大人ニキビとオロナイン

ネットや美容雑誌で、大人ニキビにはオロナインが効くらしいと噂になっています。
口コミでは「治った!」という人もいれば、「効果がなかった」という声もあり、意見が別分かれているようです。

そこで今回は、オロナインで大人ニキビが簡単に治るのか?という疑問を検証します。
また、大人ニキビを治すためのオロナインの正しい使い方についてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

大人ニキビを治すにはオロナインが効果的?

オロナインの正式名称は「オロナインH軟膏」と言います。
ひび・あかぎれ・きりきず・軽いやけど・水虫などに効果的な軟膏薬です。

結論から言うと、大人ニキビにも効果があります。
オロナイン軟膏には、クロルヘキシジングルコン酸塩液という成分が配合されているのがポイントです。

この有効成分は、雑菌を殺菌・消毒してくれる効果があります。
この作用によって、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌、静菌する事が出来るというわけです。

そして、グリセリン、オリブ油、ワセリンには、保湿の効果があります。
天然の保湿成分であるグリセリンは、毛穴を軟化させて毛穴に詰まった汚れを落としやすくする効果が期待出来るのです。

大人ニキビは、毛穴に皮脂が詰まる事で始まりますから、その原因を取り除く働きをしてくれます。

オロナインで治る大人ニキビのタイプ

オロナインは、乾燥によるニキビに効果的。
クロルヘキシジングルコン酸塩液がアクネ菌を殺菌し、保湿成分により乾燥から肌を守ってくれるからです。

オロナインは普通のニキビ薬と違い、グリセリン・オリブ油・ワセリンといった保湿成分が配合されています。
また、オロナインは、潰してしまった大人ニキビにも効果的です。

潰してしまったニキビが悪化する原因は外から入る雑菌が考えられます。
ニキビを悪化させないためには、ニキビ部分を消毒する事が重要。

オロナインは殺菌・消毒効果にすぐれているので、潰してしまったニキビを雑菌から守ってくれるのです。
ニキビをうっかり潰してしまったときは、オロナインを塗って肌を消毒しましょう。

塗るときは指ではなく、綿棒で塗ると指の雑菌も防ぐ事が出来るのでオススメです。

オロナインで治せない大人ニキビのタイプ

オロナインは、たしかに大人ニキビに効果があります。
しかし、すべてのニキビに効果があるわけではありません。

ニキビの種類によってはニキビが悪化する可能性があるので、気をつけなければなりません。
残念ながら、オロナインは初期ニキビから重症化してしまったニキビ・ニキビ跡には効果的ではないのです。

背中やおしりなど特定の部位にできたニキビの治療にも向いていないので注意しましょう。
炎症がひどい赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビは、皮膚の奥にまでダメージが及んでいます。

こうしたニキビはアクネ菌を殺菌するだけでは完治できないのです。
オロナインに入っている油分がニキビを悪化させてしまう事もありますので、塗らないようにしましょう。

重症ニキビには、皮膚科の薬で治す事をオススメします。

オロナインを使った大人ニキビの効果的な治し方

オロナインを使った大人ニキビの効果的な治し方

ここで、オロナインの正しい塗り方を覚えておきましょう。
オロナインは、保湿成分である油分が多いので、塗り方を間違えてしまうとニキビを悪化させてしまうかもしれません。

思わぬ副作用が出る事もあり注意が必要です。
まずは、洗顔して肌を清潔にしておきます。

綿棒を用意して、綿棒で少しだけオロナインをとり、気になる部分にちょっとずつと塗っていきましょう。
こちらが大人ニキビ対策のオロナインの基本的な使い方になります。

ネットで話題のオロナインパックやオロナイン水などは、メーカーもオススメしていないので、避けたほうが良いでしょう。

大人ニキビ・オロナインはいつ塗ると効果的?

オロナインは、洗顔後の汚れがないキレイな状態の肌に塗る事で、より効果を発揮する事が出来ます。
オロナインを塗るタイミングとしては夜、お風呂上がりのキレイな肌に塗るのがオススメです。

朝に塗るのがダメというわけではありませんが、日中はどうしても紫外線を浴びます。
日中は、オロナインの油分で油焼けをしてしまう可能性があるので、夜のほうが良いでしょう。

大人ニキビ・オロナインの効果的な使用期間は?

オロナインの効果を実感するために長く使いたくなりますが、注意が必要です。
一番良いのは、3日間使うと効果を実感出来るでしょう。

公式サイトでも、5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止してくださいとあります。
オロナインはアクネ菌を殺菌してくれますが、使い続ける事で肌の常在菌までも殺菌してしまうのです。

1週間以上連続で使うのは良くありません。
オロナインは、副作用によって健康被害がおこる可能性がある「第二類医薬品」に分類されています。

よって、長期的に使っているとただれや肌の赤みがでる場合があるので、注意しなければなりません。
大人ニキビの症状が軽くなってきたタイミングで、使うのをやめるようにしましょう。

大人ニキビを治すにはオロナインとニベアどちらがオススメ?

大人ニキビを治すにはオロナインとニベアどちらがオススメか

ニベアは、一般の家庭にある青缶のクリームです。 
ニベアは、基本的に保湿クリームなので、ニキビ治療としては使われていません。

オロナインは、ニキビや肌が荒れしてしまった症状の上から塗る事によって、ニキビ等の肌荒れの症状を抑える働きがあります。
よって、ニベアとオロナインは、全く違う用途で使用すると言えるでしょう。

ニベアの保湿クリームは、化粧水を塗った後にその上から塗る事によって、保湿効果をアップさせる事が出来ます。
ニベアは、顔以外にも様々な箇所に使用出来るので便利なクリーム。

ただし、大人ニキビを治すためには、オロナインがオススメです。

大人ニキビ・オロナインの使用上の注意点

大人ニキビ・オロナインの使用上の注意点

オロナインには優れた殺菌効果があるので、初期段階のニキビに効果を発揮します。
保湿成分も入っているので、乾燥からくる大人ニキビにも最適な薬です。

ただし万能薬ではないので、初期ニキビが悪化した赤ニキビ・黄ニキビ・ニキビ跡・色素沈着には効果的ではありません。
オロナインをただれ部分に塗ったり、メイク下地として使ったり、虫刺されに塗るのもNGです。

間違った使い方は、ニキビを悪化させる原因にもなってしまうので、気をつけて使うようにしましょう。
オロナインは、ニキビの応急処置として使うのがオススメです。

本格的にニキビケアをする場合は、ニキビ専用の薬、または皮膚科の薬などを使うと良いでしょう。

大人ニキビとオロナインのまとめ

大人ニキビとオロナインのまとめ

オロナインは、色々な場面で活躍してくれる家庭の薬の一つです。
そしてオロナインは、大人ニキビが出来てしまった場合に上から少量塗る事で、効果的に治す事が出来ます。

塗りすぎると、逆にニキビが出来たり肌が荒れるので気をつけましょう。
オロナインは、大人ニキビだけでなく、炎症、軽い肌荒れ、軽いやけどなどに効果を発揮してくれるのです。

繰り返す大人ニキビに悩む方は、ぜひオロナインを使ってみてはいかがでしょうか。