大人ニキビはいつから

ニキビといえば、思春期の頃に出来るぶつぶつとしたニキビが挙げられます。
大人になってから出来るニキビは「大人ニキビ」と呼ばれ、思春期の頃のニキビとは出来る原因や場所が違うのです。

今回は、大人ニキビと呼ばれるのはいつからなのか?
また、思春期ニキビと大人ニキビが出来る原因と場所の違いについてご説明します。

大人ニキビはいつからそう呼ばれる?

思春期ニキビは男女で若干差があり、男子は12〜14歳頃、女子は10歳から14歳から始まります。
そして、思春期ニキビが終わるのは男女共にほとんどの人が16歳~18歳までとなり、遅くとも20歳までです。

つまり、男女共20歳を過ぎたときに出来るニキビは、「大人ニキビ」と呼ばれます。

大人ニキビはいつからいつまで出来る?

結論から言えば、大人ニキビは50代・60代でも、一生出来る可能性があります。
思春期ニキビの原因が皮脂の過剰分泌なのに対して、大人ニキビは不特定多数の原因で出来てしまうものです。

そのため、これらの原因が続く限りは、ニキビは一生でき続けると言えます。
大人ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌ではなくストレスやホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れ、乾燥等により出来る事が多いのです。

50代60代のニキビの原因で一番多いのは、閉経や更年期障害によるホルモンバランスの乱れ。
今まで大人ニキビに悩んだ事がない人でも、吹き出物が出来てしまう事があるようです。

また、加齢によりお肌の水分がなくなり、肌トラブルを起こす確率も高くなってきます。
50代60代になっても、吹き出物や肌トラブルにならないように、今のうちからしっかりとケアしていきましょう。

いつから大人ニキビのケアに切り替えるべき?

いつから大人ニキビのケアに切り替えるべきか

大人ニキビケアに切り替えるタイミングは、思春期ニキビが終わる時期の20歳から目安になります。
これは、第二次性徴期が終わる時期であり、ほとんどの人の思春期ニキビは遅くても20歳までだからです。

思春期ニキビがいつ終わったかを自分で判断するのは難しいところでもあります。
目安としては、皮脂が減って乾燥しやすくなってきたら、大人ニキビの保湿優先のケアに切り替えましょう。

大人ニキビと思春期ニキビとの違いは?

思春期ニキビと大人ニキビの違いは、ニキビが出来る原因が違います。
思春期ニキビの場合、第二次性徴期のホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌が原因です。

一方で、大人ニキビの原因は肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れ、生理の影響、ストレス、タバコ・お酒が影響しています。
思春期の頃と同じ洗顔やスキンケア方法のままだと、大人ニキビは悪化するでしょう。

また、ニキビが出来る場所によっても、思春期ニキビと大人ニキビに違いがあります。
思春期の頃に出来るニキビは、過剰な皮脂やアクネ菌が主な原因な事が多いのです。

そのため、皮脂が多く出る場所である鼻やおでこなどのTゾーン、頬によく出来ます。
思春期の時は、おでこにニキビが大量にできていた人が、大人になって全くできなくなったというケースも多いのです。

大人ニキビの特徴は、思春期同様の場所に出来る事もありますが、ほとんどは顎や口まわりのUゾーン、フェイスライン、首付近など。
これらの場所は、ホルモンバランスの影響を受けやすい場所と言われています。

社会人になってストレスを感じたり生活習慣が乱れると、大人ニキビが出来やすくなるでしょう。

大人ニキビといつからのまとめ

大人ニキビといつからのまとめ

大人ニキビは、20歳過ぎてから出来るニキビです。
大人ニキビを防ぐためには、生活習慣を正して早寝早起き、睡眠をしっかり取りましょう。

食生活は野菜中心のバランス良い栄養素を取るように心がける事が大事です。
休日はストレスを解消して、風邪など体調不良には気を付ける必要があります。

スキンケアは、皮脂を取りすぎないように保湿もしっかりする事を忘れないようにしましょう。
生活習慣が良くなれば、ホルモンバランスが整って大人ニキビが改善されていきます。

まずは、毎日出来る事から少しずつ始めて、大人ニキビを治していきましょう!