大人ニキビと婦人科

大人ニキビは、繰り返し同じところに出来るのが厄介なものです。
大人ニキビがなかなか完治しないのは、複雑な原因が重なっているから。

特に大人ニキビは、顎からこみかみにかけてのフェイスライン(Uゾーン)に最も出来やすいのです。
フェイスラインは、ホルモンバランスの乱れが影響しやすい部分になります。

顎からフェイスラインにかけて大人ニキビが繰り返し出来る方は、皮膚科ではなく産婦人科で治す方が有効かもしれません。
大人ニキビを婦人科で治すとは意外かもしれませんが、完治まで一番の近道になる可能性があります。

そこで今回は、「大人ニキビを婦人科で治す事が出来るのか?」という疑問と、「婦人科の大人ニキビ治療」についてご紹介しましょう。

大人ニキビランキング

大人ニキビは婦人科でも相談出来る?

ホルモンバランスの乱れから出来る大人ニキビは、同じ場所に繰り返し発生する特徴があります。
そのような大人ニキビには、婦人科によるニキビ治療が効果的です。

産婦人科というと、妊婦さんが行くところというイメージがあるでしょう。
しかし、実は大人ニキビの相談にも乗ってもらえるのです。

大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れが原因で起きている場合が多いので、産婦人科の専門分野と言えます。
妊娠や出産、月経と深い関わりのある婦人科は、ニキビ治療も可能だと言う事です。

一度も婦人科を利用した事のない人も、自分の身体の状態を正しく知るために、診察を受けてみる事をオススメします。

ホルモンバランスによる大人ニキビは婦人科が効果的

女性の身体を支配しているといっても過言ではない「女性ホルモン」。
生理の周期に合わせて、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンが作用しています。

しかし、ストレスや不摂生など様々な理由により、この2つのホルモンのバランスが崩れてしまう事があるのです。
特に生理前後はホルモンバランスが乱れやすく、生理前になると決まって大人ニキビが出来るという人も多い事でしょう。

これは、プロゲステロンの持つ皮脂の分泌を促す作用によって引き起こされるもの。
生活習慣の見直しなどを行っても生理前のニキビが治らない時や、イライラや情緒不安定などを伴う時は、月経前症候群(PMS)を疑ってみるのも良いでしょう。

ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビの治療には、婦人科の受診がオススメです。
月経前症候群の治療はもちろん、大人ニキビの相談にも乗ってもらえます。

場合によっては薬を出してもらえるでしょう。

婦人科系疾患による大人ニキビの可能性もある?

婦人科系疾患による大人ニキビの可能性もあるのか

婦人科系疾患による異常は、黒いニキビとなって現れます。
黒いニキビは、老廃物や毒素がたまっているサインです。

体の血のめぐりが悪い事で黒っぽいニキビが発生した場合は、婦人科系疾患の疑いがあるかもしれません。
血行不良を引き起こす「子宮筋腫」や「子宮内膜症」の可能性があるので、婦人科の診察を検討してみてください。

また、生理不順や排卵障害でお悩みの方は、婦人科系疾患のひとつである「多嚢胞性卵巣症候群」の可能性も考えられます。
多嚢胞性卵巣症候群とは、排卵が正常に行われず卵胞がたまる排卵障害の一種。

よく見られる症状は、大人ニキビや肌荒れ、体毛が濃くなったり、不妊症などです。
症状が進行してしまうと、男性ホルモンの影響により皮脂が増えたり毛穴が開いて、大人ニキビを繰り返します。

気になる場合は、早めに婦人科で検査・治療を受けてみましょう。

フェイスライン(顎・口周り)に出来る大人ニキビは婦人科系疾患かも

卵巣の働きが低下している場合は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が減少します。
これにより、フェイスライン・顎・口周りに大人ニキビが急増するのです。

特に生理前はホルモンバランスが大きく崩れるので、大人ニキビが最も出来やすい時期だと言われています。
口周辺に出来るニキビは、冷えやストレス、ホルモンバランスの乱れが原因です。

生活習慣やスキンケアを見直しても、フェイスラインのニキビが治らない場合は、婦人科系の病気が考えられます。
皮膚科でもホルモンバランスを整える薬は処方されますが、それでも良くならない方は婦人科に見てもらう事がオススメです。

特に生理不順の方は、ホルモンバランスについての専門家でもある婦人科の方が良いでしょう。

婦人科の大人ニキビの治療はどんなもの?

婦人科の大人ニキビの治療はどんなもの

婦人科では、血液や尿などの検査をし、ホルモンバランスの状態を診てくれます。
そして、必要に応じて低用量ピルなどの薬を出してくれるのです。

“ピル”と聞くと、避妊薬というのイメージが強いかもしれません。
しかしピルには、ごく微量のエストロゲンやプロゲステロンが含まれており、婦人科系の病気の治療にも使用されるのです。

婦人科の治療によってホルモンのバランスが整えば生理前の大人ニキビも自ずと改善されていくでしょう。

皮膚科と婦人科の大人ニキビの治療はどう違う?

産婦人科での治療は主に、ホルモン状態を調べて治療していきます。
皮膚科でのホルモン剤の処方でも大人ニキビが一向に治らないと悩んでいる方は、産婦人科を訪れると良いかもしれません。

ホルモン治療や大人ニキビで産婦人科を訪れても、内診はほぼないので気軽に相談にいくと良いでしょう。

大人ニキビと婦人科のまとめ

大人ニキビと婦人科のまとめ

繰り返す大人ニキビは、本当に悩みますよね。
大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れから来ている事が多いため、婦人科で相談出来るのです。

ですから、皮膚科ではなく婦人科を訪れる事は良い方法だと言えます。
ホルモンバランスを正す薬を飲む事が、大人ニキビ改善の一番の近道になるかもしれません。

また、乾燥による大人ニキビが原因の場合は、スキンケアを変えてみましょう。
今大人ニキビに悩む方の間で話題の「ルナメアAC」は、富士フイルムの研究成果から生まれたスキンケアラインです。

あの有名なアスタリフトを手がけたメーカーになります。
大人のニキビケア用にルナメアACが発売されて、瞬く間に人気になりました。

その秘密は、ファイバースクラブが毛穴の角栓や毛穴づまりを絡め取ってくれる事です。
その他、抗炎症作用のあるビタミンEも配合されており、大人ニキビへの効果が期待出来るでしょう。

ご自身の大人ニキビの原因に合わせて、適切な治療法を見つけてみてください。

大人ニキビランキング