背中の大人ニキビ

背中がかゆいと思ったら、ニキビが出来ていた!と気がつく事がありますよね。
夏は背中が開いたトップスを着る事も多いので、何とかして治したいところです。

大人ニキビは、炎症するとかゆみがひどくなり、なかなか治らないので注意が必要。
そこで今回は、なぜ背中に大人ニキビが出来るのか、その原因と治し方についてご紹介しましょう。

背中に大人ニキビが出来る原因

なぜ背中に大人ニキビが出来るのか、その原因を見ていきましょう。
顔に出来る大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れが最も多い原因ですが、背中の場合は「男性ホルモン」と「菌(カビ)」なのです。

背中ニキビが出来る原因は他にも、皮脂の過剰分泌と毛穴の詰まりも挙げられます。

背中の大人ニキビは菌(カビ)が原因

背中ニキビの原因は顔と似ていますが、菌の種類が違います。
顔にニキビが出来る原因菌は、アクネ菌です。

アクネ菌は、普段から私たちの身体に住みついている常在菌。
健康な人の身体に存在する細菌(微生物)で、皮膚表面などに生息して病原性微生物の繁殖を抑えるような役割をします。

一方、背中や身体に出来るニキビの原因菌は、マラセチア真菌というカビの一種です。
マラセチア真菌もアクネ菌と同じ常在菌であり、毛穴に入り込んで炎症を起こします。

マラセチア真菌で出来る背中ニキビは、痛みを伴わないので、気が付かない事も多いのです。
背中の大人ニキビは、気が付いた時にはニキビ跡になっている事もあるので気を付けてましょう。

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなども、アクネ菌やマラセチア真菌を増やす原因となります。

背中の大人ニキビは皮脂の過剰分泌が原因

顔に出来るニキビも背中に出来るニキビも、皮脂の過剰分泌と毛穴の詰まりが主な原因です。
特に背中の皮脂の分泌腺は、顔より毛穴が大きく皮脂が多く出やすい部分と言えます。

さらに、背中にはうぶ毛が太く生えているため皮脂が皮膚表面に出にくく、皮脂が詰まりやすいのです。
実は背中にも「Tゾーン」があり、両肩を結ぶ横ラインと背骨に沿ったT字ラインを呼びます。

この部分とその周りの肩甲骨付近は、皮脂分泌が盛んで大人ニキビが出来やすい部分なのです。

背中の大人ニキビは男性ホルモンの過剰分泌が原因

背中に大人ニキビが出来る原因の一つに、男性ホルモンの過剰分泌があります。
男性ホルモンが過剰に分泌されると、皮脂分泌を促進し肌の角質を増やすのです。

すると、毛穴を詰まらせて、背中にニキビが出来やすくなります。
男性ホルモンが過剰に分泌されるの原因は、ストレスや睡眠不足など。

このような緊張状態が続くと、自律神経が乱れて交感神経が優位になってしまうのです。
そもそも自律神経というのは、交感神経と副交感神経の二つに分かれており、お互いにバランスを取り合っています。

交感神経は、運動や活動したり緊張する神経で、おもに昼間働する神経。
副交感神経は、昼間の疲労やダメージを回復してリラックスする神経で、夜眠っている時に働きます。

生活習慣が乱れると、ホルモンバランスも乱れて顔と背中ニキビに影響を及ぼすのです。

背中と首に大人ニキビが出来る原因

背中と首に大人ニキビが出来る原因

背中と首ニキビが出来る原因は、もちろんアクネ菌によるものです。
しかし、大人ニキビを誘発する原因は、血行不良と乾燥肌である事に注目しましょう。

肌の水分量が不足すると、外気から肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されます。
乾燥肌でなくても、部分的な乾燥肌による肌の水分差が大きいほど、ニキビが出来やすいのです。

また、首に出来る帯状疱疹もストレスがその一因となっており、首周りに反応が出やすいもの。
よって、ストレス解消も大事ですが、その場合の多くが首の血流が悪くなっていると考えられます。

背中と首の大人ニキビがなかなか治らないと言う人は、血流と乾燥肌をチェックしましょう。

背中と首に大人ニキビが出来る原因はホルモンバランスの乱れ

首ニキビは、ホルモンバランスの乱れが大きな原因です。
ホルモンバランスの乱れとは、調度良いバランスが乱れると言う事。

ストレスを感じても、ホルモンバランスは乱れます。
女性の場合は、生理前にホルモンの大きな乱れがありますよね。

首ニキビの場合、さらに考えられるのが血行不良と乾燥です。
乾燥肌は意外かも知れませんが、首ニキビの原因となります。

そして、首ニキビに悩んでいる人の多くは、マラセチア菌によるものだと思い体を良く洗う方が多いのです。
しかし乾燥が原因の場合は、洗い過ぎは逆効果となりますので気を付けましょう。

背中と首の大人ニキビには、食事や睡眠、そしてストレス解消を意識すると、ホルモンバランスが整うので効果的。
ホルモンバランスの整え方は、不足しがちになっている女性ホルモンを補う事がポイントです。

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富な大豆食品、納豆、豆乳、豆腐、油揚げ、きな粉を積極的に摂る事をオススメします。

大人ニキビ・背中ニキビの治し方

大人ニキビ・背中ニキビの治し方

背中の大人ニキビの大きな要因は、ストレスや生活習慣の乱れ、睡眠不足だと分かりました。
衣類に接する背中は、炎症を起こしたニキビがあるとかゆみが強くなり、なかかな完治しないので早めに対処しましょう。

背中のニキビ治療は、大人ニキビと同様にビタミンC誘導体を含むローションや化粧水による保湿が大事です。
皮膚科クリニックでは、毛穴をふさいでいる角質を取り去るためにピーリングが中心になります。

ピーリング石鹸を使えば、自宅でも手軽に行う事が出来るでしょう。
入浴時に古い角質を取り除くだけでなく、薬剤を肌に残す恐れもなくなります。

入浴後は、十分な保湿を行う事も大切です。
後は、生活習慣を見直して、背中ニキビを退治しましょう。

自分でケアしても改善しない場合は、エステやクリニックを利用する事をオススメします。

ビタミンB2とB6を補給して背中の大人ニキビを治す

ニキビケアの代表的な栄養素は、ビタミンです。
特に、ビタミンB2・ビタミンB6は、積極的に摂取しましょう。

ビタミンB2は、脂質の代謝を活発にして、皮脂の分泌を適正にコントロールする働きがあります。
背中のニキビ対策に、欠かせない栄養素ですが、体内に溜めておけないので毎日しっかり補給する事が大切でしょう

ビタミンB6の主な働きは、たんぱく質の代謝です。
タンパク質の代謝は、体の免疫バランスを調整したり、髪の毛や肌を作るのに影響してきます。

ビタミンB6は、肌のターンオーバーのサイクルに関わるので、不足すると肌の正しい周期が乱れるのです。
神経の興奮をしずめる働きにも関係していますから、不足するとストレスが増加しやすくなります。

その結果、背中に大人ニキビが出来やすくなるのです。

背中の大人ニキビはビタミンBを食生活に取り入れて治す

背中の大人ニキビが気になる方は、ビタミンB群を積極的に取り入れましょう。
ただし、ビタミンB群は、熱や水分に弱いという弱点を持っています。

煮物やスープにして、煮汁と一緒に摂取する事がオススメです。
一度に大量にビタミンを摂取するのではなく、バランスよく継続して摂取すると良いでしょう。

ビタミンB2の多い食品には、サバ、ししゃも、さわら、うなぎ、しじみ、納豆、チーズ、牛乳、卵、レバー、ほうれん草などがあります。
ビタミンB6は、牛・豚・鶏などのレバー、カツオ・マグロなど魚の赤身、バナナ・アボカド・にんにくなどに多く含まれる栄養素。

背中のニキビ予防のために、家での食事はもちろん外出先で食べる場合も、ビタミンB2・B6の多い食品を取り入れましょう。

背中の大人ニキビは漢方を取り入れて治す

漢方薬は、その人の症状や体質に適したものであれば、十分な効果を発揮する事が出来るもの。
漢方の世界には独自の理論があり、証気・血・水(きけつすい)と言われています。

「証」とは、その人の体質や体力、抵抗力、症状の現れ方などの個人差(状態)を表し、その人が訴える症状や体のデータから判別し、処方されるのです。
一方、「気・血・水」は、不調の原因を探るための指針のようなもの。

漢方では、この「気・血・水」の3つの要素が体内でうまく機能する事が健康に値すると考えられています。
この「証」と「気・血・水」​のを利用して、大人ニキビの処方を決めていくのです。

背中の大人ニキビは皮膚科クリニックで治す

なかなか治らない背中ニキビは、皮膚科で治療すると良いでしょう。
皮膚科のカウンセリングでは、悩みを相談して助言や指導をもらえます。

そこで、治療方法、費用、通院日数の目安など疑問を聞いてみましょう。
ニキビ治療の専門性が高いクリニックでは、治療の選択肢が多いなどのメリットがあります。

なるべくニキビ治療に力を入れている皮膚科を選ぶと良いでしょう。
皮膚科クリニックの診察治療を受けると、治療費が発生します。

その際に、加入している健康保険が適用される治療なのか、されない自由診療なのかによって治療費は変わるでしょう。
保険が適用された場合は、窓口での負担は3割です。

自由診療の場合は、全額自己負担になるので、事前に確かめておきましょう。

背中と胸の大人ニキビの原因

背中と胸の大人ニキビの原因

胸部をはじめ、身体に生じるニキビはアクネ菌ではなくマラセチア菌という菌(カビ)の一種が原因です。
これは、炎症を起こすため、厳密にはマラセチア毛包炎と呼ばれます。

ホルモンバランスの乱れによって、肌本来のバリア機能が弱まり、角栓が詰まった毛穴内部に皮脂が溜まるのです。
胸ニキビの場合は、不衛生な衣服から雑菌が移ったり、化学繊維の衣類による摩擦もニキビの発生になります。

背中と胸の大人ニキビはカビの一種・マラセチア菌による炎症が原因

背中や胸部など身体に生じるニキビは、マラセチア菌というカビの一種によって引き起こされる事が多いと言えます。
それ以外の発生機序は、顔のニキビと同じです。

基本的な治し方は顔のニキビと同様、ホルモンバランスを正常化する生活習慣、患部の衛生管理、保湿ケアといった方法になります。
ニキビの炎症が酷いようなら、ニキビ専門外来を設置している皮膚科でホルモン治療を受けるのがオススメです。

大人ニキビと背中のまとめ

大人ニキビと背中のまとめ

背中ニキビの改善のためには、まずは食生活を見直しましょう。
動物性脂肪や糖質に偏らずに、ニキビ対策に効果的なビタミンCやB群をはじめ、バランスよく摂る事が基本になります。

また、出来る限りリラックスする時間を設けるなど、ストレスの軽減・解消を心がけましょう。
そして、背中のニキビは顔に出来るニキビと違って、悪化するまで気がつかない事も多いものです。

かゆみを感じた時には慢性化していて、治るまで長引く事もあります。
背中などのボディのニキビ予防には、下着だけでなく、肌に直接触れる衣服や寝具選びも大切です。

特にニキビが出来やすい時は、肌にやさしい素材を選び衛生管理をしっかりとして清潔を保ちましょう。
かゆみや痛みが強い場合には、専門医を受診する事をオススメします。

炎症が強かったり重症化してしまうと、ニキビ跡が残るかもしれないので、早めに対処するようにしましょう。