大人ニキビとクリーム

大切な日に大人ニキビが出来てしまったら、一刻も早く治したいものですよね。
そんな時は、大人ニキビに効果的な市販の塗り薬・クリームを使うと、即効性があるのでオススメです。

しかし、ニキビの塗り薬と一口に言っても、市販薬から処方薬、漢方薬までいろいろあります。
最も正確なケアをするには、病院や皮膚科の処方薬が効果的です。

しかし、できれば薬局で買える市販のクリームで治せればラクで嬉しいものですよね。
大人ニキビは、放置したりケア方法を間違えたりすると、シミやニキビ跡が残ってしまう事もあります。

そこで今回は、大人ニキビに効果的な塗り薬を市販薬から処方薬までご紹介していきましょう。

大人ニキビランキング

大人ニキビに効果的な市販薬と処方薬のクリーム違い

大人ニキビを治すクリームは、市販薬と処方箋があります。
大人ニキビの初期や白いニキビの場合は、薬局やドラッグストアで手に入りやすい市販のクリームで対処してみると良いでしょう。

ただし、1週間使用しても改善しない場合は、使用を中止して医師に相談する事をオススメします。
医師が診断してくれる処方箋は、症状に合ったクリームが出されるので、効果も早いです。

しかし処方箋のクリームは、副作用は大丈夫なのか不安に思うかもしれません。
皮膚科を受診する際には、薬の成分や効果、起こりうる副作用を医師に相談するようにしましょう。

大人ニキビに効果的な市販の塗り薬(クリーム)

大人ニキビに効果的な市販の塗り薬(クリーム)

初期段階の大人ニキビでも、腫れ上がった赤ニキビには抗炎作用の塗り薬(クリーム)が効果的です。
赤くなっている、少し腫れているといった炎症ニキビには、抗炎作用の含まれた塗り薬を選びましょう。

抗炎症成分は、コルチゾンなどのステロイド系と、イブプロフェンなどの非ステロイド系の大きく2つあります。
抗炎作用は、あくまで既に炎症が起こっている部分に対して有効です。

まだ炎症が起こる前の軽度のニキビに使うと、副作用が起こるリスクが高くなるので注意しましょう。
またニキビは、アクネ菌という菌の増殖が原因で悪化するため、抗菌・殺菌作用のある成分が配合された薬もオススメです。

市販薬を購入する際には「抗炎・抗菌(殺菌)」作用が含まれているかどうかを確認しましょう。
大きく腫れた炎症ニキビを早く治しますが、継続的にそして広範囲に使わないよう注意してください。

ステロイドの長期使用は逆にニキビの原因になる事もあります。

皮膚科での大人ニキビに効果的な塗り薬(クリーム)は?

一般のドラッグストアで販売されている薬は、一般用医薬品になります。
そして、皮膚科で処方してもらう薬は、医療用医薬品と漢方です。

ちょっとしたニキビであれば市販の薬でも改善は見込めますが、即効性があるのは皮膚科で処方してもらう処方薬。
アクネ菌などの菌が繁殖した場合は、菌を抑えたり赤みを改善するために、抗生物質、抗炎症剤が処方されるでしょう。

大人ニキビの原因となる過剰な皮脂分泌を抑制する薬、抗ニキビ剤、ビタミン剤、過酸化ベンゾイル配合のニキビの新薬もあります。
皮膚科で処方される薬は、どれも即効性があり瞬時に改善したい時に効果的です。

大人ニキビに効果的な市販の飲み薬

市販のニキビケアの飲み薬には、肌の健康には欠かせないとされているビタミンB群が何種類も配合されています。
代謝UP効果で肌のターンオーバーを促進させて、大人ニキビを治りやすい状態にしてくれるでしょう。

ホルモンバランスが崩れがちな生理前に集中的に飲み薬を服用すると、ニキビ予防に役立ちます。
ビタミンB群を豊富に配合する事で、受けた肌ダメージを軽減し大人ニキビの進行を抑えるのです。

市販の飲み薬でも治らない場合は、皮膚科や婦人科で「低用量ピル」または「漢方」などの飲み薬を処方してもらうと良いでしょう。
低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンをバランスよく補給して、男性ホルモンの分泌量を抑える薬です。

皮脂の量が落ち着き、角質肥厚の状態が改善されるので、フェイスラインの大人ニキビが治りやすくなります。
自己判断で使用せず、必ず医師の診察を受けて処方してもらう事が大切です。

大人ニキビの効果的な塗り薬(クリーム)の塗り方と注意点

大人ニキビの効果的な塗り薬(クリーム)の塗り方と注意点

大人ニキビ用の塗り薬(クリーム)は、清潔な肌の状態で使用します。
クリームを付ける前に、手をしっかり洗う事も大切です。

病院で処方された薬に関しては、効果を期待出来る分、市販薬より副作用のリスクが高くなります。
もし、痛みや赤み、かゆみ、ヒリヒリ感、乾燥がある場合は、医師に相談しましょう。

ニキビ薬の塗り過ぎと長期間の利用は特にご注意ください。
内服薬の場合は、ビタミン剤や漢方薬ならば副作用の心配はほぼありません。

ただし、抗生物質は種類によりめまいや吐き気、下痢、頭痛などの副作用が出る場合があります。
また、塗り薬も飲み薬も、処方薬の場合は同じような大人ニキビの症状でも貸し借りする事は避けましょう。

症状によっては、大人ニキビが余計悪化してしまう可能性もあるので、気をつけてください。

大人ニキビの塗り薬(クリーム)は体にも使える?

胸元や背中など、身体に出来るニキビは広範囲にわたり発生する事が多いものです。
背中や胸元の体に出来る大人ニキビは、マラセチア菌などカビの一種が原因になります。

アクネ菌が原因となる顔のニキビとは対処法も異なり、抗生物質を広範囲に多用するのはリスクを伴うので気をつけなければなりません。
市販薬の「オロナイン」は、体のさまざまな細菌にも対応出来る塗り薬です。

体に出来た大人ニキビを広範囲に塗る事が出来ます。
それでも症状が治まらない場合は迷わず皮膚科で相談しましょう。

塗り薬による治療は、すぐに赤みや痛みを改善出来る便利さはありますが、ニキビを改善するのが目的です。
薬を塗布し続けたり、いくら薬を飲み続けても、繰り返すニキビを根本から治す事はできません。

日頃の生活習慣とスキンケアで大人ニキビにならない肌を目指していきましょう。

大人ニキビの塗り薬(クリーム)は何日で治る?

大人ニキビの塗り薬(クリーム)は何日で治るのか

クリームのニキビ薬は、炎症を抑えたり殺菌をする効果のものが多く、ニキビに直接塗る事で早く治す事が期待出来ます。
使用してから3日間で炎症は抑えられ、長くても1週間でキレイに治るでしょう。

一方で、飲み薬は体の内側から大人ニキビにアプローチするビタミン剤などが多くなります。
根本的な肌の改善が見込めるものが多いですが、即効性はなかったり炎症を起こしているものを早く治す効果はあまり期待できません。

即効性を求めるなら、大人ニキビの赤みを抑えて、目立ちにくくしてくれるクリームを使いましょう。
ただし、大人ニキビ治療で本当に大切なのは、肌の内側から根本的に解決する事です。

クリームと合わせて飲み薬を一緒に活用すると、大人ニキビの治りが早くなったり繰り返さなくなるでしょう。
体に栄養素を摂取できないでいると、大人ニキビが出来やすくなります。

そんな時は、薬やサプリで栄養バランスを整えるのも一つの方法です。

大人ニキビとクリームのまとめ

大人ニキビとクリームのまとめ

大人ニキビが赤く炎症を起こしてしまっている場合や黄色く膿んでしまっている場合には、やはり薬(クリーム)が一番効果的です。
ただし、ニキビの塗り薬は、肌を乾燥させてしまうものもあります。

ニキビの塗り薬を使用するときに肌が乾燥するのであれば、大人ニキビ専用化粧品を使用して乾燥を防ぎましょう。
最近では、ニキビの薬と一緒に使用出来る化粧水もあるのでオススメです。

大人ニキビ対策のスキンケアで今注目されているのが富士フイルムの「ルナメアAC」。
毛足をキレイにしながら、独自の保湿成分で大人ニキビになりにくい肌づくりが出来ます。

抗炎作用や抗菌・殺菌作用のある薬(クリーム)には、症状を抑える効果はありますが、大人ニキビを予防する効果はありません。
こうした大人ニキビの予防には、毎日のスキンケアが効果的です。

「ルナメアAC」のお得なお試しセットから試してみると良いでしょう。

大人ニキビランキング