大人ニキビと芯

大人ニキビの芯を見つけると、気になって潰したくなってしまう方も多いでしょう。
大人ニキビの芯を取ると、早く治るという話もよく聞きます。

しかし、実際に潰して悪化してしまった方も多いのではないでしょうか。
基本的に、大人ニキビができたら触れない・潰さない事が大切です。

大人ニキビの芯を無理に潰すと、跡になって残ってしまう事があるので気をつけなければなりません。
そして、大人ニキビを悪化させずに芯を対処するには、洗顔で毛穴をきれいにする事が大切です。

そこで今回は、大人ニキビの芯は潰しては大丈夫なのか?跡に残さない対処法をご紹介します。

大人ニキビランキング

芯がある大人ニキビの特徴

大人ニキビを潰すと出てくる白い芯は、毛穴に詰まった皮脂が酸化して硬くなった角栓(コメド)です。
肌の乾燥や生活習慣の乱れによって皮脂の過剰分泌が起きると、毛穴が皮脂や汚れで詰まりニキビの芯になってしまいます。

芯がただ詰まった状態の白ニキビや黒ニキビは、正しい洗顔とスキンケアで取り除く事ができるでしょう。
大人ニキビの炎症を起こすアクネ菌は、皮脂を好む特徴があるのです。

ですから、ニキビの芯を放置していると、アクネ菌が繁殖して炎症した赤ニキビや黄ニキビへも悪化してしまいます。
よく、白・黒ニキビの段階なら芯を取ればニキビを早く治す事が出来ると言われますよね。

これは、皮脂の塊である芯を取り除く事で、ニキビの炎症して悪化する事を予防出来るからです。

大人ニキビに芯が出来る原因

大人ニキビの芯が出来る原因は、古い角質・皮脂・汚れなどが毛穴に溜まる事です。
毛穴の中にこれらが溜まり毛穴が詰まってしまう事で、皮脂や汚れが外に排出されなくなります。

それらが酸化する事によって固くなり、ニキビの芯となるのです。
毛穴が詰まる原因には、乾燥・ホルモンバランスの乱れなどがあります。

ホルモンバランスが乱れると、大人ニキビの芯が出来る原因となるのです。
肌の乾燥やホルモンバランスが乱れないように、生活習慣を正すように心がけましょう。

芯が残る大人ニキビは潰しても大丈夫?

大人ニキビの芯を自分で取り除く事は、余計にニキビを悪化させたりニキビ跡になってしまう可能性があります。
手で芯を潰すと、手についた雑菌が毛穴に入り込み大人ニキビを悪化させる可能性が高いのです。

最近は、ニキビの芯を自分で取るための面皰圧子(めんぽうあっし)という道具があります。
このような道具を使っても、肌を傷つけて大人ニキビの悪化やニキビ跡に繋がる可能性が高くなる事は変わりません。

大人ニキビの芯は、つい潰したくなってしまいますが、セルフケアでは押し潰さないようにしてください。
また、大人ニキビの芯を取れたとしても、肌の状況は改善されません。

芯をとっても、また新しい大人ニキビが発生する事になるのです。
自分で大人ニキビの芯をとるのは難しいので、間違えて行うとクレーターだらけの肌になってしまう可能性もあるのでやめましょう。

芯がある大人ニキビは跡になりやすい

赤ニキビは表面が赤くなっており、炎症して腫れている状態です。
触ると激痛が走る事もあり、顔を動かすだけでズキズキと痛む事があります。

赤ニキビには芯が複数あるため、それらを自分で全て綺麗に取り除くのはとても難しいのです。
赤ニキビの芯を無理に出そうとすると、芯を出す刺激でニキビが悪化する事があります。

するとニキビ跡になってしまう事もあるので、強引に芯を出さないようにしてください。
赤ニキビからさらに状態が悪化したのが黄ニキビの場合は、面が黄色くなっており芯が取れそうな状態になっています。

黄ニキビも、肌表面に近い分の芯は取れても奥にある芯は取れずに、大人ニキビを繰り返す事になるのです。
無理に潰しても、芯を完全に取り除く事は難しいので、跡に残さないためにも潰さないようにしておきましょう。

芯がある大人ニキビの正しい対処法

芯がある大人ニキビの正しい対処法

大人ニキビの初期段階のポツッとした白ニキビの場合に限り、芯を押し出して取り除いても問題ありません。
白ニキビは大人ニキビの初期段階なので、この時点でしっかりケアをしておけば後に悪化するのを防ぐ事ができます。

しかし、無理にニキビの芯を押し出すと、傷や跡が残るだけなので気をつけましょう。
また皮膚の奥の方で炎症が起こっているしこりニキビの場合は、芯は見えないため潰す事は難しいのです。

無理に押し出そうとするとニキビ跡になってしまう危険性があるので、皮膚科を受診する事をオススメします。

大人ニキビの芯の正しい出し方

初期段階の白ニキビの場合は、芯を出して悪化を防ぐ事が出来ます。
正しい芯の押し出し方を覚えておきましょう。

まず、洗顔をして肌を清潔にし、蒸しタオルなどで毛穴を十分に開かせておきます。
清潔な手でニキビの芯を押し出して、その後はマキロンなどの消毒液で毛穴を消毒しましょう。

こうする事で、更なる大人ニキビの炎症を抑える事ができます。
消毒をしたあとは、化粧水などでしっかり保湿しケアする事を忘れずに行いましょう。

使用する化粧水は出来るだけ毛穴を引き締めてくれる効果のあるタイプがオススメ。
化粧水のあとは、乳液で水分を逃さないように保湿する事が大事です。

炎症を抑えるスキンケアで芯がある大人ニキビを対処する

芯がある大人ニキビは、炎症を抑えるスキンケアで治しましょう。
ニキビの芯を改善するための洗顔料でオススメなのは、「ルナメアAC」です。

ファイバースクラブとクレイ(泥)で肌を傷つけずに、毛穴を洗浄してくれます。
弾力のある泡で肌を傷つけずに、肌のうるおいバランスを保つ効果があるのです。

ルナメアACは、ニキビの芯の原因である毛穴詰まりでできた白ニキビのケアに最適のスキンケアと言えるでしょう。
洗顔料(ファイバーフォーム)は、毛穴よりも細いスクラブとフランス産のクレイ(泥)で、肌を傷つける事なく毛穴につまった皮脂や汚れを取り除きます。

もちろん合成界面活性剤不使用で、殺菌剤不使用の安心出来るスキンケアです。
洗顔による毛穴の洗浄がポイントになるニキビの芯の改善には最適と言えます。

ビタミン・ミネラルを摂取をして芯がある大人ニキビを対処する

芯のある大人ニキビには、ビタミンB2・ビタミンB6を積極的に摂取する事が大切です。
ビタミンB2は、脂質の代謝を活発にして、皮脂の分泌を適正にコントロールする働きがあります。

注意点としては、ビタミンは毎日しっかり摂取しなければならないという事です。
ビタミンB2は、サバ、ししゃも、うなぎ、しじみ、納豆、チーズ、牛乳、卵、レバー、ほうれん草などに豊富に含まれる栄養素。

ビタミンB6は、たんぱく質の代謝に関係しています。
タンパク質の代謝は、体の免疫バランスを調整したり、髪の毛や肌をつくるのに影響する栄養素。

肌のターンオーバーのサイクルに関わっているため、ビタミンB6が不足すると正しい周期でターンオーバーが出来なくなるのです。
ビタミンB6は、牛・豚・鶏などのレバー、カツオ・マグロなど魚の赤身、バナナ・アボカド・にんにくなどに多くあります。

いつもビタミンB2・B6の多い食材を積極的に摂取しましょう。

芯がある大人ニキビ・皮膚科での対処法

芯がある大人ニキビ・皮膚科での対処法

大人ニキビは大抵の場合は自然治癒できますが、なかなか治らない場合は粉瘤やガンの可能性もあります。
自力で治す事は一度やめて、皮膚科を受診しましょう。

皮膚科での大人ニキビ治療は、重症・軽症にかかわらず、ニキビを早く治し跡を残さないために有効です。
皮膚科では、芯のある大人ニキビの治療法として、塗り薬による抗生物質が主流となります。

芯がある炎症した赤ニキビの場合、アクネ菌を殺菌する抗生物質が処方されるでしょう。
大人ニキビの炎症が重度の場合は、経口摂取で抗生物質を投与します。

その他、ビタミン不足が芯のある大人ニキビの原因でもあるので、ビタミン剤が出される事もあるでしょう。
ビタミンB郡やビタミンCは、皮脂の分泌量を調節したり皮膚や粘膜を健全に保つなどの働きをするのに効果的です。

芯がない大人ニキビの特徴

芯がない大人ニキビの特徴

大人ニキビには、必ず炎症の元となる芯がありますので「芯がない」という事は、「芯が見えない」という事です。
皮膚表面ではなく、奥深くに芯が眠っているという事になります。

肌の深い場所にできてしまった芯は、肌の中に溜まった膿やもぐりこんだ角栓が原因です。
他の大人ニキビとは違って、肌の内部に毛穴を塞ぐ皮脂が溜まり芯が奥深くで根付いてしまっています。

症状としては、肌が大きくもり上がり赤く炎症を起こして痛みや熱を帯びる事が特徴です。
出来始めの段階でも、触れると痛みを伴います。

皮膚層の深い場所で炎症を起こしているので悪化する事が多く、一時的に改善しても再発する事もある厄介なニキビです。
肌が色素沈着や慢性的に炎症を起こしたままになりやすく、跡も残るので注意が必要になります。

芯がない大人ニキビは潰しても大丈夫?

肌表面が赤く、しこりのように腫れあがっている大人ニキビは、芯が見えません。
このしこりのある大人ニキビは、肌の奥の方で炎症が起きています。

大人ニキビの芯は奥にあるため、自分で潰して取り出す事は不可能です。
肌のターンオーバーを促進して治すという手もありますが、時間がかかるためオススメできません。

芯がないしこりの大人ニキビを早く治すには、皮膚科に行くのが一番です。
皮膚科では大人ニキビの治療として面ぽう圧出という施術を行います。

肌の表面から奥にある芯の全てを取り除く施術で、わずか10分程度の施術です。
痛みも少なく、大人ニキビ跡が残る可能性も極めて低いと言われています。

芯のない大人ニキビを治療するには、皮膚科に行って治療を受けましょう。

芯がない大人ニキビの対処法

芯がない大人ニキビの対処法

芯のない大人ニキビが出来てしまったら、皮膚科に行く事が一番です。
無理に潰したりピンセットなどで芯を出すと跡も残り、雑菌が侵入してさらに炎症させてしまう原因になります。

急がずに、根気強くニキビの完治を待ちましょう。
その間は、スキンケアや日常生活でも出来るだけ患部に触れず、炎症を止める薬や軟膏などを塗って対応する事をオススメします。

肌が汚れている状態だと、大人ニキビが化膿して血膿が溜まっていくので、正しい洗顔で清潔な肌を保ちましょう。
痛いニキビはストレスも溜まりますが、時間をかければ治りますので、気長に持つようにしてください。

生活習慣を正して芯のない大人ニキビを対処する

芯の深いニキビは肌表面だけでなく、生活リズム、体内環境、自律神経が乱れると出来やすくなります。
心身が疲れている時、多忙な時期に大人ニキビができてしまうのは、内側の健康が体のターンオーバーに大きく影響しているからです。

適度な運動を行って代謝を上げたり、バランスの良い食事を摂取する事、規則正しい生活リズムを送る事が大人ニキビの改善に繋がります。
特に、食事と睡眠時間は疎かにしてしまう方が多いです。

大人ニキビと栄養は、肌の修復を行う事に大きく関係しています。
出来るだけ、生活習慣を正す事を意識するようにしましょう。

保湿をして芯のない大人ニキビを対処する

芯のない大人ニキビは、保湿力のあるスキンケアで対処しましょう。
洗顔した後は肌が乾燥し始めますので、しっかりと化粧水で保湿します。

化粧水は、ヒアルロン酸やグリセリンといった保湿力の高い成分が入っている化粧水がオススメです。
化粧水を使う時には、手のひらで肌に浸透させるような感じでつけましょう。

コットンを使うと肌の摩擦や刺激になり、大人ニキビを悪化させる可能性がありますので避けたほうが良いと言えます。
また、洗顔直後から肌は乾燥し始めますので、早めに化粧水で肌を保湿する事が大事です。

化粧水で肌を整えた後には、保湿能力の高い保湿クリームで潤いを閉じこめます。
ほとんどの保湿クリームは適度な油分を含み、洗顔した肌の蒸発した水分を防ぐのです。

乾燥が気になると多く塗ってしまいがちですが、自分の肌の状態や大人ニキビの炎症の状態をよく見て保湿しましょう。

大人ニキビと芯のまとめ

大人ニキビと芯のまとめ

今回は、大人ニキビの芯は潰しても大丈夫?跡に残さない対処法をご紹介しました。
大人ニキビの芯とは、毛穴に詰まった皮脂が酸化して硬くなった角栓(コメド)です。

大人ニキビの芯を無理に潰すと、跡になって残ってしまう事があるので自分では潰さないようにしましょう。
大人ニキビの初期段階のポツッとした白ニキビだけは、芯を押し出して取り除いても大丈夫です。

白ニキビは、大人ニキビの初期段階なので、清潔な手で正しく取り除きましょう。
芯の見えない大人ニキビを早く治すには、皮膚科の治療をオススメします。

皮膚科では、面ぽう圧出という施術により、肌の表面から奥にある芯の全てを取り除く事が出来るのです。
ただし、大人ニキビの芯を取り出しだからと言って、もう大人ニキビが出来なくなるというワケではありません。

大人ニキビを根本的に解決するためには、洗顔と正しいスキンケア生活習慣を正す事が基本になります。
これをいつも忘れないように、大人ニキビ対策を頑張っていきましょう!

大人ニキビランキング