産後のオールインワンジェル

産後ママは自分のスキンケアもままならないくらいに、ドタバタしています。

「肌のお手入れをしようと化粧水を手に持った瞬間、子供が泣き出した」
「お風呂上がりは子供を着替えさせているうちに、肌が乾燥している」

睡眠や食事も満足に取れなくなる中で、今までと同じような基礎化粧品を使った丁寧なケアができなくなる人も多いはずです。
今回は、そんな慌ただしく赤ちゃんのお世話に追われている産後ママからも、人気のあるオールインワンジェルについてご紹介します。

  • 産後ママにオススメのオールインワンジェルの選び方
  • 産後ママがオールインワンジェルを使う時の注意点

上記の項目などを中心にまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

オールインワンジェルのランキング

産後ママにオールインワンジェルが選ばれる理由

産後ママにオールインワンジェルが選ばれる理由は、以下のように通常の化粧水や乳液が別になっている単品の基礎化粧品に比べて、肌のケアが手軽に出来る点でしょう。

【単品の基礎化粧品】

化粧水、乳液、美容液、クリームなどを一つひとつ順番に塗って肌をケアする

【オールインワンジェル】

化粧水~クリームまでが1つにまとめられたジェルをひと塗りして肌をケアする

本来であれば、手間のかかってしまうスキンケアが1ステップで終わるのは、本当に助かりますよね。
では次に、産後にオールインワンジェルを使う上での注意点を詳しくご紹介します。

産後にオールインワンジェルを使う注意点

産後にオールインワンジェルを使う注意点

「産後も簡単にスキンケアが出来るオールインワンジェルがあれば、肌のお手入れの心配はないぞ!」と思うのは、まだ早いでしょう。
なぜなら、産後の肌の状態や生活環境の変化によって、「あれ?思ったよりもオールインワンジェルって微妙じゃない!?」と感じる人も多くいるからです。

そういった不満を抱えないためには、子供を産んだ後に、オールインワンジェルを使用する場合の注意点を知っておく必要があります。
特に次にご紹介する3つの注意点は重要なポイントになるので、チェックしておいてください。

オールインワンジェルだけでは産後の肌ケアはイマイチ?

産後は、出産に伴うホルモンバランスの急激な変化や睡眠・疲れなどによる心体的な負担によって、肌のバリア機能が著しく低下しています。
その影響で、外的刺激によるダメージを受けやすくなり、いつもより肌が乾燥しやすい状態になってしまうのです。

そのため、単品ケアに比べると保湿・浸透力が若干弱まってしまうオールインワンジェルは、潤いを実感できない場合があります。
ただし、そういった点もオールインワンジェルを選ぶ段階で事前に知っていれば、対策が打てるでしょう。

オールインワンジェルは敏感な産後肌に対応できない?

肌のバリア機能が低下する弊害は他にもあります。
肌を守る力が一時的に弱まっている状態という事は、普段は何も問題が起きない成分にも、肌が敏感に反応してトラブルが起きやすくなってしまうという点です。

そういった影響から、産前のような感覚で「とりあえず保湿できれば」と安易に肌に直接塗るものを選ぶのはオススメできません。
やはり、産後は肌のコンディションがいつも以上に悪いという事を肝に銘じて、オールインワンジェル選びは成分を見ながら慎重に行った方が良いでしょう。

オールインワンジェルの使用感が産後に向かない可能性も

「ベタつきが気になる」「オールインワンジェルを触ったら1回手を洗わないとどこも触れない」というように、オールインワンジェル利用者の中には、使用感に不満を持つ人が多くいます。
サッとジェルを塗って、子供のお世話をしたい産後ママにとっても、手がベタベタした状態になるのは扱いづらいものですよね。

しかし、オールインワンジェルによっては、ベタつきがなくサラッとした質感の商品もあります。
オールインワンジェルだから使い勝手が悪いと決めつけて、使用するのを諦める必要はないでしょう。

購入前に商品のお試しをしたり口コミを見たりしながら、肌触りをチェックするようにしてください。

産後にオススメしたいオールインワンジェルの選び方

産後にオススメしたいオールインワンジェルの選び方

ここまでご紹介した注意点をふまえて、産後用にオールインワンジェルを選ぶ時にチェックしたい項目は以下の3つです。

  • 産後の乾燥・敏感肌でも使える成分が配合されているか
  • コスパは良いのか(1本で何ヶ月持つのか)
  • 容器の形状は使いやすいか(例:ポンプならプッシュするだけで使えるなど)

こういった要素を購入前に確認しておくだけで、下記のようなメリットを得る事が出来ます。

・肌の潤いを実感出来る
・収入が減っている産後でもスキンケアが続けられる
・忙しくても普段使いしやすい

では次に、成分やコスパの良さを判断するポイントを具体的にご紹介します。

産後のオールインワンジェルは成分やコスパをチェック

産後で、外的刺激を受けやすくなっているママにオススメしたい成分は「セラミド」です。
セラミドが充分に補充された肌は、角質層のバリア機能が高まって、キメが整いしっとり感が増します。

特に、セラミド1(EOP)・セラミド3(NP)・セラミド6Ⅱ(AP)に分類されるヒト型セラミドは、不足すると肌トラブルに繋がりやすいため、積極的に補充をした方が良いでしょう。
コスパの点については、商品の金額と容量を見て、総合的にお得な商品を選んでください。

計算が面倒な時には、「容量が違う二つの商品どっちが得か?」といった無料サイトや「どちらがお得?計算機」などのアプリを利用すると良いでしょう。
ちなみに、内容量が100g以上のある商品は1ヶ月以上持つ事が多いと言えます。

そのため、産後の忙しい時期にこまめに買い直す手間が少なくなりオススメです。

産後ママに人気なのはメディプラスゲルやフィトリフト

ここからは、産後ママに選ばれる事の多い2つの商品の特徴を具体的にご紹介します。(2017年12月のデータ)

【メディプラスゲル(オールラウンドタイプ)】

メディプラスゲル

  • セラミド1.3.6を含む5つのヒト型セラミドが配合されている
  • 180gの大容量のため、1本で約2ヶ月間もつ
  • ボトルタイプで使いやすい
  • 高い保湿力を実現してくれるヒアルロン酸が4種類含まれている

※初回の方のみ、使用感が気に入らなかった場合に、お届けから30日以内の返送で全額返金保証があります。(すべて使い切った空の容器でも返金されます)

購入回数 価格
通常価格 3,996円
定期初回 2,996円
定期2回目以降 3,796円

>>メディプラスゲルの公式サイトを見てみる

【フィトリフト(エイジングケアタイプ)】

フィトリフト

  • プラセンタの2倍も肌環境を活性化する力がある、フィト発酵エキスが配合されている
  • 内容量が50gと少なめな点がマイナス
  • 肌にピンとしたハリをくれるポリマー製のジェルが使われている
  • ベタつきが少なく、お肌に染み込む使用感

通常価格:4,968円/定期4,140円(同メーカーの他化粧品を同時購入すると最大25%引きになります)
※初回の方のみ、オールインワンジェルサンプルセットがあります。

何を買ったら良いか分わからないという時は、参考にしてください。

>>フィトリフトの公式サイトを見てみる

産後のオールインワンジェルまとめ

産後のオールインワンジェルまとめ

産後は、肌の状態や生活環境が悪化しやすくなっています。
そのため、子供を出産した後のスキンケアが目的でオールインワンジェルを選ぶのであれば、成分・コスパ・容器の形状・使用感など、様々な視点から比較検討をして、商品を購入する必要があるでしょう。

今回、管理人がオススメしたオールインワンジェルもオススメです。
また、選び方を踏まえて別の商品を購入しても良いと思います。

あなたに合った産後の肌をサポートしてくれる頼もしい味方を手に入れてください。

オールインワンジェルのランキング