大人ニキビ 角栓

「触らない様にしよう」と思っていても、ついつい気になってしまう大人ニキビ。
ネットで大人ニキビを検索すると、角栓や皮脂、角質などの言葉がたくさん出てきます。

しかし、その違いがよく分からないという方もいると思います。
今回は、大人ニキビが出来る流れと、角栓が出来てしまった時の対処や予防についてご紹介していきます。

大人ニキビランキング

角栓ってなに?大人ニキビとは違うの?

角栓とは簡単に言えば、大人ニキビが出来る最初の症状です。
しかし、角栓はどんな健康なお肌の人にも存在します。

角栓には本来、雑菌や細菌がお肌内部に入るのを防ぐ役割があるからです。
それが皮脂や古くなった角質と混ざる事で、悪い働きをする様になってしまいます。

ターンオーバーで古くなったお肌(角質)を除去出来るのですが、この時に古い角質が残ってしまう事があります。
古くなった角質はお肌から出る油(皮脂)と混ざり、毛穴にフタをする様に詰まらせてしまうのです。

これが角栓であり、蓋をされた毛穴にはお肌の外に出られない皮脂が溜まっていきます。
すると、毛穴の中でアクネ菌がどんどん増殖してしまい、白ニキビや黒ニキビになっていくのです。

この白ニキビや黒ニキビを放置すると、いよいよ炎症が起こります。
赤く膨れた赤ニキビや、黄色く膿が溜まった黄ニキビへと悪化してしまうのです。

角栓が引き起こす大人ニキビ以外のお肌トラブル

角栓は大人ニキビ以外にも良くない事を起こします。
その一部を下記にまとめてみました。

  • 化粧のノリが悪くなる
  • お肌がザラザラする
  • お肌自体が黒ずんでしまう

化粧ノリの悪さやお肌のザラザラは、角栓が皮膚から飛び出している状態で起きてしまいます。
この角栓を放置してしまうと、毛穴の中で活性酸素が発生します。

活性酸素はお肌や体内のウイルスをやっつける作用があるのですが、その副産物としてメラニンを放出してしまいます。

メラニンがたくさん溜まってしまうと、お肌が黒ずんでしまい、なかなか元に戻らなくなってしまうのです。

大人ニキビになりたくない!角栓は取って良い?

角栓は取って良いのか

角栓は取っても良いのですが、無理に取る事はやめましょう。
本来、角栓はお肌のターンオーバーで自然に取れてなくなるもの。

出来る限りお肌に負担をかけない様に取り除くのであれば、皮脂を取り過ぎず大人ニキビの予防が出来るので大丈夫です。
しかし、セルフケアする時は角栓を一度に全部取るのではなく、定期的に行い少しずつ取っていく様にしましょう。

また、角栓を取る方法として、病院でも使用するコメドプッシャーがあります。
これは専用器具で角栓を押し出すものですが、力を入れすぎて周りのお肌を傷つけてしまう事があり、そこに菌が入ると大人ニキビの原因にもつながるので要注意です。

使用する際はお医者さんの指導の元、行う様にして下さい。
下記ではお肌に負担をかけず、角栓を取る方法をご紹介します。

大人ニキビになる前にセルフケアで角栓を取る方法

自分で角栓を取る前に準備をする物は、綿棒とオイルです。
オイルは天然のものを選び、出来れば人間の皮脂に近い物が良いでしょう。

オススメは、「ホホバオイル」や「オリーブオイル」です。
念のため、アレルギーなどが出ないか確認を行ってから使う様にしましょう。

また、事前の準備として化粧は必ず落とし、洗顔をした状態で始めてください。
セルフケアで角栓を取るには、まずホットタオルで毛穴を広げます。

家にあるタオルを水で濡らし、ジップロック等の袋に入れて電子レンジで1分ほど温めて下さい。
角栓を取りたい箇所を重点的にホットタオルで温めましょう。

オイルを染み込ませた綿棒の先端部分を気になる角栓の上にあて、優しくコロコロと転がします。
しぶとい角栓はオイルの量を増やしたり、角栓の周りを優しく押し出す様にしてみましょう。

角栓が取れてきたら、ぬるま湯で顔を洗います。
オイルがお肌に残ったままだと大人ニキビ等の原因となるので、洗顔料を使いしっかりオイルを落とす様にしてください。

最後は冷たい冷水で顔を洗いましょう。
こうする事で開いている毛穴を引き締め、すぐに毛穴に汚れが溜まらない様にする事が出来ます。

角栓が取れた後は大人ニキビが出来ない様にしっかりお手入れ

セルフケアで角栓を取った後はしっかりと洗顔とスキンケアでお手入れを行いましょう。
角栓を取り除いた毛穴は空っぽになっている状態です。

その分、毛穴は化粧水などの栄養を吸収しやすくなっています。
しかしその反面、空っぽな毛穴には悪い菌も入りやすく、大人ニキビが出来やすい状態です。

化粧水や乳液、美容液などを使い、乾燥や悪い菌が入らない様に保湿をする事が大切と言えます。

大人ニキビにならない為に毛穴パックを使ってもいい?

お手頃な価格と、がっつり角栓が取れる毛穴パック。
最近はオロナイン軟膏を使った毛穴パックも話題となり、聞いた事がある方もいると思います。

一見、角栓が取れるのでお肌に良さそうですが、使用するには注意が必要です。
と言うのも、毛穴パックは強制的に角栓を取る為、お肌への刺激が強すぎてしまいます。

また、強制的に角栓を取る事で毛穴が大きくなってしまうというデメリットもあります。
一度角栓を取ってもまた毛穴が詰まってしまい、毛穴パックをする…と悪循環になる事も。

さらに、角栓の詰まった毛穴以外の健康なお肌も傷つける事になるので、大人ニキビの出来やすい環境を作ってしまう為、オススメではありません。
一時的な角栓取りより、長期的に角栓が出来にくいお肌を目指す方がオススメと言えます。

大人ニキビも角栓も作らない!日頃のケアを見直そう

大人ニキビも角栓も作らないケア

角栓は大人ニキビが出来る一番最初の段階です。
大人ニキビの様に炎症を起こしているわけではないので、日ごろのスキンケアや生活習慣を見直す事で角栓が出来ない様にする事が可能となります。

下記では今日から取り組みやすい事をまとめていますので、試せる事から初めてみましょう。

クレンジング・洗顔を見直して大人ニキビと角栓を予防しよう

角栓は、メイクや古くなった角質、過剰分泌した皮脂などの汚れが原因です。
クレンジングや洗顔を見直す事でお肌を清潔に保ち、角栓や大人ニキビを作らない様にする事が出来ます。

角栓が出来やすいお肌のクレンジングは、オイルタイプやリキッドタイプがオススメです。
ただ、洗濯洗剤にも使われている界面活性剤という成分が入っていない物が良いでしょう。

また、洗顔料を選ぶ際は泡立ちの良いクレイタイプの物がオススメです。
お肌がすっきりするスクラブなどの洗顔は毎日使用するにはお肌に刺激が強すぎてしまいます。

使用する際は、週に1~2回ほどに留める様にして下さい。
洗顔をする時は泡立てネット等を使い、もっちりとした泡を作って洗顔していきましょう。

泡で優しくお肌を包み込む様に洗うと、お肌の汚れや角栓がだんだん取れていきます。
ただし、クレンジングと洗顔どちらにも言える事ですが、手や指でゴシゴシ強くこすらない様にして下さい。

洗顔をした後は、出来るだけ早くスキンケアをする様にしましょう。

たまにはピーリングケアをしてみよう

普段からスキンケアをしっかり心がけていても、どうしてもお肌には汚れが溜まってしまうもの。
週に1~2回のピーリングを行う事で、より角栓と大人ニキビが出来にくいお肌に近づける事が出来るでしょう。

また、ピーリングと一緒にホットタオルを使う事で毛穴が開き、角栓や大人ニキビの改善・予防の効果を高める事が出来ます。
ピーリングは夜にするのがオススメです。

角質や角栓をキレイに取ったあとのお肌は乾燥し、敏感になっています。
スキンケアを行い、一晩お肌を休ませてあげる様にしましょう。

ピーリングをした後のお肌は、いつも以上に乾燥しやすくなっています。
いつものスキンケアに美容液などをプラスして、お肌が乾燥しない様にしましょう。

食事や睡眠を見直して大人ニキビと角栓を予防しよう

普段から脂質の摂りすぎやビタミン等の栄養不足が続いてしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまいます。
すると、ターンオーバーの周期が乱れる様になるのです。

ターンオーバーが乱れれば新しいお肌が生まれるのが遅くなり、角栓や大人ニキビの原因となってしまいます。
普段から食生活が乱れがちな方は、ビタミンが豊富な野菜やホルモンバランスが整う大豆などを摂取する様に心がけてみましょう。

また、睡眠不足もターンオーバーの周期を乱す原因の1つです。
忙しくて睡眠時間がなかなか取れない方もいると思います。

アロマを焚いたり、お風呂で体を温めてから寝る事で、少しでも質の良い睡眠をとる事が可能です。
そして休日などは、ゆっくり体とお肌を休ませてあげるようにしましょう。

角栓と大人ニキビのまとめ

角栓と大人ニキビのまとめ

角栓を無理にコメドプッシャーで取ったり、毛穴パックを使うのを控えましょう。
一時的に角栓は取れますが、他の健康なお肌を傷つけかねません。

溜まってしまった角栓は日頃の洗顔やスキンケアで取り除く事が出来ます。
クレンジングはオイルタイプ、洗顔料は泡立ちの良いクレイタイプ等を選び、しっかり泡立て優しく洗顔をしましょう。

そして週に1~2回ほどはピーリングケアを行い、角栓と大人ニキビを予防して下さい。
また、偏った食生活や睡眠不足はお肌のターンオーバーを乱してしまう原因です。

栄養が整った食事や質の良い睡眠をとる事で、大人ニキビも角栓も予防する事が出来ます。
出来る事から始め、大人ニキビの原因になる角栓をなくしていきましょう。

スキンケア用品は大人ニキビ用の物を併せて使う事で、より効果を上げる事が出来ます。

大人ニキビランキング