大人ニキビが消えない

大人ニキビは、思春期ニキビと比べて、消えない性質があります。
大人ニキビが出来る場所は、TゾーンよりもUゾーンに出来やすいのです。

大人ニキビを根本的に解決するためには、原因を究明して、長期的に改善に取り組まなければなりません。
ただし、大人ニキビは原因が複雑なために、間違ったケアをしている人が多いのです。

そこで今回は、消えない大人ニキビの原因と効果的な治し方をご紹介したいと思います。

大人ニキビがなかなか消えない原因

多くの方は、大人になっても繰り返しニキビができて、なかなか消えないという経験があるでしょう。
大人ニキビがなかなか消えないのは、様々な要因が絡み合っています。

よくあるのが、生活習慣が乱れてホルモンバランスも乱れる場合、間違ったスキンケア方法をしている場合です。
では、消えない大人ニキビの原因を詳しく見ていきましょう。

消えない大人ニキビは間違ったスキンケアが原因

ニキビが発生する原因は、アクネ菌です。
よって、アクネ菌を殺菌すればニキビは治るという認識がされています。

アクネ菌を殺菌するスキンケア商品も数多くあるのです。
しかし、実はアクネ菌を殺菌しても、大人ニキビの根本的な解決にはなりません。

アクネ菌は本来、皮膚のバランスを保つために常に皮膚に存在している常在菌になります。
アクネ菌は、肌にある程度は必要な菌なのです。

アクネ菌は、存在自体が害なのではなく、過剰に増えすぎてしまう事でニキビを発生させてしまいます。
増えすぎたアクネ菌を減らすケアは必要ですが、アクネ菌を一掃する化粧品は基本的に刺激が強いでしょう。

他の常在菌も殺菌してしまうため、刺激の強さが余計にニキビを招くのです。
大人ニキビに皮脂を取り過ぎるスキンケアは、逆効果になります。

消えない大人ニキビはホルモンバランスが原因

ホルモンバランスの乱れは、大人ニキビを招く原因の一つ。
私たちの肌には、皮脂の分泌を促す男性ホルモンと、皮脂を抑制し肌本来のバリア機能を強化する女性ホルモンが作用しています。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが絶妙であれば、皮脂が過剰になる事はありません。
肌のバリア機能も衰えないため、ニキビもできないのです。

しかし、どちらかのホルモンの働きが過剰になると、大人ニキビができやすくなります。
ホルモンバランスの乱れと言えば、まず生理を思い浮かべるでしょう。

確かに生理の前は、ニキビができやすくなります。
生理前や生理中は、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの影響により、消えないニキビなどの肌トラブルが起きやすいのです。

消えない大人ニキビはストレス・生活習慣の乱れが原因

大人ニキビの原因として考えられるのが、やはり生活習慣の乱れです。
どんなにスキンケアやエステに通っても、土台となる生活習慣が乱れていては効果も激減してしまうでしょう。

大人ニキビがなかなか消えない場合は、自らの生活習慣を見直してみてください。
忙しい現代人は、体と心を休める事がなく、ストレスを溜めがちです。

例えば、お風呂に入って1日のカラダの疲れを取り熟睡すると良いでしょう。
ココロに疲れが残っている場合は、ホルモンバランスが崩れてしまう原因にもなります。

ストレスにより、大人ニキビが消えなくなってしまう可能性があるのです。
心身ともに、疲れを取り除くように努めましょう。

大人ニキビがなかなか消えないときの治し方

大人ニキビがなかなか消えないときの治し方

消えない大人ニキビの原因は、生活習慣やストレスなど複合的なため、複雑なのです。
そこで、提案としてはスキンケア方法を見直しましょう。

肌のお手入れは、毎日するものなので、その小さな積み重ねが肌に結果として現れます。
お手入れ方法を見直して、消えないニキビを作らせない肌に整えましょう。

消えない大人ニキビは保湿して治す

クレンジングは、Tゾーンからなじませて、唇の下、小鼻も忘れずに落とします。
すすぐ際は、ぬるま湯で手早く洗い流しましょう。

洗顔は、しっかり泡を立てた泡洗顔で洗います。
指が触れると肌のキメを傷つけて、肌バリア機能と低下させるので注意しましょう。

次に、化粧水を使用量を守り、手で優しくなじませます。
乳液・クリームは、適量を手に取り両手の平に伸ばして、頬から広げて塗ってください。

Tゾーンがテカりがちな人は、テカる部分を控えめに塗ります。

消えない大人ニキビは角質ケアで治す

消えない大人ニキビは、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が異常に繁殖する事で出来ます。
古くなった角質が肌に存在していると、詰まった毛穴にフタをしてさらに毛穴を詰まらせてしまうのです。

角質ケアで詰まった毛穴を綺麗にする事で、消えないニキビを予防する効果が期待出来ます。
肌がザラついていると感じたり、毛穴が詰まっていると感じたりしたときには、ピーリングや酵素洗顔などを取り入れみてください。

毛穴の詰まりを解消してくれる角質ケアですが、やりすぎは良くありません。
角質ケアをやりすぎると、肌のバリアを傷つけてしまって肌が薄くなったり、乾燥肌となるリスクがあります。

必ず、化粧品に記載された使用頻度を守って使いましょう。
肌が敏感になりやすい季節の変わり目や、肌が弱っている生理前など特定の期間の角質ケアは避けた方が良いです。

角質ケアは、肌の調子が良い時に行うようにしましょう。

消えない大人ニキビは食生活を正して治す

スキンケアを気をつけるだけでは、ニキビ肌を根本的に治す事はできません。
消えないニキビを治すためには、偏った食生活を見直しましょう。

ニキビ対策に積極的に摂りたいオススメの栄養素は、ビタミン類です。
ビタミンA、B2、B6、C、Eを意識して摂取しましょう。

大人ニキビがなかなか消えないという方は、自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れている事が考えられます。
ホルモンバランスを食べ物で整えるためには、新陳代謝を上げたり、腸内環境を整える食べ物を摂りましょう。

どうしても消えない大人ニキビは皮膚科の治療法で治す

ニキビの症状がひどい方には、抗生物質の塗り薬や飲み薬が処方される場合もあります。
皮膚科による治療の基本は、毛穴のつまりをとるような塗り薬による治療です。

ニキビ治療には保険の範囲で行う治療と、保険が適用されない治療があるので、気をつけましょう。
「ピーリング」は、ニキビの原因である毛穴のつまりをとるので、ニキビ治療にはとても有効です。

古い角質を除去して、開いた毛穴を引き締めるといった美容的な嬉しい効果も期待出来るでしょう。
「イオン導入」とは、肌に良い作用をもつビタミン類などを 、たっぷりと肌に浸透させる事が出来るマシンによる治療です。

光や熱によってニキビ菌を殺菌したり、炎症を抑えるような効果があります。
「ニキビ注射」は、ビタミンCやビタミンB群など、肌に良い有効成分を配合した静脈注射です。

大人ニキビと消えないのまとめ

大人ニキビと消えないのまとめ

大人ニキビがなかなか消えない原因や対策についてご紹介しました。
ニキビがなかなか消えないと焦ってしまい、つい潰してしまいたくなる方も多いでしょう。

ニキビは、正しい方法で潰さなければ痕が残る原因になってしまいます。
大人ニキビの原因は人それぞれで、治し方もたくさんあるのです。

どの方法が自分に適しているのかを考えながら、根本的なニキビの改善に努めていきましょう。
自己判断ですぐに判断するのは避けて、スキンケアや摂取する栄養素を見直してみてください。