大人ニキビとストレス

「最近、寝不足や外食が続いているな」と思うと、ポッコリと現れる大人ニキビ。
痒みがあるので、つい触って悪化させてしまった経験がある方は多いと思います。

滅多に出来ない方も、周期的に出来る方も、その大人ニキビはストレスが原因かもしれません。
ストレスは、大人ニキビが出来る原因に大きく関係しているのです。

今回は、ストレスで大人ニキビが出来る原因や、改善方法などをご紹介します。
大人ニキビが出来にくいお肌になって、健康的な生活を過ごしましょう。

大人ニキビランキング

ストレスが原因で大人ニキビが出来るのはなぜ?

ストレスで大人ニキビが出来る原因は何でしょうか。
大人ニキビが出来るのは、毛穴に詰まったアクネ菌が炎症を起こす事が原因です。

毛穴が詰まらず、アクネ菌が増殖して炎症を起こさなければ、大人ニキビになる事はほとんどありません。
しかし、ストレスは何らかの形で体に影響を及ぼし、皮脂を大量に分泌します。

その結果、皮脂で毛穴が詰まり、大人ニキビが出来る事になるのです。
下記では、ストレスが引き起こす大人ニキビの原因を詳しく解説します。

ストレスでホルモンバランスが乱れると大人ニキビの原因に

女性は過度なストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れ大人ニキビの原因に繋がります。
これは、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が強く関係しているのです。

妊娠の準備をしたり、お肌や髪の毛にハリやツヤを出す作用があるエストロゲン。
対して、プロゲステロンは妊娠しやすい体を整えますが、皮脂を多く分泌する少し困った作用があります。

通常、約28日の周期でどちらかのホルモンが優位に立って女性の体を支えています。
しかし、過度なストレスを感じてしまうと、2つのホルモンはバランスが崩れ、プロゲステロンだけがずっと優位に立つ状態になるのです。

すると、皮脂は常に過剰分泌されるようになり、大人ニキビが出来やすくなってしまいます。
その他、ホルモンバランスが崩れると大人ニキビ以外にも生理不順や婦人病などのリスクがあり、良いことがありません。

ホルモンバランスが崩れている場合は、婦人科で処方されるピルなどの薬で大人ニキビを緩和する事が出来ます。

ストレスで自律神経が乱れると大人ニキビの原因に

ストレスは、間脳にある自律神経を乱してしまう原因の1つです。
自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つが存在します。

交感神経

昼の神経と言われ、起きている時や興奮時、ストレスを感じた時に優位に立つ神経です。

副交感神経

夜の神経と言われ、寝ている時やリラックス時に優位に立つ神経です。

過度なストレスを感じてしまうと、心や体が負けない様に交感神経が活発になります。
そして、腎臓の外側にある副腎皮質から、ストレスに対抗するコルチゾールというホルモンが大量に分泌されるのです。

コルチゾールは血圧を上昇させたり、脂質やタンパク質をエネルギーに変える役割があります。
しかし、皮脂の増加を促してしまう作用もあるため、毛穴が詰まり大人ニキビが出来やすいのです。

ストレスを感じてしまう人ほど、オイリー肌で大人ニキビが出来やすいと言えます。

生活習慣は体へのストレス!大人ニキビの発生に繋がる

ストレスと聞くと、精神的なダメージを想像する方は多いと思います。
しかし、人間は体で受けるストレスもあるのです。

代表的な体のストレスは、気温や温度などの天候条件や騒音、薬品や添加物などが挙げられます。
そして、ついやってしまいがちなのが睡眠不足や偏った栄養の食生活。

睡眠は、成長ホルモンの分泌を促し、心身の疲れやダメージを修復する大切な時間です。
また、食事はビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養を補う事が出来るもの。

これらが不足してしまうと、体は栄養不足になり、受けたダメージも修復する事が出来ない状態になるのです。
また、体の免疫力も低下してしまうので、大人ニキビ以外にも体調不良が起きたりと、良い事がありません。

乱れた生活習慣を見直す事は、ストレスによる大人ニキビの改善のカギと言えます。

ストレスで出来る大人ニキビが悪化する原因は?

ストレスで出来る大人ニキビが悪化する原因

大人ニキビが出来てしまうと、悪化を避けるために化粧に気を使ったり、触らない様にしたりと、余計にストレスを感じるものです。
本来、大人ニキビは毛穴のアクネ菌などが増殖する事で悪化します。

ですが、中には私たちが日頃から行っている行動が大人ニキビの悪化の原因になる事があるのです。
ニキビ跡として残さないためにも、大人ニキビを悪化させない様にする必要があります。

下記では、大人ニキビが悪化する原因をご紹介します。

外部刺激が原因で大人ニキビが悪化する

ストレスで出来る大人ニキビは、主に顎やフェイスラインに出来やすいものです。
そして、フェイスラインは髪の毛やマスクなどの外部刺激を良く受ける部分でもあります。

良く刺激を受けるお肌は、ダメージから皮膚を守ろうと角質を厚くしてしまいます。
すると、ターンオーバーがその部分だけ上手く出来ず、毛穴を詰まらせてしまうのです。

また、髪の毛などの雑菌が毛穴に入る事で新たに大人ニキビが出来たり、炎症が悪化してニキビ跡として残る原因になる事もあります。
大人ニキビが出来た時は指などで触らない、触れそうな髪の毛はまとめておくなどの工夫が必要です。

スキンケア不足が原因で大人ニキビが悪化する

顎やフェイスラインは、クレンジングや洗顔料のすすぎ残しが良く起きる部位です。
クレンジングや洗顔料のすすぎ残しは雑菌が繁殖し、大人ニキビが悪化する原因になるので気を付けましょう。

さらに、フェイスラインは化粧水などのスキンケアが不足してしまう部位でもあります。
スキンケアが足りないとお肌が乾燥してしまい、皮脂を多く出すようになるのです。

特に年齢を重ねると、お肌はターンオーバー周期が遅くなります。
ターンオーバー周期が遅くなると、古い角質が残りやすく、簡単に毛穴詰まりを起こします。

結果、古い角質や皮脂が毛穴に詰まるとアクネ菌が増殖し、大人ニキビが出来てしまうのです。
洗顔料などのすすぎ残しや乾燥は、お肌にとってストレスになるので気を付けましょう。

活性酸素が原因で大人ニキビが悪化する

人間はストレスを感じると、心が負けないためにコルチゾールを分泌します。
このコルチゾールを分泌する過程で、活性酸素を大量に発生させるのです。

本来、活性酸素は体に入り込んだ細菌と戦い、分解などを行う役割があります。
しかし、活性酸素は強い酸化力があるため、多く発生する事で老化やガン、動脈硬化など体に害を及ぼしてしまいます。

活性酸素はニキビの原因でもあるアクネ菌と戦ってくれる良い役割がある反面、ニキビ跡やシミを作りやすいのも事実です。
また、活性酸素は体内のビタミンCを大量に消費してしまう性質があります。

体内のビタミンCが足りないと、ターンオーバーの周期が乱れたり、お肌の修復が間に合いません。
その結果、大人ニキビが治りにくかったり、雑菌が入って悪化してしまう事があるのです。

ストレスを解消して大人ニキビを治す方法は?

ストレスを解消して大人ニキビを治す方法

上記では、ストレスで大人ニキビが出来る原因をご紹介してきました。
ストレスの解消は、ホルモンバランスや自律神経を整え、大人ニキビを治す事に繋がります。

とは言え、忙しい日常生活を送る中でストレスを0にする事は出来ません。
なので、少しでもストレスを解消してリラックスさせる事が大切なのです。

ストレスを解消できれば、大人ニキビが出来にくい体質や肌質に近づける事が出来るでしょう。
下記では、ストレスを解消して大人ニキビを治す方法をご紹介します。

今日から出来る事が多いので、ぜひ参考にしてください。

ぬるめのお風呂でストレスを解消しよう

ストレスを解消する方法として、湯船にゆっくり浸かる事が挙げられます。
ポイントは、38~40℃くらいのお湯に20分ほど浸かる事です。

ぬるめのお湯は体がリラックスし、副交感神経を活発にする事が出来ます。
また、体温より少し高い温度は湯冷めがしにくく、眠りに付きやすい状態を維持する事が出来るのです。

そして、週末などはお肌のスペシャルケアとして、入浴中にクレイパックやクリームパックを行うと良いでしょう。
お風呂で行うパックは、毛穴の余計な皮脂や汚れを取り除き、大人ニキビ予防や潤いのあるお肌にしてくれます。

お風呂で注意したい事は、熱すぎる湯に浸かる事です。
体にとってストレスとなるほか、体中の皮脂が溶けてしまうため、お肌の乾燥を招く可能性があります。

適度な運動でストレスを解消しよう

ストレスを解消するには、適度な有酸素運動がとても効果的です。
ジョギングやウォーキング、サイクリングなどが有酸素運動として挙げられます。

有酸素運動を行っている時は交感神経が活発になりますが、運動が終わった後に副交感神経が活発になりやすく、リラックス効果が得られるのです。
また、適度な運動は寝つきの良さや質の良い睡眠がとれるという点でもストレスの解消が出来ます。

さらに、代謝が上がる事でお肌のターンオーバー周期も整い、大人ニキビが早く治るようになります。
適度な運動は体にもお肌にも非常に良い事なので、お休みの日などを利用してぜひ行ってみましょう。

しかし、ストレス解消のためとは言え無理に体を動かすのは逆効果です。
有酸素運動は気持ちよく感じる程度で終える様にしましょう。

アロマやハーブティーでストレスを解消しよう

薬草としても使用されるハーブは香りが良く、アロマやハーブティーとして楽しむ事が可能です。
優しい香りでストレスを解消する事で、大人ニキビが出来にくい体質に近づける事が出来るでしょう。

ストレス解消に効果のあるアロマやハーブティーは、以下の物が挙げられます。

アロマ

  • ラベンダー
  • オレンジ・スイート
  • ゼラニウム
  • カモミール・ローマンなど

ハーブティー

  • ジャスミンティー
  • カモミールティー
  • レモンバームティー
  • シナモン茶など

就寝前にハーブティーを飲むと体も温まり、より質の良い睡眠をとる事が出来ます。
また、アロマやハーブティーは自分が好きな様にブレンドが出来るのが良いポイントです。

自分好みの香りを作ってみたり、楽しみながらリラックスしてみましょう。

日光を浴びてストレスを解消しよう

日光を浴びると、大人ニキビを刺激したりシミが増えるため、嫌がる方は多いと思います。
しかし、日光を浴びる方ほどストレスが少なく、精神的に元気な方が多いのです。

これは、セロトニンという神経伝達物質が分泌される事と関係があります。
セロトニンは、腸内に約90%、血液中に約5%、脳に約5%ほど存在すると言われています。

特に脳に存在するセロトニンは、精神の安定や適度にリラックスをした状態を保つ働きがあります。
このため、セロトニンの分泌が少ないとストレスで心が負けやすく、うつ病などの病気を引き起こす事があるのです。

また、寝つきが悪くなるほか体が疲れやすいなど、体の不調を引き起こします。
1日15分ほど日光浴をすれば良いのですが、日焼け止めの使用はほとんど効果がないため注意が必要です。

日陰で外を見ているだけでも、セロトニンはしっかり分泌出来ます。
休みの日でも家に引きこもりがちな方は、カーテンを開けるなどの工夫をしてみましょう。

たくさん泣いてストレスを解消しよう

泣く事はストレス解消方法の1つです。
ストレスが解消出来れば、ホルモンや自律神経のバランスを整うので、大人ニキビが出来にくい体質に変える事が出来ます。

しかし、泣くといっても、玉ねぎを刻んだ時に出るような涙では意味がありません。
ストレスを解消するには、「感情解放の涙」や「感動の涙」を流す必要があるのです。

詳しいメカニズムは分かっていませんが、人は感情の涙を流した時、交感神経の分泌が抑えられ副交感神経が優位に立つようになります。
さらに、涙は日光を浴びた時のようにセロトニンを多く分泌します。

泣き終わった後は副交感神経が活発になり、セロトニンが多く分泌されるため、とてもリラックス出来る状態になるのです。
たまには映画などでたくさん涙を流し、心身ともにリラックスをすると良いでしょう。

ストレス解消で大人ニキビを治すまとめ

ストレス解消で大人ニキビを治すまとめ

過度なストレスを受けると、体や心はそれに負けないように対抗します。
それが皮脂を多く分泌したり、うつ病などの原因となるのです。

副交感神経が活発になればリラックスができ、大人ニキビが出来にくい体質に変える事が出来るでしょう。
しかし、いつまで経っても治らない大人ニキビは、ストレスだけが原因ではありません。

毎日お肌に直接行うスキンケアが問題でもあるのです。
特に、治りの遅い大人ニキビは専用の基礎化粧品を使った方が良いでしょう。

大人ニキビ専用の基礎化粧品は肌なじみが良く、ニキビの炎症を鎮めキレイなお肌を保つ事が出来ます。
ストレスは毎日感じるものなので、大人ニキビに対して改善の実感が湧きにくいものです。

しかし、スキンケアであれば毎日コツコツと続けて、お肌がキレイになる実感が湧くでしょう。
大人ニキビ用のスキンケア用品はお手軽なトライアルセットがあるので、一度試してみる事をオススメします。

大人ニキビランキング