大人ニキビの治療

大人ニキビが出来る原因は、不規則な生活やストレスなど様々です。
特に女性は、生理周期に合わせてホルモンバランスが乱れて、ニキビが発生する事もあります。

なるべく早く自力で大人ニキビを治すには、生活習慣や大人ニキビ対策のスキンケアに切り替える事。
どうしても大人ニキビを自力で治せない場合は、皮膚科での治療も効果的です。

皮膚科での大人ニキビ治療は、飲み薬や塗り薬をはじめ、特別な機器を用いる事もあります。
そこで今回は、大人ニキビを自分で治療する方法と皮膚科での治療法をご紹介しましょう。

皮膚科へ通うための期間や治療法、予算も含めて検討してみてください。

大人ニキビランキング

大人ニキビの治療期間はどれくらい?

ニキビの初期である白ニキビは、毛穴に詰まった皮脂の芯がありますが、炎症はなく膿もありません。
白ニキビの中でも芯が浅く小さいものは、翌日から3日間で自然に消えてしまうのが一般的です。

皮脂が毛穴の中に詰まって老廃物が酸化した黒ニキビは、1週間ほどで治るとされています。
保湿や睡眠の確保、ビタミンAなどでターンオーバーを促進するようにしましょう。

ビタミンB6を摂取して新陳代謝を高めると、ターンオーバーをサポートしてくれます。
炎症を起こしている赤ニキビは治るのに1ヶ月ほどかかりますが、無理に潰すと跡に残るので避けましょう。

赤ニキビの炎症を抑えるには、アクネ菌を抑える事が一番です。
殺菌成分であるサリチル酸やグリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分を配合した薬、スキンケア製品で治す事が出来ます。

そして、膿のある黄ニキビが治るには3ヶ月ほどかかりますので、根気よく治療していく必要があります。

大人ニキビを自分で治療する方法

大人ニキビを自分で治療する方法

大人ニキビを自分で治療するためには、スキンケアで毛穴をキレイに洗浄してあげる事が大切です。
そして、洗顔後は保湿をして余分な皮脂分泌を防ぐ事で改善出来ます。

大人ニキビは、毛穴に余分な皮脂や汚れが詰まる事で出来るのです。
よって、毛穴をキレイに洗浄してあげれば大人ニキビは自然と治っていきます。

しかし、必要な皮脂を残しながら毛穴の汚れをしっかり落とす必要がありますので、適切な洗顔料を選びましょう。
必要な皮脂まで落としてしまうと肌が乾燥を起こし、逆にニキビができやすい肌になってしまいます。

大人ニキビを改善するためには、毛穴をキレイにするだけではなく洗浄後にうるおいを与えて保湿する事が大切です。
肌は乾燥すると、外部刺激から肌を守ろうとバリア機能が働いて皮脂を過剰に分泌し、余分な皮脂が詰まり大人ニキビが発生します。

きちんと保湿をしてあげる事で、肌のバリア機能が高まり、大人ニキビを防ぐのです。

大人ニキビは食生活を正して治療する

食生活と大人ニキビは大いに関わっています。
脂質と糖質は大人ニキビのできやすい体内環境を作り出してしまうので、避けたほうが良いでしょう。

脂質と糖質は、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりの原因になるのです。
コンビニ弁当やジャンクフード、スナック菓子は、大人ニキビの原因となるので食べ過ぎには注意しましょう。

ニキビ予防には、ビタミン類・ミネラル・食物繊維の3つを積極的に摂取すると良いのです。
ビタミンはターンオーバー促進、皮脂の過剰分泌を抑制してくれます。

ミネラルは、ホルモンバランスの調整・抗酸化作用・代謝のサポートをしてくれるので、意識して摂取しましょう。
外食やコンビニ弁当が多い人は、サプリメントを併用するのもオススメです。

大人ニキビはホルモンバランスを正して治療する

大人ニキビと関連が深いのは、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロン、そして男性ホルモンのアンドロゲンです。
男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあり、逆にエストロゲンには皮脂を抑える働きや肌本来のバリア機能を強化させる性質があります。

男性ホルモンは大人ニキビを発生、悪化させる方向に働き、女性ホルモン(エストロゲン)はニキビを予防、改善する方向に働くのです。
これらのホルモンのバランスが取れていると、大人ニキビが出来にくい肌になるでしょう。

ホルモンが理想的なバランスを保っていれば、バリア機能が充分に働く上、皮脂分泌量もベストの状態を維持出来ます。
実際に、妊娠安定期に大人ニキビがキレイになる事が多いのですが、これは女性ホルモンの量が大幅に増えたからと言えます。

大人ニキビはスキンケアを見直して治療する

大人ニキビは、ニキビに効果的な成分が配合されたスキンケアを取り入れてみましょう。
例えばビタミンC誘導体は、余分な皮脂を抑えニキビ予防に役立ちます。

また、美白作用もあるのでシミになったニキビ跡にも有効です。
グリチルリチンに酸は炎症を抑える働きがあり、甘草から抽出されるため肌に優しい成分。

思春期ニキビ薬に配合されている「イオウ」は、20代以降の大人ニキビには肌を乾燥させるため避けましょう。
その他、エタノールや油分の一部は、ニキビを刺激して悪化させる事があります。

大人ニキビのスキンケアには、ノンコメドジェニックまたはオイルフリー、アルコールフリーのものを選ぶと良いでしょう。
ノンコメドジェニックやコメドテスト済という表記のものは、ニキビをつくりやすい成分を使っていないのでオススメです。

大人ニキビは市販の治療薬で治す

一般的に大人ニキビに効くとされている市販薬は、すでに出来ている大人ニキビを早く治す効果があります。
アクネ菌が増える事が原因でできた赤ニキビや、黄ニキビなどの「炎症ニキビ」を治すために効果的です。

大人ニキビが繰り返し出来るのを予防するためには、市販薬とは別にスキンケアでしっかりと肌を健康な状態にしておく必要があります。
大人ニキビは、放置したりケア方法を間違えたりすると、シミやニキビ跡が残ってしまう事もあるので早めに対処しましょう。

大人ニキビにオススメの治療薬の選び方

大人ニキビが赤くなっていたり腫れている場合は、抗炎作用の含まれた塗り薬を使ってみましょう。
抗炎症成分には、コルチゾンなどのステロイド系と、イブプロフェンなどの非ステロイド系があります。

抗炎作用は、既に炎症が起こっている部分に対して有効です。
まだ炎症が起こる前の軽度のニキビに使うと、副作用が起こるリスクが高くなるので気をつけましょう。

大人ニキビは、アクネ菌という菌の増殖が原因で悪化するため、抗菌・殺菌作用のある成分が配合された薬もオススメです。
市販薬を購入する際には、抗炎・抗菌作用が含まれているかどうかを確認してください。

赤く炎症を起こしてしまっているものや、黄色く膿んでしまっている場合には、薬が一番効果的です。
ただし、大人ニキビを予防したりニキビ跡を治す効果はありません。

大人ニキビの予防や改善には、薬ではなくビタミンの摂取を取り入れましょう。

男性の大人ニキビはどう治療する?

男性の大人ニキビはどう治療するか

男性の大人ニキビは、ホルモンバランスの崩れが顕著に現れるフェイスラインに出来る事が多いもの。
男性は髭を剃るため、フェイスラインの肌は刺激を多く受け乾燥しやすい部分なのです。

生活習慣はもちろん、髭剃りの後は保湿力のある化粧水と乳液でのケアも怠らないようにしましょう。
また、暴飲暴食を繰り返すと、口回りに大人ニキビができやすくなります。

飲みすぎや食べ過ぎによる胃腸機能の低下は、ホルモンバランスが乱れる原因です。
とは言え、お酒やラーメンなど、大好きなものを我慢しすぎては逆にストレスが溜まってしまいます。

その分、なるべく緑黄色野菜や果物を意識して摂取するよう心がけましょう。
身体に出来るニキビに関しては、自分ではケアもしにくいため、気になるようであれば専門的な治療をオススメします。

病院での大人ニキビ治療法

病院での大人ニキビ治療法

病院でのニキビ治療は、ニキビの種類や状態、体質や生活習慣などにより異なります。
症状に合わせて長期的な治療計画を立て、いくつかの処置を組み合わせて治療する場合もあるでしょう。

ニキビ治療の費用は、保険が適用された場合は3割負担です。
治療薬以外にも、初診料や再診料等がかかりますので、不明な点は病院に質問して適切な治療を進めていきましょう。

皮膚科での大人ニキビ治療法

皮膚科での大人ニキビ治療法

皮膚科で受けられる大人ニキビの主な治療法には、塗り薬や内服薬を用いたものがあります。
アクネ菌を殺して繁殖や炎症を抑えたり、皮脂量のコントロールをしたりする目的で使われるのです。

その他、面皰圧出は専用器具を使い毛穴に詰まった皮脂や角質などを取り除く方法です。
ケミカルピーリングは、酸を含む薬剤を塗りターンオーバーを促します。

イオン導入は、肌に微弱電流を流しビタミンC誘導体や保湿成分をしっかりと浸透させる方法です。
ホルモン治療は、ホルモンバランスの乱れを調整し過剰な皮脂分泌を抑えます。

レーザー治療は、レーザー光線の力で原因菌を殺菌したり、毛穴に詰まった皮脂を溶かす方法です。
皮脂分泌を抑えたり、ターンオーバーを促したりする効果もあります。

医師に大人ニキビの症状を診断してもらい、適切な方法で対処しましょう。

皮膚科で処方される大人ニキビの治療薬は?

大人ニキビを素早く治すためには、スキンケアよりも医療機関での治療を行ったほうが有効と言えます。
特に赤く炎症を起こしている場合などは、早めに皮膚科を受診したほうが良いのです。

皮膚科の治療には、外用薬による治療と外用薬を使わない治療があります。
代表的な外用薬は、抗生物質やレチノイド製剤、硫黄製剤、漢方など。

外用薬を使わない治療方としては、ホルモン治療やピーリング、点滴、光治療など最新の大人ニキビ治療が効果的です。
医療機関でのニキビ治療を検討されている方は、まず医師に相談してみる事をオススメします。

大人ニキビの治療の費用は?

保険が使える大人ニキビの治療は、1回あたり数百円~数千円程度で済みます。
保険適用となる治療は、塗り薬ではディフェリンゲル、アクアチムクリーム、ダラシンTゲルなど。

内服薬ではルリッド、ミノマイシン、クラリス、ビタミン剤、漢方、面皰圧出などが挙げられます。
しかし、保険が使えないレーザーなどの治療になると、1回あたり2万円程度かかるでしょう。

保険が使えない治療は、塗り薬(トレチノイン)、エストロゲンゲル(ホルモン治療)など。
ケミカルピーリングやレーザー治療、イオン導入も保険適用外です。

数回分をセットにしたり、別の治療法と組み合わせたりする事で料金を抑えているクリニックもあります。
気になるクリニックの公式サイトや口コミなどを調べてみましょう。

ケミカルピーリングで大人ニキビを治療する

ケミカルピーリングは、毛穴に詰まった角栓や汚れ、古くなった角質層を溶かす方法です。
用いられる薬剤はサリチル酸AHA(アルファヒドロキシ酸、フルーツ酸)といった酸性の薬品になります。

不要になった角質を除去する事で、新しく健康な皮膚が生成される肌環境が整うのです。
ただし、皮膚に与える刺激が強いため、肌が弱い方にはオススメできません。

特に赤く腫れたニキビ、膿んだニキビなど炎症を起こしている部位がある場合、ピーリングは控えるべきです。
比較的、肌の強い体質の方や男性が初期のニキビを除去するために用いるのが効果的と考えます。

ケミカルピーリングにおいて、効果と安全性のバランスを取るためには、細かなpH調整が大切です。
厚生労働省は、ピーリングを受ける場合は必ず医療機関で行うのが望ましいといった通達を出しています。

大人ニキビ肌の方がピーリングを受けるのであれば、必ず皮膚科クリニックを受診して相談するようにしてください。

イオン導入で大人ニキビを治療する

イオン導入は、主にビタミンC(L-アスコルビン酸)をはじめとした美肌成分を肌に塗布して、そこに微弱電流を流すという治療法です。
電流によって肌表面の成分がイオン化すると、肌の内部に浸透しやすくなりより高い効果を発揮します。

美容皮膚科の得意分野ですが、ニキビの予防と治療にも一定の効果が期待出来るでしょう。
ビタミンCには美白効果のほか、皮脂の過剰分泌を抑える作用があるため、肌に浸透させる事で毛穴詰まりが起きなくなります。

美白作用とコラーゲンの合成促進作用によって、ニキビ跡の凹凸を軽減する効果もあるのです。
しかし、大人ニキビの症状緩和や悪化予防のためであり、ビタミンCのイオン導入だけで大人ニキビが出来なくなるわけではありません。

ビタミンCに副作用がないため、施術そのものに全く危険がないのがメリットです。
ただし、浸透効率を向上させるためにピーリングとセットで実施する施設が多いため、炎症ニキビがある人には不向きと言えます。

レーザーで大人ニキビを治療する

最近になって医療への応用が進められているLED光は、最新の大人ニキビ治療法です。
青いLED光には、アクネ菌を殺菌する効果があるとされています。

アクネ菌は強い青色光を浴び続けると、強力に酸化されて死滅してしまうのです。
また青色光には、皮脂分泌を低減させる作用も認められているため、ニキビの原因菌を殺菌しながら既存のニキビが悪化するのを防ぐ効果も期待出来ます。

紫色のLED光がカビを死滅させる効果を持っている事、緑色LED光が新生児の黄疸を緩和する事などが知られていますね。
黄色いLED光には、細胞の修復機能をケアする効果があるとされているため、敏感肌のケアやターンオーバー周期の改善に一定の効果が期待出来るでしょう。

肌の防御力を全体に底上げして、大人ニキビに負けにくい肌を作っていく効果が期待出来ます。

大人ニキビと治療のまとめ

大人ニキビと治療のまとめ

大人のニキビを治療するためには、自分で治せる事から始めてみましょう。
食生活では、タンパク質、ビタミンを多く含む食品を積極的に摂り脂っこいものや刺激物を控えます。

過度な偏食や外食が多い方は、サプリメントを利用するのもオススメです。
その他、スキンケアや乾燥対策など多角的な方法からニキビをしっかりケアしていきましょう。

大人ニキビ対策のスキンケアシリーズでは、富士フイルムの「ルナメアAC」が人気です。
「ルナメアAC」の化粧水は、富士フィルムの最新技術であるナノ技術を使用しているため、保湿力と浸透力に非常に優れています。

ノーマルタイプは、普通肌〜やや乾燥肌用、しっとりタイプは乾燥肌用と、自分にあった使用感を選ぶ事が出来るでしょう。
また、グリチルリチン酸が肌荒れを防いで、赤みのニキビもケアしてくれるのです。

ノンコメドジェニックテスト済みで、大人ニキビの予防にも期待出来ます。
大人ニキビを自力で治すために、ぜひスキンケアを大人ニキビ対策のものに切り替えてみましょう。

大人ニキビランキング