大人ニキビを治す

大人ニキビは治ったと思ったら、また知らない間に繰り返して本当に厄介ですよね。
特に20代~30代の多くの人は、大人ニキビやニキビ跡に悩まれています。

そして、大人ニキビは思春期ニキビと違って原因が複雑で再発しやすいという特徴があるのです。
何度も繰り返す大人ニキビを放っておくと、ニキビ跡やシミになってしまうリスクもあり、注意しなければなりません。

これから先、大人ニキビで悩まないためには、原因と治す方法を知っておきましょう。
今回は、大人ニキビが出来る原因と今からでも出来る治す方法をご紹介します。

大人ニキビランキング

大人ニキビが出来る原因

大人ニキビは、肌の乾燥や生活習慣の乱れが原因で、20代以降に出来るニキビの事を言います。
10代のいわゆる思春期ニキビは、成長による過剰な皮脂分泌が原因のため大人ニキビとは全く別の症状です。

そんな大人ニキビが出来る原因は、肌の乾燥と生活習慣によるホルモンバランスの乱れが考えられます。
肌が乾燥するのは、間違ったスキンケアによる保湿不足、合わない化粧品の使用が原因です。

生活習慣の乱れは、睡眠不足や運動不足、過剰なストレス、食生活の乱れが関係しています。
特に偏った食生活をしていると、ビタミン不足になるので、肌荒れや大人ニキビが増えるのです。

また、ニキビをつくる脂肪分や糖質が多い食品や甘い飲み物、アルコールも気をつけなければなりません。
その他、紫外線の浴びすぎやひげ剃りによる肌への刺激で、繰り返し大人ニキビが発生する事もあります。

種類別・大人ニキビを治す方法

種類別・大人ニキビを治す方法

初期段階の白ニキビは、毛穴の中に皮脂が溜まって毛穴がふさがり、皮膚が盛り上がった状態です。
白ニキビは、日頃のスキンケアが出来ていない時に多く出来るため、生活習慣を見直すと自然に治っていきます。

白いニキビに古い角質が溜まり毛穴が皮脂で詰まると、黒ニキビとなるのです。
鼻の上や鼻の周りなど、皮脂の分泌が多い所に出来やすく毛穴の汚れを吸着して治します。

そして、アクネ菌が活性化すると、毛穴に炎症が起こり腫れ上がった赤にきびが出来るのです。
赤ニキビは毛穴周囲の組織から真皮に至るまで炎症を続け、それが悪化して真皮内に膿が溜まった状態。

白ニキビから黒ニキビまでは、生活習慣の改善や洗顔などで治す事が出来ます。
ただし、炎症した赤にきびになると、自己流では跡が残る可能性があるので適切な対処をしましょう。

白い大人ニキビを治すには?

初期段階の白ニキビは、細かくプツプツした状態のものがいくつも出るのが特徴です。
白ニキビを治すには、正しいスキンケアと生活習慣を気をつければ、自然と改善していきます。

しかし放っておくと、赤ニキビや黄ニキビへと悪化してしまい、最終的にはニキビ跡となるので早めに対処しましょう。
白ニキビのスキンケアは、毛穴をキレイに洗浄してあげる事が大切です。

また、保湿をして余分な皮脂分泌を防ぐ必要もあります。
ただし、必要な皮脂まで落としてしまうと肌が乾燥を起こし、逆にニキビができやすい肌になるので、気をつけましょう。

白ニキビを治すためには、洗浄後にうるおいを与える事も大切です。
肌は乾燥する事で毛穴が細くなり、余分な皮脂や汚れが詰まりやすい状態になります。

外部刺激から肌を守ろうとバリア機能が働いて、皮脂を過剰に分泌し毛穴に余分な皮脂が詰まるのです。
ですから、きちんと保湿をしてあげる事で、肌のバリア機能が高まり大人ニキビが繰り返さなくなるでしょう。

黒い大人ニキビを治すには?

白ニキビの毛穴に皮脂や汚れがたまった状態から、毛穴の中で角栓の固まりが酸化して黒くなると、黒ニキビとなります。
毛穴の汚れが酸化して黒く変色しているため、白ニキビと同じケア方法で問題ありません。

黒ニキビの原因となる毛穴に詰まった角栓を除去するためには、洗顔の見直しが大切です。
毛穴パックは角栓が一気にとれますが、毛穴へのダメージが大きく毛穴が開いてしまうため、避けたほうが良いでしょう。

毛穴が開くと、そこに皮脂がたまりやすくなり、もっと大きな黒ニキビが発生してしまいます。
毛穴に詰まった角栓を除去するためには、正しい洗顔が最も効果的です。

洗顔は肌の水分バランスを整えて、ターンオーバーのサイクルを正常化させてくれる働きもあります。
大人ニキビを繰り返さない肌をつくるためにも洗顔は大切です。

赤い大人ニキビを治すには?

赤ニキビをキレイに治すためには、内側からのケアが大切です。
生活習慣や食生活の見直しは長期的ではありますが、ニキビのできにくい肌へと変化させる事が出来ます。

どうしても自力で治す事が難しい場合は、抗生物質を飲んだりホルモン治療などのクリニック治療を考えてみましょう。
ただし、クリニック治療は最低数万円はかかりますし、成分の強い薬による副作用の心配も考えられます。

まずは、毎日出来る大人ニキビ対策のスキンケアを試してみると良いでしょう。

黄色い大人ニキビを治すには?

黄ニキビは、色素沈着やクレーターといった跡が残りやすいニキビです。
一度クレーターになると、スキンケアや生活習慣を変えても治すのは難しくなります。

そうならないためにも、黄ニキビは触らない・潰さない事が大事です。
触るだけでも刺激となり、跡が残りやすくなってしまいます。

もし潰れてしまった時は、柔らかい清潔な素材で優しく拭き取りましょう。
黄ニキビは毛穴に膿が詰まっており、敏感な状態です。

そのため、他のニキビよりもより丁寧に優しく、傷つけない洗顔が大切になります。
洗浄力の強いスクラブ洗顔は、肌のバリア機能を奪ってしまいニキビ跡が残りやすいので避けましょう。

クレイ洗顔は、クレイの粒子が細かく肌のバリア機能を傷つける事がないのでオススメです。

大人ニキビを自分で治す方法

大人ニキビを自分で治す方法

大人ニキビは、アクネ菌の増殖によって炎症を起こしている状態です。
炎症が長引き、ひどくなるほどニキビ跡はできやすくなるので、早めに対処しましょう。

スキンケアを大人ニキビ対策のものに切り替えるのは、早く治すためにも効果的です。
大人ニキビがあるときは肌が敏感な状態なので、配合成分の肌への優しさにはこだわりましょう。

赤ニキビがあるときは、炎症を抑える成分であるビタミンC配合がオススメです。
その他、今日からでも出来る大人ニキビの治し方をご紹介しましょう。

大人ニキビは食事で治す事が出来る?

日頃の食生活は、大人ニキビに大きく影響しています。
栄養バランスの偏りやビタミン不足は、大人ニキビになりやすいのです。

大人ニキビを治すために摂るべき栄養をいくつか挙げてみましょう。
ニキビ抑制に効果的なビタミンAは、にんじん、かぼちゃ、レバーなどに含まれています。

ビタミンCは、ブロッコリー、さつまいも、柑橘類、ビタミンEは、かぼちゃ、玄米、うなぎ、ナッツ類から摂取しましょう。
大人ニキビの原因となるターンオーバーの乱れを改善するビタミンB2は、乳製品、卵、レバーに多く含まれます。

ビタミンB6は、豚肉、さつまいも、レバーに含有量が多いです。
亜鉛は、生ガキ、納豆、レバーから摂りましょう。

食物繊維は、さつまいも、納豆、りんご、バナナなどがオススメです。
これらの栄養素を意識的に摂って、大人ニキビを治していきましょう。

大人ニキビは薬で治す事が出来る?

一般的にニキビに効くとされている市販薬は、出来てしまった大人ニキビの炎症を抑える効果があります。
アクネ菌が増える事が原因で出来た、赤ニキビや黄ニキビなどの「炎症ニキビ」を治すのに効果的です。

肌の雑菌を弱める成分と、炎症を抑える成分が配合されています。
市販のニキビ薬は、基本的にニキビを治すためだけに作られているため、予防効果はありません。

繰り返す大人ニキビを予防するためには、大人ニキビ対策のスキンケアでしっかりと肌を健康な状態にしておく事が大切。
大人ニキビの市販薬は、配合されている成分よっては大人ニキビの悪化につながってしまう可能性もあります。

ニキビ薬を使い続けると、肌を守っていた善玉菌がなくなりバリア機能が弱まる事もあるのです。
乾燥しやすい肌や刺激に弱い肌になり、大人ニキビを繰り返してしまうので、薬を使い続けるのは避けましょう。

また、副作用によって余計にニキビを悪化させないためにも、ニキビの炎症が収まったらすぐに使用をやめる事が大切です。

大人ニキビは生活習慣を正して治す

大人ニキビを治すために気を付けたい生活習慣のポイントについてご紹介しましょう。
忙しい現代人は、睡眠不足や運動不足、過剰なストレスによるホルモンバランスの乱れ、乾燥しやすい環境などにより、大人ニキビが発生しやすいと言えます。

大人ニキビを治すための生活習慣は、睡眠時間は6~8時間取るようにしましょう。
ストレスを軽減するためには、ゆっくり湯船に使ったり、趣味や好きな事をしてリラックスする事を心がけてください。

月経前に大人ニキビができやすい人は、ホルモンバランスを整える必要があります。
大豆製品や赤身の肉や魚からタンパク質を摂取すると良いでしょう。

スキンケアは乾燥に気をつけて、冬は加湿器や濡れタオルを室内に干す工夫をするのがオススメ。
食生活は、オリーブオイル、アボカドなどの良質な油を摂るようにしましょう。

この他にも、紫外線対策、冷え性対策も有効です。
大人ニキビの改善と予防のために、出来る事から実践してみましょう。

大人ニキビはスキンケアを変えて治す

大人ニキビに悩む方は、スキンケアを大人ニキビ対策のシリーズに変えると良いでしょう。
富士フイルムのナノ技術を使用して開発された「ルナメアAC」は、大人ニキビに悩む方に好評のシリーズです。

化粧水は保湿力と浸透力に非常に優れおり、肌が乾燥しなくなったいう口コミが多く見受けられます。
洗顔料は、ファイバーフォームで毛穴がスッキリ綺麗になり、炎症した大人ニキビがあっても安心です。

洗顔のあとは化粧水でうるおい成分&有効成分を角質層まで浸透させて、ジェルクリームでうるおいをキープしましょう。
簡単な3ステップで大人ニキビを繰り返さない肌に近づく事が出来ます。

ノンコメドジェニック済みで医薬部外品なのも安心です。

大人ニキビを治すための洗顔料の選び方

大人ニキビがあるときの洗顔料は、肌への優しさを重要視しましょう。
洗浄力が強すぎても弱すぎても良くないので、大人ニキビ対策のものをオススメします。

汚れと余分な皮脂をしっかりと落とし、必要な皮脂とうるおいは残す事が出来るものが一番理想的です。
そして、肌に優しい成分が配合されていると長く使い続ける事が出来ます。

特に合成界面活性剤は刺激が強く、肌トラブルの原因になるので避けましょう。
ルナメアACの洗顔料は、敏感肌でも肌に優しく毛穴の黒ずみが気になる乾燥肌の方にも効果的。

植物繊維であるファイバースクラブが毛穴の汚れを優しく絡め取り、毛穴の詰まりを改善してくれます。
保湿力も髙いので、洗顔後の乾燥が気になる冬でも使いやすいと好評です。

男性の大人ニキビはどう治す?

男性の大人ニキビはどう治すのか

男性の大人ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌だけではなくターンオーバーの乱れが多いでしょう。
毎日のひげ剃りにより、バリア機能が低下した角化異常も考えられます。

忙しい社会人は、過剰なストレスや睡眠不足、偏食など生活習慣が悪い場合も多いものです。
大人ニキビは多くの場合なかなか治らず繰り返してしまいます。

男性の大人ニキビの対策は、女性のケアと基本変わらず生活習慣を見直しつつ、正しいスキンケアを行う事が大切です。
ただし、男性の顎、顎下、顎周りのニキビが多く、この場合ホルモンバランスの乱れが原因となります。

仕事が忙しくて睡眠がとれなかったり食生活が乱れると、皮脂の分泌量が増え大人ニキビができやすくなるのです。
急に規則正しい生活に戻すのは難しいですが、出来る事から少しずつ変えていきましょう。

お酒の付き合いを減らして早く帰宅したり、料理が苦手ならコンビニのサラダでも良いので栄養を取る事を心がけてみると良いです。
足りない栄養をサプリメントで補うのも一つの方法でしょう。

体の事を考えた生活を続けていると、次第にホルモンバランスが整い皮脂の分泌量も正常になっていきます。

大人ニキビ跡を治す方法

大人ニキビ跡を治す方法

大人ニキビ跡を治すには、ターンオーバーを促進して、新しい肌に生まれ変わらせる必要があります。
赤い大人ニキビは炎症のせいで毛細血管が拡がっているので、まずは炎症を抑えなければなりません。

炎症を抑えるには、甘草エキス(グリチルリチル酸ジカリウム)やビタミンC誘導体などの抗炎症成分の入ったスキンケア商品を選びましょう。
炎症していると肌が硬くなりやすいので、肌のごわつきをやわらかくしてくれる保湿効果があるものが効果的。

ただし、ニキビ跡の最終段階であるクレーター跡は、スキンケアや市販の医薬品で治すのは困難です。
クレーター跡は、ターンオーバーでは再生できない皮ふ組織の「真皮層」という部分が傷つく事によって出来ます。

自力のケアで完全に治す事は難しいので、そうなる前の事前のケアが大切なのです。
もしクレーターの大人ニキビ跡を完治させたいのであれば、病院やクリニックでの治療が必要でしょう。

大人ニキビ跡は薬で治す

薬だけの力で治るのは、赤みのあるタイプと色素沈着しているタイプのニキビ跡です。
クレーターなったニキビ跡は、病院で薬が処方された場合もピーリングやレーザーなどと並行して治療が行われるでしょう。

局所用抗ニキビ製剤は毛穴の角質を取り除く作用があり、肌のターンオーバーを正常化させる作用があります。
ニキビの患部に直接塗る事で高い効果を期待出来ますが、痛みや乾燥といった副作用が出やすいので注意が必要です。

敏感肌の方は特に医師とよく相談して使うようにしましょう。
使用中は肌が非常に敏感になっているので、日焼けやピーリング、顔そりなどは良くありません。

刺激を与えてしまうと、強い赤みやかゆみを引き起こす事がありますので注意しましょう。

大人ニキビはクリニック治療で治す

症状がひどい方には、皮膚科で受けられる大人ニキビ治療がオススメ。
皮膚科による治療の基本は、抗生物質の塗り薬や飲み薬の処方です。

大人ニキビ治療には保険の範囲で行う治療と、保険が適用されない治療があるので注意しましょう。
ケミカルピーリングは、ピーリング剤という薬剤を肌に塗って古い角質を除去するものです。

ニキビの原因である毛穴のつまりをとるので、大人ニキビ治療に効果的。
イオン導入は、肌に良い作用をもつビタミン類などを、たっぷりと肌に浸透させる事が出来るマシンによる治療です。

光治療は、光や熱によってニキビ菌を殺菌したり、炎症を抑えるような効果がある医療機器を使った治療になります。
ニキビ注射は、ビタミンCやビタミンB群など肌に良い有効成分を配合した静脈注射です。

ひどいニキビ跡の場合は、早めに病院へ行って対処しましょう。

大人ニキビと治すのまとめ

大人ニキビと治すのまとめ

今回は、大人ニキビが出来る原因と治し方をご紹介しました。
大人ニキビは、生活習慣の乱れによるホルモンバランスの乱れが原因です。

肌は体の内外全身の状態を反映するものなので、寝不足や生活習慣の乱れ、ストレスや運動不足などが大きく関与します。
まずは、生活習慣を見直して正しいスキンケアをすれば、ホルモンバランスが整い自然と大人ニキビができない肌になるでしょう。

女性は生理前に大人ニキビが出来る方が多いので、ホルモンバランスを整える事が大切。
食事面では、特定の食べ物がニキビに悪い事はなく、栄養バランスの良い食事をとる事が重要です。

特にビタミンC、ビタミンB群、ビタミンAを意識して多めに摂取するのがオススメ。
自分の出来る範囲からゆっくり治していきましょう。

大人ニキビランキング