大人ニキビと予防

大人ニキビは思春期ニキビと違い、ホルモンバランスやストレス・乾燥などが原因です。
日頃の食事や睡眠など生活を見直して、トータルでケアしていく事が重要。

そこで今回は、何度も繰り返される大人ニキビを予防するための方法についてご紹介していきます。
今日から出来る事を始めて、綺麗な美肌を取り戻しましょう。

大人ニキビランキング

大人ニキビが出来る原因

大人ニキビが出来る大きな原因の一つは、ホルモンバランスの乱れ。
生活習慣が乱れると、ホルモンバランスも乱れがちになり男性ホルモンDHEAが増えるのです。

この男性ホルモンは、30代後半で分泌量が増えて大人ニキビの原因と言われているホルモン。
反対に、女性ホルモンエストロゲンは、皮脂を抑え肌のバリア機能を向上させる働きがあります。

しかし、女性ホルモンが多過ぎれば婦人病などのリスクも高まってしまうので、本来の正しいバランスを保つ事が大切です。
特に睡眠不足は、自律神経の交感神経を刺激してしまうため、男性ホルモンが大量に分泌されてしまいます。

その他、ファストフードや添加物いっぱいのインスタント食品などを頻繁に食べたり、野菜不足など偏った食事により、大人ニキビを増やしまうのです。
そして、肌の角質層の乾燥は、肌のバリア機能を低下させて角栓ができやすくなったり、毛穴づまりによる大人ニキビを発生させます。

大人ニキビの改善・予防法

大人ニキビの改善・予防法

大人ニキビを予防するためには、スキンケアを丁寧に行う事が大事です。
メイクが落ちきっていなかったり、洗顔料が残っていたり、またニキビを隠そうとマスクなどをすると大人ニキビの悪化に繋がります。

大人ニキビがあっても手で触れない事、清潔にする事が大切です。
そして大人ニキビができやすいあごには汗腺が少ないため、乾燥しやすくなります。

そのため肌を守るために皮脂が過剰に分泌して、毛穴が詰まって大人ニキビができやすいのです。
セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などの保湿成分でしっかり潤いを与えましょう。

その他、食事や生活習慣を見直して、便秘など腸内環境にも気を配ると良いです。
ホルモンバランスを整えるために、ストレス発散、体の温め、深呼吸や入浴などでリラックスし、副交感神経を高めていきましょう。

大人ニキビは生活習慣を正して改善・予防する

規則な生活を送っていると、大人ニキビができやすい環境を招くと言われています。
皮膚には、さまざまな常在菌が暮らしており、バランスを取り合う事で皮膚の健康を守ってるのです。

ストレスが溜まった体は交感神経が刺激されてホルモンバランスが乱れやすく、皮脂の分泌が過剰になり毛穴が詰まりやすい状態。
皮脂をエサにするアクネ菌が過剰に増えすぎると、大人ニキビができやすくなるので、規則正しい生活をする事が大切と言えます。

大人ニキビの予防のためには、適度に体を動かしたり趣味に打ち込んだり、出来るだけストレスのない生活が送れるようにしましょう。
特に、睡眠時間が少なくなると十分に成長ホルモンが分泌されずに、ニキビの治りが遅くなってしまう可能性があるので、睡眠はしっかり確保してください。

大人ニキビはホルモンバランスを正して改善・予防する

ホルモンといってもさまざまな種類がありますが、大人ニキビに関係が深いのは女性ホルモンと男性ホルモンのバランスです。
女性男性ともに両方のホルモンが作られていますので、そのバランスを保たなければなりません。

男性ホルモンは皮脂分泌を促進して角質を厚くし、女性ホルモン(エストロゲン)には皮脂を抑えたり肌のバリア機能を高める働きがあります。
男性ホルモンの分泌が多い状態が続くと、皮脂分泌が増えて肌の角質が厚くなって毛穴がふさがれるため、大人ニキビになるのです。

そして、逆に女性ホルモンのエストロゲンが増えすぎてしまうと、皮脂の分泌が抑えられて肌の乾燥を招いてしまいます。
すると、婦人病の可能性が高まってしまったり、乾燥による大人ニキビが増加してしまうのです。

両方のホルモンが作られているという事は、両方がバランスよく保たれている必要があります。
生活習慣が整えば、ホルモンバランスも正常に保たれて、大人ニキビの予防が出来るでしょう。

大人ニキビは睡眠を確保して改善・予防する

睡眠には、脳が活動している浅い眠りであるレム睡眠、脳を含めて完全に熟睡しているノンレム睡眠の2つあります。
このうち、肌のターンオーバーが行われやすいのはノンレム睡眠の時間です。

ですから、肌トラブル改善を考える上での質の良い眠りというのは、ノンレム睡眠をしっかり取る事を言います。
入眠から3〜4時間、もっとも肌のケアが活発な時間帯に、どれだけ深く眠れるかが大人ニキビ予防のカギなのです。

睡眠不足はストレスとなって交感神経を刺激しますから、約7時間程度の睡眠時間を確保出来のが理想的。
また睡眠の長さだけでなく、良質な睡眠をとるために就寝前の入浴やアロマなどを利用して、リラックス出来るように工夫しましょう。

大人ニキビはストレスを解消して改善・予防する

人は過剰なストレスを受けると、間脳という場所にある自律神経、内分泌を司る働きを持つ視床下部に影響が及びます。
ストレスを受けるという事は、生物学的には危険、不快な状態にあるという事ですから、その危険に対応するのです。

しかし、この時に脳下垂体、副腎皮質から男性ホルモンが分泌されます。
また、自律神経のうち興奮を司る交感神経が活発になる事で、ノルアドレナリンが増加するのです。

ストレスを感じたときに発生する男性ホルモンやノルアドレナリンは、皮脂の分泌を促す働きがあるため脂性肌になってしまいます。
また、男性ホルモンには肌を固くしてしまう性質もあり、毛穴が収縮して詰まりやすくなるのです。

こうして皮脂が正しく代謝されなくなると詰まった毛穴に皮脂が溜まり、その皮脂の中で悪玉アクネ菌が増殖して炎症を起こします。
ですから、日頃から過度なストレスを受けても発散出来るように心がけて、大人ニキビを予防していきましょう。

大人ニキビは洗顔の後に保湿をして改善・予防する

肌は乾燥すると、肌のターンオーバーが乱れて新しい角質に生まれ変わり健康な肌を維持し続けるという働きが鈍ります。
そして肌の代謝が悪くなると、ターンオーバーも遅くなり、角質が古い物のままで皮脂が毛穴に詰まった状態になってしまうのです。

大人ニキビの正しい洗顔は、たっぷりの泡で指をニキビに当てないように優しく洗います。
熱すぎるお湯は必要な皮脂も奪ってしまうので、必ずぬるま湯で洗いましょう。

すすぎ残しがないように、フェイスラインと首周りもすすいだら、すぐに保湿力のある化粧水をつけてください。
その後に、美容液と保湿クリームで水分を逃さないように蓋をするのがポイント。

肌は乾燥すると、角質を厚くしたりできた大人ニキビを悪化させたり、ニキビの原因のアクネ菌を増殖させます。
肌の角質層が乾燥して肌のバリア機能が低下すると、大人ニキビの原因となってしまうのです。

そのような悪循環の未熟な角質の肌は、保湿機能やバリア機能も未熟なため、肌の乾燥が進み大人ニキビに繋がります。
肌のターンオーバーを正常に保つためには、体の内からの水分補給と正しい肌の保湿のスキンケアで予防していきましょう。

大人ニキビは食べ物に気をつけて改善・予防する

大人ニキビは食べ物に気をつけて改善・予防する

大人ニキビケアのスキンケアを使っても、体の内側からケアできていなければ、繰り返し大人ニキビは発生します。
食生活は、動物性脂肪や糖分・刺激物の摂取を控えて、大人ニキビに効果的な食品をバランスよく摂るように心がけてください。

皮脂分泌を抑える働きのあるビタミンB群を意識的に摂り入れた食事、つまりレバーや納豆、豚肉、キノコなどをメニューに加えましょう。
大人ニキビに効果的な栄養素は、ビタミンAは(ほうれん草・かぼちゃ・にんじん・レバーなど)、ビタミンB群は(乳製品・卵・レバー・うなぎ・マグロ・鶏ささみなど)です。

ビタミンCは(緑黄色野菜・イチゴなど)、ビタミンEは(レバー・カツオ・緑黄色野菜など)、食物繊維(きのこ・豆・ごぼうなど)が挙げられます。
これらの栄養素を毎日の献立に取り入れて、内面から大人ニキビを予防していきましょう。

大人ニキビはビタミン・ミネラルを摂取して改善・予防する

各種ビタミンが不足すると、皮脂分泌が過剰になったりターンオーバーが乱れて、大人ニキビの原因になります。
大人ニキビが繰り返し出来る方や治りにくい方は、ビタミンB群が不足しているのかもしれません。

特にビタミンB2は脂質の代謝を活発にし、皮脂の分泌をコントロールする働きがある栄養素です。
ビタミンB2が不足すると、皮脂の分泌量が増えて大人ニキビの原因となるのです。

またビタミンB6は、肌が新しく生まれ変わるターンオーバーを促します。
繰り返し大人ニキビに悩む方は、大人ニキビに効果的なビタミンをバランスよく摂取していきましょう。

ビタミンB群は.タンパク質が豊富な食べ物に含まれています。
肉類や魚介類、大豆製品などを日頃から意識して摂るようにしましょう。

例えば、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなど、各種ビタミンは、サプリメントなどで補う事も出来ます。
ビタミン豊富な食材を積極的に摂ったり、外食でもメニュー選びに気をつけてビタミンの摂取量を増やすしましょう。

大人ニキビの予防はサプリが便利

毎日の食事からニキビケアに必要な栄養素をバランスよく摂るのは大変ですので、手軽サプリを利用するのもオススメです。
ビタミンB6は、再生機能であるターンオーバーの正常化に期待が持てますし、ビタミンB2は皮脂の過剰分泌を抑える事で大人ニキビ予防に期待出来ます。

アミノ酸は、肌にハリを生み出すコラーゲンを生成する原料ですから、ニキビ跡の改善に期待出来るでしょう。
亜鉛は、新陳代謝を高める事でニキビ跡改善に期待が出来ますが、身体で作れないのでサプリで摂取すると良いのです。

鉄分は、アミノ酸を作り出す効果のある成分で、こちらも身体で作れないためサプリなどで摂取しましょう。
これらが不足していると、大人ニキビが発生しやすい可能性が高まるので、サプリから栄養素をしっかりと摂取するようにしてください。

特別にニキビ用と書かれていなくても、ビタミンやミネラルの不足分を摂る事で大人ニキビの改善と予防が期待出来ます。

大人ニキビ跡にならないための予防法

大人ニキビ跡にならないための予防法

赤みが残るタイプのニキビ跡は、セルフケアでも予防する事が出来ます。
ニキビ跡の赤みを予防するのに最も効果を発揮するのは、ビタミンC配合の化粧水と美容液を使う事です。

ビタミンCには、皮脂を抑える効果やニキビの炎症を抑える効果があります。
特に、お肌への浸透が高いビタミンC誘導体(リン酸やAPPS)を配合した化粧水と美容液は最も効果的です。

大人ニキビ跡は市販の治療薬で予防する

炎症を起こしている赤みタイプのニキビ跡の予防にオススメなのは、ビタミンCが配合された薬です。
ビタミンCには活性酸素を除去したり、ターンオーバーを整える効果があります。

色素沈着タイプのニキビ跡は、紫色から茶色と順を追って変化していくのです。
紫色タイプのニキビ跡は炎症が起きている状態ですから、ビタミンCが配合されたものがオススメ。

茶色いタイプのニキビ跡には、メラニンが深く関係しています。
このタイプのニキビ跡は、美白効果のある薬や化粧水、美容液を使って予防しましょう。

クレータータイプのニキビ跡の予防には、ターンオーバーを整える効果があるビタミンCやビタミンE配合のものがオススメです。

大人ニキビ跡は漢方薬で予防する

漢方には様々なものがありますが、その役割は「大人ニキビにならない肌」に整える事にあります。
整腸作用のある漢方や、冷え性を改善するもの、炎症を抑えたり免疫力をアップさせるものがあるのです。

肌は身体を表す鏡と言われていますので、顔や背中、胸元にニキビが出来るという事は、どこか身体の悪い部分を示しています。
ニキビが出来る箇所によって、身体の悪い部分は異なるのです。

おでこはホルモンバランスの乱れ、鼻の下は生活サイクルの乱れで起こるストレスとされています。
口の周りは胃腸の不調、胸元は環境が変化した事による大きなストレスからくると言われているようです。

ニキビができている位置を把握して、それに合った漢方を飲む事がニキビ肌予防となります。
ニキビに効果のある漢方は、ニキビだけでなく様々な症状を治す効果が期待出来るのです。

身体に不調を感じたら、必ず医師の診断の上、自分に合う漢方を取り入れてみましょう。

大人ニキビと予防のまとめ

大人ニキビと予防のまとめ

今回は、大人ニキビを予防するコツをまとめてみました。
日頃のスキンケアは、大人ニキビを予防する上でとても重要です。

大人ニキビに効果的なスキンケアは、ニキビに効く成分が配合されているかをチェックしましょう。
また、ニキビケアに欠かせないこれらの保湿成分やノンコメドジェニックテスト済みと表記されているものが安心です。

気をつけたいのは、刺激が強いサリチル酸や乾燥を招くアルコールや硫黄。
殺菌力があっても皮脂を取り除きすぎる可能性があるので、大人ニキビには不向きになります。

大人ニキビ予防にオススメなシリーズは「ルナメアAC」です。
アクネシューターという保湿成分を高濃度で配合しており、ノンコメドジェニックテスト済み。

これから本格的に大人ニキビを予防したいという方は、ぜひトライアルから試してみると良いでしょう。

大人ニキビランキング