大人ニキビと硫黄

硫黄がニキビに効くという話は有名です。
市販のメジャーなニキビ治療薬には、硫黄が使われています。

ただし、大人ニキビの種類によっては使い方を気をつけなければなりません。
そこで今回は、大人ニキビを治すために、硫黄は効果的なのかを検証します。

大人ニキビに硫黄はどんな効果がある?

硫黄には、ニキビの発生や悪化過程を抑制する働きがあるため、ニキビ治療に古くから用いられています。
硫黄の主な効果は、殺菌作用や角質を柔らかくさせる作用、肌表面を乾燥させる作用です。

殺菌作用によって、肌に異常繁殖したアクネ菌やその他の雑菌を減少させるが出来ます。
また、角質を柔らかくする事で毛穴の出口が塞がれるを防ぎ、毛穴に溜まっている皮脂や雑菌を外に出す作用も期待出来るでしょう。

しかし、硫黄の最も強い効果は、肌表面を乾燥させる事です。
硫黄は皮脂分泌を抑制してくれるので、過剰な皮脂を減らして皮脂が毛穴につまらないようにしてくれます。

硫黄は殺菌作用があり大人ニキビを治す

殺菌作用は硫黄の最も有名な効能として知られています。
硫黄には殺菌作用があり、大人ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑えるで炎症を防ぐが出来るのです。

今あるニキビではなく、これから出来るニキビの予防に効果的なため、ニキビ肌への効果が期待出来るでしょう。
厚くなった角質を柔らかくして、毛穴の詰まりを防ぐ効果も期待出来ます。

これように、アクネ菌が増殖した大人ニキビや皮脂が毛穴に詰まって出来たニキビには、硫黄を使ったケアが効果的なのです。

硫黄は肌を乾燥させて皮脂の過剰分泌を抑えて大人ニキビを治す

硫黄は、古くから多くのニキビ治療薬に使用されてきました。
基本的に、硫黄は思春期ニキビの治療に活用するべき成分と認識されています。

しかし、皮脂を過剰に抑制する性質がある事から、大人ニキビの治療薬として使うには注意が必要です。
硫黄には、肌の乾燥を招く作用もありますので、肌本来のバリア機能を低下させます。

ですから、使い方によっては、かえって大人ニキビを悪化させる危険性もあるので気をつけなければなりません。

硫黄は角質を柔らかくさせて大人ニキビを防ぐ

大人ニキビが発症する根本的な原因の一つに「角質肥厚」が挙げられます。
「角質肥厚」とは肌が厚く硬くなる事。

肌が厚い男性に多く見られる現象ですが、これにより毛穴が塞がる事があるのです。
角質肥厚のメカニズムは未だに解明されていないため、角質肥厚を予防するは難しいと言えます。

分かっているのは、男性ホルモンや乾燥、ストレスなど様々な要因が組み合わさっている事。
よって、角質肥厚を起こしている肌を柔らかくするアプローチをするのが有効です。

硫黄の力で角質を柔らかくする事で、毛穴詰まりの原因を解消してニキビを予防しましょう。
また、他の有効成分が肌に浸透しやすくなるため、相乗効果を生み出す働きも持っています。

多くのニキビ治療薬に硫黄が含まれている

多くのニキビ治療薬に硫黄が含まれている

一般的な治療薬の多くに硫黄製剤が含まれています。
有名な市販薬には、製品100gあたり3gの硫黄を含んでいますのでメジャーな成分なのです。

硫黄がニキビ治療の有力成分として扱われているのは間違いありません。
また、安価である上重篤な副作用も持たない硫黄は、市販薬としても販売しやすいためニキビ治療薬として普及したのでしょう。

乾燥による大人ニキビは硫黄はオススメできない

乾燥による大人ニキビは硫黄はオススメできない

ニキビ治療薬として有名な硫黄ですが、乾燥による大人ニキビに使用するには気をつけなければなりません。
硫黄が持っている皮脂を抑制して肌を乾燥させるという効果は、使いすぎると悪化してしまう可能性もあるからです。

思春期ニキビの場合は、皮脂量をコントロールして皮脂を抑制するが効果をもたらすため、有効と言えます。
しかし、大人ニキビの場合は硫黄により皮脂を減少すると、表面を守るために皮膚は余計に皮脂を分泌するのです。

また、硫黄によって肌表面が乾燥してしまうと角質層の水分まで奪われ、肌のバリア機能の低下を招いてしまうというリスクもあります。
ですから、皮脂が溜まりやすくなり、逆に大人ニキビを悪化させる可能性もあるので気をつけなければなりません。

また、硫黄には独特のにおいがある上、塗布してから時間が経過すると硫黄粉末が白く浮き上がってくる場合もあります。

硫黄は乾燥させるため大人ニキビが悪化するリスクがある

硫黄はニキビ治療として有名ですが、一方で硫黄がニキビを悪化させる原因になる事もあります。
硫黄には、皮脂の過剰分泌を抑える働きがあると述べましたが、肌を乾燥させすぎてしまう危険性もあるという事です。

肌の潤いは皮脂量ではなく水分量で決まるので、皮脂量を減らしたところで水分量に変化はありません。
逆に、硫黄を治療薬として利用すると、水分保持力を低下させる可能性があります。

皮脂量の多い10代であれば、皮脂の過剰分泌を抑える作用が有効です。
しかし、皮脂量の落ち着いた年代の大人ニキビに悩む方にとっては、むしろ肌の水分を蒸発させてしまいます。

よって、乾燥肌によるニキビを悪化させる可能性が高いというわけです。
特に、頬は皮脂量と水分量が少ない傾向にあるので、肌が荒れたりニキビが出来やすくなる人もいます。

角質軟化作用は大人ニキビにも有効な働きですが、皮脂分泌を抑える作用が強いためあまり大人ニキビには使用しない方が良いでしょう。
硫黄配合治療薬は、あくまで思春期ニキビに有効と認識されています。

大人ニキビと硫黄のまとめ

大人ニキビと硫黄のまとめ

大人ニキビは、乾燥しがちなUゾーンに集中して出来るのが特徴です。
大人ニキビの原因は、皮膚の乾燥、バリア機能の低下、ホルモンバランスの崩れ等。

敏感肌の方が硫黄の入ったものを使うと、刺激を感じたり肌が荒れてしまう場合があります。
硫黄には皮脂を抑えて肌を乾かせる作用があるため、大人ニキビに使うと悪化してしまう恐れがあるのです。

もともと硫黄には刺激性があるため、肌が弱い方は使用を控えた方が良いでしょう。
大人ニキビには、硫黄でケアをするよりも保湿や体質の改善を心がける事をオススメします。