眉間の大人ニキビ

顔の大人ニキビは額やあごだけでなく、眉間に出来る場合もあります。
眉間は人の目に入りやすい場所ですから、大人ニキビが出来る原因と治し方を押さえておきましょう。

さらには眉間の大人ニキビの予防についてもお伝えします。
腕や背中の大人ニキビとは違い、顔にニキビが出来るとすぐに気付きます。

まして眉間に出来た大人ニキビなら特に、鏡を見た瞬間にわかるはずです。
そんな場所に大人ニキビが出来てしまうと、メイクはもちろん産毛を剃るのもやりづらくなります。

顔の大人ニキビの中でも、眉間のニキビは早めに治すのが望ましいのです。
また、出来るなら予防も出来るのが理想的でしょう。

大人ニキビランキング

眉間の大人ニキビの原因と治す方法を知ろう

眉間は顔の中でも目立つ部分。
目を見て話すと自ずと眉間も相手の視界に入ります。

そのためそんな場所に大人ニキビが出来ていると、人と話している時気になってしまいますよね。
ニキビが出来るとネガティブな気分になり、人と接しづらくなってしまう事も。

そこで今回は眉間に出来た大人ニキビの原因や対処法、さらには予防についてもご紹介していきます。

  • 眉間に大人ニキビが出来る原因
  • ニキビの治し方
  • ニキビを予防する方法

といった点をまとめていくので、眉間の大人ニキビにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

眉間に大人ニキビが出来る原因はコレ

眉間に大人ニキビが出来る原因

どうしても目立ってしまう眉間の大人ニキビ。
いちいちメイクで隠すのも大変です。

眉間の大人ニキビは決して偶然出来るのではなく、きちんと原因があって出来ます。
具体的には肌の環境だけでなく、日々行っているケアやその人の体調も関係してくるのです。

例えばその日のメイクをしっかり落とさずに寝てしまった経験がある人は要注意。
ここでは眉間に大人ニキビが出来る原因を4つの問題点に分けてご説明します。

  • 肌の環境
  • 自分のケア
  • 内臓機能
  • ホルモンバランス

どれか1つは思い当たる節があるはずです。

肌が眉間の大人ニキビが出来やすい環境である

額から鼻はいわゆる「Tゾーン」と呼ばれる部分です。
この部分はどんな人でも皮脂の分泌量が多い傾向にあります。

眉間もそのTゾーンの一部ですから、皮脂の量が多めなのです。
思春期ニキビにおいてTゾーンは要注意な場所ですが、大人ニキビに関しても同様です。

皮脂が多いとそれだけ毛穴が詰まりやすいので、大人ニキビが出来やすい環境が出来上がります。
また、前髪が眉間を刺激する事も大人ニキビの原因になります。

前髪を下ろしているとちょうど毛先が眉間に当たる事が多いです。
毛先の雑菌が眉間に付き、ニキビが出来やすくなるのです。

もともと眉間に白ニキビが出来ていたところに前髪の雑菌が付き、炎症を起こした赤ニキビになる事も。

自分のケアの問題で眉間に大人ニキビが出来る

帰宅後、メイクをちゃんと落とさない人は眉間の大人ニキビが出来やすいタイプです。
ファンデーションなどが毛穴に残っていると、雑菌が繁殖し大人ニキビの原因になります。

アイシャドウや口紅を落とす事に気を取られがちですが、眉間のメイクもしっかり落としましょう。
また洗顔料やシャンプー、コンディショナーのすすぎ残しも眉間の大人ニキビを誘発します。

シャンプーやコンディショナーに関してはピンと来ないかもしれませんが、髪を洗っている時に流れたシャンプーが顔に付着するのです。
眉間は特に頭に近い場所ですから後でしっかり洗いましょう。

内臓機能の低下で眉間に大人ニキビが出来る

身体の不調が原因で眉間に大人ニキビが出来る場合もあります。
ニキビの出来る部位によってどの内臓機能が低下しているかがある程度わかるのです。

眉間に大人ニキビが出来る人は肺機能が低下している可能性があります。
タバコを吸っている方は要注意。

喫煙を控えるのがオススメです。
他にも口呼吸がクセになっている方、運動をしていない方は肺機能が弱っている傾向にあります。

なお、肺の他に肝臓や腎臓が弱っているという説もあるようです。

ホルモンバランスが乱れ眉間に大人ニキビが出来る

眉間の大人ニキビの発生は、ホルモンバランスの乱れも原因になります。
例えば「生理前はニキビが出来やすい」というのはよく知られた事実。

もちろん生理前にもホルモンバランスが乱れますが、ストレスが原因で乱れる事もあります。
仕事や家事で溜まったストレスをうまく発散出来ない方は要注意。

ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が増加し、それが大人ニキビの原因となるのです。
Tゾーンの一部である眉間はなおさら脂っぽくなりやすいので大人ニキビが出来やすいです。

眉間の大人ニキビの治し方は?

眉間の大人ニキビの治し方

ここでは以下の2点についてご説明します。

  • 自分で出来る眉間の大人ニキビの治し方
  • 皮膚科で受けられる治療

眉間に大人ニキビが出来ると、市販の塗り薬を塗るという治し方をする方が多いです。
しかし薬を塗るだけでなく、他にも自分でケアをする必要があります。

万が一自分でケアしても治らない場合、皮膚科を受診するというのも治し方の一つ。
「眉間の大人ニキビぐらいで皮膚科に行くなんて」と思う方もいるかもしれませんが、ニキビは医学的には「尋常性ざ瘡(そう)」という立派な皮膚疾患なのです。

皮膚科に行くと塗り薬の処方以外の治療も受けられます。

眉間の大人ニキビを治すための肌ケア

ドラッグストアで塗り薬を購入する以外にも、自分で肌のケアをしましょう。
大人ニキビが出来ている以上、今の肌はニキビが出来やすい環境だという事になります。

眉間以外にまでニキビが広がらないためにも、保湿や十分な洗顔を行いましょう。

油分を取り除き保湿をしっかり行おう

毛穴の奥の皮脂を落とすために、洗顔料をしっかり泡立て顔を洗います。
泡をなじませるのは眉間を通るTゾーン→頬からあごのUゾーンの順。

油分の多いTゾーンの泡を確保するためです。
皮脂を確実に落とすために、Tゾーンだけ大人ニキビ専用の洗顔料にする方法もあります。

もちろんすすぎもしっかりとしましょう。
肌が乾燥すると、肌が足りない水分を補おうとして皮脂が分泌されやすくなります。

ですから、洗顔後は必ず肌の保湿をしましょう。

メイクをしっかり落として眉間の毛穴をキレイな状態に!

メイクは洗顔料だけでは十分に落とせません。
加えて眉間は産毛にメイクが引っかかって落としづらい場所。

洗顔前にクレンジング剤でしっかり落としましょう。
そうする事で眉間の毛穴にメイクが残るのを避け、大人ニキビの予防し繋がるのです。

ひどい眉間の大人ニキビは皮膚科の薬が良い?

「自分でケアしてもよくならなかった」という理由で皮膚科を受診する人が多数派です。
しかし本来は、眉間の大人ニキビに気付いた時点で皮膚科へ行くという治し方の方が好ましいのです。

それはセルフケアが不十分だとニキビが悪化する恐れがあるから。
ここでは、皮膚科でもらう薬にはどんな特徴があるかをチェックしていきましょう。

市販の薬と皮膚科でもらう薬の違い

市販薬と皮膚科の薬の違いは効き目の強さ。
前者は抗炎症作用や抗菌作用が弱めで、後者は強めです。

どちらを用いての治し方が向いているかは、眉間の大人ニキビの状態によります。
まず市販薬で対処出来る大人ニキビは白ニキビと黒ニキビ。

これらは炎症を起こす前の段階にあるため、自分で塗り薬を買えば治せます。
市販薬の抗炎症作用は弱め。

出来て間もない白ニキビと黒ニキビでしたら十分市販薬で対処出来ます。
一方赤ニキビになってしまったら、皮膚科へ行くという治し方が好ましいのです。

こちらは炎症を起こし腫れた状態。
強めの抗菌作用、抗炎症作用のある皮膚科の薬を使わないと治すのが難しいのです。

市販の薬

塗り薬が主流。
炎症を抑える薬や、毛穴を塞ぐ角質を落としやすくする薬があります。

皮膚科の薬

多くの眉間の大人ニキビの患者さんは、抗炎症作用や皮脂を抑える作用のある塗り薬が処方されます。
加えて抗菌作用のある飲み薬を処方されるケースも。

また、美容皮膚科ではケミカルピーリングという大人ニキビの治し方があります。
ピーリング剤の塗布によりターンオーバーが促され、眉間の大人ニキビが改善しやすくなるのです。

満足度は皮膚科の方が高い?

皮膚科の薬は1人1人の眉間の大人ニキビに合ったもの。
そのため、確実に眉間に出来た大人ニキビを治したいなら、皮膚科に行くのが最適な治し方です。

シオノギ製薬の調査によると、市販薬を使った人で治療に満足した人は5割。
それに対し、医療機関を利用した人で治療に満足した人は7割近くにも上ります。

市販薬を使うより皮膚科に行った方が治し方が多彩なため、眉間の大人ニキビが改善しやすいのです。

眉間の大人ニキビを確実に予防するためには?

眉間の大人ニキビを確実に予防する

出来ると目立ってしまう眉間の大人ニキビ。
1度出来てしまうと治るまでに時間がかかりますし、前髪やメイクで隠すのも面倒です。

皮脂が多いので大人ニキビが出来やすい眉間ですが、予防出来るものなら予防したいところでしょう。
ここでは眉間の大人ニキビを予防するための方法を5つご紹介します。

  • 洗顔と保湿
  • 前髪への対処
  • 摂取しておきたい栄養素
  • 生活習慣の改善
  • ホルモンバランスを整える飲み物

これらを押さえて眉間の大人ニキビを予防しましょう。

洗顔と保湿を意識し眉間の大人ニキビを防ごう

肌を清潔に保ち保湿する事は、眉間の大人ニキビを治す上でも予防する上でも大切。
普段から心がけておきましょう。

洗顔は1日2回が適切です。
余分な皮脂を落とすのは大事ですが、1日何回も洗顔すると肌に必要な分の皮脂までなくなってしまいます。

保湿の際はビタミンC誘導体を含む化粧水を用いるのが好ましいです。
この成分には肌にうるおいを与え、さらに皮脂の過剰分泌を抑える作用があります。

オイリーになりがちな眉間には欠かせない成分です。

大人ニキビ予防のために前髪が眉間の肌を刺激しないようにしよう

前髪を下ろしている人は必見です。
毛先が眉間をチクチク刺激しないように、このような工夫をしてみましょう。

  • 前髪を短めにカットする
  • 横に流してヘアピン、ヘアスプレーで留める
  • ヘアピンやヘアバンドで前髪を上げる
  • 前髪をカールする

こうした工夫で額を出す事で前髪による刺激を避け、大人ニキビの予防に効果的なのです。
「どうしても額を出したくない」という人でない限り、こうした予防策を取るのをオススメします。

髪型を変えると気分転換にもなるでしょう。

ビタミンCを積極的に摂って眉間の大人ニキビを予防しよう

眉間の大人ニキビに悩む方に摂ってほしい栄養素はビタミンC。
ビタミンCにはこのような働きがあります。

  • ニキビの炎症をまねく活性酸素の除去
  • 皮脂の分泌量のコントロール

ビタミンCが含まれる食べ物として野菜や果物が思い浮かびますよね。
数ある食品の中でも、アセロラがビタミンCの含有量が多いのです。

酸味種のアセロラは100gあたり1700mg、甘味種類でも同じ量で800mgのビタミンCが摂取出来ます。
実際アセロラはスーパーでは手に入りにくいですが、アセロラジュースという形でアセロラを摂取可能です。

参考URL:
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/01/15/1365343_1-0207r2_1.pdf

眉間の大人ニキビのケアには生活習慣の改善も必要

生活習慣の乱れも眉間に大人ニキビが発生する原因になります。
予防のために以下のような生活習慣を心がけましょう。

  • 睡眠時間を6~7時間とる
  • ストレスをためこまない
  • 適度に運動する
  • 禁煙する
  • 食生活を改善する

運動と禁煙は眉間の大人ニキビの原因の1つ、肺機能の低下を防ぐためです。
また食生活に関しては、ビタミンCに限らず炭水化物やたんぱく質などもしっかり摂ってください。

ただし揚げ物や生クリームなど脂質の多い食べ物は控え目に。
栄養バランスが偏っていると血のめぐりが悪くなったり便秘を引き起こす事があります。

そういった身体の不調も眉間の大人ニキビの原因になるのです。

眉間の大人ニキビをまねくホルモンバランスの乱れは豆乳で対処出来る!

ホルモンバランス乱れを「身体のメカニズムだから仕方ない」と放置するのは好ましくありません。
実は豆乳を飲む事で対処出来るのです。

豆乳には女性ホルモンに近い働きを持つイソフラボンという成分が含まれています。
1日200mlの豆乳を飲む習慣を身に付ければホルモンバランスが崩れにくくなります。

ホルモンバランスを整える事は、眉間の大人ニキビを予防する以外に肌にハリやうるおいを出すというメリットがあるのです。
イソフラボンは美容のためには欠かせない成分だという事がわかります。

加えて日々のストレスを発散出来ると、よりホルモンバランスを改善させやすくなります。

眉間の大人ニキビのまとめ

眉間の大人ニキビのまとめ

今回は眉間の大人ニキビの原因、治療法、予防法についてご紹介してきました。
大人ニキビが眉間に出来るのは、下記が関係しています。

  • 肌の環境の問題
  • 不十分なセルフケア
  • 内臓機能の低下
  • ホルモンバランスの乱れ

薬を付ける以外にもそれらの問題を改善するのが眉間の大人ニキビを治す近道に。
具体的には洗顔や保湿、生活習慣の改善などです。

これらを実践する事は眉間の大人ニキビの治癒だけでなく予防にもつながります。
また大人ニキビが出来た際、自分で薬を買うより皮膚科を受診する方が確実に治す事が出来ます。

大人ニキビランキング