしまうのです。
すると、毛穴に悪玉アクネ菌がそれらの余計な皮脂を餌にして、どんどん増殖して大人ニキビとなってしまいます。

つまり、新陳代謝が悪くなり、毛穴が汚れて悪玉アクネ菌が増え過ぎると大人ニキビになるという事です。
そのため、大人ニキビを予防するにするには、常に毛穴を綺麗にして肌の水分量と皮脂量のバランスを整える事が大切と言えます。

そのためには、バランスの良い食生活、良質な睡眠を確保したり、適度な運動で代謝を良くしたり、生活習慣を整える事が大切です。

なぜアクネ菌は増殖して大人ニキビになるの?

なぜアクネ菌は増殖して大人ニキビになるのか

通常、我々の肌の上にある善玉アクネ菌は、肌を弱酸性に保ち水分量と皮脂量のバランスを整えてくれるのです。
しかし、 生活習慣の乱れやホルモンバランスの崩れによって毛穴に多くの老廃物や皮脂が溜まってしまうと、それを餌に悪玉のアクネ菌が増殖してしまいます。

正しい洗顔法で毛穴をクリーンに綺麗にしておけば、余分な皮脂がたまらずに、悪玉のアクネ菌は増殖する事はありません。
しかし、睡眠不足や栄養不足、運動不足により代謝が悪くなってしまうと、毛穴に老廃物や過剰な皮脂が詰まって、悪玉アクネ菌のエサになってしまうという事です。

悪玉アクネ菌は、老廃物や過剰な皮脂を餌にどんどん増殖します。
そのため、毛穴が汚れていればいるほど、大人ニキビが出来やすいという事になります。

大人ニキビになるアクネ菌を殺菌するには?

大人ニキビになるアクネ菌を殺菌するには

思春期のニキビの場合は、アクネ菌を完全に除去する殺菌作用のある医薬品やスキンケアを使えば、ニキビを治して綺麗な肌に戻す事が出来ます。
しかし、大人ニキビの場合は、思春期ニキビのように完全に皮脂を除去してしまうと肌が乾燥に傾くため、余計な皮脂分泌を起こし、大人ニキビを悪化させてしまう事になるのです。

ですから、大人ニキビの毛穴ケアは、洗顔もスキンケアも必要な皮脂を残しておくというのがポイントになります。
つまり、洗浄力の高い洗顔料(アルコール、エタノール、サリチル酸が入った化粧品)を使っていると、乾燥肌になって、余計に皮脂が分泌され 大人ニキビを悪化してしまうのです。

そのため、大人ニキビのアクネ菌対策は、洗顔料も化粧水も保湿力の高いものを使って、必要な皮脂を残し、皮脂バランスを整える事が大切です。
保湿力のある化粧水は、ヒアルロン酸やスクワラン、コラーゲン配合のものがオススメ。

ビタミンC誘導体の化粧水は皮脂の過剰分泌を抑えて、活性酸素を除去し、綺麗な毛穴をキープしてくれるでしょう。

大人ニキビになるアクネ菌の増殖を防ぐには?

大人ニキビになるアクネ菌の増殖を防ぐには

大人ニキビになるアクネ菌の増殖を防ぐための対処法をご紹介します。

大人ニキビになるアクネ菌は毛穴ケアで防ぐ

大人ニキビになるアクネ菌は、毛穴の詰まりを予防して増殖を防ぎましょう。
ファンデーションは毛穴を塞いでしまいますので、大人ニキビが酷いときは出来るだけ控えた方が良いのです。

大人ニキビを隠すには、クリームやリキッドタイプのファンデーションは、カバー力があります。
ただし、肌への負担が少ないミネラルファンデーションやフェイスパウダーの方がオススメです。

帰宅後は、やさしく毛穴の詰まりをクレンジングするなどして、日々の毛穴ケアを心がけましょう。

大人ニキビになるアクネ菌はピーリングで毛穴つまりを防ぐ

アクネ菌が繁殖しないためには、角質を柔らかくして、毛穴の入り口を塞がないようにする事が大事です。
そのためには、ニキビケア専用の基礎化粧品と、定期的なピーリングが効果的。

ニキビケア用の基礎化粧品には、サリチル酸などアクネ菌を殺菌する成分が含まれています。
また、ピーリングジェルや拭き取り化粧水を使用すると、毛穴の詰まりを予防する事が可能です。

大人ニキビになるアクネ菌を防ぐ皮脂コントロール法

大人ニキビになるアクネ菌を防ぐ皮脂コントロール法

アクネ菌などの悪玉菌や過剰な皮脂を落とすために、洗浄力の高い洗顔料を使う事は肌に良くありません。
1日に何度も洗顔する事も、避けた方が良いでしょう。

アクネ菌は退治出来ても、肌を守ってくれている美肌のための表皮ブドウ球菌も一緒に退治してしまう事になります。
表皮ブドウ球菌がなくなると、肌バリアが崩壊してしまうのです。

肌バリアが弱くなってしまうと、自らの力で保湿を行なう事が出来ずターンオーバーが乱れます。
結果的に、皮膚から皮脂が多く分泌され、大人ニキビの増加や悪化を引き起こすのです。

アクネ菌などは、毛穴や汗腺の奥深くに潜み、まただんだんと繁殖を始めてしまいます。
アクネ菌を徹底するのは、洗浄しすぎる事ではないので気をつけましょう。

大人ニキビになるアクネ菌は善玉菌と悪玉菌がある

アクネ菌は、我々の肌の上にいる肌を弱酸性に保つ良い働きをしてくれる善玉菌と、ニキビを増殖させてしまう悪い悪玉菌の2種類あります。
もちろん、善玉菌のアクネ菌は肌に良い働きをしてくれるので、しっかり残しておかなければなりません。

そのため、大人ニキビが出来たからといって肌の上にある皮脂を全部取り去ってしまうと、肌が極度に乾燥して、余計に皮脂分泌が起こり、大人ニキビが悪化してしまうのです。
洗浄力の強い洗顔料や、さっぱり系の皮脂を取る化粧水を使っていると、大人ニキビの改善になりません。

大人ニキビを予防するならば、悪玉のアクネ菌を除去するようにしてください。
そのためにも、保湿力のある洗顔料と化粧水を使って、善玉のアクネ菌を守るケアをして、皮脂バランスを整えていきましょう。

大人ニキビになるアクネ菌は取り過ぎに注意

大人ニキビになる原因の一つに、肌の乾燥があります。
大人ニキビが出来ると、肌がベタ付いてくるため、潤っていると勘違いして、しっとりした化粧品を使うのを避ける方は多いのです。

しかし、大人ニキビが出来ているという事は、肌の水分保持力はかなり低下していて、皮脂過剰な皮脂分泌で起こっていると考えられます。
大人ニキビを予防するためには、しっかり肌に水分を与えて、水分保持力を上げなければならないのです。

大人ニキビがある時に、洗浄力と殺菌力の強い洗顔料とアルコールが配合の化粧水を使っていると、善玉のアクネ菌まで取り過ぎてしまい、大人ニキビが悪化の原因になるでしょう。
大人ニキビには、保湿力のある洗顔料と化粧水を使うと水分保持力が上がり、善玉アクネ菌がしっかり働いてくれるようになります。

そして、水分と皮脂のバランスが取れれば、毛穴がグリーンの状態をキープ出来ます。
そのため、大人ニキビの原因となる悪玉アクネ菌が繁殖されずに大人ニキビを予防出来るのです。

大人ニキビとアクネ菌のまとめ

大人ニキビとアクネ菌のまとめ

アクネ菌は、悪さをするだけではなく肌を健康な弱酸性の状態に保つ働きのある常在菌だと分かりました。
大人ニキビが出来ない肌にしていくためには、正しい洗顔と保湿が最も大事です。

また、毛穴を塞がない事、肌を清潔に保つ事、肌に負担をかけない事も心がけましょう。
ニキビ予防のためには、小さなケアの積み重ねが大切です。

ファンデーションの汚れたパフや使い回しのタオルなどもアクネ菌がつきやすいので気をつけましょう。

大人ニキビランキング