大人ニキビと乳液

大人ニキビに悩む方は、乳液は使った方が良いのか悪いのか、悩む方は多いでしょう。
実際に、乳液を使うとニキビが悪化したという口コミや、逆に乳液を使ってから乾燥による大人ニキビが治ったという意見もあります。

ニキビ肌にとって乳液は良いのか悪いのかは、ネット内でも賛否両論のようです。
大人ニキビのスキンケアのポイントは、化粧水の水分と乳液の油分をバランスよく肌に与える事が大切になります。

つまり、保湿ケアに力を入れるためには、自分の肌質に合った乳液選び方を知る必要があるのです。
そこで今回は、なぜ大人ニキビに乳液が必要なのか、その理由と効果的な乳液の選び方をご紹介します。

大人ニキビランキング

大人ニキビに乳液が必要な理由

スキンケアの基本は、クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームの順で行います。
洗顔後は肌が非常に乾燥するので、出来るだけ早く化粧水で水分を補う事が大切です。

その化粧水で補われた水分も、そのままではすぐに蒸発してしまいます。
ですから、水分を肌内部に閉じ込めるために、乳液やクリームが必要なのです。

乳液を使用する事により、肌表面に乳液が膜のようになって作用し、肌から必要以上に水分が蒸発しなくなります。

乳液は大人ニキビを悪化させるの?

大人ニキビができている時に、油分がある乳液をつけると、ニキビが余計に悪化してしまうと思う方もいるでしょう。
大人ニキビの原因は、乾燥によるものが多いため、化粧水の水分と乳液の油分で肌のバランスを整えてあげる事が大切です。

大人ニキビ肌は、乾燥してごわつき、毛穴が詰まる事で発生します。
化粧水だけを塗るだけでは、水分が蒸発してしまい、肌が乾燥して、大人ニキビがなかなか改善されないのです。

大人ニキビ対策には、乳液でしっかりと保湿力を上げる事が重要。
ただし、脂性肌でいつも肌のベタつきを感じる人が、乳液によってニキビを悪化させたケースもあります。

敏感肌の方では、乳液を使うとピリピリするという症状が出る方も多いようです。
乳液に含まれる成分が大人ニキビ肌に過敏に反応すると、炎症を引き起こしてニキビを悪化させてしまいます。

基礎化粧品の基本である乳液ですが、脂性肌や敏感肌の方で、乳液を使うと大人ニキビが悪化したりピリピリする方は、無理せず乳液を使わないようにしましょう。

大人ニキビに最適な市販の乳液を選ぶポイント

大人ニキビに最適な市販の乳液を選ぶポイント

乾燥肌の方なら、アルコールが入っていない保湿力のあるしっとりタイプの乳液がオススメです。
混合肌の方は、テカリやすいTゾーンにはさっぱりタイプの乳液、乾燥しやすいUゾーンは乾燥肌向けのしっとりタイプの乳液を使い分けると良いでしょう。

脂性肌の方は、サラサラとした油分が少なめの夏向けの乳液が向いています。
大人ニキビができていると肌はデリケートな状態なので、アルコールが入ったものを使うと刺激が強いのです。

できれば乳液はアルコールフリーで、敏感肌用のものや低刺激のものを選ぶと良いでしょう。
大人ニキビの炎症を抑える、グリチルリチン酸やビタミンC誘導体などの有効成分が含まれている乳液が効果的です。

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が多く含まれている乳液も、大人ニキビに役立ちます。
毛穴詰まりを防いだりニキビができにくいと言われているノンコメドジェニックの乳液もオススメです。

大人ニキビには保湿力のある乳液を選ぼう

乾燥する大人ニキビにオススメの保湿成分はセラミドです。
セラミドは天然保湿因子の一つで、保湿力が高く大人ニキビに効果的と言われています。

また、セラミドは濃度が重要であり、セラミドの量が少なすぎると効果を実感できません。
セラミド含有の乳液でも、ほんの少ししかセラミドが入っていない乳液が多くあります。

高濃度のヒト型セラミドが入った乳液を選んで、保湿しましょう。
そして、乳液にはさっぱりタイプとしっとりタイプがあり、大人ニキビには保湿力の高いしっとりタイプを実感してみてください。

ただし脂性肌の肌の人は、乳液は必須ではありません。
しかし、オイリーだと感じている人の多くが、乾燥もある混合肌の可能性もあります。

混合肌には乳液は有効ですから、自分がオイリーだと感じている人も一度はしっかり乳液で保湿をしてみて、大人ニキビが改善するか試してみましょう。

大人ニキビには低刺激の乳液を選ぼう

大人ニキビは肌が敏感になっているので、乳液は低刺激のものを選んでください。
刺激が強いのは、合成界面活性剤と呼ばれる石油系の成分です。

合成界面活性剤を使い続ける事で、肌はだんだん刺激に対して弱くなり、乾燥を招くので避けましょう。
また、皮脂を抑える成分であるエチルアルコールやエタノールは、必要な分の皮脂まで取られる可能性があり悪循環を招きます。

アルコールが入っている乳液は、大人ニキビに刺激を与えて乾燥を招くのでどの肌タイプの場合も避けたほうがいいでしょう。
さらに、ひきしめ成分となるクエン酸や酸化亜鉛などにもアルコールが含まれており、肌の乾燥を招きシワなどの原因になる事もあるのです。

最近は、大人ニキビ専用のスキンケア商品が多く出ており、低刺激で保湿力のあるものが増えています。
なるべくそういったものから選ぶと、繰り返す大人ニキビを予防出来るでしょう。

大人ニキビには炎症を抑える成分がある乳液を選ぼう

乳液は、大人ニキビや肌荒れした状態を整えて潤いを与えてくれます。
生理前やストレスなどが原因で炎症した大人ニキビ起こす人は、抗炎症作用がある乳液を使うと良いでしょう。

抗炎症作用がある酢酸DL-α-トコフェロール、グリチルリチン酸ニカリウムは、ニキビの炎症を鎮める効果があります。
大人ニキビのトラブルがある肌を対象にして作られている乳液であれば、刺激が少ないのでオススメです。

大人ニキビ専用の乳液とドラッグストアのプチプラ乳液との違い

大人ニキビ専用の乳液とドラッグストアのプチプラ乳液との違い

大人ニキビ専用のスキンケア乳液と、ドラッグストアにあるプチプラの乳液は何が違うのでしょうか。
まず、プチプラの乳液は大量生産するために、合成界面活性剤や保存料といった添加物が多く入っています。

自然派コスメであっても、基本的に石油系ベースで作られているため、使い続けると肌を乾燥させる事になるのです。
一方で大人ニキビ専用のスキンケアは、メーカーこだわりの研究の下作られているため、有効成分が多く配合されています。

例えば、富士フィルムの「ルナメアAC」は、技術で美容成分をナノ化しているので、肌のすみずみまで潤いが行き渡る製法です。
有効成分のグリチルリチン酸ステアリルがニキビをケアしながら、植物エキスが肌を潤してくれます。

肌の状態によっては化粧品に敏感になっている場合があるので、まずはトライアルセットから試してみましょう。

大人ニキビにオススメの乳液は?

大人ニキビにオススメの乳液は、「ルナメアAC」のジェルクリームです。
みずみずしいジェル状クリームですから、ベタつきがなくしっとりと潤います。

ハーブ由来の4つの天然うるおい成分を配合しているので、乾燥しがちな肌もやさしく潤してくれるのです。
ベタつきを抑えて、さらっとした仕上がりでうるおいを長時間キープしてくれるでしょう。

有効成分は「グリチルレチン酸ステアリル」、「トコフェロール酢酸エステル」と、うるおい成分の「天然ビタミンE」を独自技術でナノ化しています。
うるおい成分は「大豆リン脂質」「グリセリン」を合わせた「アクネシューター」を配合。

有効成分が毛穴から浸透しやすい状態にして大人ニキビを予防し、潤った肌を保つのでオススメです。
ルナメアACを使い続けると、水分とのバランスが取れて肌の調子が良くなったという口コミも多く見受けられます。

大人ニキビと乳液のまとめ

大人ニキビと乳液のまとめ

今回は、大人ニキビのための乳液の選び方についてご紹介しました。
大人ニキビの8割以上は、乾燥肌と混合肌タイプと言われています。

大人の肌になると、水分を保つ力が弱まってしまうのです。
そして、肌は乾燥すればするほど、皮脂を分泌しようとするので大人ニキビになってしまう事がわかりました。

乳液を使って適切な保湿ケアを行わないと、皮脂が過剰に分泌されニキビができやすくなるのです。
キレイな肌は、十分な水分と適切な皮脂で出来ています。

乾燥による大人ニキビには、乳液の保湿は必須です。
ただし、オイリー肌の大人ニキビには、過度な保湿は必要ありません。

大人ニキビケアの基本は、水分と油分とのバランスがとても重要である事を覚えておきましょう。
スキンケアの化粧水、乳液というステップは、大人ニキビ肌の基本です。

ぜひ、自分に合う乳液を見つけて、大人ニキビが出来ない肌づくりを目指していきましょう。

大人ニキビランキング