大人ニキビと吹き出物

「吹き出物」は普段何気なく使われる言葉です。
大人ニキビが出来た時も「吹き出物が出来た」という表現が使えます。

今回のテーマは「大人ニキビと吹き出物には違いがあるのか」という点です。
言葉の綾と片付けてしまいがちなテーマですが、気になっている人はぜひ読んでください。

今回は、思春期ニキビと大人ニキビ(吹き出物)の違いにも触れつつ、大人ニキビ(吹き出物)の原因、治す方法についてもご説明します。

大人ニキビランキング

大人ニキビと吹き出物に違いはない?

実は大人ニキビと吹き出物には、違いはありません。
どちらも医学的には「尋常性ざ瘡(そう)」と言われる皮膚疾患です。

皮膚科のお医者さんが、「尋常性ざ瘡」と呼ぶ皮膚疾患を「大人ニキビ」「吹き出物」と呼びます。
大人ニキビも吹き出物も、同じ皮膚疾患を指す呼び名なのです。

ざ瘡とは、皮脂が毛穴に詰まった事が原因で出来たブツブツや、それが進行し内部に膿がたまったブツブツを指します。
いずれも一般的に、大人ニキビの症状として認識されている症状です。

尋常性ざ瘡という名称は大人ニキビだけでなく、思春期ニキビにも用いられます。
成人後に出来る尋常性ざ瘡については「思春期後ざ瘡」と呼ばれています。

つまり、大人ニキビは正確には思春期後ざ瘡という皮膚疾患なのです。
もちろん、吹き出物も大人ニキビと同じものですから、同じく思春期後ざ瘡と呼んで間違いありません。

吹き出物は思春期ニキビと区別される

大人ニキビと吹き出物は同じ皮膚疾患を指しますが、思春期ニキビは吹き出物とは言いません。
思春期ニキビは大人ニキビと発生するメカニズムが異なるので、吹き出物というくくりからは外れます。

そもそも「ニキビ」という名称自体、本来思春期ニキビだけに用いるもの。
思春期に出来る尋常性ざ瘡をニキビと呼び、成人以降に出来るものに関しては吹き出物という呼び名を当てはめるのが正解なのです。

今ではその吹き出物に大人ニキビという呼び名も与えられました。
そして、2つの違いについて考える人が出てきたのです。

大人ニキビ(吹き出物)の原因

大人ニキビ(吹き出物)の原因

思春期ニキビは、成長に伴いホルモンバランスが乱れ、皮脂が過剰に分泌される事が原因で発生します。
一方、大人ニキビ(吹き出物)は、毛穴詰まりが原因で発生するのです。

毛穴詰まりはスキンケアのやり方や生活習慣など、様々な問題が原因として挙げられます。
ここでは大人ニキビ(吹き出物)の原因について知っていきましょう。

また、大人ニキビ(吹き出物)は、出来る場所によってある程度原因を推測する事が可能です。
同じ場所に大人ニキビ(吹き出物)が出来やすい人は、そうした点も押さえておきましょう。

不十分なスキンケア

洗顔でメイクや皮脂を落とし切れていないと、大人ニキビ(吹き出物)ができやすい肌になってしまいます。
落とし切れない汚れがどんどん肌に蓄積していき、毛穴詰まりを引き起こすからです。

また、洗顔後の保湿を怠る事も毛穴詰まりの原因になります。
洗顔後は肌から水分がどんどん蒸発していくので、乾燥状態になるのです。

そこで、保湿をしないと不足した水分を補おうと皮脂が多量に分泌されます。
余分な皮脂が毛穴詰まりの原因となり、大人ニキビ(吹き出物)の発生を招くのです。

生活習慣の問題

生活習慣の乱れは、大人ニキビ(吹き出物)の原因になります。
よく夜更かしをする、食事の栄養バランスをあまり考えないという人は、大人ニキビ(吹き出物)が出来やすいのです。

睡眠や食事を毎日決まった時間にとり、規則正しい生活を送る事が大人ニキビ(吹き出物)の予防に繋がります。
特に食事に関しては、どの栄養素もバランス良く摂取する事が大切です。

ただ、脂質や糖分は皮脂の分泌を促してしまうので摂り過ぎないようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れ

女性は生理前にホルモンバランスが乱れるので、一時的に大人ニキビ(吹き出物)が出来やすくなります。
生理以外にも、ストレスや睡眠不足がホルモンバランスの乱れを引き起こすのです。

ホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが多く分泌されます。
男性ホルモンには皮脂の過剰な分泌を促したり、皮膚を硬くし古い角質を落としづらくする作用があるのです。

こうした作用によって毛穴詰まりが引き起こされ、大人ニキビ(吹き出物)が出来ます。
よって、大人ニキビ(吹き出物)を予防するには、ホルモンバランスの乱れを防ぐ事も重要なのです。

ストレス発散や十分な睡眠の他、女性ホルモンに近い働きを持つイソフラボンを摂る事でもホルモンバランスを調整出来ます。

場所によって大人ニキビ(吹き出物)が出来る原因が違う?

大人ニキビ(吹き出物)は、出来る場所によってある程度の原因が分かるものです。
顔に出来るものだけでも、細かい場所で原因が異なります。

場所 原因
整髪料やシャンプーの付着、前髪による刺激
眉間、こめかみ 整髪料やシャンプーの付着
過剰な皮脂分泌
メイクの落とし残し
口まわり ホルモンバランスの乱れ、身体の冷え、抗生物質の影響
あご、フェイスライン ホルモンバランスの乱れ、紫外線、シェービング

同じ場所に大人ニキビ(吹き出物)が出来るという方は、これらを参考にしてみてください。

大人ニキビ(吹き出物)を薬や化粧品で治す方法

大人ニキビ(吹き出物)を薬や化粧品で治す方法

薬や化粧品で大人ニキビ(吹き出物)を治す事は可能です。
スキンケアのやり方で症状が改善するか、悪化するかが分かれます。

ここでは大人ニキビ(吹き出物)の状態に合った薬、化粧品の使い方についてご説明します。
注意してほしいのは、市販されているニキビケア用の薬、化粧品は思春期ニキビを対象としたものが多い点です。

パッケージに「思春期ニキビ」という文字がある商品や硫黄が含まれている商品は選ばないでください。
それらを大人が使うと肌の乾燥に繋がる恐れがあるので、大人ニキビ(吹き出物)には適していません。

大人ニキビ(吹き出物)の症状で化粧品を使い分けよう

初期の大人ニキビ(吹き出物)である白ニキビに対処出来るのは、これらの成分を含んだ化粧水です。

  • イソプロピルメチルフェノール
  • グリチルリチン酸二カリウム
  • サリチル酸

これらの成分は、アクネ菌の繁殖や皮脂の過剰分泌を抑える働きを持ちます。
また、症状が進行し赤くなった大人ニキビ(吹き出物)の場合、これらの成分を含んだ化粧水が有効です。

・ビタミンC誘導体
・ビタミンA・E

これらは炎症による赤みだけでなく、色素沈着を起こしたニキビ跡にも効果を発揮します。
ニキビケアのために化粧水を購入する場合、刺激のないアルコールフリーのものを選んでください。

大人ニキビ(吹き出物)の症状で薬を使い分けよう

症状が酷くないうちは、市販の薬で大人ニキビ(吹き出物)を治す事が可能です。
炎症を起こした赤ニキビには、以下の成分が入った薬を使いましょう。

  • イブプロフェンピコノール
  • イソプロピルメチルフェノール
  • ヒドロコルチゾン
  • オキシテトラサイクリン塩酸塩

これらの成分には抗炎症作用、抗菌作用があります。
アクネ菌の増殖を抑え患部の炎症、化膿を改善させてくれるのです。

また、2014年に厚生労働省によって認可された過酸化ベンゾイルという成分は、白ニキビにも赤ニキビにも有効とされています。
この成分には抗菌作用の他、肌のターンオーバーを促す働きもあり、大人ニキビ(吹き出物)のケアに役立てられているのです。

市販の薬で治らなければ皮膚科の薬で治す

大人ニキビ(吹き出物)は本来、市販の薬や化粧品に頼る前に皮膚科を受診した方が確実に早く治せます。
市販の薬を使っていて改善が見られない場合、早めに皮膚科で薬を処方してもらいましょう。

自己判断で無理に市販薬を使い続けていると、かえって悪化したりニキビ跡が残る事があります。
また、炎症が進行すると黄ニキビや紫ニキビになっていきますが、それらはもう市販薬で治す事は不可能です。

そこまで進行してしまった場合は、なおさら皮膚科へ行きましょう。

大人ニキビと吹き出物のまとめ

大人ニキビと吹き出物のまとめ

今回は、大人ニキビと吹き出物に違いがないという点に加えて、原因と治し方についてご説明しました。
薬や化粧品で大人ニキビ(吹き出物)を治す事は出来ます。

しかし、これらは尋常性ざ瘡という1つの皮膚疾患なので、市販薬や化粧品に頼り過ぎず皮膚科を受診した方が治りは早いでしょう。
既に出来てしまった大人ニキビ(吹き出物)をケアする事は必要です。

しかし、日頃のスキンケアや生活習慣を見直す事も重要と言えます。
毎日の習慣によって、大人ニキビ(吹き出物)を予防する事にも繋がるのです。

大人ニキビランキング