寝起きの口臭原因

朝起きた時に、口臭が気になるという人は少なくありません。
起床時は、1日の中でもかなり口臭が強くなりやすいタイミングだからです。

寝起きの口臭は、前日食べた物のニオイや口の中の異変などが原因で発生しやすくなります。
「寝起きに口が臭うのは仕方ない」と諦める人もいますが、ちょっとした工夫で口臭を軽減できる可能性があるのです。

出先で人に不快な思いをさせないために、ここで寝起きの口臭の対処法を知っておきましょう。

オーラルケアのランキング

寝起きに口臭が出る原因

朝起きた時に感じる口臭については、様々な問題が原因として挙げられます。

  • 虫歯や歯周病
  • ニオイの強い食べ物
  • 甘い食べ物
  • 舌苔がある事による細菌の増殖
  • 胃腸の不調
  • ストレス
  • 濃栓

特に、口内細菌の増殖は、寝起きの口臭の大きな原因になりやすいのです。
細菌の温床である舌苔が多く付着している事も問題ですが、口内の乾燥も細菌を増やす要因になります。

就寝中は口の中が渇きやすく、細菌の増殖を抑える唾液が減ると寝起きの口臭が強くなる事が多いのです。

寝起きの口臭の原因に対処する方法

寝起きの口臭の原因に対処する方法

朝起きた直後の口臭は、その原因にさえ対処すれば抑えられる可能性が高いのです。
主に、口内細菌の増殖を抑える事で、寝起きの口臭も軽減されやすくなります。

ここでは、寝起きの口臭の原因になるものに対処する方法をご紹介します。
実践しやすい、続けやすいと感じたものから試してみてください。

歯磨きや舌磨きといったオーラルケアも対処法として挙げられます。
しかし、食事や呼吸の面でも簡単な工夫を加えれば、口臭に対処出来る可能性があるのです。

歯磨きを念入りに行う

慌てて歯を磨くのは好ましくありません。
磨き残しのないよう、歯磨きは丁寧にしてください。

細菌の塊である歯垢が残っていると、寝起きの口臭に繋がる事があるからです。
また、ブラッシングが不十分だと、虫歯や歯周病を引き起こす恐れがあります。

それらも口臭の原因になる事があるので、例え疲れている時や忙しい場合でも、歯磨きは念入りに行いましょう。
歯磨きをする時は、デンタルフロスや歯間ブラシも取り入れると、より多くの歯垢を落としやすくなります。

ちなみに、入れ歯の汚れが口臭の原因になる事もあるので、入れ歯を使用している人は毎日洗浄剤で清潔にしましょう。

舌磨きをする

舌に舌苔が多く付いていると、寝起きの口臭の原因になる事があります。
舌苔は完全に取り除かなくてはいけないという訳ではありません。

しかし、細菌が多く潜んでいる所でもあるので、舌苔がべっとり付着していたら、寝る前に舌磨きをして取り除くのをオススメします。
舌磨き専用のブラシやガーゼを使って優しくこすり取りましょう。

いずれの道具も家にない場合、ティースプーンでこするという方法もあります。
スプーンだと舌苔があまり多く取れないというデメリットがありますが、毎日こすり続ける事で、量が減っていく可能性があるのです。

水を飲んでから寝る

夜、コップ1杯の水を飲んでから寝ると、寝起きの口臭が抑えられるという効果が期待できます。
眠っている間は、口の中が渇きやすい傾向にあります。

乾燥した口内は細菌が増殖しやすい環境であり、起きる頃に口の中が細菌まみれになると、それが原因で口臭が強くなる場合があるのです。
そうした事を避けるために、就寝前に水を飲んで口内を湿らせておきましょう。

これを寝る前の習慣にすると、寝起きの口臭が気にならなくなる可能性があります。

マウスウォッシュを使う

口内細菌を減らす効果が期待出来るマウスウォッシュは、口臭にすぐに効果を示す可能性が高いものです。
寝起きの強い口臭を抑えたい時にも活躍します。

就寝前にマウスウォッシュを使う事でも、翌朝の口臭を軽減させる効果が期待出来ます。
マウスウォッシュは、自分の好みに合ったものを使って問題ありませんが、アルコールフリーのものを選びましょう。

アルコールが含まれたものを使うと、唾液の分泌量が減りやすくなり、かえって口臭の原因を作ってしまう恐れがあるからです。

唾液を分泌させる

唾液には、口臭の原因となる口内細菌の増殖を抑える働きがあります。
そのため、唾液の分泌を促す事で寝起きの口臭を軽減させられる可能性が高まるのです。

具体的には、こうした対策をとると唾液が分泌されやすくなります。

  • 舌の体操
  • ガムを噛む
  • 気持ちをリラックスさせる
  • 朝食をとる

口の中あるいは口の外で舌をぐるぐる回したり、舌を出したり引っ込めたりするのを繰り返すという舌の体操があります。
その他に、上記のような工夫で唾液の分泌量を増やせる可能性があるのです。

しかし、唾液がきちんと分泌させるには、規則正しい生活やストレスを溜めない事が大切と言えます。
バランスの良い食事や十分な睡眠、適度な運動、そして気分転換を心がけましょう。

鼻で呼吸する

眠っている間は、鼻呼吸が出来ているのが理想的。
これは、口臭の原因となる口内の乾燥を防ぐためです。

就寝中に口で呼吸をしていると、口内が渇いてしまい寝起きに口臭を感じたり、ネバつきが生じたりする恐れがあります。
ですから、普段から鼻で呼吸する習慣を付けておきましょう。

なお、口まわりの筋肉の衰えや歯並びの悪さ、鼻炎などが原因で口呼吸になってしまうケースもあります。
そういった場合は、口の体操や医療機関の受診を優先しましょう。

重曹水でうがいをする

口臭が強くなっている時は、口の中が酸性になっている傾向があります。
そのため、弱酸性の重曹水でうがいをする事で口内が中和され、寝起きの口臭に対処できる可能性があるのです。

重曹はたくさん入れると歯を傷付ける原因になる恐れがあるので、少量にとどめてください。
コップ1杯の水に対して、小さじ3分の1で十分です。

また、重曹には食用と洗濯用がありますが、食用を使ってください。
重曹水を作ったら、口内全体に行き渡るよう口をゆすぎ、その後普段通り歯磨きをします。

重曹には研磨作用がありますが、歯を磨く時は歯磨き粉を使っても問題ありません。
週2回を目安に重曹水でのうがいを行えば、寝起きの口臭が気にならなくなる効果が期待できます。

なお、重曹は塩分が高いため、塩分制限をしている方は、他の方法で寝起きの口臭に対処するのをオススメします。

寝る前はたんぱく質を摂らない

たんぱく質を含む食べ物が、寝起きの口臭の原因になる事があります。
これは、たんぱく質が口内細菌のエサになるからです。

そのため、夕飯の時は肉や魚といったたんぱく質を含む食べ物を避けるのをオススメします。
加えて、夕飯は就寝の2~3時間前には済ませておくのが好ましいでしょう。

食べたものが消化されるまでに、それだけの時間が掛かるためです。
寝る直前にものを食べてしまうと、消化不良を起こして胃の不調による口臭が発生する恐れがあります。

やむを得ず就寝前に食事をする場合は、軽く済ませる事をオススメします。

マスクや加湿器を用いる

寝起きの口臭を予防するには、マスクや加湿器を使うのも有効です。
これらを使って就寝する事で、口臭の原因となる口内の乾燥を防げる可能性があります。

どうしても口呼吸になってしまうという人には、特にマスクや加湿器の使用をオススメします。
口内の乾燥を防ぎ、細菌の増殖を抑えましょう。

また、こうした対処法を実行しながらも、少しずつ口呼吸から鼻呼吸の習慣を付ける事をオススメします。

お酒とタバコを控える

寝起きの口臭を抑えたいのであれば、お酒とタバコを控える事をオススメします。
まず、アルコールは分解される際に体内の水分が失われるのですが、それにともない唾液の分泌量も減ってしまいます。

その事から、お酒を飲むと翌朝は口臭が強くなる事があるのです。
タバコについては、それ自体のニオイが口臭として出る事もあります。

しかし、口内環境を変化させ、それが原因で寝起きの口臭が強まる恐れもあるでしょう。
具体的には、舌苔が付着しやすくなる、歯周病のリスクが上がるといった事です。

寝起きの口臭を抑えるには、お酒やタバコをやめてしまうのが一番良いと言えます。
しかし、実際そうするのは簡単な事ではありません。

どうしてもやめられない場合は、水分補給を意識してください。
お酒を水割りで飲んだり、タバコを吸った後水を飲んだりといった形で水分補給をすれば、口臭を引き起こす口内細菌の増殖を抑えられる可能性があります。

医療機関を受診する

これまでご紹介した対策法を試しても寝起きの口臭が気になる場合、医療機関を受診する事をオススメします。
虫歯や歯周病、さらには内臓の病気など、自分では対処できない問題によって口臭が発生している可能性があるためです。

歯科や内科以外に、口臭外来にかかるという対処法も効果的。
口臭外来では機械での口臭測定や、医師が直接ニオイを確かめる事によって口臭の強さを調べる事があります。

加えて、寝起きの口臭の原因が何かを突き止め、必要に応じて歯やドライマウスの治療に移行します。

寝起きの口臭を自分でチェックする方法

寝起きの口臭を自分でチェックする方法

寝起きは、口内細菌などが原因で口臭が強くなりがちですが、自分で自分の口臭に気付くのは実際難しいと言えます。
しかし、自分でニオイの強さをチェックする方法があるのです。

ここでは、自分1人で口臭をチェックする方法をご紹介します。
いずれも、簡単で時間もあまり掛からないものなので、お家ですぐにトライ出来ます。

「気付かないうちにニオイで迷惑をかけていた」という事がないように、お出かけの前にここでご紹介するチェック法で口臭の強さを確かめてみましょう。

ティッシュを使ったセルフチェック法

ティッシュだけで口臭をチェックする方法です。
ティッシュを1枚取り、折りたたんで舌を5回ほどこすります。

その後2分間待ち、そのティッシュのニオイを嗅げば自分の口臭に近いニオイを知る事が出来るのです。
寝起きに歯磨きやうがいをすれば、口臭の原因に対処できる可能性があります。

それに加え、オーラルケアの後にもティッシュを使って口臭をチェックしておけば、出先でも口臭が気にならなくなる効果が期待できるでしょう。

鏡で舌を見る

寝起きに自分の舌を鏡で見てみましょう。
この時、舌苔が多く付着していたら、口臭が強くなっている恐れがあると考えてください。

舌苔は口臭が出ていない人でも少しは付着している事が多いものですが、舌全体が白っぽく見えるほど舌苔がべったり付いているのは問題でしょう。
舌苔が多いのは、口臭の原因である細菌が増えているサインである可能性が高いからです。

そのため、鏡を見て舌苔が多いと感じたら、舌磨きをして取り除きましょう。

吐く息でチェックする方法

物を口に当てて息を吐く事で、口臭をチェックする事も可能です。
こうした方法で、自分の寝起きの口臭を確かめてみましょう。

  • 紙袋やマスクを鼻と口に当てて息をする
  • コップに息を吐き、その臭いを嗅ぐ

これらの方法を試して嫌なニオイを感じたら、口臭が出ている恐れがあります。
寝起きは細菌や前日の食事、飲酒などが原因で口臭が強くなりやすいので、何らかのニオイを感じる可能性は高いでしょう。

なお紙袋やマスクを使う方法では、それらに香りが付いていない事を確かめてから口臭チェックをしてください。

手をなめる

抵抗がなければ、自分の手を舐めてみて、そのまま乾燥するまで少し待ちましょう。
その後、なめた部分を嗅いでみると、自分の口臭に近いニオイを感じ取る事が出来ます。

口臭が強い傾向のある寝起きにやってみると、ニオイを感じる可能性が高いのです。
ちなみに、寝起きの口臭は原因にもよりますが、卵の腐ったようなニオイがする傾向があります。

手元にティッシュやマスクといった道具がない場合は、手をなめるという方法で口臭チェックしてみましょう。

フロスや歯間ブラシの臭いをかぐ

使った後のデンタルフロスや歯間ブラシのニオイを嗅いでみてください。
その時、嫌なニオイがしたら、口臭が出ているリスクが高いと考えましょう。

歯垢が原因で寝起きの口臭が強くなっているなら、フロスや歯間ブラシが臭う可能性が高いのです。
また、特定の歯に付いた歯垢が強く臭う場合は、その歯に虫歯などの問題が生じている恐れがあります。

早めに歯医者さんに診てもらいましょう。
ちなみに、歯垢は口臭だけでなく、歯周病の原因になる事もあります。

そのため、歯ブラシだけでなくフロスや歯間ブラシも併用して、しっかり取り除くのをオススメします。

寝起きの口臭の原因のまとめ

寝起きの口臭の原因のまとめ

寝起きの口臭は、胃腸の疲れや虫歯などが原因で起こる事もあります。
しかし、それら以上に多い原因は、唾液の減少やそれに伴う口内細菌の増殖です。

歯磨きやマウスウォッシュなどで増えてしまった細菌を減らすのも口臭対処としては効果的。
しかし、細菌が増殖しないようにするための事前の対策法もある事を知っておきましょう。

口呼吸から鼻呼吸への切り替えや、積極的な水分補給など、出来る範囲で普段の過ごし方に工夫を加えれば、口内で細菌が増えるのをある程度防げる可能性があるのです。

オーラルケアのランキング