大人ニキビと保湿

大人ニキビがなかなか治らずに悩んでいる方も多いでしょう。
何も対策をしないと、大人ニキビは跡になって残ってしまうのです。

大人ニキビは誤って皮脂を取り除くスキンケアをすると、悪化させる原因になります。
大人ニキビのスキンケアは、保湿をする事がとても重要なのです。

乾燥した肌は、なぜ大人ニキビになってしまうのでしょうか。
今回は、大人ニキビを改善・予防するために、保湿するスキンケアの大切さを説明していきます。

そして、正しいスキンケア方法もご紹介するので参考にしてみてください。

大人ニキビランキング

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビの違いは、単なる年齢だけではありません。
思春期は、男女とも体にとって大きな変化がみられる時期です。

成長に伴い、成長ホルモンが多量に分泌されるため、ホルモンバランスが乱れて皮脂が過剰分泌を起こします。
毛穴から排出出来る皮脂量を上回ってしまうために、毛穴詰まりを起こして思春期ニキビが発生してしまうのです。

そして思春期ニキビは、おでこ・鼻・Tゾーンの皮脂分泌が多い場所に集中して発生します。
一方で、大人ニキビは様々な原因が絡み合って発生するのが特徴です。

例えば、大人になると肌のターンオーバーが乱れて、古い角質が正常に剥がれ落ちなくなります。
すると角質が厚くなり、毛穴が塞がれて大人ニキビができやすい肌環境になるのです。

また、乾燥すると肌を守るために、皮脂が過剰分泌されて大人ニキビが発生します。
大人ニキビは、頬・あご・Uゾーンの乾燥しやすい場所に集中して発生するのが特徴です。

大人ニキビには保湿が大事な理由

大人ニキビには保湿が大事な理由

大人ニキビは、ストレスによるホルモンバランスの崩れや生活習慣の乱れにより発生します。
そして、乾燥による肌バリアのダメージが原因となるのです。

よって大人ニキビは、皮脂の少ないUゾーン(頬から顎の顔のライン・フェイスライン)に出来やすいと言われています。
ある企業が行った肌の解析調査によると、大人ニキビの発生に影響する原因は肌の油分量ではなく、肌の水分量が部分的に減少する事が原因とわかりました。

つまり、部分乾燥状態によるところが大きいと判明したのです。

大人ニキビになる原因は肌の乾燥による

肌が乾燥すると、肌の角質に不調をきたし肌トラブルに繋がります。
角質の働きは、乾燥や刺激から肌を守るバリア機能と、肌の水分と柔軟性を保つ保湿機能の働きがあるのです。

肌は乾燥すると、皮膚の角質層が古いものが垢やフケとして剥がれ落ち、肌のターンオーバーが乱れます。
新しい角質に生まれかわり健康な肌を維持し続ける新陳代謝が出来ないので、未熟な肌の角質層になってしまうのです。

肌の代謝が悪くなるとターンオーバーも遅くなり、角質が古い物のままで皮脂が毛穴に詰まった状態になってしまいます。
ターンオーバーが乱れると肌は乾燥し、角質を厚くしたり出来た大人ニキビを悪化させたり、アクネ菌を増殖させる原因に。

そのような悪循環の未熟な角質の肌は、保湿機能やバリア機能も未熟なため肌の乾燥が進み肌荒れや肌トラブルを招く事になるのです。
肌のターンオーバーを正常に保つためには、体の内からの水分補給と正しい肌の保湿のスキンケアが大切と言えます。

大人ニキビを保湿して改善・予防するための正しいスキンケア方法

大人ニキビを保湿して改善・予防するための正しいスキンケア方法

大人ニキビを予防するためには、空気が乾燥する季節だけでなく一年中保湿ケアが必要です。
春は気温差が激しい上、紫外線が徐々に強くなり肌の管理が難しくなり肌トラブルを抱えてやすくなります。

夏は、紫外線や冷房による肌の乾燥があり、秋は夏の肌のダメージが改善する間もなく、気温の低下で新陳代謝が悪くなり、肌が乾燥するでしょう。
乾燥肌の対策として、保湿ケアは一年中大切なのです。

基本的なスキンケアはクレンジングと洗顔、適切な保湿をする事、肌の新陳代謝を正常化しターンオーバーを促進させる事。
紫外線対策に有効なビタミンC誘導体、保湿能力が高いセラミドが入った保湿力の高いスキンケアがオススメです。

刺激に強い肌を作り、肌を活性化させ、真皮のコラーゲンを増加させるレチノールという成分が入った保湿剤も良いでしょう。
自分の肌質に合った成分を配合した保湿剤を使い、大人ニキビ予防のスキンケアしましょう。

保湿する大人ニキビ・正しい洗顔方法

保湿重視の大人ニキビには、ぬるま湯で洗う事が基本です。
冷たすぎる水や熱すぎるお湯で洗うと、肌に刺激を与えてしまいます。

特に熱いお湯は、必要な皮脂まで落としてしまうので避けましょう。
そして洗顔料は、泡がないと摩擦で肌に刺激を与える事になりますので、出来るだけたっぷりの泡で優しく洗います。

顔をタオルで拭くときは、擦るのではなく、押さえるようにして拭いてください。
大人ニキビ対策の洗顔は、朝と夜で1日2回で十分です。

朝の洗顔は、クレンジングは不要ですが、肌が弱い人は洗顔料なしの水洗顔でも問題ありません。
夜の洗顔は、メイクを落とすために、クレンジングと洗顔のW洗顔をしましょう。

大人ニキビは洗顔後すぐに保湿しよう

洗顔する際には、肌に刺激の少ない洗顔料・石鹸を使うようにしましょう。
洗顔料によっては自分に合わず、赤く腫れるといったトラブルが発生する事もあります。

よく洗った後に肌に変化がないか注意して、自分に合った洗顔料を使いましょう。
洗顔の手順は、洗顔料をたっぷりと泡たてて、肌を泡で包み込むように優しく洗います。

洗い終わったら、お湯で洗い残しが無い様に力を入れずに優しく洗い流しましょう。
熱いお湯は、肌の必要な皮脂までも洗い落とし乾燥を加速させますので、洗顔にはぬるま湯がオススメです。

何度も洗顔をしてしまう、肌の乾燥をさらに進み、肌トラブルの原因となりますので洗いすぎには注意しましょう。
そして洗顔直後は、一番肌が乾燥しやすいので早めに化粧水で潤いを与えます。

洗顔後、時間経ってからだと、乾燥肌となるので早めの保湿が大切です。

大人ニキビは保湿力のある化粧水を選ぼう

洗顔した後は、肌が乾燥し始めますのでしっかりと化粧水で保湿しましょう。
化粧水は、ヒアルロン酸やグリセリンといった保湿力の高い成分が入っている化粧水がオススメです。

化粧水を使う時には、手のひらで肌に浸透させるようなイメージでつけましょう。
コットンなどの化粧水をつけて肌に付けるのは、肌の摩擦や刺激になり大人ニキビを悪化させる可能性があります。

洗顔直後から肌は乾燥し始めますので、早めに化粧水で肌を保湿ケアしましょう。

大人ニキビには保湿クリームは必要?

化粧水で肌を整えた後には、更に保湿能力の高い保湿クリームで肌をケアしましょう。
ほとんどの保湿クリームは適度な油分を含み、洗顔した後の肌の油分を補います。

保湿クリームは肌に蓋をする働きがあるのです。
肌を長時間潤いを保たせるのに必要なアイテムですから、化粧水だけでなく保湿クリームも使いましょう。

保湿する際には、乾燥が気になって多く塗ってしまう事もあるかもしれませんが、大人ニキビの炎症の状態をよく見て量に気をつけてください。

保湿のしすぎは大人ニキビを悪化させる事がある?

保湿のしすぎは大人ニキビを悪化させる事があるのか

保湿成分が多く含まれる美容液は、大人ニキビ肌には効果的です。
最近は、大人ニキビを出来にくくすると同時に、ニキビ跡もリセットしてくれるような商品もあります。

スキンケアの手順は、化粧水→美容液(ニキビ専用)→保湿クリームです。
大人ニキビの予防に保湿は大切ですが、油分を多く付けすぎると大人ニキビが悪化する事もあります。

乾燥している部分には、化粧水や美容液を重ね付けすると良いでしょう。

大人ニキビの保湿は油分より水分補給が大事

大人ニキビ肌を改善させる為には、タップリの水分補給が大事です。
表面は乾燥していなくても肌の奥が乾燥しているニキビ肌は、保湿化粧水でケアする必要があります。

もし化粧水をつけても潤いが足りないと感じたら、化粧水自体が肌に合っていないのかもしれません。
また、乳液やクリームは油分が多過ぎる場合があるので、大人ニキビがある人はつけ過ぎに気をつけましょう。

油分は、乳液やクリームに多く含まれていますので、つけ過ぎると大人ニキビを悪化させます。
大人ニキビがあるときは、油分の多い化粧品は避けましょう。

大人ニキビと保湿のまとめ

大人ニキビと保湿のまとめ

大人ニキビを悪化させる最大の要因は、男性ホルモンの過剰な分泌です。
男性ホルモンは肌のバリア機能を低下させると同時に、毛穴を収縮させるため角栓詰まりが起こりやすくなってしまいます。

さらに、ニキビの悪化要因である皮脂の分泌を促進してしまう性質があるのです。
女性の体内で男性ホルモンが増えすぎると、大人ニキビの原因になると言えます。

男性ホルモンは、肌の乾燥からくるニキビと大いに関係がある事もわかりました。
男性ホルモンの影響を受けやすいUゾーンや口まわりが乾燥しやすいのは、男性ホルモンが乾燥と関係があるからです。

まずは、保湿力のあるスキンケアでしっかり肌を守りましょう。
大人ニキビ対策のスキンケアシリーズ、富士フイルムの「ルナメアAC」は保湿力がありながら毛穴もキレイにしてくれる優れものです。

ぜひ一度お試しセットからトライしてみてみると良いでしょう。

大人ニキビランキング