ホワイトニングのリスク

歯をより白く出来る可能性のあるホワイトニングは、清潔感だけでなく若々しさを演出する効果も期待出来ます。
しかし、ホワイトニングにはメリットばかりではなくリスクもあるのです。

例えば、ホワイトニングの施術後歯が思うように白くならない、知覚過敏の症状が出るといった現象が起こる事があります。
今回は、こうしたホワイトニングのリスクについて学んでいきましょう。

リスクを軽減するための対策もあるので、そちらも参考にしてください。

オーラルケアのランキング

ホワイトニングのリスク

ここでご紹介するのは、ホワイトニングを受ける人が抱えるリスクです。
歯が白くなるというメリットばかりに惹かれリスクについて考えずにいると、いざホワイトニングを受けた時思わぬトラブルが起きる恐れがあります。

歯科医院でカウンセリングを受けると、ホワイトニングのリスクに関する説明がなされる事が多いのです。
しかし、予備知識としてリスクについて知っておくと、歯科医院で受ける説明がより深く理解出来る可能性があります。

そのため、ホワイトニングを受ける事を検討している人は、以下でご紹介するようなリスクがある事を理解しておきましょう。

歯を削らないので虫歯治療やクリーニングが必要

歯が綺麗な状態でないと、ホワイトニングを受ける事で痛みが生じたり、歯が白くなるという効果が得られなかったりするリスクがあります。
例えば、虫歯がある人には、ホワイトニングを受けるのをオススメ出来ません。

虫歯がある状態でホワイトニングをしてしまうと、患部に薬剤が染みて知覚過敏の症状が出る恐れがあるためです。
ホワイトニングでは歯を削るという作業はしないので、虫歯を改善させる効果は期待出来ません。

また、着色汚れや歯垢、歯石がある状態も、それらが薬剤の浸透を妨げる恐れがある事からホワイトニングに適していないのです。
着色汚れについては、色が濃い場合ホワイトニングでもあまり改善されない可能性があります。

これらのような事から、ホワイトニングを受けるのであれば、先に虫歯治療やクリーニングを済ませておく必要があるのです。

医療機関でないとトラブルに繋がる?

施術を受けられる機関には、歯科医院の他にホワイトニングサロンと呼ばれる施設があるのです。
しかし、このホワイトニングサロンのほとんどは医療機関ではありません。

そうであるにも関わらず、医療機関でしか扱えない効き目の強い薬剤が使われる事があります。
専門知識を持つ歯医者さんがいない所でそのような薬剤が使われると、口内トラブルが起こるリスクがあるのです。

また、ホームホワイトニングをする場合も注意してください。
例えば、ホームホワイトニング用のキットを持つ人が、自分で海外から薬剤を取り寄せそれをホームホワイトニングに用いるとします。

そういった事をすると、歯茎の炎症を起こしたり知覚過敏になったりするリスクがあるのです。
せっかく歯科医院でマウスピースを作ってもらっても、自己判断で本来のルートから外れた行動をとる事でトラブルが起こる事があります。

そのため、オフィスホワイトニングを選ぶにしてもホームホワイトニングを選ぶにしても、医療機関である歯科医院で施術やアドバイスを受けるのが好ましいのです。

ホワイトニングを受けた後に問題が生じるリスク

ホワイトニングの施術を受けた後に、歯や歯茎に問題が生じる事があるのです。
例えば、施術を受けた部分が上手く白くならないという事が起こり得ます。

この場合、エナメル質の下にある象牙質(ぞうげしつ)という部分が色素沈着を起こしている可能性があります。
このようなケースでは、ホワイトニング効果は出にくいと言えるでしょう。

象牙質の色素沈着は、テトラサイクリン系の抗生物質の影響で起こる事があります。
胎児期から8歳頃までに、このような抗生物質の成分が身体に入ると、象牙質にまで色が付いてしまう恐れがあるのです。

象牙質の着色に対処したい場合は、歯を削って薄い板を貼り付けるラミネートベニアなどの手段を用いれば、歯の見た目が改善される可能性も期待出来ます。
他には、ホワイトニングの薬剤の作用で歯茎の炎症や象牙質の露出、知覚過敏に繋がるリスクもあるのです。

しかし、これらは施術時の歯医者さんの配慮によって防げるケースが多く、また万が一歯茎に薬剤が付いて炎症を起こしたとしても数日で治まる事が多いでしょう。

ホワイトニングは歯にダメージを与える?

オフィスホワイトニングで用いられる薬剤は、ホームホワイトニングの薬剤より効果が強い傾向があります。
しかし、それらのほとんどは、歯のエナメル質を著しく傷めるほど強い薬剤ではありません。

そのため、オフィスホワイトニングの薬剤が歯にダメージを与えるリスクは低いのです。
ただ、薬剤にはホワイトニングの過程として、エナメル質の一部を分解する作用はあります。

それでも、エナメル質を完全に破壊してしまうわけではないので安心してください。
一方、リスクへの注意が必要なのは、歯に亀裂や象牙質の露出、また虫歯が見られるケースです。

この状態で、ホワイトニングの薬剤を塗ってしまうと、歯に痛みが生じる可能性があります。
特に、虫歯はホワイトニングの前に治療を済ませておきましょう。

ホワイトニング効果が持続しない

コーヒーや紅茶など色の濃い飲食物を好む人や日常的に喫煙をする人は、ホワイトニング効果が持続しないというリスクがあります。
ホワイトニングを受けたからと言ってオーラルケアを疎かにしていると、いつの間にか着色汚れが出来ていたという事があり得るのです。

もしそうなってしまったら、ホワイトニングの施術をまた受け直さなくてはならなくなる可能性があります。
ホワイトニング効果を長持ちさせたいのであれば、施術直後に色の濃いものを口にしない、歯磨きを丁寧に行うといった努力が必要です。

歯磨き粉にも使われるフッ素がリスクにつながる

歯科医院では虫歯を予防するために、フッ素コーティングをしてもらえる事があるのです。
フッ素は市販の歯磨き粉にも含まれている事があり、虫歯になりかかっている歯を修復する効果が期待出来ます。

しかし、そのフッ素にホワイトニングの効果を下げるリスクがあるのです。
これは、歯がフッ素で覆われている事で、ホワイトニングの薬剤の浸透が妨げられる事によります。

そのため、ホワイトニングの直前は、フッ素コーティングを受けるのを避けましょう。

ホワイトニングに使う光のリスク

歯科医院では、光の照射によってホワイトニングが行われる事が多いのです。
使用されるライトにはいくつか種類があるのですが、紫外線を当てる場合は高いリスクがあります。

紫外線を当てる事で、このようなデメリットが生じる事があるのです。

  • 歯茎や口まわりの皮膚が色素沈着を起こす
  • 歯の神経が傷付く

歯の神経は熱に非常に弱いため、強い熱を持つ紫外線を当て続けるのは好ましくありません。
心配な人は施術に使用されるライトのタイプが紫外線なのか、他のものなのかを確認しましょう。

ホームホワイトニングでは白くならない部分がある

好きな時に好きな事をしながらホワイトニングが出来るという魅力から、オフィスホワイトニングでなくホームホワイトニングを選ぶ人も多いと言えます。
ホームホワイトニングを選択する場合、場所によっては歯の色が明るくならないリスクがあるという事を知っておきましょう。

具体的には、インプラントなど人工歯の部分には、ホワイトニング効果が出ない可能性があるのです。
人工歯がない場合も、ホワイトニング効果の出方には個人差がある事から、焦らずホワイトニングを続けるのをオススメします。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングも効果に個人差がありますが、ホームホワイトニングにおいても同様です。

ホワイトニング自体がリスクとなるケース

ホワイトニング自体がリスクとなるケース

それなりのリスクがあるホワイトニングですが、多くの場合歯医者さんの説明やアドバイスに従えばリスクに対処しながら歯を白くしていける可能性があります。
一方、ホワイトニングを受ける事自体が危険であるケースもあるのです。

歯の状態や身体の状態によっては、ホワイトニングを受ける事自体がリスクとなります。
具体的に、どのような場合においてホワイトニングが危険なのかを、こちらで学んでいきましょう。

万が一、ホワイトニングが受けられなくても、代わりの手段で歯を白く出来る可能性があるので、そういったケースにも触れていきます。

妊娠中または授乳中

妊娠している人や妊娠の可能性がある人は、ホワイトニングをするのを控えてください。
これは妊婦さんや胎児にリスクがあるためです。

多くの人が受けているホワイトニングですが、実は妊娠中の女性やお腹の中の赤ちゃんへの安全性が十分に保障されていません。
授乳中の人においても同様です。

お母さんや赤ちゃんへの安全性に関する研究が進むのを待つしかありません。
安全性の有無がハッキリしない限り、妊娠中・授乳中の人はホワイトニングを控えましょう。

無カタラーゼ症にかかっている

ホワイトニングの薬剤には、歯を白くする働きを持つ過酸化水素が使われています。
人の身体には、この過酸化水素を分解するカタラーゼという酵素があるのですが、このカタラーゼが不足する無カタラーゼ症という病気にかかる人もいるのです。

この無カタラーゼ症にかかっている人は、ホワイトニングを受ける事は出来ません。
無カタラーゼ症の人は、ホワイトニングの薬剤に含まれる過酸化水素が分解できないからです。

そのため、薬剤が体内に入ると、過酸化水素がそのまま残ってしまうというリスクが考えれます。

神経が死んで歯が変色している

神経が死んで変色してしまった歯がある場合、他の歯と同じようにホワイトニングを受けても効果が得られないというリスクがあります。
神経が死んでしまったらホワイトニングが絶対に受けられないというわけではありませんが、必ず事前に歯医者さんに相談してください。

歯医者さんによっては、神経が死んでしまった歯でも白くなるような、ホワイトニングに代わる施術をしてくれる可能性があるのです。
具体例を挙げるとインターナルブリーチと呼ばれる、歯の内部に薬剤を注入し歯を漂白する施術があります。

歯に詰め物がある

虫歯治療などで歯に詰め物が施されている場合、その部分はホワイトニング効果が得られないというリスクがあります。
これは詰め物自体に、もともと薄く色が付いている事があるためです。

こうした詰め物本来の色は、ホワイトニングを受けても漂白出来ない傾向があります。
詰め物があるだけで、ホワイトニングの施術自体が受けられないという事はありません。

しかし、その部分の色は残ってしまう可能性が高いという事を認識しておきましょう。

ホワイトニングのリスクを減らすためにしておくべき対策

ホワイトニングのリスクを減らすためにしておくべき対策

歯の色がホワイトニングで明るくなっても、それで安心し過ぎるとホワイトニング効果が短期間で失われてしまうリスクがあるのです。
ここでは、ホワイトニング効果が損なわれるリスクを下げるための対策をご紹介します。

歯磨きを丁寧に行う事も大切ですが、その他にも対策はあるのです。
日頃から自分でもオーラルケアに注意し、必要に応じて歯科医院に行ってメンテナンスを受けるのをオススメします。

場合によっては、追加でホワイトニングの施術を受けるのが必要となる事もあるのです。

色の濃いものを口にした後はうがいをする

コーヒーやカレーなど色の濃い飲食物を好む人は着色汚れに注意してください。
ホワイトニングで歯が白くなっても、こうしたものを日常的に口にしていると、知らない内にホワイトニング効果が失われるリスクがあるためです。

色の濃いものを摂取した後は、歯磨きまでは不可能だとしても、うがいをする事をオススメします。
そうする事で、着色汚れが発生するのを避けられる可能性があるのです。

うがいであれば、外食をした時でも洗面所に行けばすぐに出来ます。

タッチアップホワイトニングを受ける

ホワイトニングを受けた後、再び歯の着色が気になったら、タッチアップホワイトニングを受けてみましょう。
タッチアップホワイトニングとは、1度ホワイトニングを受けた人が追加で受ける事の出来るホワイトニングです。

オーラルケアの仕方よっては、ホワイトニングの効果がすぐに落ちてしまうリスクがあります。
そうした状況に陥った時のために、タッチアップホワイトニングを追加で受けるという事も視野に入れておきましょう。

また、歯科医院によってはホワイトニングのオプションメニューとして、色が元に戻るのを防ぐ施術をしてくれる所もあります。
自分の行く歯科医院に、そういったオプションがあるのかどうかを確認してみましょう。

定期的に検診を受ける

ホワイトニングを受けたのであれば、歯科医院で定期検診を受けるのもオススメです。
検診で歯の状態をチェックしてもらえば、着色汚れが再び付いてしまっていても取り除いてもらえる可能性があります。

付着してまもない着色汚れであれば、歯科医院でのクリーニングですぐに取り除ける事があるのです。
また、定期検診を受ける事は虫歯や歯周病の発生、進行のリスクを下げる事に繋がる可能性もあります。

ホワイトニング効果の持続だけでなく、歯や歯茎の健康のためにも定期検診は受けておきましょう。

ホワイトニングとリスクのまとめ

ホワイトニングとリスクのまとめ

歯を削る事のないホワイトニングでも、薬剤や照射する光の作用によって後で歯や歯茎に問題が起こるリスクがあります。
しかし、こうしたトラブルは、ホワイトニングサロンでなく、医療機関である歯科医院へ行くようにしましょう。

そして、歯医者さんの説明をしっかり聞く事で、避けられる可能性が高いのです。
しかし、自分でもオーラルケアに注意を向けていないと、ホワイトニング効果がすぐに損なわれてしまう恐れがあります。

歯に汚れを付けない事を日頃から意識し、定期検診や追加での施術も取り入れながら、歯の白さを出来るだけ長くキープしていきましょう。

オーラルケアのランキング