オールインワンジェルの選び方

仕事で毎日帰りが遅いと、寝る前に化粧水・乳液・美容液などを1つずつ使って、丁寧にお肌をケアするのは大変ですよね。
出来たらまとめてスキンケアが終わるオールインワンジェルを使って、早く寝てしまいたいと思う人も多いと思います。

今回は、そんな基礎化粧品を簡単な物に変えたいと思っている人のために、基本的な選び方から肌質や使用目的をふまえたオールインワンジェルの選び方までを詳しくご紹介しましょう。
多くの商品の中から、自分の肌に合うものを選びたい!と思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

オールインワンジェルのランキング

基本のオールインワンジェルの正しい選び方とは?

オールインワンジェルの正しい選び方の中で、大前提として重要になるのは次の3つです。

【保湿力や浸透力が高い】

スキンケアの基本は保湿です。
そのため、保湿や浸透性にこだわった成分や製造方法を採用しているメーカーのオールインワンジェルを選ぶと良いでしょう。

【使用感が軽い、肌なじみが良い】

使用感が軽く肌への吸収が早いオールインワンジェルは、いつまでもベタつくのが気になるといったストレスを抱えずにすみます。

【容量が多い商品】

毎日、朝・晩のスキンケアに使うオールインワンジェルは、容量が多めの物を選ぶと、買い替えの手間が少なくなります。

それでは次に、もう少し具体的なオールインワンジェルの選び方をご紹介していきましょう。

肌質や使用目的を考えたオールインワンジェルの選び方

基本的な保湿力や使い勝手などをおさえたら、次に重要になるのは「自分の肌をどうしたいのか」という事でしょう。
なぜなら、同じオールインワンジェルでも、肌質や使用目的によって自分に合う商品が変わってくるからです。

  • 「つややかなハリ美人を目指したい」と感じている人は、年齢肌の乾きに潤いを与えるオールインワンジェル。
  • 「冬でお肌のカサカサがやばい!」という人は、高保湿のオールインワンジェル。

上記のように、様々な特徴を持った商品が各メーカーから出されています。
そのため、保湿の内容にも目を向けて選ぶようにしましょう。

ちなみに、この記事の後半では、それぞれの肌質に合わせたオールインワンジェルの選び方を4つのタイプに分けて詳しくご紹介しています。
悩んだ時にはそちらを参考にしてみてください。

オールインワンジェルのメリット・デメリットと選び方

オールインワンジェルの使用中のメリット・デメリットは、知っておくだけでも、商品の選び方でのイメージが広がりやすくなります。

【メリット】

  • 1つあればスキンケアが完結する(時短・手間なし)
  • 外泊時も荷物がかさばらない
  • パック・マッサージ・化粧下地などの機能を兼ね備えた商品もある
  • アイテム毎に肌に触れないので、刺激が少ない

【デメリット】

  • 商品によっては、こするとポロポロしたカスが出てくる
  • 塗った直後にベタつきを感じるものが多い
  • 乾燥しやすい時期は保湿力に物足りなさを感じる事がある

特にデメリットの部分は、商品によって感じ方にかなり違いが出ます。
そのため、購入前には口コミを参考に選んだ方が良いでしょう。

4タイプ別オールインワンジェルの選び方

4タイプ別オールインワンジェルの選び方

では次に、先程までご紹介した選び方などを元に、4タイプに分けた詳細なオールインワンジェルの選び方をご説明します。

  • 自分のタイプを見極めるチェックリスト
  • タイプ別にチェックしたい成分
  • 人気や口コミを参考にしたオススメ商品(容量、価格、使用感など)

上記の項目についてまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。
ちなみに、オールラウンドタイプのオールインワンジェルを選びたい人は、肌に必要な保湿を補ってくれる乾燥肌向けの選び方をチェックしてみてましょう。

乾燥肌さんのオールインワンジェルの選び方

乾燥肌向けのオールインワンジェルの選び方は、以下のような項目に当てはまる人が選ぶと良いでしょう。

  • 秋冬は肌がガサガサしてしまう
  • スベスベのもっちり肌になりたい
  • しっとりとした使い心地が好き

成分としては、肌のバリア機能を高めるセラミドや保湿力をあげてくれるヒアルロン酸・コラーゲン・カンゾウエキスなどが入っているかをチェックしてください。

ちなみに、乾燥肌さんにオススメしたい商品は「メディプラスゲル」です。
1本180gで2ヶ月間も使える高コスパな点だけではなく、保湿に必要なセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンも全てしっかりと配合されています。

肌なじみの良い使用感も、人気が集まる理由になっているようです。

メディプラスゲル

【容量&価格(税込)データ】※2017年12月時点

1本あたり180g(約2ヶ月分):通常3,996円/定期初回2,996円/定期2回目以降3,796円

敏感肌さんのオールインワンジェルの選び方

敏感肌向けのオールインワンジェルの選び方は、以下のような項目に当てはまる人が選ぶと良いでしょう。

  • 添加物の多い化粧品は使いたくない
  • お肌のバリア機能を高めてほしい

成分としては、やはりお肌を外的刺激(紫外線、空気の乾燥)から守ってくれるセラミドや添加物を多く除去しているかをチェックしてください。

ちなみに、敏感肌さんにオススメしたい商品も乾燥肌と同じく「メディプラスゲル」。
なぜなら、他の人気オールインワンジェルよりも、圧倒的に多い7種類の無添加を実現しているからです。

【除外されている添加物】

・防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)
・石油系界面活性剤
・鉱物油
・アルコール
・合成着色料
・合成香料

>>メディプラスゲルの公式サイトを見てみる。

エイジングケア目的のオールインワンジェルの選び方

エイジングケア向けのオールインワンジェルの選び方は、以下のような項目に当てはまる人が選ぶと良いでしょう。

  • 年齢肌に潤いを与えて、ハリやツヤを実感したい
  • そろそろ年齢に合わせたスキンケアを試したい
  • 紫外線によるシミやそばかすを防ぎたい

成分としては、年齢とともに減っていく保湿力やバリア機能を高めてくれるセラミドを中心に配合されたものが良いでしょう。
ちなみに、エイジングケア目的の方にオススメしたい商品は「トリニティーラインのジェルクリームプレミアム」です。

基本のセラミドが多く配合されているだけではなく、小じわを目立たなくしてくれる濃密な美容成分が95%以上も配合されています。
ただし、使用感は重めなので、定期購入する前にお試しで1回購入してみた方が良いでしょう。

トリニティーラインのジェルクリームプレミアム

【容量&価格(税込)データ】※2017年12月時点

1個あたり50g(約1ヶ月弱分):通常4,104円/定期初回2,052円/定期2回目以降3,693円

美白目的のオールインワンジェルの選び方

美白目的のオールインワンジェルの選び方は、以下のような項目に当てはまる人が選ぶと良いでしょう。

  • シミやそばかすがこれ以上目立たないようにしたい
  • 紫外線のダメージが気になる

※今の肌より白くする、シミを消すといった効果はスキンケア商品にはありません。

成分としては、シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑えてくれるビタミンC誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸などが入っているかをチェックしてください。

ちなみに、美白目的の方にオススメしたい商品は「シミウスの薬用ホワイトニングリフトケアジェル」と「パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル」です。
どちらも薬用の医薬部外品のため、法的に認められた過剰なメラニン生成を抑制してくれる美白有効成分が配合されています。

ちなみに、シミウスは肌への吸収率が高くぷるっとした使用感。
パーフェクトワンはサラッとしていてベタつきが少ないようです。

【容量&価格(税込)データ】※2017年12月時点

シミウス1個あたり60g(約1ヶ月弱分):通常5,122円/定期4,098円
パーフェクトワン1個あたり75g(約1ヶ月分):通常4,860円/定期初回2,250円/定期2回目以降3,996円

オールインワンジェルの選び方のまとめ

オールインワンジェルの選び方のまとめ

オールインワンジェルは、今までの機能毎に使い分けていたアイテムとはまた違った特徴があります。
そのため、本当に満足出来るオールインワンジェルの選び方として、商品を選ぶ段階で成分・肌質・使用目的・使用感・コスパなどの様々な観点から比較をした方が良いでしょう。

今までは育児や仕事で肌のお手入れをサボりがちだった人も、自分に合ったジェルを使ってケアしてあげれば、鏡を見るのが楽しみになるはずです。

オールインワンジェルのランキング