大人ニキビとしこり

しこりがある大人ニキビは、ボコッと大きく腫れていて目立つし気になりますよね。
メイクをしても隠せないし触ると痛いし、気分も沈んでしまいます。

「今すぐに無くしてしまいたい!」と思って無理やり潰そうとしたら、悪化してしまう事もあるのです。
ケアを誤ると大人ニキビの跡が残ってしまうので、気をつけなければなりません。

そこで今回は、しこりのある大人ニキビが出来てしまう原因と正しい治し方についてご紹介します。

大人ニキビランキング

しこりがある大人ニキビが出来る原因

しこりニキビには、赤く腫れ上がり黄色っぽい芯があるタイプと、ニキビの芯が見えないタイプがあります。
どちらのしこりニキビも膿が出来るほど炎症していて、炎症が収まるのに時間がかかるのが特徴です。

赤いしこりがある大人ニキビは、毛穴に詰まった皮脂の内側で、ニキビ菌として知られるアクネ菌が繁殖するために発生します。
炎症によって膿が溜まると、しこりとなって固まり色が赤く見えるのです。

また、色味が紫色に近い場合は、さらに症状が悪化して膿に血液が混ざっている状態になります。

芯が見えないしこりがある大人ニキビが出来る原因は?

芯が見えないしこりニキビは、体の中の老廃物などにより皮脂のつまりが皮膚の奥深くで起こっている状態です。
ニキビの芯が皮膚の奥にあるため、表面上にはしこりは見えません。

しかし、その部分で炎症が起きたり炎症によって膿が溜まったりして、しこりのような塊ができています。
芯が見えないしこりニキビは、炎症が皮膚の奥深くで起こっているために、体の内側から治していくしか方法はありません。

しこりの元が完全に消えるまでは、治ったように見えても、再発しやすいのも特徴です。

しこりがある大人ニキビの治し方

しこりがある大人ニキビの治し方

しこりのある大人ニキビは、放っておくと肌の細胞がダメージを受けて赤みが沈着してしまい、ニキビ跡がしこりとなって残る事もあります。
しこりニキビは跡が残りやすいため、早めに治す事が大切なのです。

しこりのある大人ニキビを治すために重要なのは、肌の再生能力を高める事。
皮膚科では、しこりのある大人ニキビには、炎症を抑えるための抗生剤が処方されるでしょう。

ただし、強力な抗生剤により肌の再生に欠かせない肌バリア機能をつくる「常在菌」という善玉菌が失われてしまうのです。
そのため、スキンケアで肌の再生を促して、正常な状態を作る事も並行して行う必要があるでしょう。

赤いしこりニキビの場合、肌の表面は炎症によってとてもデリケートな状態になっています。
なるべく刺激を与えないようにスキンケアでケアをしていきましょう。

しこりのある大人ニキビは肌を冷やして炎症を抑える

炎症を起こしたしこりニキビは、その部分を冷やす事で一時的に細胞の働きを鈍らせる事が出来ます。
そして、痛みや腫れなどの炎症による影響を最小限に抑える事が出来るのです。

ただし、冷やすのはあくまで腫れや痛みを抑えるための応急処置であり、大人ニキビそのものを治すわけではありません。
炎症部分を冷やす事で、痛みや腫れを抑える事は出来ますが、冷やす時間が長くなると血液の流れを抑制してしまいます。

すると炎症部分の治癒が遅くなるので、冷やし過ぎには注意しましょう。
ニキビを冷やすのは腫れや痛みがあるときだけの応急処置にして、症状が落ち着いたらスキンケアでケアをすると良いです。

しこりのある大人ニキビは薬で炎症を抑える

大きく腫れて激しい痛みを伴うしこりニキビの場合は、炎症がひどく進んでいるため、抗生物質でないとなかなか治りません。
腫れ上がったしこりニキビが出来たら、病院で処方してもらうのが最善ですが、応急処置として市販薬を使う事も出来ます。

市販の大人ニキビ用の薬は、適量を患部に塗布するだけの塗り薬が多いようです。
有効な成分の抗生物質や副腎皮質ステロイドが、腫れたニキビによく効きます。

ステロイドや抗生物質が配合されている市販薬が良いでしょう。
胸元や背中などに出来たしこりニキビは、広範囲に塗る事が出来る「オロナイン」がオススメです。

ステロイドは、大きく腫れた炎症ニキビを早く治しますが、継続的にそして広範囲に使わないよう注意してください。
抗生物質の種類やステロイドの種類は薬によって違うので、効果を実感できない場合は他の薬も試してみてみましょう。

治りが遅い場合は、必ず皮膚科の診察を受ける事をオススメします。

しこりのある大人ニキビは皮膚科の処方薬で治す

皮膚科では、しこりのある大人ニキビのために、塗り薬と飲み薬が処方されます。
しこりニキビは肌の奥深くで炎症が起きているため、飲み薬でのケアも効果的なのです。

外と内の両側から炎症にアプローチ出来るので、セルフケアよりも早くしこりニキビを治す事が出来るでしょう。
皮膚科で処方してもらえる薬の種類は、抗生物質や抗炎症剤、皮脂分泌抑制剤、抗ニキビ剤、ビタミン剤、があるのです。

抗生物質は、ニキビの原因の1つであるアクネ菌などの菌が繁殖した際に、菌を抑えるために使用して赤み抑えます。
即効性があり、瞬時に改善したいときに効果的です。

ただし、抗生物質はあくまで炎症を抑えるだけで、根本解決にはなりません。
長時間治療を続けると細菌が薬剤耐性を持つため、長期間使用できなくなります。

薬剤耐性を持った細菌はその抗生物質が効かなくなるので、長期的な使用は良くないのです。

しこりのある大人ニキビで気をつける事

しこりのある大人ニキビで気をつける事

しこりが出来る大人ニキビは、粉瘤(ふんりゅう)と毛嚢炎(もうのうえん)という皮膚の病気と間違いやすいので注意が必要です。
まず粉瘤(ふんりゅう)は、皮膚の良性腫瘍で古い角質や皮脂などが溜まった袋状のもの。

かゆみや痛みがなく、黒いヘソがある中に溜まっているものが出ると悪臭がしてどんどん大きくなるという特徴があります。
毛嚢炎(もうのうえん)は、ヒゲやムダ毛の処理によって毛穴の奥にある毛包というところで炎症が起きてしまうものです。

ほとんどの場合は悪化する事なくすぐに治りますが、稀に悪化してしこりになる事があります。
どちらもしこりニキビとよく似ていて見分けるのが難しいので、分からない場合は病院で診てもらいましょう。

しこりのある大人ニキビは触らない・潰さない

しこりは、触ったり潰したりすると雑菌がついてさらに重症化します。
しこりのある大人ニキビを自分で潰して膿を出そうとする行為は、跡になる可能性か高いので絶対に止めましょう。

大人ニキビの中でもしこりがあると、症状が重く治すのが難しい状態です。
自然治癒だと数ヶ月~数年の長い時間がかかりる事もあります。

しこりがなくなったとしても、ニキビ跡として残ってしまう可能性もあるのです。
ですから「しこりニキビを絶対に治したい!」という人は、触らず潰さず、なるべく早い段階でケアや治療をしましょう。

また、しこりニキビは塗り薬だけでは完全に炎症を抑えるのは難しいもの。
しこりニキビは肌の奥深くまで炎症が起きていて、かなり根強いものなのです。

市販薬は浸透力が高くないため、奥の炎症を抑えきれない可能性があります。
1~2週間使い続けても、ニキビに変化が見られないときは皮膚科を受診しましょう。

しこりのある大人ニキビがあるときはベースメイクの厚塗りを避ける

しこりが目立たないようにと、毎日ファンデーションを厚塗りするのは炎症を悪化させる原因になります。
特に、リキッドやクリームタイプのファンデーションは油分が多く、毛穴に詰まりやすいので注意してください。

出来るだけベースメイクは薄めにした方が治りも早くなります。
どうしてもしこりニキビを隠したい人は、比較的肌に優しいパウダーファンデーションを使うと良いでしょう。

しこりのある大人ニキビがあるときはピーリングは避ける

しこりニキビを早く治すために、セルフで頻繁にピーリングを行うのオススメ出来ません。
市販のピーリングは、肌への刺激が強いものが多くなっています。

一時的に肌がツルツルするだけで、肌は大きなダメージを受けるのです。
ピーリングで肌が弱まればしこりニキビを治すのにも時間がかかってしまい、逆効果になります。

どうしてもピーリングがしたいという人は、1~2週間に1回くらいの頻度に抑えてください。
拭き取りシートやスクラブタイプのピーリングは肌を傷つけるので、ジェルや石鹸タイプのものが良いでしょう。

もしくは、皮膚科での施術によるピーリングは、しこりニキビの炎症を抑えるのに効果的。
痛みが少なく翌日からメイクができて、1回あたり1万円から3万円とお手頃な治療法です。

どうしても早くしこりニキビを治すには、セルフではなく皮膚科でのピーリングを試してみてください。

しこりのない大人ニキビの治し方

しこりのない大人ニキビの治し方

芯の見えないしこりニキビは、芯や膿を皮膚の表面から出す事ができません。
肌の内側で皮脂のつまりが起きてしまっているため、表面からケアをしてもあまり効果がないのです。

そのため、肌の再生能力を高めて奥深くから代謝を促し、肌の状態を正常にしていく必要があります。
肌の再生能力を高めるには、大人ニキビ用のスキンケアをすると効果的。

しこりがある大人ニキビに効果的なスキンケアは、富士フィルムの「ルナメアAC」です。
独自開発のナノ技術によって、ニキビに有効なグリチルレチン酸、ステアリル、うるおい成分を毛穴の奥まで届けてくれます。

さらに、ノンコメドジェニックテスト済みですから、大人ニキビ予防に最適です。
しこりのある大人ニキビは、顎や口周りのフェイスラインのニキビに悩んでいる方が多いもの。

「ルナメアAC」は、毛穴の詰まりを取り除く洗顔料も一緒に使いたい方に、オススメのスキンケアです。

しこりのない大人ニキビは内面から治そう

不規則な生活を送っていると、しこりニキビができやすい環境を招きます。
遠回りと思われるかもしれませんが、生活習慣を正す事がしこりニキビを治す近道でもあるのです。

例えば、過剰なストレスによってホルモンバランスに乱れが生じると、皮脂の分泌が過剰になって、毛穴が詰まりやすくなります。
皮膚にはさまざまな常在菌が暮らしており、バランスを取り合う事で皮膚の健康を守っているのです。

しかし、皮脂をエサにするアクネ菌が過剰に増えすぎると、炎症したしこりニキビができやすくなります。
また、残業や夜更かしなどで睡眠時間が少なくなると、十分に成長ホルモンが分泌されずしこりニキビの治りが遅くなるのです。

そして、屋外でのレジャーを好む人や、日中に外にいる時間が長い人は、紫外線ケアを怠らないようにしましょう。
紫外線を浴びすぎると皮膚の細胞が破壊されて、皮膚の水分が奪われ肌のターンオーバーを乱すのです。

大人ニキビとしこりのまとめ

大人ニキビとしこりのまとめ

今回は、しこりがある大人ニキビが出来る原因と治し方をご紹介しました。
乾燥して固くなった皮膚は外部の刺激に弱くなり、しこりのある大人ニキビができやすくなります。

紫外線を防御するために、季節を問わず日焼け止めを使用したり、クリームなどで肌を保湿しましょう。
規則正しい生活をする事は、しこりニキビの改善と予防の基本と言えます。

しこりがある大人ニキビがある時は、これ以上悪化させないためにも正しいスキンケアが大切です。

大人ニキビランキング