大人ニキビと皮膚科

大人ニキビは自分の力ではなかなか自然に治らない事も多いものです。
大人ニキビは、時間が経てば経つほど治りにくいので、早めに対処する必要があります。

そのまま大人ニキビを放っておくと、ニキビ跡が出来たり、シミやクレーターになる事もあるのです。
ニキビ跡はクレーターになってしまうと自分の力で治す事は大変ですから、手遅れにならないようにしましょう。

自分では治せない大人ニキビは、皮膚科の治療法を利用する事をオススメします。
そこで今回は、皮膚科での大人ニキビの治療法をご紹介しましょう。

大人ニキビランキング

皮膚科の大人ニキビの治療法

日常的なスキンケアは、大人ニキビ予防をする上で重要です。
しかし、すでに出来てしまったニキビを素早く治すためには、医療機関での治療を行ったほうが有効だと言えます。

特に広範囲に赤く炎症を起こしている大人ニキビの場合は、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。
皮膚科での大人ニキビの治療法は、症状がひどい場合は抗生物質の塗り薬や飲み薬が処方される場合があります。

一般的に皮膚科による治療の基本は、毛穴のつまりをとるような塗り薬による治療です。
また、大人ニキビ治療には保険の範囲で行う治療と、保険が適用されない治療があります。

では、皮膚科での大人ニキビの治療の種類について見ていきましょう。

皮膚科の大人ニキビはケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、酸性の薬液を塗布する事で古くなった角質層を溶かして、新しく健康な肌が生まれるのを助ける施術です。
不要になった角質を除去する事で、新しく健康な皮膚が生成されてきれいな肌を取り戻します。

ピーリング剤という薬剤を肌に塗ってニキビの原因である毛穴のつまりを取るので、大人ニキビ治療にはとても効果的です。
古くなった角質を除去する事で肌全体の代謝を促し、大人ニキビの改善、シミを薄くしたりコラーゲン生成を促して、肌全体にハリを出す事が出来ます。

また、開いた毛穴を引き締めるといった美容的な嬉しい効果も期待出来るのです。
ただし、皮膚に与える刺激が強いため、肌が弱い方にはあまり向いていません。

特に赤く腫れたニキビ、膿んだニキビなど炎症を起こしている部位がある場合、ピーリングは控えたほうが良いでしょう。
比較的、肌の強い体質の方や男性が初期のニキビを除去するために用いるのが効果的と言われています。

皮膚科の大人ニキビはイオン導入

イオン導入は、主にビタミンC(L-アスコルビン酸)をはじめとした美肌成分を肌に塗布して、微弱電流を流すという治療法です。
ビタミンCには美白効果のほか、皮脂の過剰分泌を抑える作用があるため肌に浸透させる事で毛穴詰まりを起こしにくくしてくれます。

電流によって肌表面の成分がイオン化すると、肌の内部に浸透しやすくなり化粧品として塗ったものがより高い効果を得られるのです。
肌に良い作用をもつビタミン類などを 、たっぷりと肌に浸透させる事が出来るマシンによる治療なので、大人ニキビが悪化する可能性を低減出来ます。

イオン導入は、肌のハリを復活させる美白ケアで有名な施術ですが、ニキビの予防と治療にも期待出来ると言われているのです。
また、美白作用とコラーゲンの合成促進作用によって、ニキビ跡の凹凸を軽減する効果も期待出来ます。

皮膚科の大人ニキビはレーザー治療

レーザー治療は、光や熱によってアクネ菌を殺菌したり、炎症を抑えるような効果がある医療機器(リアタッチ)やフォトフェイシャルを使った治療です。
炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)は、二酸化炭素を用いて高出力のパルス波を生じさせるもの。

表面に小さな穴を開けて、毛穴に溜まった膿や皮脂などを排出させるために用います。
面皰圧出という処置を物理的に行わず、レーザーを活用して行うのが炭酸ガスレーザーによるニキビ治療です。

腫れがひどい大人ニキビや、白ニキビや黒ニキビを早期に除去したい場合などに良いでしょう。
毛穴に溜まった白ニキビや、膿が溜まった膿腫の改善が行える炭酸ガスレーザーは、素早くニキビを消したい時に役立ちます。

皮膚科で処方される大人ニキビの飲み薬

皮膚科で処方される大人ニキビの飲み薬

皮膚科では、大人ニキビを解決するための飲み薬(内服液)が処方されます。
内服薬はニキビ菌を直接弱めるものや、肌環境を整えるために処方されるもの、根本の原因を解決するために処方される場合など様々です。

例えば、ミノマイシンはニキビ治療の他、様々な細菌感染症に使用される薬で、特に赤ニキビなどに有効とされています。
早めに使用する事で治りも早くなりますので、黄ニキビなどに進行する前に皮膚科で処方をしてもらいましょう。

ミノマイシンは抗生物質ですので、特に赤ニキビなど炎症を起こしている場合に使用され、始め1~2週間程飲んで様子をみます。
効果があれば、その後も1~3ヶ月ほど飲み続けるようです。

医師の指示通り出された薬は、しっかり飲み終えるようにしましょう。

皮膚科で処方される大人ニキビの塗り薬

初期段階の大人ニキビに使用される塗り薬(外用薬)は、その種類により、ジェル状、クリーム状、ローションなど様々です。
ディフェリンゲルはゲル状の軟膏で、白ニキビになる前の状態から赤ニキビの状態まで使用出来る薬になります。

ディフェリンゲルの最大の特徴は、白ニキビなどまだ炎症をおこしていない段階での治療にも効果が期待出来る事です。
この場合は、薬が効いてきた頃に副作用が多く見られるのですが、しっかり治るまで根気強く治療を続けましょう。

新しい治療薬では、2015年から日本でもようやく認可された「ディフェリンゲル」があります。
大人ニキビに使用される抗生物質ではないため、耐性菌が発生しにくく長期で使用出来るのがメリットです。

ただし、乾燥肌、敏感肌の方は副作用が現れる可能性が高いため、使用しないほうが良いでしょう。

皮膚科の大人ニキビ治療にかかる費用

皮膚科の大人ニキビ治療にかかる費用

皮膚科の大人ニキビ治療は何種類もあり、治療の種類によって費用と効果が異なります。
皮膚科は保険診療となり、美容皮膚科は基本的に自費診療でしょう。

しかし最近では、皮膚科も自費診療・自由診療を行う事が多くなってきているようです。
保険診療では出来る治療が保険適応のみに限られていますが、ニキビ専門皮膚科の自費診療では、世界標準治療から最先端の治療まであります。

保険診療は1回2000~5000円程度ですが、自費診療・自由診療は、1回5000~50000円はかかるようです。
大人ニキビが少なければ、保険診療と自費診療・自由診療で治療効果に大きな差はありません。

ただし、自費診療・自由診療の方が保険診療よりも効果が高いと言われています。
保険診療は薬の処方が中心ですが、自費診療では保険に縛られない効果の高い治療が可能というわけです。

皮膚科の男性の大人ニキビ治療は?

皮膚科の男性の大人ニキビ治療

生活習慣が乱れると、男性ホルモンの働きが優勢になり男性のひげが濃い部分でニキビが増えます。
男性の大人ニキビ肌は、体の内側から治療・予防しなければなりません。

皮膚科での治療は、ケミカルピーリングなど通常のにきび治療に加え、ホルモンバランスを整えるプラセンタ注射や漢方、サプリメントが挙げられます。
ホルモン療法は3ヶ月程度行い、一旦ニキビが改善したら内服薬は中止する事が出来るでしょう。

ホルモンバランスを整える薬の内服による大人ニキビ治療は、ビタミンAの内服も効果的です。
皮脂の過剰な分泌を抑えつつ、肌のターンオーバーをスムーズにする事で毛穴の閉塞を防ぎます。

ビタミンAは、ニキビが改善した段階で中止するので、内服の目安は2〜3ヶ月ほど。
プラセンタ注射による大人にきび治療は、ホルモンバランスを整えるために皮脂分泌抑制の高いビタミン剤や皮膚の炎症を抑える薬を点滴・注射します。

皮膚科での大人ニキビ治療は、ホルモンバランスを整えたり炎症を抑える効果があるのです。
その他、皮脂の分泌を抑えたり、水分と皮脂のバランスを正常に保つ効果や抗酸化作用も期待出来ます。

一般皮膚科と美容皮膚科の違いは?

一般皮膚科と美容皮膚科の違い

皮膚科と美容皮膚科は、どちらも医療機関で専門の医師が治療していくというのは全く同じです。
大きな違いとしては、保険で治療出来るかできないかの違いがあります。

皮膚科の治療方法というのは、患者に適した薬を出す内服治療、外用薬を塗布する外用薬治療というのが主な治療方法です。
美容皮膚科では、飲み薬、塗り薬、ケミカルピーリング、レーザー、注射など、数多くの選択肢の中から、患者に合った治療法を組み合わせてニキビに治療していきます。

皮膚科の場合は、主に保険で治せる疾患治療をしていますが、美容皮膚科の場合は病気というよりも美容目的の治療です。
よって美容皮膚科の場合は、保険がきかない場合が多いのです。

例えばニキビの場合、外用薬や内服薬なら保険がききますが、レーザー治療やピーリング治療などは保険はききません。
ですから、治療をする前に保険で治療が出来るのかという点は医師にしっかり相談するようにしましょう。

大人ニキビは一般皮膚科と美容皮膚科どちらが効果的?

皮膚科の大人ニキビ治療は治す事だけに重点を置いていますが、美容皮膚科はニキビを治すだけではなく最終的に美肌にするのを目標としています。
保険診療の皮膚科は、疾患を治す事だけに注力するよう、保険制度で決められているのです。

よって、保険診療では病気がない人にただ美肌を目指すだけの治療をする事は禁止されています。
また、一人あたりにかけられる時間にも大きな違いがあり、保険診療の皮膚科では1時間に何人もの患者さんを診察しなければなりません。

準備や移動・カルテ記載などの時間を考えると、一人あたりの患者さんの診察にかけられる時間は5分程度でしょう。
そのため、保険診療ではきめ細かい診察がしにくいのです。

一方で、多くの美容皮膚科は予約制で1時間あたりの予約数を制限しているため、一人の患者さんに長い時間をかけています。

漢方薬と皮膚科の大人ニキビ治療薬との違い

漢方治療の目的は、ニキビや吹き出物の根本的な原因を導き出し、ニキビや吹き出物のできにくい体質にする事です。
数百種類の生薬から導きだす漢方薬で大人ニキビが改善するかどうかは、相性にもよります。

大人ニキビ以外の冷え性や肩こり、便秘などあらゆる不快な症状も改善に導いてくれるのが、漢方の良さです。
ただし、漢方薬に即効性は期待できません。

漢方薬は、根本的な原因から体質改善までを視野にいれた治療法であるため、長期目線でじっくりと取り組むものです。
最近は、それぞれの長所や短所を補うために、漢方と薬を併用されるケースが増えています。

病院などで処方された薬を飲んでいる場合は、必ず医師または薬局で併用していいものかを確認しましょう。

皮膚科と産婦人科の大人ニキビ治療の違い

ホルモンバランスの乱れから出来る大人ニキビは、同じ場所に繰り返したり生理前に出来るという特徴があります。
生理不順の方で大人ニキビが出来る箇所は、顎やフェイスラインに出来る事が多いのです。

男性であっても女性であっても、顎やフェイスラインはホルモンバランスと深い関係にあり、大人ニキビもできやすいと言えます。
産婦人科での大人ニキビ治療は、このホルモンの状態を調べて治療していくのです。
産婦人科の大人ニキビ治療は、内診はほぼないので、気軽に受診する事をオススメします。

皮膚科がオススメする大人ニキビのためのスキンケア

皮膚科がオススメする大人ニキビのためのスキンケア

大人ニキビの大敵は乾燥ですから、肌の奥まで浸透し角層を潤してくれる保湿化粧品を選びましょう。
保湿有効成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが有名です。

大人ニキビの保湿は、油分で保湿するのではなく、肌の水分量を高める事を意識してみましょう。
ニキビ有効成分として殺菌効果のある成分が配合されているものも良いです。

殺菌作用のある成分としてはサリチル酸などが挙げられます。
この成分はニキビに効果的ですが、配合量によっては肌の弱い方に少し負担になってしまうかもしれません。

抗炎症作用は炎症を抑える作用のため、ニキビだけでなく肌荒れなどにも効果的です。
抗炎症作用は紫根エキスや甘草エキスなどの植物由来の成分や、グリチルレチン酸・アラントインなどの有効成分に期待出来ます。

大人ニキビと皮膚科のまとめ

大人ニキビと皮膚科のまとめ

今回は、大人ニキビの皮膚科での治療を見ていきました。
今ある大人ニキビを今すぐに治したい場合は、スキンケアよりも皮膚科での治療をオススメします。

ただし、日頃からのスキンケアは、これから出来る大人ニキビを予防する上で非常に重要です。
市販の大人ニキビ対策の化粧水は化学物質や添加物を配合しているものが多く、肌の負担を増やしてしまうので気をつけましょう。

大人ニキビ対策にオススメなのが、富士フイルムの「ルナメアAC」です。
独自に開発した、毛穴の油分によく馴染むアクネシューターが、毛穴の奥まで入り込み有効成分を届けます。

毛穴の奥まで有効成分が届く事で、これまでは取り除く事ができなかったニキビの原因菌にアプローチする事が出来るのです。
さらにうるおいもしっかりと浸透させる事が出来るので、大人ニキビ対策に最適なスキンケアと言えます。

毎日の大人ニキビ対策に取り入れてみると良いでしょう。

大人ニキビランキング