大人ニキビとファンデーション

大人ニキビがある時にファンデーションを使うと、余計に悪くなってしまう気がするという人は多い事でしょう。
毛穴を塞ぐファンデーションは、大人ニキビに良くないと考える方は多いです。

確かに、毛穴つまりの原因となるファンデーションは、大人ニキビを悪化させてしまいます。
しかし、ファンデーションは進化しているので、大人ニキビ肌でも大丈夫なファンデーションもあるのです。

そこで今回は、大人ニキビがある時はどんなファンデーションを選べばいいのか、説明してきましょう。

大人ニキビランキング

大人ニキビに向いているファンデーション

大人ニキビがある時と、大人ニキビ跡がある場合でも選ぶものは変わります。
大人ニキビがある場合のファンデーションは、炎症や炎症を抑えてくれたり、保湿してくれるものが良いでしょう。

大人ニキビ跡の場合は、代謝を促進させるものや保湿力が必要になります。
では、大人ニキビがある時のファンデーションの選ぶポイントを見ていきましょう。

大人ニキビに良くない成分が入ったファンデーションは?

大人ニキビがある時は肌が敏感になっているので、一般的に添加物が入っているものは避けましょう。
例えば、合成界面活性剤・合成防腐剤・合成香料・合成色素・パラペンが配合されたファンデーションは、良くありません。

大人ニキビ肌を悪化させる成分は、グルタミン酸、グリシン、硫酸塩オキシ、ベンゼンセタノール、ジブチルヒドロキシトルエンなどが挙げられます。
どれも肌に刺激を与えてしまうものなので、大人ニキビがなくても刺激によって悪化させる事になるのです。

大人ニキビがある時は、これらの添加物がフリーの肌に優しいファンデーションを使用して下さい。

大人ニキビにはパウダータイプのファンデーションがオススメ

肌にトラブルがない時は、好みの仕上がりでファンデーションを選んでも良いでしょう。
ただし、大人ニキビがある時は、パウダーファンデーションをオススメします。

粉を押し固めて作られたパウダー状のファンデーションは、さらっとしたマットな質感が特徴です。
油分が少なめなので、脂性肌の人やツヤのない肌(マット肌)が好みの方に人気があります。

さっと手軽に使えるので、化粧直しの時にも便利です。
オトニキビ肌に悩んでいる人には、ニキビを悪化させる油分が一番少ないパウダータイプが向いています。

肌の密着度が他のタイプのファンデーションよりも軽めなので、肌にかける負担も少ないのです。

リキッドファンデーションは大人ニキビにNG

液体状のリキッドファンデーションは、伸びが良くてカバー力がとても高めです。
油分が多く肌への密着度が高いため、時間が経っても崩れたりよれにくいタイプになります。

乾燥肌の人やツヤのある肌が好きな人、しっかりとしたベースメイクが好きな人に人気です。
カバー力が高いので、気になる大人ニキビをきれいにカバーする事が出来ます。

しかし、その密着度の高さは肌にとっては大きな負担になるのです。
しっかりカバーするためにファンデーションを塗り込むと、毛穴を詰まらせる事にもなります。

さらに、たっぷり含まれた油分が大人ニキビを悪化させてしまう恐れもあるのです。
大人ニキビが悪化する恐れがあるので、どうしてもニキビを隠したい時だけの使用しましょう。

クリームファンデーションも大人ニキビに不向き

リキッドファンデーションよりも、さらに保湿力とカバー力が高い、とろりとした質感のファンデーションです。
乾燥肌に悩む人や、乾燥しがちな寒い季節に良く使われています。

ファンデーションの中で一番保湿力が高いため、油分もたっぷり含まれているのです。
一時的に大人ニキビをカバーするのには、最適なファンデーションと言えます。

しかし、リキッドファンデーションよりもさらに油分が多い事から、ニキビを悪化させるだけでなく新たなニキビができてしまう事もあるでしょう。
クリームタイプもリキッドと同様に、肌への密着度が高い分肌への負担が大きいのです。

密着させるために塗り伸ばす行為は、肌へのダメージに繋がります。
一時的な使用には便利ですが、大人ニキビ肌には不向きです。

大人ニキビや肌トラブルがあるときは、油分が多いリキッドやクリームのファンデーションの使用は控えた方が良いと言えます。

大人ニキビでも使える市販のファンデーションの選び方

大人ニキビでも使える市販のファンデーションの選び方

大人ニキビがある時は、自然由来の成分、無香料、低刺激、保湿成分が入っているファンデーションが理想的です。
大人ニキビを優しくカバーするものは、ビタミンC誘導体甘草エキス(グリチルリチン酸ジカリウム)、ヒアルロン酸、セラミドなど。

ビタミンC誘導体は、抗炎症作用、美白、などの作用でニキビ、ニキビ跡に効果があり、オススメです。
甘草エキス(グリチルリチン酸ジカリウム)は、漢方薬などに使用されるなど、高い抗炎症作用と抗アレルギー作用があります。

保湿成分は、高い保湿効果のあるヒアルロン酸とセラミドは、肌を乾燥から守りバリア機能を高める効果があるのです。

敏感肌の大人ニキビにはミネラルファンデーションがオススメ

感肌の方の大人ニキビには、ミネラルファンデーションがオススメです。
ミネラルファンデーションは、もともと医療現場でヤケドの跡にも使える化粧品として開発されたもの。

肌に密着してカバー力に優れており、紫外線を防止効果もあるので大人ニキビがある時も安心して使えます。
石鹸で簡単にオフでき、つけたまま眠っても大丈夫なほど肌に優しいファンデーションです。

天然鉱物(主にマイカ、酸化亜鉛、酸化鉄、酸化チタンなどが原料)で作られており、シリコンや油分を含みません。
大人ニキビや肌に炎症が起きていても使用する事が出来ます。

大人ニキビのファンデーションと化粧品はノンケミカルを選ぼう

大人ニキビのファンデーションと化粧品はノンケミカルを選ぼう

大人ニキビがある時の敏感肌から守ってくれるのは、高い保湿力や低刺激のファンデーションです。
100%天然由来の成分のもの、メイク中にビタミンCが肌に働きかけてくれるもの、天然ミネラル成分のものもあります。

肌に負担になる油分、アルコール、防腐剤、界面活性剤などは、一切不使用のファンデーションがオススメです。

大人ニキビがある時のファンデーションの塗り方

大人ニキビがある時のファンデーションの塗り方

肌に触れるフェイスブラシやスポンジは、なるべく肌に優しく柔らかい質の良いものを使いましょう。
固いスポンジや痛いブラシを顔に使うと、肌への大きな負担になります。

また、メイク道具(ブラシやパフ)がいつも汚れたままだと、雑菌が繁殖してしまう事があるのです。
化粧品と一緒に雑菌まで顔に塗るのは、大人ニキビを悪化させる原因になります。

ファンデーションに使うメイク道具は定期的に洗って、清潔に管理しましょう。
パフやスポンジ、メイクブラシを洗うときは、専用のクリーナーを使わなくても自宅にある洗剤でお手入れが出来ます。

家庭にある中性洗剤(食器用洗剤やおしゃれ着洗い用洗剤)で代用してください。

大人ニキビがある時のファンデーションの色選び

大人ニキビがある時のファンデーションの色選び

では、気になるニキビをきれいにカバーしてくれるファンデーションの色選びはどうしたら良いでしょうか。
大人ニキビ肌をきれいに見せたい時は、いつもの色より1トーン暗いカラーがオススメです。

そうすれば、大人ニキビの赤みやニキビ跡の黒ずみを、きれいにカバーしてくれます。
少しでも色白に見せたいと思って明るい色を選んでしまう人がいますが、1トーン暗めの色を選ぶとより自然な仕上がりになるのです。

肌よりも明るい色のファンデーションを使うと、ニキビの部分だけが浮いて悪目立ちしてしまいます。
また、大人ニキビをきれいにカバーするのには、赤みが少ないイエロー系のカラーが良いでしょう。

赤みが少ないベージュオークルに、イエロー系のコントロールカラーを使うと、ニキビの赤みが目立たなくなります。
血色を良く見せてくれると人気のピンク系のカラーは、ニキビを目立たせてしまう事があるので、大人ニキビが気になる時は避けましょう。

大人ニキビとファンデーションのまとめ

大人ニキビとファンデーションのまとめ

今回は、大人ニキビがある時のファンデーションの選び方についてご紹介しました。
大人ニキビ跡ができてしまう原因は、紫外線の影響による色素沈着もあるのです。

UVカットファンデーションは、紫外線からお肌を守ってニキビ跡を予防してくれる効果があります。
ファンデーションの選び方によって、ニキビ跡にならないように最適なものを選びましょう。

迷った時には、大人ニキビ肌、脂性肌用と書かれた油分が少ない処方のファンデーションから選ぶのがオススメ。
最近は、クレンジング不要と書かれたファンデーションも見かけるようになりました。

洗顔石鹸だけで落とせるファンデーションは、肌への負担が少なく優しい処方のものが多いのです。
肌への密着度が低く洗い残しが少ないから、大人ニキビの原因となるメイクの皮脂汚れや毛穴詰まりの心配がありません。

大人ニキビで悩んでいる人には、クレンジング不要のファンデーションもオススメです。

大人ニキビランキング