大人ニキビと大豆イソフラボン

最近ではスキンケア用品にもなって販売されている大豆イソフラボン。
一度は試した事がある方もいると思います。

大豆イソフラボンの、大人ニキビへの効果について見ていきましょう。

大人ニキビランキング

大豆イソフラボンで大人ニキビを改善出来るのは本当?

大豆イソフラボンで大人ニキビが改善する効果はあるのでしょうか。
普段からしっかりとスキンケアをしているのに、大人ニキビが出来てしまう方も中にはいると思います。

大人ニキビと言えば、毛穴の詰まりや偏った生活習慣から起こるものなのは、ご存知の方もいるでしょう。
実は大人ニキビの原因の1つに、ホルモンバランスの乱れがあります。

大豆イソフラボンは、そんな大人ニキビの原因であるホルモンバランスを整えてくれる働きがあるのです。

大豆イソフラボンと大人ニキビの関係は?

大豆イソフラボンと大人ニキビの関係

大人ニキビはなぜ繰り返し出来てしまうのでしょうか。
大人ニキビの多くの原因は、ホルモンバランスの乱れです。

女性には、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンが存在します。
この2つのホルモンは約28日周期でそれぞれ分泌量が変わり、どちらかのホルモンが優位に立って働いているのです。

不規則な生活や日常のストレスなどでこのホルモンバランスが崩れると、大人ニキビが出来やすい肌質へと変化してしまいます。
大豆イソフラボンには、そんな女性ホルモンのバランスを整える働きがあるとして、注目されているのです。

大豆イソフラボンは大人ニキビの原因であるホルモンバランスを整える

大豆イソフラボンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)に似た働きがあります。
女性らしさを保つ働きがあり、髪の毛やお肌のツヤを整えてくれるホルモンがエストロゲン。

エストロゲンが少ないと、お肌を健康的に保つコラーゲンやヒアルロン酸の成分が十分にされません。
そのため、お肌のハリやツヤが失われ、大人ニキビが出来る原因となってしまうのです。

体内のエストロゲンが不足している時には、大豆イソフラボンが代わりとなり働いてくれます。
そのため、ホルモンバランスが崩れて大人ニキビが出来てしまっても、大豆イソフラボンの効果で改善する事が期待されているのです。

大豆イソフラボンが細胞を傷付ける活性酸素を抑え大人ニキビを改善

活性酸素というのは、体内で細菌やウイルスを撃退してくれる役割があります。
しかし、この活性酸素が増えすぎると正常な細胞を傷つけ、酸化させてしまうのです。

活性酸素というのは、ストレスや生活習慣の乱れ、紫外線量が増える事により発生しやすくなります。
大豆イソフラボンは摂取し続ける事で、活性酸素が増えるのを抑えてくれる役割があるのです。

そして人間の体にも、活性酸素を取り除く抗酸化力が備わっています。
大豆イソフラボンの大元である大豆ポリフェノールには、私たちの抗酸化作用を高めてくれる働きが認められてるのです。

このため、大人ニキビを改善しつつ、なおかつ大人ニキビが出来にくい健康なお肌を保ち続ける事が出来るでしょう。

生理前の大人ニキビも大豆イソフラボンが効果的

大豆イソフラボンはエストロゲンの代わりになるだけではなく、女性ホルモンの分泌を調整してくれる働きもあります。
生理前の大人ニキビは、代表的なPMSの症状の1つです。

PMSはエストロゲンとプロゲステロンのバランスを整える事で緩和されるため、大人ニキビが出来にくい肌に変える事が期待出来ます。
大豆イソフラボンを上手に摂取する事で、2つのホルモンのバランスを整えていきましょう。

早く治したい大人ニキビ!大豆イソフラボンを摂取する方法や注意点

早く治したい大人ニキビ!大豆イソフラボンを摂取する方法や注意点

大豆イソフラボンがなぜ大人ニキビに効果があるのかは、大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをしてくれるからでした。
では、具体的にどのように大豆イソフラボンを摂取し、何に注意すれば良いのでしょうか。

下記でご紹介していきます。

大豆イソフラボンは一日に摂取したほうが良い量がある?

大豆イソフラボンの摂取量は、毎日75mgとされています。
大豆イソフラボンの75mgというのは、どれくらいの大豆製品を食べれば良いのでしょうか。

どの食品にどれくらいの大豆イソフラボンが含まれているかを目安でご紹介します。

・納豆1パック(45g)に約36mg
・豆腐半丁(150g)に約42mg
・豆乳1パック(200ml)に約41mg
・味噌汁1杯(20g)に約6mg

普段から和食を食べる方は、大豆イソフラボンを摂取していると言えそうです。
大人ニキビを改善・予防するには積極的に摂取すると良いでしょう。

大人ニキビに効果的な大豆イソフラボンのオススメの食事と注意点は?

大豆イソフラボンが含まれる食品は、和食によく使われるものが多いでしょう。
そんな大豆イソフラボンを効果的に摂取するためにオススメな食事は、以下の通りです。

豆腐1/4丁+厚揚げ2/1枚+大豆煮豆30g+お味噌汁1杯

1食の食事で、これだけでも約73mgの大豆イソフラボンを摂取する事が出来きます。
もちろん調味料の醤油にも大豆イソフラボンが含まれているので、一日の摂取量をほぼまかなう事が出来るのです。

和食をなかなか食べない方は、豆乳を使ったホットドリンクがオススメ。
豆乳を注いだマグカップにきなこを小さじ2~3杯いれ、電子レンジで1分30秒ほど温めます。

お好みでハチミツなどを加えて飲むと、美味しく大豆イソフラボンが摂取出来ますよ。
ただ、豆乳は飲みすぎるとかえって肌荒れを引き起こす事があるので注意してください。

また「大人ニキビを早く治したい!」と意識するあまり、普段の食事が穀物や野菜不足にならない様にも注意しましょう。

大豆イソフラボンが入ったサプリメントは大人ニキビを改善出来る?

食事以外にも、大豆イソフラボンを摂取する方法としてサプリメントがあります。
サプリも食品と同様に女性ホルモンのバランスを整える働きがあるので、大人ニキビを改善するこ事が出来ます。

大豆イソフラボンを含むサプリには、「グリコシド型」と「アグリコン型」の2種類があります。
「グリコシド型」は糖と結合した物で、「アグリコン型」は糖を分離した物です。

体内で吸収されエストロゲンに似た効果を得る際に、「アグリコン型」のサプリを選ぶとより早く体内に吸収されるので効果的でしょう。
ただ、大豆イソフラボンを補う場合には過剰摂取に注意が必要です。

ホルモンへの影響力が大きい大豆イソフラボンは、過剰摂取をすると逆にホルモンバランスを崩してしまう事があります。
必ず用法・容量を正しく守り、日々の食生活とのバランスをとりながら摂取するようにしましょう。

また、妊娠中や授乳中の方、大豆アレルギーをお持ちの方はお医者さんと相談してから取り組んでください。

大人ニキビと大豆イソフラボンのまとめ

大人ニキビと大豆イソフラボンのまとめ

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあり、大人ニキビを改善・予防するのに効果的です。
女性である以上、どうしても2つのホルモンバランスは日々変わっていきます。

大豆イソフラボンを摂取する事でホルモンバランスを整え、細胞を傷付ける活性酸素を抑える事が出来ます。
その結果、大人ニキビを改善・予防し、健康なお肌に変えていけるのです。

普段の食事に大豆イソフラボンを上手に取り入れ、大人ニキビのないキレイなお肌にしていきましょう。
食生活を整えたのに大人ニキビがなかなか改善されない方は、他の原因があるかも知れません。

大人ニキビ用のスキンケア用品を併せて使ってみるのも方法の1つです。

大人ニキビランキング