大人ニキビと皮膚科

大人ニキビは自分の力ではなかなか自然に治らない事も多いものです。
大人ニキビは、時間が経てば経つほど治りにくいので、早めに対処する必要があります。

そのまま大人ニキビを放っておくと、ニキビ跡が出来たり、シミやクレーターになる事もあるのです。
ニキビ跡はクレーターになってしまうと自分の力で治す事は大変ですから、手遅れにならないようにしましょう。

自分では治せない大人ニキビは、皮膚科の治療法を利用する事をオススメします。
そこで今回は、皮膚科での大人ニキビの治療法をご紹介しましょう。

大人ニキビランキング

皮膚科の大人ニキビの治療法

日常的なスキンケアは、大人ニキビ予防をする上で重要です。
しかし、すでに出来てしまったニキビを素早く治すためには、医療機関での治療を行った方が有効だと言えます。

特に炎症をしている赤ニキビに関しては、跡になる可能性もあるため、皮膚科にて早めに治療する事をオススメします。
皮膚科での治療法は、症状がひどい場合は抗生物質の塗り薬や飲み薬が処方される場合があります。

一般的に皮膚科による治療の基本は、毛穴のつまりをとるような塗り薬による治療です。
また、大人ニキビ治療には保険の範囲で行う治療と、保険が適用されない治療があります。

皮膚科の大人ニキビはケミカルピーリング

皮膚科の大人ニキビ治療法としてメジャーなのがケミカルピーリング。
ケミカルピーリングは、ニキビの原因である肌の上に残った古い角質と、毛穴に詰まった角栓と皮脂をきれいに除去してくれる施術です。

大人ニキビがある時はバリア機能が低下しているため、新しい肌が生まれ変わらずに古い皮膚が残っている状態にあります。
それをキレイに剥がして肌を生まれ変わらせる事で、ニキビを治すというやり方です。

施術後は肌触りが全然違う!とまさに生まれ変わったように感じられるでしょう。
ニキビだけでなく、シミやシワといったアンチエイジングや美白にも効果的とあって人気の治療法です。

ただし、ケミカルピーリングは皮膚を剥がすという刺激が強い作用があるため敏感肌の方は向いていません。
また、炎症をしているニキビの場合には、ピーリングは止めておくようにしてください。

どちらかというとオイリー肌や皮膚が固く強い人、男性の肌は耐えられるため効果的です。

皮膚科の大人ニキビはイオン導入

イオン導入は、細かな電流を流す事で美容成分を肌の奥まで届けるという施術になります。
普通にビタミンC入りの美容液を塗ってもなかなか肌の奥まで浸透しませんが、電流を流すことで吸収力をアップ出来るのです。

美容皮膚科のイオン導入は大抵の場合、美白のコースやシミの改善に使われますが、もちろん大人ニキビにも効果的です。
ビタミンCには美白効果の他、皮脂の過剰分泌を抑える作用があります。

そのため、肌に浸透させる事で毛穴詰まりを起こしにくくしてくれます。
茶色いシミになった大人ニキビ跡にも役立つでしょう。

しかし、症状緩和や悪化予防のためであり、ビタミンCのイオン導入だけで大人ニキビが出来なくなるわけではありません。
ビタミンCは副作用がないため、施術そのものに全く危険がないのがメリットです。

ただし、浸透効率を向上させるために、ピーリングとセットで実施する施設が多いと言えます。
そのため、炎症ニキビがある人には不向きと言えます。

皮膚科の大人ニキビはレーザー治療

レーザー治療は、顔に光や熱を当てて、大人ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌したり、炎症した大人ニキビを抑える施術です。
美容クリニックではフォトフェイシャルという細かいレーザーを当てて、余分な皮脂や角質を除去する方法があります。

レーザーは様々な種類があり、全く痛みがないものもあれば、強いレーザーは痛みを感じるものもあるのです。
表面に小さな穴を開けて、毛穴に溜まった膿や皮脂などを排出させるために用います。

軽度の大人ニキビの場合は皮膚科で器具を使って古い角質を取り除いて行きますが、範囲が広い場合にはレーザーの方が効果的です。
炎症がひどい場合や化膿した大人ニキビに悩む方は、自分に適したレーザー治療法を見つけてみましょう。

皮膚科で処方される大人ニキビの飲み薬

皮膚科で処方される大人ニキビの飲み薬

皮膚科では、炎症を抑えるための抗生物質が処方されます。
抗生物質には患部に直接塗る軟膏クリームと飲み薬があり、即効性があるのは軟膏クリームの方です。

飲み薬はビタミンEやビタミンCが中心に配合され、大人ニキビを内側から改善する目的で使用されます。
飲み薬(内服薬)は今あるニキビの炎症を抑えたり、肌環境を整えてこれから出来るニキビを出来にくくするのです。

抗生物質として有効なミノマイシンは、細菌感染症にも使われる抗炎症剤になります。
早めに使用する事で治りも早くなりますので、黄ニキビなどに進行する前に皮膚科で処方をしてもらいましょう。

抗炎症剤の飲み薬は今ある大人ニキビの炎症を抑えるもので、最低でも1週間は飲み続けてみましょう。
抗生物質は長く飲み続けると体が慣れてしまい効果が薄れるという特徴があるため、使用期間は医師の指示通り守って飲むようにしてください。

皮膚科で処方される大人ニキビの塗り薬

初期段階の大人ニキビに使用される皮膚科の塗り薬(外用薬)は、その種類により、ジェル状、クリーム状、ローションなど様々です。
ディフェリンゲルはゲル状の軟膏で、白ニキビになる前の状態から赤ニキビの状態まで使用出来る薬になります。

炎症があっても無くても効果が期待出来るというのは、特徴と言えるでしょう。
薬が効いてきた頃に副作用が多く見られるのですが、しっかり治るまで根気強く治療を続けましょう。

新しい治療薬では、2015年から日本でもようやく認可された「ディフェリンゲル」があります。
大人ニキビによく使用される塗り薬とは異なり、長く使用しなくても良いというのが特徴です。

ただし、乾燥肌、敏感肌の方は副作用が現れる可能性が高いため、使用しないほうが良いでしょう。

皮膚科の大人ニキビ治療にかかる費用

皮膚科の大人ニキビ治療にかかる費用

皮膚科の大人ニキビの治療に掛かる費用は、保険適用される治療かどうかで変わってきます。
保険がきく場合は、1回1,000円から高くても5,000円程度の診察料でしょう。

しかし、自費診療の場合は、1回5,000円~50,000円程かかってしまうようです。
初期のニキビなら、保険が適応される皮膚科で十分でしょう。

しかし、しつこく繰り返す大人ニキビや、なかなか消えないニキビ跡を治したい場合は美容皮膚科はとても効果的です。
保険診療では出来ない様々な最新治療も受けられるでしょう。

自身のニキビの症状と、どこまで治したいのかを考えて皮膚科にかかりましょう。

皮膚科の男性の大人ニキビ治療は?

皮膚科の男性の大人ニキビ治療

男性の大人ニキビは、もともと過剰なオイリー肌の方によく見られます。
また、忙しい働き盛りの男性は髭が生えているエリアにニキビが発生しやすいのです。

それは、慢性的な睡眠不足や運動不足、不規則な食事をしていると、男性ホルモンが増加して過剰な皮脂分泌が起こるからです。
なるべく生活習慣を正して、大人ニキビ対策の洗顔とスキンケアをしていれば防ぐ事が出来ます。

しかし、自分の力ではどうしても治せない場合もあるでしょう。
そんな時は皮膚科でのニキビ治療法をオススメします。

皮膚科での治療は、ケミカルピーリングといったメジャーな方法からプラセンタ注射、レーザー治療などから適切な方法を選ぶ事が出来ます。
大人ニキビに効果的なビタミンはビタミンE、ビタミンC、ビタミンAがあり、イオン導入で直接取り入れたり、サプリメントで取り入れる方法もあります。

重度の場合には、プラセンタ注射による大人ニキビ治療も良いと思います。
皮脂分泌抑制の高いビタミン剤を点滴・注射する事によって、皮膚の炎症を抑えてくれます。

一般皮膚科と美容皮膚科の違いは?

一般皮膚科と美容皮膚科の違い

皮膚科と美容皮膚科は、どちらも医療機関で専門の医師が治療していくというのは全く同じです。
大きな違いとしては、保険で治療出来るか出来ないかの違いがあります。

皮膚科の治療方法というのは、患者に適した薬を出す内服治療、外用薬を塗布する外用薬治療というのが主な治療方法です。
美容皮膚科では、飲み薬、塗り薬、ケミカルピーリング、レーザー、注射など、患者の肌に合わせた大人ニキビの治療が出来るのが特徴と言えます。

皮膚科の場合は、主に保険で治せる疾患治療をしていますが、美容皮膚科の場合は病気というよりも美容目的の治療です。
よって美容皮膚科の場合は、保険がきかない場合が多いのです。

例えばニキビの場合、外用薬や内服薬なら保険がききますが、レーザー治療やピーリング治療などは保険はききません。
ですから、治療をする前に保険で治療が出来るのかという点は医師にしっかり相談するようにしましょう。

大人ニキビは一般皮膚科と美容皮膚科どちらが効果的?

皮膚科の大人ニキビ治療は治す事だけに重点を置いていますが、美容皮膚科はニキビを治すだけではなく最終的に美肌にするのを目標としています。

どちらの治療法が適しているかは、その人の大人ニキビの症状、目的、予算によって異なるため一概には言えません。
しかし、今あるニキビを早く治したい場合は、保険適用のある皮膚科の抗生物質を処方してもらうことをオススメします。

慢性的な大人に悩まされて、何をやっても大人ニキビが治らないと苦労されているのなら、体質的に改善しなければ根本的な解決にはなりません。
この場合は、保険適用外でも美容皮膚科に行き、長期的に肌の体質改善を試みてみると良いでしょう。

一般皮膚科の場合は、相談すると言っても診察時間に限られています。
しかし、美容皮膚科の場合は、1対1でしっかりカウンセリングを受ける事が出来るのです。

今あるニキビだけでなく、これからも大人ニキビと決別したい!と思っているなら美容皮膚科の方をオススメします。

漢方薬と皮膚科の大人ニキビ治療薬との違い

大人ニキビに効果的な方法として、漢方薬が挙げられます。
漢方薬は、皮膚科のニキビ治療薬とは違ったアプローチで大人ニキビを治すものです。

皮膚科のニキビ治療薬は、炎症を抑たり殺菌したりといった、ニキビそのものに対して直接作用します。
一方、漢方薬はホルモンバランスを整えたり冷えを改善するなどして、ニキビの根本的な原因を排除して治すのです。

漢方薬は皮膚科のニキビ治療薬と比べると即効性は劣りますが、一旦体質が改善されれば効果の持続性は高いでしょう。
ニキビの症状に合わせて、漢方薬と皮膚科の大人ニキビ治療薬を上手く使い分けましょう。

皮膚科と産婦人科の大人ニキビ治療の違い

大人ニキビの原因は様々ありますが、多くはホルモンバランスの乱れが原因です。
もし生理前にいつもニキビが出来るという方は、生理不順によるホルモンバランスの乱れが考えられます。

ですから、皮膚科に行くよりも、産婦人科の方が適切な対処を受けられるかもしれません。
例えば、生理前になると、必ず口周りにニキビが出来たり、フェイスラインにニキビがポツポツ出来るという方は産婦人科に相談しましょう。

顎やフェイスラインはホルモンバランスと深い関係にあります。
産婦人科での大人ニキビ治療は、このホルモンの状態を調べて治療していくのです。

産婦人科の大人ニキビ治療は、内診の心配はありませんので気軽に受診する事をオススメします。

皮膚科がオススメする大人ニキビのためのスキンケア

皮膚科がオススメする大人ニキビのためのスキンケア

皮膚科がオススメする大人ニキビを予防するスキンケアは、保湿力の高い化粧品です。
有名な保湿成分はコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドがあります。

赤く炎症したニキビには、腫れを抑えるためのサリチル酸といった殺菌効果があるものがオススメです。
ただし、ニキビがある時は敏感肌になっているので、アルコールやメンソール、イオウが入ったものは控えましょう。

大人ニキビでも使える肌に優しい抗炎症作用はどくだみ、グリチルリチン酸配合の化粧品がオススメです。

大人ニキビと皮膚科のまとめ

大人ニキビと皮膚科のまとめ

今回は、大人ニキビの皮膚科での治療を見ていきました。
今あるニキビを今すぐに治したい場合は、スキンケアよりも皮膚科での治療をオススメします。

ただし、日頃からのスキンケアは、これから出来る大人ニキビを予防する上で非常に重要です。
市販の大人ニキビ対策の化粧水は化学物質や添加物を配合しているものが多く、肌の負担を増やしてしまうので気をつけましょう。

大人ニキビ対策にオススメなのが、富士フイルムのルナメアACです。
独自に開発した、毛穴の油分によく馴染むアクネシューターが、毛穴の奥まで入り込み有効成分を届けます。

大人ニキビに有効な成分が入っている事、保湿・浸透力があるため効果的と言えます。
毎日のニキビ対策に取り入れてみると良いでしょう。

大人ニキビランキング