大人の吹き出物

口周りや鼻によく出来る吹き出物は「大人ニキビ」とも呼ばれ、治りが遅くてとても厄介なものです。
「若い頃のニキビは、すぐに治ったのに。」そういう方はとても多いと思います。

吹き出物は症状が悪化すると、痛みや痒みがあり、膿が溜まる事もあります。
このため、吹き出物が出来た時は、早めに対処をする必要があるのです。

しかし、大人の吹き出物は、思春期ニキビと異なる原因で出来るため、改善の方法も違います。
そこで、今回は大人の吹き出物の原因や、治し方を解説します。

吹き出物に悩む方は、ぜひ参考にして下さい。

大人ニキビランキング

大人の吹き出物が出来る原因と気になる事

吹き出物を早く治すために、市販の薬やニキビ用の基礎化粧品を使う方は多いと思います。
しかし、「しっかりケアを行ったのに、治りが悪い。」と感じる方は多いものです。

大人の吹き出物は、思春期ニキビとは違う原因で発生します。
このため、若い頃に使っていたケアアイテムや化粧品では治らない事があるのです。

下記では、大人の吹き出物の気になる事をご紹介します。
併せて、大人の吹き出物の原因を解説するので、思い当たる節が無いかを振り返ってみましょう。

思春期ニキビと大人の吹き出物の違いは?

ニキビや吹き出物が炎症を起こすメカニズムは、どちらも同じです。
思春期ニキビも大人の吹き出物も、詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖する事で発生します。

しかし、大人の吹き出物と思春期ニキビは、毛穴が詰まる原因が違うのです。
思春期ニキビは、子供が大人の体になるために、成長ホルモンや性ホルモンの分泌量が急激に増える事で発生します。

成長ホルモンや性ホルモンは皮脂を多く分泌するため、毛穴が詰まってニキビになるのです。
思春期ニキビは主に、Tゾーンに出来やすいという特徴があります。

一方、大人の吹き出物は、加齢によるホルモンの分泌量の低下、ターンオーバーの乱れなどが原因で発生します。
その他の原因なども合わさる事で、皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まって吹き出物が出来るのです。

そんな大人の吹き出物は、主に、顎やフェイスラインに出来やすいという特徴があります。
大人の吹き出物が出来る詳しい原因は、下記でご紹介します。

吹き出物の原因1:お肌の乾燥

若い頃とは違い、大人の肌は乾燥しやすいものです。
これは、体内の水分不足や間違ったスキンケアなどが原因と言われています。

お肌は乾燥すると皮脂を多く分泌するため、毛穴が詰まって吹き出物が出来やすいのです。
体内や肌の水分量は、加齢と共に減少する事が分かっています。

これは、大人になると水分補給の回数が減ったり、塩分濃度が高い食事を摂る事が原因と言われています。
また、化粧品や汚れを落とすために使うクレンジングや洗顔料も、吹き出物の原因になります。

効果が強過ぎる洗顔料などは、必要な皮脂まで流してしまうため、お肌が乾燥するのです。
本来、皮脂は皮膚の水分蒸発を防いだり、外部刺激からお肌を守る役割を持っています。

皮脂は、多過ぎても少なくても吹き出物の原因に繋がります。
吹き出物が出来ないお肌に大切なのは、体内の水分量と適度な皮脂のバランスなのです。

吹き出物の原因2:乱れた食生活

仕事や家事が忙しいと、つい乱れがちな食生活。
「炭水化物と肉ばかりで、野菜はあまり食べない。」という方は意外と多くいます。

しかし、乱れた食生活が続くと、大人の吹き出物が出来やすい肌質に変わってしまうのです。
食生活の乱れ以外にも、ケーキや揚げ物などの油分が多い物をよく食べる方は、注意をしましょう。

油分の多い食事は、皮脂が多く分泌されるため、毛穴詰まりが起きやすくなります。
また、偏った食生活は体内やお肌に必要な栄養が不足するため、身体全体の免疫機能が低下する原因になるのです。

身体の免疫機能が低下すると、お肌もアクネ菌などの細菌に負けやすくなり、大人の吹き出物が出来てしまいます。
その他、風邪をひきやすいなど体の不調の原因にもなるため、良い事がありません。

吹き出物の原因3:睡眠不足

趣味や娯楽が楽しいと、つい睡眠時間を削ってしまう方は多いと思います。
あまり眠らなかった朝は、化粧のノリが悪く感じるものです。

睡眠不足は、肌荒れや大人の吹き出物が出来る原因になります。
これらの原因には、睡眠時に分泌される成長ホルモンが大きく関わっています。

成長ホルモンは、骨や筋肉の質を保つほか、日中にお肌や体が受けたダメージを修復する役割があるのです。
しかし、睡眠不足が続いてしまうと、成長ホルモンは充分に分泌されません。

お肌のダメージが修復が間に合わないため、化粧のノリが悪くなる、吹き出物の治りが遅いなどの肌トラブルが起こるのです。
さらに、睡眠不足はお肌のターンオーバー周期を乱れさせる原因にもなります。

睡眠不足でターンオーバー周期が乱れると、古い角質が毛穴に詰まり、新たな大人の吹き出物が出来る原因になるのです。

吹き出物の原因4:便秘

お肌に関係無いと思われがちな便秘も、実は大人の吹き出物の原因です。
特に、女性は便秘になりやすく、その数は男性の約2倍とも言われています。

便秘は体内の水分量の低下やストレス、無理なダイエットなど、原因が沢山あります。
しかし、一貫して言えるのは、食べ物が腸内で腐敗し、有毒物質や悪玉菌が増えている状態という事です。

有害物質は腸に吸収され、血液に溶けて全身を巡ります。
本来は肝臓によって解毒されるのですが、肝機能が低下していると有毒物質の解毒が間に合いません。

すると、血液中に残った有毒物質は吹き出物として姿を現します。
大人になると、朝ご飯を食べない、夜ご飯が遅い時間という方が増えると言われています。

このような方は、便秘になりやすいので注意して下さい。
特に、遅い時間の夜ご飯は胃腸に負担が掛かり、消化がスムーズに出来ません。

腸内環境を悪化させ、便秘や吹き出物の原因になるので気を付けましょう。

吹き出物の原因5:過度なストレス

大人の吹き出物は、ストレスが原因で発生する事があります。
これには、副腎皮質から分泌される「コルチゾール」というホルモンが大きく関わっています。

コルチゾールには、身体の機能バランスを整える他、日々のストレスに抵抗する役割があります。
主に、強いストレスを感じた時に多く分泌され、心身がストレスに負けない様にサポートをしています。

しかし、このコルチゾールには、男性ホルモンの分泌を促してしまう厄介な面もあるのです。
男性ホルモンには、お肌を乾燥させたり、皮脂を多く分泌する働きがあります。

このため、毛穴詰まりの条件が全て揃ってしまい、吹き出物が出来やすくなるのです。
その他、ストレスは女性ホルモンのバランスも崩してしまうため、生理不順や婦人病などのリスクがあり、良い事がありません。

大人の吹き出物が出来る部位と治し方は?

大人の吹き出物が出来る部位と治し方

大人の吹き出物と言えば、「顎やフェイスラインに出来るもの」というイメージを持っている方は多いと思います。
しかし、大人の吹き出物は顔全体はもちろん、身体のあちこちに出来るものです。

ここからは、大人の吹き出物の出来る部位と、治し方についてご紹介します。
しっかりとケアを行って、早く吹き出物を治しましょう。

おでこの吹き出物

おでこは、皮脂腺が多いため皮脂が出やすく、さらに前髪で隠れる部位です。
皮脂を好んでエサとし、紫外線や酸素が苦手なアクネ菌にとっては、繁殖に好都合な環境が揃っています。

大人の吹き出物はもちろん、思春期ニキビやベタつき、テカリが起きやすい部位なのです。
しかし、皮脂が多いからと言って強い洗顔料を使うと、お肌が乾燥して余計に皮脂の分泌を促してしまいます。

おでこの吹き出物を治すには、化粧水や乳液でしっかりと保湿を行って下さい。
お肌が潤えば皮脂の分泌量は少なくなり、吹き出物が発生する事も減ります。

また、吹き出物を治すために、整髪料の付着を防いだり、家に居る時は前髪を上げるなどの工夫を行うと良いでしょう。

頬の吹き出物

頬は、顔の中でも特に乾燥しやすい部位です。
もともと頬の毛穴は小さいため、乾燥するとすぐに毛穴詰まりを起こしてしまいます。

大人の吹き出物が頬に出来たり跡になると、とても目立つ部位なので、しっかりとケアを行う必要があります。
頬の吹き出物を治すには、お肌の内部まで潤す事が出来るスキンケア用品を選びましょう。

化粧水などは保湿成分をナノ化し、浸透力が高いアイテムが効果的です。
また、お肌のバリア機能を高める事が出来るスキンケア用品を選ぶ事も良いでしょう。

頬の吹き出物は内臓機能が弱まると出来る事もあるので、食生活を見直す事もオススメです。

鼻の吹き出物

鼻は顔の中でも最も毛穴が多く、思春期ニキビや大人の吹き出物が出来やすい部位です。
また、皮脂腺が多いため大量のアクネ菌が繁殖し、吹き出物の重症化やニキビ跡になる事もあります。

まだ炎症が起きていない場合でも、黒ニキビとして目立つため、早めに治したいものです。
そんな鼻の吹き出物は、運動で汗を掻く、スキンケアをしっかり行うなどの方法で治す事が出来ます。

また、ビタミン類が多く配合された市販薬やサプリを飲むと、皮脂の分泌を抑える事が出来るのでオススメです。
しかし、大人の吹き出物の炎症が酷い場合は、市販のニキビ薬を使うと良いでしょう。

顎の吹き出物

本来、女性は顎の毛穴が小さく皮脂腺や汗腺も少ないため、あまり吹き出物は出来ません。
しかし、大人の吹き出物は、顎や口周りに一番多く発生します。

これは、女性ホルモンのバランスの乱れや、男性ホルモンの増加などが原因です。
また、髪の毛が触れる、頬杖を付くなどの行為がお肌を刺激してしまい、吹き出物が出来る事もあります。

しかし、顎の吹き出物のほとんどの原因は、化粧品の洗い残しや保湿不足によるものです。
洗い残しが無いように洗顔を行い、保湿力の高い基礎化粧品を使う事をオススメします。

ただし、吹き出物が膿んでいる場合は、病院で処方される抗生物質を使った方が良いでしょう。
また、皮膚科や市販で買えるステロイド配合の塗り薬を使う事も効果的です。

背中の吹き出物

実は、背中は皮脂や汗の分泌が多い部位です。
しかし、手が届きにくいため、入浴時でも洗いきれず、古い角質や余分な皮脂が残っている事があります。

このため、背中にも大人の吹き出物が出来るのです。
背中の吹き出物を治す場合は、刺激の少ないボディタオルを使いましょう。

また、月に1、2回程度のアカスリやピーリングを行う事も効果的です。
ただし、これらのケアを行うと、背中の皮膚は一時的にバリア機能が低下した状態になります。

顔と同様に、背中にも化粧水やクリームを使って保湿を行って下さい。
背中に手が届かない場合は、化粧水をスプレーボトルなどに詰めて使うと良いでしょう。

足や腕の吹き出物

足や腕に出来る大人の吹き出物は、衣類の擦れや紫外線が原因と言われています。
顔や背中に出来る吹き出物とは違い、痛みや痒みはほとんどありません。

身体の吹き出物は、手で届くためつい触ってしまいますが、無理に潰す事は止めましょう。
なぜなら、身体に出来る吹き出物は、ニキビ跡ではなく「ケロイド」というシコリになる可能性が高いからです。

足や腕、首や身体に出来る吹き出物は、お肌を清潔にして保湿をしっかりと行いましょう。
そして、市販や皮膚科などで購入した塗り薬を塗って下さい。

どうしても吹き出物が衣類に触れてしまう場合は、絆創膏を貼るなどの工夫を行いましょう。

大人の吹き出物を治す方法は?

大人の吹き出物を治す方法

先述した通り、大人の吹き出物は様々な原因が積み重なる事で発生します。
吹き出物は重症化や跡になりやすいので、出来た時はしっかりケアを行い治しましょう。

下記では、大人の吹き出物を治す方法をご紹介します。
これら全てを行う事は難しく、頑張り過ぎても逆にストレスが溜まってしまいます。

自分に合うものや出来る事からコツコツと始めてみましょう。

スキンケアを見直す

大人の肌は乾燥によって皮脂が分泌するため、しっかりと保湿を行う事が大切です。
吹き出物が繰り返し出来る方は、今使っている基礎化粧品を見直したり、以下のスキンケア方法を行ってみましょう。

・洗顔は1日2回のみ行う
・洗顔料はしっかり泡立ててから使う
・皮脂の多いおでこやTゾーンから洗う
・ぬるま湯(30~34℃)ですすぐ
・最低でも20回はすすぐ
・お肌の乾燥具合に合わせてクリームなどをプラスする

お肌の清潔を意識するあまり、ゴシゴシと力強い洗顔を行うと、敏感肌や吹き出物の原因になります。
また、フェイスラインや髪の毛の生え際は、洗い残しやすすぎ残しが多い部位です。

スキンケアは、「優しく丁寧に」を心がけて行いましょう。
そして、保湿は洗顔後に出来るだけ早く行い、お肌の乾燥を防いで下さい。

週に1度はパックやピーリングを行うとより効果的です。
スキンケアで大人の吹き出物を早く治しましょう。

栄養バランスが整った食事を摂る

いくらニキビ用のケアアイテムを使っても、体内が栄養不足では吹き出物は繰り返し出来てしまいます。
栄養バランスが整った食事を心がけて、体の内側から吹き出物のケアを行いましょう。

ビタミンA

かぼちゃ、ホウレン草、ニンジンなど

ビタミンB群

乳製品、レバー、魚類など

ビタミンC

柑橘類、緑黄色野菜など

ビタミンE

レバー、魚介類、ナッツ類など

食物繊維

根菜類、きのこ類、海藻類など

上記の食品には、大人の吹き出物を治すために効果的な栄養素が沢山含まれています。
1日3食の中に上手に取り入れてみましょう。

しかし、中には自炊しない、野菜価格の高騰で買いづらいという方も多いと思います。
食事で栄養を補う事が1番理想とされていますが、これらの理由があると難しいものです。

この場合は、上記の栄養素を含んだ市販のサプリや飲み薬で補うと良いでしょう。

質の良い睡眠をとる

吹き出物やお肌のダメージを修復する成長ホルモンは、就寝してから約3時間経った時に分泌量のピークを迎えます。
そして、睡眠を約6時間とれれば、充分な成長ホルモンが分泌出来ると言われています。

しかし、眠りが浅い、夜中に何度も起きるなどの質の悪い睡眠は、成長ホルモンが充分に分泌されていません。
大人の吹き出物を治すのに大切なのは、質の良い睡眠を約6時間程度とる事です。

質の良い睡眠をとるために、以下の事を行ってみましょう。

・就寝直前のスマホやテレビの光を避ける
・湯船で体を温めてから布団に入る
・寝る前に軽いストレッチを行う
・就寝の3時間前には夕食を済ませておく
・カフェインを含む飲料は、就寝前の4時間は避ける

入浴やストレッチは、血流が良くなり冷え症やダイエットにも効果的なのでオススメです。
無理のない事から続けてみましょう。

ストレスを解消する

上記でも解説したように、過度なストレスは大人の吹き出物の原因になります。
仕事や子育て、人間関係などでストレスを感じた時は、適度に発散をしましょう。

ストレスを解消するには、以下の方法が挙げられます。

  • ぐっすり寝る
  • 適度な運動を行う
  • 趣味や娯楽を楽しむ
  • 感動する映画で涙を流す
  • ぬるめの湯船にゆっくり浸かる
  • お香やアロマを焚く
  • ハーブティーを飲む

オススメのストレス解消方法は、感動の涙を流す事です。
涙を流す事により、脳が緊張からリラックスにスイッチを切り替える事が出来ます。

もちろん、上記以外にも自分が好きな方法でストレスを解消する事も効果的です。
しかし、飲食でストレスを解消する場合は、少し気を付けましょう。

食べ過ぎや飲みすぎは胃腸に負担を掛けるため、新たな吹き出物が出来る原因に繋がります。
上手にストレスを解消して、大人の吹き出物を治しましょう。

病院で治療する

基礎化粧品や生活習慣を見直しても吹き出物が改善されない時は、無理をせずに病院を受診しましょう。
皮膚科で処方される薬を使う事で、大人の吹き出物を早く治す事が出来ます。

一般的に病院の皮膚科で処方される薬には、以下の物が挙げられます。

  • ダラシンtゲル
  • ディフェインゲル
  • ミノマイシン
  • ルリッド

大人の吹き出物は、主に抗生物質やステロイドを使った治療が行われます。
アレルギーや体質によっては処方を出来ない薬もあるため、お薬手帳を持って行くと安心でしょう。

また、皮膚科以外にも、婦人科で処方されるピルやホルモン剤で吹き出物を治す事も出来ます。
治療方法によって掛かる費用が変わるため、肌質はもちろん経済面などの事も考えて選択をしましょう。

大人の吹き出物が出来る原因と治し方のまとめ

大人の吹き出物が出来る原因と治し方のまとめ

大人の吹き出物は、不規則な生活やストレス、保湿不足などが原因で発生します。
このため、生活習慣の改善やストレス解消、スキンケアをしっかり行う事が吹き出物を防ぐ方法と言えるのです。

栄養バランスが整った食事や、質の良い睡眠をとる事を心がけましょう。
しかし、仕事や家事が忙しいと、全ての改善をする事は難しいものです。

そんな方は、スキンケア用品を大人ニキビ用の物に変えてみる事から始めると良いでしょう。
いつもと変わらない生活でも、吹き出物の改善をする事が出来ます。

トライアルセットを販売しているメーカーが多いので、まずは自分のお肌に合うかを試すと良いでしょう。
ただし、どうしても吹き出物が治らない場合は、皮膚科を受診して下さい。

自分に出来そうな事から始めて、吹き出物知らずのキレイなお肌になりましょう。

大人ニキビランキング