ニキビと疲れ

仕事や家事・育児などが忙しいと、いつの間にかブツブツと現れるニキビ。
「最近、忙しくて疲れていたからかな?」と、日々の生活を振り返る事が多々あると思います。

疲れが溜まると、ニキビの発生だけではなく、お肌全体の調子も悪くなるものです。
このため、「メイク時に化粧ノリの悪さを感じる!」と言う方はとても多くいる事でしょう。

実は、疲れニキビは「体の疲れ」か「心の疲れ」かによって、発生する場所が違います。
ニキビケアを効果的に行うには、「何の疲れが原因なのか」をチェックする必要があるのです。

そこで今回は、疲れた時に出来るニキビの原因と治し方について解説をします。
自分に当てはまる原因と治し方を確認して、ニキビの無いキレイなお肌に近づけましょう。

大人ニキビランキング

疲れた時にニキビ出来る原因は?

そもそも、なぜ疲れた時はニキビが出来るのでしょうか。
昔からよく聞く話なのですが、そのメカニズムを知っている方は少ないと思います。

まず下記では、疲れた時にニキビが出来る原因を6つご紹介していきます。
疲労ニキビの原因を知って、効果的な治し方を覚えましょう。

寝不足

寝不足はお肌に無関係だと思われますが、実はとてもニキビと深い関係があります。
私たちの身体が日中受けたダメージは、睡眠時に分泌される成長ホルモンによって修復されています。

この成長ホルモンのおかげで疲れが解消されたり、ニキビが早く治るのです。
しかし、夜更かしやストレスなどで寝不足状態が続くと、成長ホルモンが十分に分泌されません。

すると、体やお肌のダメージ修復が間に合わず、ニキビの改善に時間が掛かるのです。
また、後述しますが、寝不足が続くと自律神経が乱れ、交感神経ばかりが優位に立ってしまいます。

交感神経は男性ホルモンの分泌量を増やすため、皮脂の過剰分泌を引き起こします。
その結果、余分な皮脂が毛穴に詰まり、新たなニキビが出来るのです。

寝不足は「ニキビが出来やすく、治りにくい」という悪循環を生んでしまいます。
このため、睡眠はニキビケアにはとても大切と言えるのです。

免疫力の低下

仕事や家事が忙しいと、つい食事や睡眠の質が下がってしまうものです。
しかし、そんな生活ばかりを続けていては、身体の免疫力が低下してしまいます。

免疫力の低下は、口内炎や風邪などの身体の不調以外にも、ニキビの原因になります。
これは、体内の免疫力と同時に、お肌のバリア機能も低下するからなのです。

本来、お肌のバリア機能が正常であれば、菌の繁殖を防ぐ事が出来ます。
しかし、ストレスや肉体的な疲れが溜まるとバリア機能が低下し、お肌は菌に負けやすくなります。

すると、いつもと変わらない生活を送っていても、突然ニキビが現れるのです。
免疫力低下の主な原因は、栄養バランスの偏った食事や睡眠不足が挙げられます。

また、女性はホルモンバランスの変動によって、免疫力が低下する時期があります。
「生理前は体調が優れない」と言う方は、体調不良はもちろん、ニキビも出来やすい傾向にあるので注意が必要です。

内臓機能の低下

「皮膚は内臓を映し出す鏡」と言われるほど、お肌と内臓は深い関係があります。
これには、体内に溜まる毒素が深く関係しています。

体内で生成された栄養分のカスや不必要な栄養素などは、血液に混ざって体中を巡ります。
内臓はそんな不必要な物質を解毒し、体外へ排出する働きがあるのです。

しかし、過労やストレスが溜まると内臓が疲れ、老廃物の解毒がスムーズに出来なくなります。
すると、体内には解毒しきれない老廃物が溜まってしまいます。

これをどうにか体外へ排出しようとした結果が、ニキビとなって現れるのです。
内臓機能の低下の主な原因は、食べ過ぎ・飲みすぎが挙げられます。

その他、冷たい物ばかりの摂取、寝る直前の食事なども内臓機能を低下させます。
また、過度な疲れやストレスが内臓機能を低下させる事もあります。

ニキビ以外にも内臓機能障害などの重篤な病気を招く事もあるので、注意が必要です。

自律神経の乱れ

仕事のプレッシャーや人間関係のトラブルなど、自律神経は精神的な疲れで乱れる事が多いと言われています。

交感神経

昼の神経と呼ばれ、興奮時やストレスを感じた時に優位に立つ
心と体がストレスに負けないように、男性ホルモンを分泌させる

副交感神経

夜の神経と呼ばれ、就寝中やリラックス時に優位に立つ
身体機能の回復や、活動するための栄養補給をサポートする

ストレスを感じて交感神経ばかりが優位に立つと、男性ホルモンが多く分泌されます。
この男性ホルモンは角質やお肌を硬くさせ、皮脂の分泌量を増します。

この結果、皮脂や角質で毛穴が詰まりやすく、ニキビが発生するのです。
このため、キレイなお肌を目指すには、定期的に疲れを解消し、自律神経を安定させる事が大切と言えます。

女性は、更年期や生理など女性ホルモンの分泌量の変動で、自律神経が乱れる場合もあります。
この場合は自宅での改善が難しい事が多いので、病院を受診するなどの対策を行いましょう。

活性酸素の増加

活性酸素とは、体内で使われなかった酸素が酸化したものの事です。
体内やお肌に侵入したウイルスを撃退する良い効果がある反面、老化やシミなどの原因になると言われています。

活性酸素は、酸化する時に強い殺菌効果をもたらします。
これにより、ニキビの原因であるアクネ菌の繁殖を防ぐのですが、周囲の皮膚細胞を破壊すると言う厄介な一面もあります。

皮膚細胞の破壊によりお肌のバリア機能が低下し、ニキビが出来やすい環境が整ってしまうのです。
活性酸素が増加する主な原因は、ストレスや激しい運動などの疲れなどが挙げられます。

また、紫外線による皮膚刺激も活性酸素を増加させる原因と言われています。
私たちは生きている以上、活性酸素を生み出す生き物です。

しかし、食事や生活習慣の改善で、活性酸素の増加は食い止める事が出来ます。
ニキビに悩んでいる方は、これを機に生活習慣を見直してみると良いでしょう。

リンパの流れや血行不良

血液は、体内の健康維持に必要な栄養分を体の隅々まで運ぶ役割があります。
一方、リンパは不要な栄養分やウイルス、老廃物を体外へ流す役目を持っています。

基本的に血行やリンパの流れが良好であれば、老廃物が体内に蓄積される事はありません。
しかし、体の疲れが溜まると血行の流れが悪くなり、同時にリンパの流れも悪化するのです。

血行不良は、新しいお肌を生成するために必要な栄養分が届かないため、ターンオーバーの周期が遅れます。
すると、古いお肌が硬くなり、毛穴詰まりによるニキビや肌荒れなどを引き起こすのです。

また、リンパの流れが悪くなると、体内に老廃物がどんどん溜まった状態になります。
それをなんとか体外に排出しようとした結果、ニキビとして姿を現すのです。

リンパや血行不良の主な原因は、喫煙や水分不足、筋肉量の低下などが挙げられます。
運動を行う習慣がない方やむくみやすい方などは、疲れニキビが出来やすい人と言えるでしょう。

ニキビの場所でどんな疲れかが分かる!

ニキビの場所でどんな疲れかが分かる

上記では、疲れによってニキビが出来る原因について解説をしてきました。
ここからは、ニキビの場所によってどんな疲れが原因なのかをご紹介していきます。

自身に当てはまる疲れニキビを確認し、出来そうな対策を実践してみましょう。

おでこ

おでこは皮脂腺が活発なため、顔の中でも特に皮脂の分泌量が多い場所です。
このため、普段からニキビが出来やすい場所と言えます。

しかし、以下の原因が積み重なって体が疲れると、ニキビが頻繁に出来るようになります。

【おでこニキビの原因】

  • 寝不足
  • 自律神経の乱れ
  • 内臓機能の低下
  • ターンオーバーの乱れ

これらは皮脂の分泌をより活発に促すため、簡単に毛穴詰りが起こります。
その皮脂をエサにアクネ菌が大量に繁殖する事で、炎症を起こしたニキビが出来るのです。

【対策】

おでこニキビの改善・予防には、しっかりと睡眠をとる事が重要と言えます。
睡眠時に分泌される成長ホルモンは内臓機能の回復やターンオーバー、自律神経の正常化に働くため、とても効果的な方法なのです。

体の疲れを睡眠でしっかりと解消する事で、ニキビの無いキレイなお肌に近づく事が出来るでしょう。

鼻は、毛穴が多く皮脂腺も発達しているため、ニキビが発生しやすい場所です。
手やメイク道具が触れる事が多いため、炎症が悪化しやすいと言う特徴があります。

【鼻ニキビの原因】

  • 肝臓や腸の疲れ
  • 紫外線による活性酸素の増加

鼻ニキビは、内臓の疲れと外部刺激によって発生する事が多いと言われています。
特に、毛穴の奥で炎症を起こしている場合は肝臓や腸が疲れている証拠なので、しっかりとケアを行う事が大切です。

【対策】

鼻ニキビが出来た時は、暴飲暴食を続けていないかを振り返ってみましょう。
特に、胃腸に負担を掛けるアルコールは鼻ニキビの原因になります。

アルコールを控える、なるべく度数の低い種類に変えるなどの工夫を行って下さい。
また、スッピンで外出する時は、必ず紫外線対策を行う様にしましょう。

お肌と内臓の負担を減らす事が、鼻ニキビの改善・予防方法だと言えるのです。

鼻の下

鼻の下は頬やおでこと比べ、毛穴が元々大きい場所です。
毛穴に溜まった角栓が酸化し、ザラつきや黒ずみが気になる方は多いと思います。

【鼻の下のニキビの原因】

  • ストレス
  • 内臓機能の低下
  • 寝不足
  • ビタミン不足

鼻の下に出来るニキビは、内臓機能の低下が主な原因と言われています。
お酒の飲みすぎや暴飲暴食によって肝臓や胃腸が疲れ、蓄積した毒素がニキビとして姿を現すようです。

【対策】

鼻の下のニキビを予防するには、胃腸や肝臓に負担を掛けない事が大切と言えます。
そのためには、消化の良い食べ物を選ぶ、良く噛んで食べるなどの工夫が必要です。

胃腸に負担が掛からないためにも、就寝直前の食事を避けるなどの工夫を行いましょう。
また、鼻の下のニキビは痛みを伴う事が多いので、刺激を与えて潰したりしない様に注意して下さい。

口周り

口周りの皮膚は皮脂腺が少ないため、あまりニキビは出来ないと言われています。
しかし、以下の原因が積み重なり、炎症を起こしたニキビが発生する事があります。

【口周りのニキビの原因】

  • 胃腸の疲れ
  • ストレス

甘い物や辛い物、カフェインなどの摂り過ぎで胃腸が疲れ、ニキビが出来るケースが多いと言われています。
その他、唇の端が切れるなどの肌トラブルもよく発生します。

【対策】

口周りのニキビや傷は治りが遅いため、根気よくケアを行う事が大切です。
暴飲暴食は止め、温かく胃腸に優しい食事を続ける様に心がけましょう。

また、口の周りは食べ物の汚れが付着しやすい部位でもあります。
食後はウェットティッシュなどで口周りを拭くなど、清潔を保つ様にしましょう。

あご

顎はホルモンバランスの影響を1番受けやすく、大人ニキビが出来る場所として知られています。

【顎ニキビの原因】

  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

あごは皮脂腺や汗腺が少なく毛穴も小さいため、本来ニキビは出来にくい場所です。
しかし、マスクの着用や頬杖を付くなど日常的に触る事が多いので、バリア機能が低下しやすい場所でもあります。

生活習慣やストレスなどで女性ホルモンのバランスが乱れ、あごの毛穴から皮脂が多く分泌されます。
元々毛穴が小さいため、少し皮脂の分泌が増えただけでも詰まりやすく、ニキビが出来るのです。

【対策】

あごニキビを予防するには、ストレスを適度に発散する事が大切です。
疲れニキビに効果的なストレス発散には、運動やストレッチを定期的に行うと良いでしょう。

ストレス発散が出来るほか、体が疲れてぐっすりと寝る事が出来ます。
代謝も上がってニキビが出来にくい肌質に変える事も出来るので、とてもオススメです。

背中

背中は、精神的な疲れの影響を受けやすい場所です。
以下の原因によりホルモンバランスが乱れ、皮脂の過剰分泌が起こってニキビが発生します。

【背中ニキビの原因】

  • ストレス
  • 内臓機能の低下

さらに、背中は手が届きにくいため、古い角質(垢)やボディーソープの成分などが残りやすい部位でもあります。
これらの汚れと皮脂が増える事で、毛穴詰まりを起こしてニキビが出来るのです。

また、肝臓機能の低下で蓄積された毒素が背面に位置する背中に排出され、ニキビが出来るとも言われています。

【対策】

背中ニキビが出来た時はゆっくりと湯船に浸かり、しっかりと睡眠をとる様に心がけましょう。
入浴と睡眠はストレス発散やターンオーバーの正常化を促し、背中ニキビの予防を行う事が出来ます。

また、内臓機能の回復も出来るため、非常に効果的です。
2~3日に1回はゆっくりと休める日を作るなどの工夫を行いましょう。

陰部

陰部に出来るニキビは、「毛包炎(もうのうえん)」と呼ばれる皮膚炎の1つです。
お肌のバリア機能が低くなる生理前後や、疲れによる体調不良の際に発症する事が多くあります。

女性のデリケートゾーンは蒸れやすいため、湿度が高いだけでも雑菌が繁殖しやすい状態です。
このため、ナプキンや下着の少しの擦れでもニキビが発生してしまいます。

【対策】

陰部のニキビを改善するには、まず陰部の清潔を保つ事が大切です。
汗を掻いたらシャワーを浴びる、蒸れを感じたらトイレで拭く、通気性の良い衣類を身に着けるなどの対策を行いましょう。

ただし、とてもデリケートな場所なので、強く擦らない様に注意して下さい。

疲れによるニキビの治し方は?

疲れによるニキビの治し方

疲れニキビを治すには、まず疲れを解消する事が1番大切です。
しかし、「どうやって疲れを解消すれば良いの?」と疑問を抱く方も多いと思います。

ここからは、疲れによるニキビの治し方をご紹介してきます。
今日から始められる事も沢山あるので、出来る事から続けてみましょう。

飲み薬や栄養ドリンクを飲む

疲労回復の飲み薬や栄養ドリンクには、疲れ解消・ニキビ改善に有効な成分が配合されています。
このため、疲れニキビを治すには、飲み薬や栄養ドリンクの活用がとても効果的なのです。

【疲労回復に良い栄養素】

タウリン

タウリンは、肝細胞の再生や細胞膜の安定化をサポートしてくれます。
肝臓の疲れだけではなく、腸のぜん動運動を助けるため、便秘の解消にも期待が持てます。

腸内環境が良くなれば、ニキビを予防する事も出来るでしょう。

ビタミンB群

ビタミンB群は、生きるために必要なエネルギーを体内生成する際にサポートする栄養素です。
皮脂の分泌をコントロールするため、ニキビの予防を行う事が出来ます。

このビタミンB群が不足すると、体に必要なエネルギーが生成できず、疲れがなかなか解消されません。
直接、疲れに働きかけるものではありませんが、疲労回復には必要な栄養素と覚えておきましょう。

炎症ニキビには塗り薬を使う

体や心の疲れを解消する事はニキビ予防の基本なのですが、それでも炎症を起こしたニキビが出来る事もあります。
炎症を起こしたニキビには、市販や医薬品のニキビ薬を使いましょう。

生活習慣などの改善でニキビを治す事も出来ますが、これには日にちが掛かります。
その間に症状が悪化してニキビ跡になると更に厄介なので、早めに対処をした方が良いのです。

塗り薬であれば、短期間でニキビの炎症を鎮める事が出来ます。

【市販のニキビ薬】

  • テラ・コートリル軟膏
  • ビフナイトnニキビ治療薬など

【病院の処方薬】

  • ダラシンtゲル
  • ベピオゲルなど

薬局で販売されているニキビ薬でも問題はありませんが、一番は専門家に診てもらう事です。
アレルギー体質やお肌が敏感な方は、一度皮膚科を受診してみましょう。

睡眠をしっかりととる

疲れニキビの原因でもお伝えした通り、睡眠時には成長ホルモンが分泌されています。
この成長ホルモンがあるからこそ、疲れの解消やニキビの改善が出来るのです。

人によって違いはありますが、ニキビを治すのであれば、最低でも6時間の睡眠が必要と言われています。
仕事や育児が忙しいと続ける事が難しいものですが、せめて週に2~3日は6時間以上の睡眠をとる様に心がけましょう。

【疲れを解消する入眠方法】

  • 寝る前にホットドリンクを飲む
  • お風呂に浸かってから寝る
  • 軽くストレッチをしてから布団に入る

上記は、体と心をリラックスさせ、睡眠の質を良くする効果がある方法です。
質の良い睡眠が取れれば成長ホルモンがしっかりと分泌されるため、ニキビを早く治す事が出来るでしょう。

ストレス解消などにも効果があるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

栄養バランスの整った食事を摂る

偏った食事ばかりを続けていては、お肌に必要な栄養が足りません。
ニキビを治すためには、栄養バランスの整った食事を摂る事が大切なのです。

【疲れニキビに効果的な栄養素】

・ビタミンB2:レバー、たまご、乳製品、葉菜類など
・ビタミンB6:レバー、赤身魚、バナナなど
・タンパク質:肉類、豆類、魚類など

これらの食物は、ニキビの改善と胃腸に良い栄養素を豊富に含んでいます。
飲みすぎ・食べ過ぎで胃腸が疲れている時は、ぜひ摂取を心がけてみましょう。

内臓疲れによるニキビがある時は、食物を小さく切る、温かい料理を作るなどで、胃腸への負担を減らす事が出来ます。
暑いからと言って冷たい食べ物ばかりを食べず、身体とお肌を労わってあげましょう。

とは言え、上記の栄養素ばかりを摂取しても、その他の栄養素が足りなければ意味がありません。
一汁三菜を基本にし、バランスの整った食事を心がける様にして下さい。

疲れによるニキビのまとめ

疲れによるニキビのまとめ

体や心が疲れると、身体やお肌には何かしらの異常が現れます。
それが、口内炎や風邪などの体調不良だったり、肌荒れやニキビなのです。

ニキビが出来た時は、疲れが溜まっていなかったか、身体に無理をさせていないかなどを振り返ってみましょう。
疲れニキビの改善・予防の基本は、体と心をしっかりと休ませる事です。

胃腸に優しい食事や睡眠をしっかりとり、健康な体とお肌を手に入れましょう。
しかし、ただ疲れを解消するだけでは、キレイなお肌に近づける事が出来ません。

洗顔やスキンケアを一緒に行う事で、ニキビの無いキレイなお肌になれるのです。
「何度もニキビが出来る!」「早くニキビを治したい!」

こんなお悩みがある方は、スキンケアをニキビ専用の商品に変えてみるのも方法の1つです。
今回ご紹介した改善方法を参考にしながら、ニキビの出来にくい肌質に改善していきましょう。

大人ニキビランキング