鼻の大人ニキビ

鼻や鼻の周りに出来るニキビは、目立つのでとても気になりますよね。
鼻は顔の中でも皮脂量が多く、毛穴も大きめで深い事から、皮脂が溜まりやすい場所なのです。

肌のバリア機能が低下、ターンオーバーの乱れなどによって、鼻の大人ニキビが発生してしまいます。
そこで今回は、鼻の大人ニキビが出来る原因、その治し方の仕方と予防法について見ていきましょう。

鼻周りに大人ニキビが出来る原因

もともと鼻は、他の顔の部分に比べて皮脂量が多い部分です。
鼻の毛穴も奥が深い事から、皮脂が毛穴に溜まりやすいとされています。

鼻のニキビは思春期ニキビが出来やすい場所なのですが、大人の鼻ニキビも異なる理由で発生する可能性があります。
鼻周りにニキビが出来る原因は、指による刺激、雑菌の付着、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。

その他、紫外線、落としきれなかったメイク汚れ、生活リズムの乱れも影響します。

鼻周りの大人ニキビは皮脂の過剰分泌が原因

鼻に大人ニキビが出来る原因は、皮脂の過剰分泌です。
皮脂が過剰に分泌されるのには、何かしらのの原因があります。

思春期の頃におでこやTゾーン、鼻に皮脂量が増えるのは新陳代謝や成長ホルモンの影響が大きいものです。
一方で、鼻に出来る大人にニキビは、ホルモンバランスの乱れや変化による所が大きいでしょう。

女性の場合、ホルモンバランスの乱れや変化は、ストレス、睡眠不足、生理前や生理中、妊娠初期、ストレス、睡眠不足から引き起こされます。
忙しい現代女性は、睡眠不足や栄養バランスの偏り、生活習慣の乱れが原因となる事が多いのです。

複雑な人間関係や環境の変化など、様々なストレスも鼻の大人ニキビに影響します。
身体は、ストレスを感じるとコルチゾールというストレスに対抗するステロイドホルモンを分泌するのです。

男性ホルモンを刺激すると、皮脂の分泌を増やして鼻の大人ニキビが出来やすい状態を引き起こします。

鼻の下の大人ニキビの原因

鼻の下の大人ニキビの原因

落としきれなかったメイク汚れにより、鼻の下にファンデーションなど、化粧品の油分や細かい粒子が毛穴に残ったままになる事があります。
ファンデーションが十分に落としきれていないと、鼻の下のニキビの原因に繋がるのです。

メイクをした日は、きちんとクレンジングを行うと共に、正しい洗浄と保湿を心がけましょう。
また、脂っぽい食事や偏った食生活、睡眠不足なども鼻下のニキビの大きな原因となります。

外側からしっかりスキンケアをするだけでなく、内側からのケアも大切です。
鼻の下の大人ニキビは、要素はどれか一つだけというわけではなく、複数の原因が重なっている事が多いと言えます。

間違ったスキンケアや不規則な生活に加えて、紫外線による肌ダメージなどが重なると、肌のターンオーバーがきちんと行われません。
古い角質がはがれずに、肌表面に厚く溜まってしまいます。

もともと鼻は皮脂の分泌量が多いので、毛穴もつまりやすくなりニキビを引き起こしてしまうので気を付けましょう。

鼻の下の大人ニキビの原因はホルモンバランスの乱れ

鼻の下の大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れによる可能性が高いでしょう。
生理や妊娠によるホルモンバランスの変化で生じた鼻の下のニキビは、時間が経てば自然と改善されていくのです。

まずは、睡眠不足、偏った食生活、不規則な生活などの生活習慣を改善する必要があります。
大人ニキビに悩む方は、なるべくゆっくり休息をとって睡眠不足やストレスを解消すると共に、生活習慣を見直しましょう。

出来るところから改善していけば、ホルモンバランスが整い、鼻の下の大人ニキビが出来にくくなります。

鼻の横の大人ニキビの原因

鼻の横の大人ニキビの原因

鼻の横に、角栓によって毛穴が塞がり、その内部に皮脂が溜まって白いポツポツになっているのが白ニキビです。
皮脂がさらに溜まって毛穴から顔をのぞかせて、黒く酸化したものが黒ニキビと言います。

どちらも痛みや腫れはありませんが、進行すると炎症を起こすので気を付けなければなりません。
この場合も、ホルモンバランスの乱れストレス、睡眠不足、生理前や生理中、妊娠初期が原因となって発生します。

睡眠不足や栄養バランスの偏り、生活習慣の乱れも考えられるでしょう。
できれば、皮膚科でつまった角栓を取り除く面ぽう圧出などの処置を受ける事をオススメします。

鼻の横に出来る白ニキビや黒ニキビは、早期に治療をすればすぐに改善する初期の大人ニキビです。
ただし、治療後も不規則な生活などを続けると、すぐに再発する恐れがあります。

大人ニキビを根本から治すには、治療と共に睡眠不足の解消や食生活の改善などをしていきましょう。

鼻の横の大人ニキビの原因はビタミン不足が原因

鼻の横に大人ニキビが発生してしまうのは、ビタミンB群が不足しているからかもしれません。
ビタミンB2をはじめとするビタミンB群は、脂質の代謝を活発にして皮脂の分泌を適正に保ってくれる栄養素。

特に、皮脂の分泌を調整して肌を健康に保つビタミンB2が不足すると、肌が脂性になりニキビが出来やすくなると言われています。
出来てしまったニキビが悪化したりする事があるのです。

さらに、コラーゲンの生成を助けるビタミンCが不足すると、肌のターンオーバーのリズムが乱れます。
ニキビだけでなく、様々な肌トラブルを引き起こす原因になるのです。

脂質の代謝を活発にして皮脂の分泌を適性にコントロールするビタミンB2は、鼻の大人ニキビ対策に役立ちます。
ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンB1、ニコチン酸アミドも合わせて摂ると効果的。

ビタミンB群は体内にためておけないので、毎日食品またはサプリからきちんと補給するように心がけましょう。

鼻の頭の大人ニキビの原因

鼻の頭の大人ニキビの原因

鼻の頭に出来るニキビの原因は、いくつかあります。
まず、鼻はとにかく皮脂が多く毛穴の数も多い場所です。

紫外線が強く当たりやすい場所でもあるので、刺激が多いと言えます。
メイク直しの時などに、無意識に手で触りやすい場所ですから、雑菌が付きやすい場所でもあるのです。

このように、鼻は特に皮脂量が多く、汚れも付きやすい部位。
そのため、大人ニキビが出来やすいとされています。

鼻ニキビを改善するには、睡眠時間を増やすなどの基本的な生活習慣の改善が基本です。
その他に、鼻を触らないなど、日頃の癖を改善する必要があります。

鼻の頭の大人ニキビの原因は皮脂の過剰分泌が原因

皮脂は本来、外部刺激から皮膚を守るための保護膜であり、肌の健康維持に必要な存在。
しかし、肌バリアが不全状態に陥ってしまったり男性ホルモンが優位になってしまうと、皮脂の分泌量が過剰になってしまうのです。

それによって、鼻の頭の大人ニキビ悪化する事になります。
皮脂をすべて落とそうとすると、逆に身体は皮膚を守るためにもっと大量の皮脂を分泌してしまいます。

脂性肌を正しくケアするためには、過剰分泌が起こるメカニズムを知り、その原因を取り除く事が大切です。
鼻の頭の皮脂の過剰分泌を抑えるためには、強めの洗顔を控える事を心がけましょう。

そして、男性ホルモンが優位になるストレスが溜まる生活を見直す必要があります。
ストレスだけでなく、睡眠不足、パソコンの使用時間が長すぎる事による眼精疲労、急激な寒暖差も大人ニキビを増やす原因となります。

鼻の大人ニキビの治し方

鼻の大人ニキビの治し方

鼻の大人ニキビを治すには、食生活や生活習慣を見直してバランスの良い栄養素を取る事です。
そして、スキンケアは大人ニキビ対策に特化した製品を選ぶと良いでしょう。

大人ニキビ対策のスキンケアは、ノンコメドジェニツックやオイルフリーの化粧水・美容液があります。
出来てしまったニキビ跡には、ビタミンC誘導体が配合されたスキンケアが効果的です。

鼻の大人ニキビが何ヶ月も長引く場合は、皮膚科クリニックのにきび治療をオススメします。
皮膚科のにきび治療は治療法も治療費も幅広いので、医師に相談すると良いでしょう。

では、鼻にできた大人ニキビの改善方法を見ていきます。

鼻の大人ニキビは食生活と生活習慣を見直して治す

食生活の栄養バランスが偏っていると、鼻に大人ニキビが出来やすくなります。
大人ニキビ肌に必要な栄養を見ていきましょう。

ニキビ抑制に効果的なのはビタミンAで、にんじん、かぼちゃ、レバーなどに含まれています。
ビタミンCは、ブロッコリー、さつまいも、柑橘類など、ビタミンEを含む食品は、かぼちゃ、玄米、うなぎ、ナッツ類などです。

亜鉛は、生ガキ、納豆、レバー、ビタミンB2は、乳製品、卵、レバー、ビタミンB6は、豚肉、さつまいも、レバーなどから摂取出来ます。
食物繊維を摂るなら、さつまいも、納豆、りんご、バナナなどがオススメ。

これらの栄養素を意識的に摂って、大人ニキビの改善を目指しましょう。

鼻の大人ニキビは適切なスキンケアで治す

大人ニキビのスキンケアは、オイルが少ない化粧水と美容液を選ぶ事が基本です。
有効成分「ビタミンC誘導体」や「グリチルリチン酸」配合は、皮脂を抑えて大人ニキビの炎症を抑える有効成分となっています。

アルコールはお肌の乾燥を早め、刺激も強いので鼻の大人ニキビ肌には良くありません。
鼻の大人ニキビ対策には、肌の乾燥を防ぐアルコール不使用のスキンケアをオススメします。

大人ニキビと言えば、ノンコメドジェニック製品がオススメ。
ニキビが出来やすい成分不使用の化粧品に表記があるので、チェックしましょう。

鼻の大人ニキビは薬で治す

大人ニキビに効果がある薬は、飲み薬、塗り薬、市販薬、処方薬とその種類は様々です。
市販の塗り薬は比較的入手しやすいため、大人ニキビが急にできて困った時に役立ちます。

大人ニキビがひどい場合は、皮膚科に行けば医師が診断してくれるので、自分の症状に合った薬を提案してくれるでしょう。
しかし、本当に効果があるのか、副作用は大丈夫なのか不安に思う事もありますよね。

薬の成分や効果や起こりうる副作用をしっかり知り、疑問があれば医師に質問すると良いでしょう。

繰り返す鼻の大人ニキビは皮膚科クリニックで治す

軽症の赤ニキビには、保険診療の外用薬がオススメです。
皮膚科クリニックでは、ディフェリンゲル・ベピオゲル・デュアック・ダラシンTゲルなどが出されます。

内服薬では、ビブラマイシン・ミノマイシン・ルリッドなどが出されますので、医師に使い方を確認しておきましょう。
なかなか治らない重症のニキビには、保険診療ではカバーされません。

しかし、ホルモン療法・アゼライン酸・イソトレチノイン両方などは効果的です。
最先端医療の美肌ケアは、ケミカルピーリング・IPL光治療・PDT・プラズマなどがあります。

鼻の大人ニキビの予防法

鼻の大人ニキビの予防法

繰り返す鼻の大人ニキビをストップさせるためには、日頃使うスキンケアやメイクアップ商品の選び方が大事です。
また、鼻の頭は紫外線が受けやすい部分でもあるので、紫外線カットも忘れてはなりません。

では、鼻の大人ニキビ対策として、予防出来る事を見ていきましょう。

鼻の大人ニキビは紫外線に気を付けて予防する

紫外線が人体に悪いのは、長時間大量に浴びた時です。
長時間の紫外線は、大人ニキビやニキビ跡の悪化、シミの発生などの原因となります。

なぜ紫外線がニキビに悪いのかと言えば、UVBにより活性酸素が発生するからです。
活性酸素がバリア機能を攻撃する事により、角質が厚くなります。

すると、スクワレン過酸化物質が発生して、色素沈着が悪化してシミとなるのです。
また、アクネ菌が増殖しポルフィリンという毒素を発生するので、大人ニキビを発生させます。

よって、長時間に渡り紫外線、特にUVBを浴びると、活性酸素が発生するため大人ニキビを招くというわけです。
活性酸素は必要量までなら体に良いのですが、大量に発生すると皮膚にダメージを与えます。

日焼けをすると皮膚が赤くなったり黒くなったりするのも、この活性酸素の働きによるものです。
また、日焼け止めにも消費期限があり、開封後1年以上経ったものだと酸化してしまいます。

直接肌に塗る物なので、毎年買い換えるようにしましょう。

鼻の大人ニキビはオイルフリーのメイク用品で予防する

ニキビ予防の化粧品と言えば、オイルフリーとノンコメドジェニックです。
ニキビの炎症を起こすアクネ菌は、油分を栄養とするため、ニキビにオイルは良くないと考えられています。

しかし、ニキビの始まりは、毛穴周囲のターンオーバーが正常に働いていない時に起こるのです。
毛穴の詰まりが起きなければ、アクネ菌は本来肌にとって必要な役割を果たします。

大人ニキビの問題は、バリア機能やターンオーバーが正常に働いていない事。
皮膚科に訪れるニキビ患者は、肌のバリア機能が弱い、つまり肌の自前の保湿成分であるセラミドが少ないのです。

衰えてしまったバリア機能は、保湿ケアによって整える事が出来ます。
鼻に大人ニキビが出来ても、大事なのは保湿です。

肌内部の水分量が十分保たれれば、健やかでターンオーバーも正常な肌になり、鼻の大人ニキビが出来にくくなるでしょう。
ニキビを気にするあまり、過剰な洗浄などで潤いや皮脂を奪うと、逆にニキビを作りやすくなり逆効果です。

乾燥によってバリア機能が低下している場合、オイルフリーのスキンケアでは保湿が不十分になってしまう場合があるので気を付けましょう。

大人ニキビと鼻のまとめ

大人ニキビと鼻のまとめ

今回は鼻ニキビについて、原因や改善・予防法をご紹介しました。
顔のなかでも毛穴が多い場所であり、サイズも大きめです。

生活習慣が乱れていると、大人ニキビを繰り返してしまう事があります。
鼻ニキビをストップさせるには、肌の潤いをキープする事が大前提。

睡眠不足、ストレスを感じるホルモンバランスの乱れ、乾燥しやすい環境にはくれぐれも気を付けましょう。
日頃のスキンケアを見直した上で、睡眠や栄養を十分にとる事がニキビを防ぐポイントです。