大人ニキビと石鹸

大人ニキビに悩む方は、もしかして洗顔料の選び方や洗顔のし方が間違っているかもしれません。
大人ニキビの原因は、肌が乾燥していると悪化を招きます。

ですから、余分な皮脂を落としながら、必要な皮脂を残さなければならないのです。
そこで、大人ニキビ対策のために、洗顔の選び方と正しい洗顔方法を知っておきましょう。

今回は、大人ニキビのための石鹸選びのポイント、正しい洗顔方法をまとめてご紹介します。

大人ニキビランキング

大人ニキビ対策の市販の石鹸を選ぶポイント

大人ニキビの大きな原因のひとつは、肌の乾燥です。
しかし、皮脂の過剰分泌が原因の思春期ニキビとは違い、大人ニキビが出来るのは複数の要因が絡んでいます。

ですから、毎日使う基礎化粧品選びがとても重要でしょう。
中でも、大人ニキビ対策としてオススメの洗顔料は、石鹸です。

石鹸の原料はとてもシンプル。
洗顔フォーム等に多く使用されている、石油系の界面活性剤やオイルなどが使用されていない物が多いのです。

また、最近では保湿成分の配合された石鹸も多く売られています。
ビタミンC誘導体などの成分が配合された石鹸も、美肌を保つのに効果的でしょう。

大人ニキビ対策には保湿成分がある石鹸を選ぶ

大人ニキビの原因は、肌の乾燥です。
肌は乾燥するとバリア機能を高めるために、皮脂を分泌します。

つまり、乾燥すればするほど、皮脂が分泌されるのです。
それにより、毛穴が詰まりやすくなり大人ニキビの原因となります。

ですから、大人ニキビの対策として重要なのが「保湿」なのです。
大人ニキビケアにオススメなのは、低刺激な石鹸というお話をさせて頂きました。

中でも、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたものがオススメです。
保湿力の高い洗顔石鹸は、洗った後につっぱる感じがありません。

石鹸はとてもリーズナブルな価格で売られています。
しかし、出来れば少し高くても天然の原料にこだわって作られた物がオススメです。

大人ニキビ対策には抗炎症成分がある石鹸を選ぶ

大人ニキビ対策の石鹸選びは、雑菌の繁殖を防ぐため殺菌成分や抗炎症成分も効果的です。
サリチル酸のような殺菌成分、グリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分が配合された洗顔料が良いでしょう。

ただこれらの成分は、肌に刺激を与える可能性もあるため、大人ニキビ対策用に作られた洗顔料の中から選ぶ事をオススメします。
大人ニキビ肌の方は、もともと肌環境が不安定な状態にあり、ニキビが治った後もちょっとした刺激にすぐに炎症を起こしてしまう事もあるのです。

敏感肌の方は、肌環境を安定化させる効果を備えた植物由来のエキスなどにも着目して選んでみましょう。

大人ニキビ対策には低刺激の石鹸を選ぶ

低刺激の石鹸は基本成分の他にも、添加物が出来るだけ少ない事が条件になります。
石鹸は、製造法によっては添加物が配合されていたり、洗浄力を上げるために合成界面活性剤が配合されているケースもあるのです。

大人ニキビに悩む方が石鹸を選ぶ際には、配合成分を購入前に確認する事が大切でしょう。
特に注意したい成分は、保存料(パラベンなど)、防腐剤(フェノキシエタノールなど)、合成香料、合成着色料(黄(黄色)4など)。

また、合成界面活性剤や酸化防止剤(エデト酸塩)なども良くありません。
高級ブランドのスキンケアラインでも、これらの添加物が多く配合されている事もあるので、注意が必要です。

特に脂性肌の場合は、元々皮脂の分泌が多いため、さらに油分を上塗りする事で毛穴が詰まりやすくなったり、肌がべたつく事があります。
自分の肌タイプがどれに当てはまるかによっても、効果的な有効成分は違う事を覚えておきましょう。

皮膚科がオススメする大人ニキビの洗顔石鹸

皮膚科がオススメする大人ニキビの洗顔石鹸

皮膚科の医師が推奨している洗顔石鹸は、やはり低刺激なものです。
安価で洗浄力に優れた製品の中には、石油系の合成界面活性剤などで肌に負担をかける添加物が配合されているものが多く見られます。

また、泡立ちをよくするために添加物を配合している場合もあるので注意しましょう。
基本的に洗顔フォームや泡タイプの洗顔料は、手軽に利用出来る一方で洗浄力や肌への負担が大きい傾向があります。

大人ニキビに悩む方は、刺激が少ない石鹸タイプを選んだ方がよいでしょう。
石鹸は、低刺激なうえに粒子が細かく、吸着力に優れた泡を作れるので大人ニキビ対策に向いていると言われています。

大人ニキビ対策の石鹸は、細かい粒子が毛穴の奥にまで入り込んで、毛穴を詰まらせている皮脂や古くなった角質をしっかり除去するのです。

無添加石鹸でも大人ニキビが悪化する事がある?

無添加石鹸でも大人ニキビが悪化する事があるか

無添加石鹸や大人のニキビ対策に優れた商品でも、肌に合う、合わないは個人差があります。
2週間続けて使ってみても乾燥を感じたり、変化が感じられない場合は、使用する洗顔料を変えると良いでしょう。

例えば、大人ニキビ対策の洗顔料に含まれているサルチル酸は、角質を溶かす作用に優れているため古い角質を取り除く事が出来ます。
ただし、比較的肌への刺激が強いため、向き・不向きがあるとも言われているのです。

炎症を起こしている赤ニキビや黄ニキビには、刺激が強すぎて悪化した場合、使用を中止してください。
サリチル酸は、医薬品にも使われているほど効果が高いので、角質除去という目的で週1ペースで使うと良いでしょう。

大人ニキビ対策の正しい石鹸洗顔のし方

大人ニキビ対策の正しい石鹸洗顔のし方

大人ニキビ対策の正しい洗顔石鹸のやり方を覚えておきましょう。
まずは、清潔な手で石鹸を手に取り、泡立てネットで弾力のある泡を作ります。

もこもこの泡で洗う事で、大人ニキビに指が触れず優しく洗う事が出来るのです。
たっぷりのぬるま湯とたっぷりの泡で、こすらずに優しく洗ってください。

小鼻の周りやフェイスラインも撫でるようにして洗います。
その後は、ぬるま湯でしっかりとすすぎ残しがないように洗い流しましょう。

そして洗顔後直後は、タオルで抑えるように、優しく水分をふき取ります。
洗顔後は、すぐに化粧水で保水・保湿をして、美容液とクリームを付けましょう。

気をつける点は、肌を傷めてしまわないように洗顔は1日に2回までとします。
そして、シャワーの水圧は顔には強すぎるため、直接当てないようにしましょう。

デリケートな大人ニキビ肌は、とにかく優しく肌に触れる事が大切です。

大人ニキビ対策には石鹸洗顔後の保湿が大事

肌の乾燥を防ぎ大人ニキビを改善するためには、洗顔の後にしっかりと保湿をしましょう。
お風呂上がりで身体が温まっている時は水分が蒸発しやすいのですが、逆に化粧水などが浸透しやすいタイミングでもあります。

洗顔後や入浴後は、出来るだけ早く保湿をしましょう。
洗顔後の保湿としてオススメなのが、富士フィルムの「ルナメアAC」です。

独自のナノ化技術によって開発された成分「アクネシューター」が、肌の奥まで届いて集中ケアしてくれます。
同じシリーズの洗顔石鹸と一緒に使えば、更に効果的でしょう。

ルナメアACは、ニキビになりやすい成分を使用していないノンコメドジェニックテスト済みです。

大人ニキビと石鹸のまとめ

大人ニキビと石鹸のまとめ

今回は、大人ニキビ対策の石鹸選びと正しい洗顔方法をご紹介しました。 
泡立ちが良いというのは、皮膚に吸着した汚れを落とす上で重要なポイントになります。

きめの細かい泡は、毛穴まで入り込んで皮脂汚れなど毛穴の奥に入り込んだ汚れもしっかり落としてくれるのです。
また、石鹸選びは、使い続けられる価格帯で大人ニキビに効果的なものを選びましょう。

大人ニキビランキング