大人ニキビの根本治療

しっかりスキンケアをしているつもりでも、何度も繰り返してしまう大人ニキビ。
化粧をする時は刺激しない様に気を付けたり、つい触りたくなるのを我慢したりするのは中々しんどいものです。

そんな繰り返す大人ニキビに頭を悩ませている方は多いと思います。
そこで今回は、大人ニキビを根本治療する方法や、予防法などのご紹介をします。

また、掛かる費用なども併せてご紹介するので、大人ニキビに長年悩んでいる方はぜひ参考にしてみて下さい。

大人ニキビランキング

皮膚科での大人ニキビ根本治療の方法と費用

昔からニキビと言えば、自宅でのスキンケアで治すものと言われていました。
しかし、ニキビは「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と言われ、今では病院で根本治療する事が出来る皮膚疾患の1つなのです。

治療と一口に言っても、その方法はとても多くの種類があります。
大人ニキビは、いわゆる一般的な皮膚科で治療する事が出来ます。

皮膚科で大人ニキビを根本治療するメリットやデメリットは、以下の通りです。

メリット

  • 保険適用で費用が安く抑えられる
  • 大人ニキビに即効性がある

デメリット

  • 大人ニキビの跡は中々治らない
  • 薬の副作用が起こる可能性がある

ここからは、皮膚科の病院でどのような治療を行うかを費用と併せてご紹介します。
しかし、別途で病院の診察料や薬剤料が掛かりますので、気になる方はお近くの皮膚科に相談してみましょう。

また、薬は2年に1度、価格の見直しが行われますので、金額は若干前後する事があります。
(この情報は2018年4月のものです)

外用薬

皮膚科に通院すると、多くの場合は外用薬を用いた根本治療をします。
外用薬は、赤ニキビや黄ニキビなどの炎症を起こした大人ニキビに効果的です。

主に処方される薬の種類と費用は、以下の物が挙げられます。

ダラシンtゲル1%

1本10g:約110円(3割負担)

ディフェリンゲル0.1%

1本15g:約430円(3割負担)

ベピオゲル2.5%

1本15g:約520円(3割負担)

これらの薬は、大人ニキビの炎症であれば1週間程で治まる事が多いのです。
しかし、妊娠中やアレルギーがある方には処方出来ない外用薬があるので、しっかりお医者さんと相談しながら使う薬を選びましょう。

内服薬

病院の皮膚科では、大人ニキビの炎症具合に合わせて内服薬を使う事があります。
特に、敏感肌などの理由で外用薬があまり好きではない方の根本治療にオススメです。

内服薬も外用薬と同様に、炎症を起こしている大人ニキビに効果があります。
また、下記で紹介する薬と一緒に、ビタミン剤などで大人ニキビを根本治療する病院もあるようです。

病院では主に、以下の内服薬が処方されます。

ミノマイシン錠100mg

14錠:約210円(3割負担)

ビブラマイシン錠100mg

14錠:約100円(3割負担)

ルリッド錠150 150mg

14錠:約250円(3割負担)

内服薬で特に注意したいのは、飲み合わせが出来ない薬がある事です。
既に何かしらの薬を服用している方は、必ずお医者さんに申告する様にして下さい。

局所注射

局所注射は、どんな成分の注射を選ぶかによって大人ニキビへの効果が変わります。
大人ニキビの炎症を抑える注射もあれば、白ニキビなどの改善に役立つ注射もあるのです。

また、皮膚科ではなく婦人科での処置になったり、選ぶ成分によって保険適用にならない事もあります。
少しややこしいですが、下記では主な局所注射の種類や費用をご紹介します。

ケナコルトA注射

1回:2,000~3,000円(3割負担)

プラセンタ注射

1回:1,500~4,000円

プラセンタ注射での治療は保険適用外になる事が多いのです。
しかし、更年期障害など婦人病の症状がみられる場合は保険が適用されます。

また、ケナコルトは大人ニキビの炎症を鎮めますが、一時的な治療にすぎません。
根本治療となると、プラセンタの方が適切と言えます。

しかし、病院によって行う根本治療の方法は違いますので、気になる事はお医者さんにしっかりと確認をしましょう。

面皰出圧

面皰出圧

1カ所:300~1,000円

面皰出圧(めんぽうしゅつあつ)は、白ニキビや黒ニキビの芯を取る治療方法です。
また、お医者さんが「これは問題ない」と判断した赤ニキビなども面皰出圧を行います。

ニキビには、コメド(面皰)と呼ばれる塊の芯があります。
専用の器具を使い、毛穴に溜まったコメドを取り除くのです。

これだけで根本治療!とはなりませんが、大人ニキビの炎症を未然に防ぐ事が出来ます。
また、すでに炎症している大人ニキビの治りを早める事が可能です。

面皰出圧は保険適用なので安いのですが、病院によって掛かる費用にバラつきがありました。
大人ニキビ1カ所についての料金なので、治療部分が多ければ多いほど費用は掛かります。

美容皮膚科で大人ニキビを根本治療

美容皮膚科で大人ニキビを根本治療

大人ニキビは、美容皮膚科でも治療をする事が出来ます。
最近では、一般の皮膚科と美容皮膚科が合わさった病院も数多くあるようです。

そんな美容皮膚科で大人ニキビを根本治療するメリットやデメリットは、次のものが挙げられます。

メリット

  • ニキビ跡もキレイに治る
  • 大人ニキビ以外にもお肌の調子が良くなる

デメリット

  • 自由診療なので費用が高い
  • 治療によってお肌のダウンタイムがある

大人ニキビの具合によって行う治療は様々なので、カウンセリングで先生としっかり相談しましょう。
美容皮膚科の根本治療は、以下のものが挙げられます。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

1回:5,000~15,000円

ケミカルピーリングは、グリコール酸やサリチル酸と言った弱酸性の薬品を使った治療方法です。
ピーリング剤の成分がお肌の角質を溶かし、毛穴の詰まりなどを取り除きます。

また、炎症を鎮める効果もあるので、赤ニキビなどを早く治す事が可能です。
ケミカルピーリングは清潔なお肌を保つ事が出来るので、大人ニキビを根本治療するのに良い方法でしょう。

どんな濃度の薬品を使うかによって、掛かる費用はバラつきがあります。
また、敏感肌の方やお肌が弱い方がケミカルピーリングを行うと、皮膚が赤く腫れる事があるので気を付けましょう。

レーザー治療

レーザー治療は美容皮膚科で行われる治療で、患部にレーザーをピンポイントに当てる方法です。
一口にレーザー治療と言っても種類があり、どのような症状を治すかによって選ぶレーザーは変わります。

大人ニキビやニキビ跡の根本治療の方法を、下記でご紹介しましょう。

炭酸ガスレーザー

1回:4,000~10,000円

炭酸ガスレーザーは、ニキビ跡の治療に使われています。
炎症した大人ニキビにも効果があり、再発しにくいお肌に改善する事が出来ます。

ロングパルスYAGレーザー

1回:12,000~25,000円

ロングパルスは、ピーリング効果のあるレーザーです。
大人ニキビ以外にも、脱毛やたるみ、シワなどの改善に効果があります。

フラクセルレーザー

1回:4,500~60,000円

フレクセルレーザーは、皮膚にレーザーで小さな穴を開ける治療方法です。
穴が開いたお肌は自らの力で修復しようと細胞分裂が活発になるので、ニキビ跡に高い効果があります。

治療する部位によって金額は違いますが、レーザーの中でも特に費用が掛かります。
しかも、お肌のダウンタイムが最低1週間と長いので注意が必要です。

光治療

光治療はレーザー治療と似ているのですが、光の種類が異なります。
光治療は、複数の波長をもった光を組み合わせ、お肌の広い範囲に当てる治療方法です。

光治療はレーザー治療よりダウンタイムが少ないため、施術当日でも化粧が出来るなどのメリットがあります。
そんな光治療の種類には、以下のようなものが挙げられます。

フォトフェイシャル

1回:15,000~30,000円

フォトフェイシャルは、大人ニキビの炎症を鎮める効果があります。
その他にも、シミやくすみ、ニキビの跡に効果があり、ハリのあるキレイなお肌に近づける事が可能です。

しかし、1回の施術ではあまり効果が発揮されないため、月に1回の施術を5回ほど行わなければなりません。

ライムライト

1回:15,000~30,000円

ライムライトは、既に炎症をしている大人ニキビには効果が薄いようです。
しかし、赤く残ってしまったニキビ跡や、毛穴の引き締めになどに効果があります。

また、アンチエイジングとしても効果があり、若々しいキレイなお肌に近づける事が可能です。
こちらも数回の施術が必要になるので、費用なども含めて気になる事をカウンセリングで聞いてみるとよいでしょう。

ホルモン治療で大人ニキビを根本治療

ホルモン治療で大人ニキビを根本治療

周期的に大人ニキビが出来てしまう方は、ホルモン治療を受ける事で根本的に治療する事が可能です。
女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」と言う2つのホルモンが存在します。

この女性ホルモンは、約28日の周期でどちらかが優位に働く事で、妊娠や生理などを促しています。
しかし、過剰なストレスや生活習慣の乱れが続くと、「プロゲステロン」だけが常に優位に働く様になってしまうのです。

「プロゲステロン」は男性ホルモンに似た役割があり、皮脂の過剰分泌などを引き起こします。
結果として、毛穴が詰まりやすくなり、大人ニキビが出来やすくなるのです。

ホルモン治療は、外部から「エストロゲン」を摂取する事でホルモンバランスを整える事が出来ます。
大人ニキビをホルモン治療で根本治療するメリットやデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

メリット

  • お肌や髪の毛にツヤ、ハリが出てくる
  • 生理不順や生理痛の緩和が出来る
  • 体毛が薄くなる

デメリット

  • 定期的に通院する手間がかかる
  • むくみや頭痛などの副作用が起こる可能性がある

下記では、どのような方法でホルモン治療をするのかをご紹介します。

ピル

ピル

1ヶ月:3,500~5,000円

婦人病やニキビの悩みで婦人科に通院すると、ピルを処方してくれます。
ピルを処方しても大丈夫なのか、初診では血液検査や内診を行う病院が多いのです。

そのため、初期費用が5,000~10,000円ほど掛かる事があるので注意しましょう。
ピルにも様々な種類がありますが、大人ニキビの治療として使われるのは「低用量ピル」や「超低用量ピル」と呼ばれるものが多いのです。

残念ながら、大人ニキビの治療としてピルを服用する場合、保険の適用をする事が出来ません。
しかし、婦人病の治療と言う事であればピルは保険の適用となり、費用は上記と比べて安くなります。

また、ピルは血栓のリスクを高めるとして、喫煙している方は禁煙をする様に指導があります。
普段タバコを嗜む方はお医者さんに申告をし、少しずつ本数を減らせる様に心がけましょう。

ホルモン注射

ホルモン注射

1回:1,000~7,000円

ホルモン注射は、エストロゲンやエストロゲンに似た成分をお尻に注射する事で、大人ニキビを根本治療します。
お尻の注射は通常の注射よりも針が太く、痛いものです。

さらに、注射をした後もしばらくジンジンと痛みがあるので、注射が苦手な方は注意しましょう。
また、注射してから数日間は、倦怠感や胸が張って痛いなどの副作用が起こる可能性があります。

ホルモン注射は婦人病であれば保険の適用となるのですが、これは治療を行う病院によって変わります。
気になる方は、事前に病院に問い合わせをしてみましょう。

スキンケアの見直しで大人ニキビを根本的に防ぐ方法

スキンケアの見直しで大人ニキビを根本的に防ぐ方法

上記では、大人ニキビを病院で根本的に治す方法をご紹介してきました。
ここからは、自宅でも出来る大人ニキビの改善・予防法をご紹介します。

スキンケアは、大人ニキビを根本的に改善・予防していく上で一番大切なものです。
病院で大人ニキビの根本治療を行っても、スキンケアを怠ってしまえば何度でも大人ニキビは出来てしまいます。

正しいスキンケアをして、大人ニキビが出来ない様に予防していきましょう。
スキンケアをする上で気を付けたい事は、以下の2つの事が挙げられます。

大人ニキビの予防は皮脂を落としすぎない事

大人ニキビが出来る原因は、皮脂などの汚れが毛穴に詰まる事です。
そう聞くと、皮脂はいらない様に思われるのですが、実はそうではありません。

本来皮脂は、皮膚の乾燥を防ぎ、外部の刺激からお肌を守ってくれる大切な役割があるのです。
このため、強すぎる洗顔料やピーリングの過度な使用は必要な皮脂まで除去してしまい、お肌が異常に乾燥してしまいます。

さらに、乾燥したお肌は水分を逃がさないため余計に皮脂を分泌するので、また皮脂で毛穴が詰まり…と悪循環になってしまうのです。
洗顔は1日2回行い、強い洗顔料やピーリングは週1回程度に抑えるようにしましょう。

洗顔料は泡立ちの良い物を使用し、しっかりと泡立てて洗顔をすれば、余分な皮脂や汚れだけを取り除く事が可能です。

大人ニキビの予防は保湿をしっかりする事

大人ニキビを根本的に治すため、お肌が乾燥しないようにスキンケアでしっかりと保湿を行いましょう。
洗顔後のお肌は、多少皮脂が残っていてもどんどん乾燥してしまいます。

出来れば、洗顔後すぐに化粧水や乳液、必要に応じて美容液やクリームで保湿を行うのが理想的です。
これは、洗顔後から時間が経ってしまうとお肌の乾燥が進み、化粧水の浸透が悪くなるからと言われています。

しっかり保湿をし、潤いのあるお肌が保てれば、大人ニキビを予防する事が可能です。
コットンなどを使う方は、洗顔前に化粧水と一緒に準備しておくなどの工夫をして、お肌が乾燥してしまう前にスキンケアを行うようにしましょう。

生活習慣の見直しで大人ニキビを根本的に防ぐ方法

生活習慣の見直しで大人ニキビを根本的に防ぐ方法

大人ニキビが悪化している場合は、病院で治療する事で早く炎症を鎮める事が出来ます。
ですが、大人ニキビを根本治療するとなると、生活習慣を見直す事も大切になるのです。

生活習慣を見直して、体質や肌質的に大人ニキビが出来にくい健康なお肌を作りましょう。
下記では、大人ニキビを防ぐ方法をご紹介します。

食生活の見直しで根本的に大人ニキビを防ぐ

どうしても偏りがちな食生活。
ですが、大人ニキビが出来にくい体質へ根本的に変えるためには、食生活を見直す事が大切です。

特に、お肌の健康維持に役立つビタミン類は意識して摂取してみましょう。
大人ニキビを根本的に出来にくくするためには、以下の栄養素を摂取するとより効果的です。

ビタミンB2

ビタミンB2は、主に皮膚や粘膜の健康維持を助けてくれるビタミンです。
また、糖質や脂質などをエネルギーに変える働きもあるので、ダイエットにも効果があります。

ビタミンB2を多く含む食品は、レバー、納豆、乳製品、葉菜類などです。
しかし、ビタミンB2は水に溶けやすい、熱に弱いなどの弱点があります。

調理をする際は、洗いすぎない、調理した煮汁も利用するなどの工夫をしてみましょう。

ビタミンB6

ビタミンB6は不足してしまうと、皮膚炎や口内炎、貧血などの不調が起こりやすいと言われています。
特に抗生剤を使用すると、ビタミンB6が不足する状態になりやすいのです。

なので、大人ニキビの治療などを薬で行っている方は意識して摂取してみましょう。
ビタミンB6を多く含む食品は、マグロなどの魚類、レバー、肉、バナナなどです。

睡眠の見直しで根本的に大人ニキビを防ぐ

根本的に大人ニキビが出来にくい肌質に変えるためには、睡眠もとても重要になります。
それは、睡眠時に成長ホルモンが分泌されるからです。

成長ホルモンは、筋肉やお肌のダメージを修復してくれる役割があります。
このため、大人ニキビが炎症を起こしていても、しっかり睡眠をとる事で早く治す事が可能となるのです。

そんな成長ホルモンは、寝てから3時間経過した頃に分泌量のピークを迎えると言われています。
しかし、途中で起きる、睡眠が浅い、睡眠不足などの状態が続いてしまうと、成長ホルモンは分泌量が少なくなってしまうのです。

成長ホルモンをしっかり分泌出来る睡眠をとるために、寝る前にはケータイなどの光の刺激を避ける、体を温めてから布団に入るなどの工夫をしてみましょう。

大人ニキビの根本治療まとめ

大人ニキビの根本治療まとめ

大人ニキビを根本治療する方法には、多くの種類があります。
一般的な皮膚科であれば、外用薬や内服薬を使用して炎症を早く鎮める事が可能です。

美容皮膚科であれば、定期的に通う事で大人ニキビの炎症以外にも、ニキビ跡をキレイに治す事が出来ます。
保険適用の有無によって値段は大きな差があるので、自分に合った方法で大人ニキビを根本的に治していきましょう。

しかし、病院で治療を行っても、乱れた生活習慣が続いてしまえば大人ニキビは何度でも出来てしまいます。
大人ニキビが根本的に出来にくいお肌にするためには、日頃の生活習慣を見直してみましょう。

ビタミン類を多く含んだ食事を心がける事で、大人ニキビが出来にくく、治りやすいお肌に変える事が出来ます。
また、睡眠はお肌のダメージを修復する大切な時間です。

普段の生活が忙しいとは思いますが、お休みの日はしっかりと体とお肌を休ませてあげましょう。
スキンケア用品を大人ニキビ用の物に変えてみるのも1つの方法です。

病院の治療などと併せる事で、より大人ニキビのないキレイなお肌に変える事が出来るでしょう。

大人ニキビランキング