大人ニキビがひどい

大人ニキビは思春期ニキビと違って治りにくいといわれています。
その理由は、大人ニキビの原因は複雑であり、治し方も様々あるからです。

そこで今回は、ひどい大人ニキビの原因と治し方についてご紹介したいと思います。

大人ニキビランキング

ひどい大人ニキビが出来る原因

大人ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れからくるものが多いです。
そのため、思春期のニキビに比べると比較的治りにくく、ひどく悪化する傾向にあります。

大人になってストレスや生活習慣の乱れによってホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが多くなってしまうのです。
大人のニキビは男性ホルモンが鍵を握っており、皮脂の分泌を促進させる作用があります。

その結果、男性ホルモンの影響が出やすいアゴ、フェイスラインといった場所に大人ニキビが発生してしまうのです。
ちなみに男性ホルモンにはいくつか種類があり、思春期ではDHEA-Sという血液中のホルモンの値が高くなる事でニキビになりやすくなります。

一方で大人ニキビの場合は、数種類の男性ホルモンの数値が高くなるのが原因だと言われているのです。

間違ったスキンケアでひどい大人ニキビが出来る

大人ニキビが出来る原因の多くは、肌の乾燥だと言われています。
肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下して肌を守るために皮脂が過剰に分泌されるため、大人ニキビが出来るのです。

大人の乾燥肌にはいくつか原因がありますが、その中でも多いのが間違ったスキンケアになります。
間違ったスキンケアで一番多いのがこすり過ぎです。

クレンジングや洗顔時、指に肌が触れた状態で何度もこすったり、化粧水を付けるときに強くパッティングするのは良くありません。
肌の奥まで浸透させようとクリームをなじませる時、指で強く塗り込むのも肌の刺激になります。

これらは全て乾燥肌を引き起こす原因となるので、気をつけましょう。

毛穴に汚れが詰まりひどい大人ニキビが出来る

ホルモンバランスの変化、ストレスや睡眠不足、糖質と脂質の摂り過ぎにより皮脂が過剰分泌されてしまいます。
皮脂の分泌が活発化すると、過剰な皮脂が毛穴を詰まらせてしまいひどい大人ニキビが出来てしまうのです。

また、乾燥や紫外線などのダメージにより、刺激から肌を守ろうとして角質が厚くなり毛穴が塞がり、ひどい大人ニキビになる事もあります。
食生活や過剰なストレス、肌のターンオーバーが乱れた場合も、過角化を引き起こし大人ニキビがひどく悪化してしまうのです。

その他、ファンデーションなどのメイクをしっかり落とさないと毛穴が詰まってしまうので気をつけましょう。
毛穴詰まりが気になる方は、油分の多いベースメイクではなく毛穴を塞がないノンコメドジェニックタイプのベースメイクがオススメです。

皮脂と古い角質が混ざり合った角栓が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、結果的にひどい大人ニキビになってしまいます。

ホルモンバランスの乱れによりひどい大人ニキビが出来る

女性の場合、女性ホルモンは20~30代に分泌量がピークを迎え、50代頃に急激に減少します。
身体的、精神的な要因で、女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になる事がホルモンバランスの乱れの原因です。

皮脂が過剰に分泌されるのは、男性ホルモンと女性ホルモンの黄体ホルモンであると言われています。
男性ホルモンのテストステロン、アンドロゲン、女性ホルモンの黄体ホルモンの分泌量が増える事でひどい大人ニキビが出来やすくなるのです。

男性ホルモンが増える原因は、生活習慣の乱れが関係しています。
女性ホルモンが増える原因は、生理周期による影響が多いので、日頃の生活習慣を整える事が大切です。

ストレスによりひどい大人ニキビが出来る

過剰にストレスを感じたときに発生する男性ホルモンやノルアドレナリンは、皮脂の分泌を促す働きがあります。
ストレスを感じたときに起こる生体反応によって、男性ホルモンやノルアドレナリンが分泌されて、これらが皮脂の増加を促すのです。

ストレス反応が持続すると、脂性肌になってしまいます。
男性ホルモンは肌の角化異常を引き起こして皮膚を固くしてしまい、毛穴が収縮する事で角栓による毛穴詰まりの原因にもなるのです。

こうして皮脂が正しく代謝されなくなると、詰まった毛穴に皮脂が溜まります。
その皮脂の中で悪玉アクネ菌が増殖して炎症を起こしてしまうのです。

結果的にストレスが原因で、ひどい大人ニキビが出来てしまうと言えます。

食生活の乱れによりひどい大人ニキビが出来る

ひどい大人ニキビの原因は、食生活も大いに関係しています。
チョコレートがニキビに良くないとよく言われますが、特定の食べ物とニキビとの関係は明確ではありません。

しかし、皮脂の主成分の一つであるTトリグリセリドの増加を避けるためには、動物性脂肪や糖質の過剰摂取を避ける事が望ましいと言えます。
ファストフードや揚げ物、スナック菓子など油分の多い食べ物は、皮脂の分泌や酸化を促進させるのです。

また、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、ビタミンB群の吸収を低下させます。
抗酸化作用を持つビタミンCを破壊して、肌のターンオーバーを遅らせる原因にもなるのです。

冷たいアイスコーヒーやソフトドリンクも、体を冷やし全身の血行を悪くします。
老廃物の排出が滞る原因にもなるので注意が必要です。

偏食傾向があり、外食やファストフード・コンビニフードが多いという方は、毎日の食事やレシピを少し見直してみましょう。

ひげ剃りの刺激によりひどい大人ニキビが出来る

ひどい大人ニキビが発生してしまうのは、肌への刺激が原因になる事が多いものです。
特にひげ剃りで使うカミソリは深剃りしやすく、髭と一緒に肌の表面にある角質層を削りやすい構造になっています。

ひげは空気中の埃や雑菌をキャッチするため、皮脂と混じりあって毛穴を塞いでしまうのです。
角質層は、肌の保湿や細菌などが入り込まないように肌をバリアする働きがあります。

しかし、カミソリで角質層を削ってしまう事で、肌は乾燥をはじめとしたひどい大人ニキビが起きやすくなるのです。
この時、肌は皮脂でカバーしようとするので、肌はどんどんオイリー気味になり、大人ニキビ体質となっていきます。

ひどい大人ニキビの治し方

ひどい大人ニキビの治し方

大人ニキビは思春期ニキビと違ってホルモンバランスやストレス・乾燥などが原因で発生します。
食事や睡眠など生活を見直して、総合的にケアしていく事が必要です。

ひどくなった大人ニキビは、正しい方法で対処する事が大切。
では、早速スキンケアや食生活で気をつける事、医薬品や皮膚科での治療法について見ていきましょう。

ひどい大人ニキビは保湿力のあるスキンケアで治す

大人ニキビの原因は、皮脂過多ではなく乾燥です。
スキンケア商品は、うるおい成分がしっかりと配合されているものを選ぶようにしましょう。

ビタミンC誘導体は、過剰な皮脂を抑えるほか肌のキメを整えるのでニキビ跡にも役立ちます。
グリチルリチン酸は甘草から抽出された肌に優しい天然由来成分で、抗炎症作用があり炎症した大人ニキビにオススメです。

大人ニキビに有効な保湿成分は、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、エラスチン、リピジュアが挙げられます。
そのほか、ノンコメドジェニックテスト済みと表記されているものは、大人ニキビの原因になる成分が少ないのでオススメです。

皮脂を取り除きすぎる成分は、大人ニキビ肌には避けたほうが良いでしょう。
刺激が強い成分は、サリチル酸、乾燥を招きニキビを悪化させるアルコール、硫黄があります。

ひどい大人ニキビは低刺激のスキンケアで治す

ひどい大人ニキビには、ノンコメドジェニック商品がオススメ。
ノンコメドジェニック商品とは、アクネ菌の栄養となる油分を抑えて作られた化粧品です。

ノンコメドジェニックテスト済みとなっているものは、ニキビの第一段階であるコメドを発症しにくいという証明をする試験をクリアした製品になります。
大人ニキビ対策スキンケアで人気の富士フィルムの「ルナメアAC」スキンコンディショナーは、ノンコメドジェニックテスト済みです。

ルナメアACは、富士フィルムが長年のナノ(微粒子)研究を活かて開発した医薬部外品の商品になります。
一番の特徴は、クレンジングと保湿のバランスが良い事です。

ファイバースクラブが肌を傷めずに古い角質を取り除き、潤い成分と有効成分をナノ化した粒子で肌の奥まで潤いを届けます。

ひどい大人ニキビはビタミン・ミネラルを摂取して治す

どんなに効果的なスキンケア商品を使っても、体の内側からケアできていなければ、ひどい大人ニキビは治りません。
食生活では、動物性脂肪や糖分・刺激物の摂取を控えて、ビタミンとミネラルを中心に摂取しましょう。

ビタミンAは、肌の生まれ変わりを促進するという効果があります。
28日前後が正常とされる肌のターンオーバーの周期が守られていれば、大人ニキビがひどくなる事はないでしょう。

また、ニキビ跡に沈着したメラニン色素もきちんと排出されます。
きちんと新陳代謝が行われている状態では、角栓が発生しにくくなりますから、ニキビ予防という側面から見ても重要です。

ビタミンAは、大人ニキビに悩む全ての人が摂取すべき栄養素と言えます。
また、ビタミンとともに5大栄養素の一つであるミネラルも肌にとっても必要不可欠な栄養素です。

ミネラルを上手に取り入れる事で、肌のターンオーバーが活発になり、ひどい大人ニキビの改善を助けてくれます。

ひどい大人ニキビはホルモンバランスを整えて治す

男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあり、逆にエストロゲンには皮脂を抑える働き、そして肌本来のバリア機能を強化させる性質があります。
これらのホルモンが理想的なバランスを保っていれば、バリア機能が充分に働き皮脂分泌量もベストの状態を維持出来るのです。

ひどい大人ニキビは、基本的にホルモンバランスが崩れた時に起こるもと言えます。
日頃から睡眠を確保して、適度な運動とストレス解消を心がければ、ホルモンバランスが正常になっていきます。

ホルモンバランスを正すためには、生活習慣を乱さないようにする必要があるのです。

ひどい大人ニキビは医薬品で治す

市販の大人ニキビ治療薬は、できてしまった大人ニキビを早く治す効果があります。
アクネ菌が増える事が原因でできた赤や黄などの炎症ニキビを治すために効果的です。

配合されている成分によっては、乾燥を進ませてニキビの悪化につながってしまう可能性もあるので、必ず成分のチェックをしてから購入しましょう。
また副作用によって余計にひどいニキビを悪化させないためにも、ニキビの炎症が収まったら、すぐに使用をやめる事が大切です。

また大人ニキビ治療薬は、基本的にできしまった大人ニキビを治すためだけに作られているため、予防効果はありません。
ひどい大人ニキビの繰り返しを予防するためには、スキンケア商品でしっかりと肌を健康な状態にしておく必要があります。

ひどい大人ニキビは皮膚科の治療で治す

あまりにひどい大人ニキビの治療は、皮膚科の診察をオススメします。
ニキビ治療を得意としている医師もいますので、よく調べてから皮膚科を選ぶと良いでしょう。

皮膚科での大人ニキビ治療法は、抗生物質など内服薬の処方、アクネ菌の増殖を抑える殺菌剤、肌のターンオーバーを調えるビタミン剤など。
また、ホルモンバランスの乱れから出来る大人ニキビは、産婦人科での治療が効果的な場合もあります。

生理前にUラインのニキビが酷くなるという人は、皮膚科よりも産婦人科の方が適切な処理をしてもらえる場合が多いものです。
生理周期が乱れている方は、ニキビの治療を始めるのをきっかけに産婦人科で相談するのが良いかもしれません。

ひどい大人ニキビは触らない・潰さない

ひどい大人ニキビは触らない・潰さない

膿があるひどいニキビは、膿を出して早く治したいと思いがちです。
しかし指などで潰すと、雑菌がついて炎症がさらに悪化したり、大人ニキビ跡が残る可能性が高まるでしょう。

炎症を起こしている大人ニキビは、細菌と白血球の戦いが激しくなると肌深くにある真皮層の組織がダメージを受けてしまいます。
指で潰して強い刺激が加わると、真皮層の組織が変性を起こしてクレーター状のニキビ跡ができてしまうのです。

ニキビが化膿してしまったら、触らず潰さず、刺激を与えない事が大事です。
ひどい大人ニキビがある時は、指がニキビに直接触れないよう、泡を転がすように洗顔しましょう。

洗顔後は、化粧水などでたっぷりうるおいを補給して、お肌を乾燥から守る事が大事です。
また、化膿したニキビに髪の毛が触れると、刺激になり炎症が悪化する事があります。

肌に直接触れる枕カバーやシーツなどの寝具、フェイスタオルやバスタオルをこまめに洗い、清潔を保つ事も大切です。

大人ニキビとひどいのまとめ

大人ニキビとひどいのまとめ

ひどい大人ニキビは、なるべく早く治したいと願う方が多いものです。
しかし、炎症した大人ニキビを落ち着かせて完全に治るまでには、約一週間はかかります。

早く治すためについ触ったり潰したくなりますが、ニキビ跡の原因となりますので避けましょう。
ひどい大人ニキビを繰り返さないためには、日頃の生活習慣を整えて、ホルモンバランスを正常に保つ事が最も大事です。

そして、毛穴ケアと保湿力があるスキンケアで肌を健康に保つようにしましょう。
大人ニキビ対策で注目の「ルナメアAC」は、サリチル酸不使用の肌に優しいスキンケアです。

独自の技術で、保湿成分が角質層まで行き届き、低刺激なのでひどい大人ニキビ肌に悩む方に選ばれています。
ひどい大人ニキビに悩む方は、スキンケアから見直してみてはいかがでしょうか。

大人ニキビランキング