舌苔が治らないのと口臭の関係

口臭の原因にもなると言われている、舌苔(ぜったい:舌の白い汚れ)。
歯が綺麗でも舌が汚いと、口周りの印象が悪くなるので、どうにかしたいものですよね。

とは言え、舌ブラシなどでお手入れをしても舌苔が治らない場合、どうすれば良いのか迷ってしまう方も多いはず…。
そこでこの記事では、口臭を引き起こす舌苔が治らない原因と対策するポイントについて、まとめてみました。

舌を清潔にして爽やかな息を吐き出せるようになるためにも、ぜひこの記事をご一読ください。

オーラルケアのランキング

舌苔が治らない主な原因はドライマウス!口臭との関係は?

舌のケアをしても舌苔が治らない原因には、ドライマウス※が関係している可能性があります。
なぜなら、ドライマウスの影響で細菌の増殖を阻害してくれる唾液量が減ってしまうと、舌苔が増えてしまうからです。

口臭の約6割は舌苔から発生すると言われており、口臭と舌苔の関係は非常に深い事が分かります。
また、ドライマウスまではいかなくても、以下のようにお口の中が乾きやすい習慣や疾患のあるドライマウス予備軍の方は、やはり舌苔が出来やすく治りにくいと言えるでしょう。

【お口の中が乾きやすい習慣や疾患】

  • 加齢による唾液腺機能の低下
  • 薬の副作用
  • ストレス
  • 口呼吸
  • シェーグレン症候群 など

※ドライマウスとは…様々な要因が重なって唾液量が低下し、口の中が乾燥する病気。成人している人の4人1人はドライマウスの症状が見られる。

また、この後にご紹介している5つの要因も、舌苔が治らない原因と関係している可能性が高いと考えられます。

口腔カンジダ症

舌苔が治らない原因は、口腔カンジダ症の可能性があります。
口腔カンジダ症とは、カンジダ・アルビカンスという真菌(しんきん:かび)によって発症する口腔感染症です。

特徴としては、舌苔のように舌だけではなく、頬の粘膜や上顎などにも白い斑点が出来る点でしょう。
ただし、口腔カンジダ症の影響で舌苔のような白い斑点が目立つ時は、抗真菌剤入りの薬(うがい薬・塗り薬・内服薬)を使えば、ほとんどの場合治す事が可能です。

味覚がおかしい・舌への痛みや違和感といった自覚症状がある場合は、セルフケアに頼らず「口腔外科」で一度お口の中を診てもらってくださいね。

溝状舌

舌苔が治らない原因は、溝状舌(こうじょうぜつ)の可能性があります。
溝状舌とは舌に溝が出来ている状態の事で、溝の数・深さ・方向などは個人差があるのが特徴です。

ほとんどは先天性異常で治療の必要はありませんが、舌に溝が出来ている影響で舌苔が出来やすく、口臭が発生しやすくなるといったデメリットがあります。
そのため、溝状舌の方は舌を清潔に保つために、唾液量を増やしてお口の環境を整える必要性が一般の方に比べて高くなるようです。

また、溝状舌の影響で炎症が起きて舌にヒリヒリとした痛みを感じた場合は、歯科や口腔外科で一度診てもらってくださいね。

免疫力が低下している

舌苔が治らない原因は、免疫力が低下してお口の中の細菌が活発になり、舌苔が悪化している可能性があります。
特に以下のような方は、免疫力が低下しやすく舌苔も出来やすいため注意が必要でしょう。

【免疫力が低下しやすい人】

  • 高齢者
  • 妊婦
  • 胃弱体質
  • ヘビースモーカー
  • アスリート並みに運動している
  • 強いストレスを抱えている
  • 自律神経が乱れている
  • 冷え性
  • 睡眠時間が極端に短い
  • 偏った食生活をしている

湯たんぽなどでお腹を温めて体の冷えを解消したり、記事の後半でご紹介している免疫力UPに役立つ食材を摂取したりして、体の内側のケアに努めてくださいね!

慢性的な喫煙

舌苔が治らない原因は、慢性的な喫煙が関係している可能性があります。
なぜなら、喫煙をするとお口の中に以下のような悪影響が出て、舌苔や口臭が悪化ししてしまうからです。

【喫煙による舌苔への悪影響】

  • 喫煙で免疫力が低下して舌苔が悪化する
  • ニコチンによる影響で唾液量が減少して舌苔が悪化する
  • 舌苔にタバコのヤニが沈着して口臭が強くなる

また、喫煙は舌苔だけではなく、歯周病のリスクも大幅に高めてしまいます。
もしどうしても禁煙が難しい場合は禁煙外来などを利用して、体への害が大きいタバコのない生活を実現してみてくださいね。

舌ブラシで磨き過ぎ

舌苔が治らない原因は、舌ブラシでの磨き過ぎが関係している可能性があります。
なぜなら、舌はデリケートで、舌ブラシで何度も強く磨いてしまうと傷が出来たり舌の表面の粘膜が剥がれたりして、逆に舌苔が出来やすくなってしまう事があるからです。

特に、硬いブラシでゴシゴシ磨くのはNGと言えます。
舌ブラシの正しい使い方や選び方などについては、この後の口臭対策するポイントの中でもご説明しています。

舌磨きをする習慣がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

治らないと悩む舌苔を取って口臭対策するポイント

治らないと悩む舌苔を取って口臭対策するポイント

治らない!と悩んでいる舌苔を取って口臭対策するポイントは、以下の5つです。

1.唾液量を増やす習慣作りをする
2.清潔なお口の環境を作る
3.免疫力を高める
4.自律神経を整える
5.過剰な舌磨きをやめる

それぞれの具体的なケアの方法については、この後に一つひとつ解説していくので、ぜひご一読ください。

※口腔カンジダ症など、何らかの疾患が関係している舌苔はセルフケアでは治せない場合があります。専門機関で相談して治療するようにしてください。

口呼吸を無くし唾液量を増やす習慣作りをする

記事の前半でもお伝えした通り、唾液量が減ると舌苔は悪化しやすくなります。
特に就寝中に口呼吸をしてしまうと、お口の中の乾燥が進んで細菌の働きが活発になってしまうでしょう。

寝ている時に口を開けている自覚がある方や目覚めた時に口の中の乾きを強く感じる方は、以下のような方法で睡眠時の口呼吸を防ぐようにしてくださいね。

口にテープを張る

上唇と下唇を医療用のテープなどで縦に貼り付けて、強制的に口を開かないようにしてから寝ると、口呼吸を防げます。

あいうべ体操をする

舌や口周りの筋力をつけて、口呼吸を改善する体操です。

「あ・い・う・べー(舌を出す)」を1セットに大きく口の形を作りながら、1日30セットを目安に毎日続けてみてくださいね。

食後の歯磨き・うがいで清潔なお口の環境を整える

食後の歯磨きやうがいで食べかすを取り除く習慣を作れば、プラーク(細菌の塊)を減らして、新たな舌苔が出来るのを防げます。
特に、寝ている時間帯はお口の環境が悪化しやすいため、就寝前と朝食後の歯磨きは徹底して行うようにしましょう。

また、唾液の質を良くするためには、「定期的な歯医者でのクリーニング」や「虫歯や歯周病の治療」を行い、清潔なお口を整える事が重要と言えます。
お口の環境が良くなれば、舌苔以外が原因となっている口臭の対策も出来るので、ぜひお口のケアに力を入れてみてくださいね。

免疫力を高める食事で舌苔を防ぐ

免疫力低下による舌苔を防ぐためには、日々の食事を見直してみるのがオススメでしょう。
なぜなら、免疫力の6割~7割は「腸内環境」に左右されると言われているからです。

基本はバランスの良い食生活を維持しつつ、以下のような腸内バランスを整えてくれる食材を意識的に取り入れてみてくださいね。

【腸内バランスを整えてくれる食材】

・ヨーグルト、味噌、漬物などの発酵食品
・ごぼう、かぼちゃ、ひじき、じゃがいも、キウイなどの食物繊維が豊富な食材
・たまねぎ、バナナ、ライ麦などのオリゴ糖が摂取できる食材
・トマト、リンゴ、お茶などのポリフェノール類が摂取できる食材

自律神経を整えて舌苔を防ぐ

自律神経が乱れてしまった場合も、唾液量が減ったり舌の筋肉機能が低下したりして、舌苔が出来やすくなります。
自律神経はストレス・ホルモンの変化・不規則な生活などでも乱れてしまうので、以下のような方法で整えていくようにしましょう。

【自律神経を整える方法】

・毎日ぬるめのお湯(36~40度くらい)に浸かる習慣を作る
・十分な睡眠時間を確保する
・朝起きたら日光を浴びる
・軽い運動(ウォーキングやヨガ)をする
・バランスの良い食事を取る
・アロマなどでリラックス出来る時間を作る

過剰な舌磨きはやめる

先程もお伝えした通り、過剰な舌磨きは逆に舌苔が治らない原因になってしまいます。
そのため、以下のポイントに気をつけた商品選びや使い方が重要になるでしょう。

【舌ブラシの正しい選び方&使い方】

・普通の歯ブラシではなく、舌専用のブラシを使用して舌磨きをする
・舌ブラシは毛先が出来るだけ柔らかいタイプの物を選ぶ
・舌磨きをする回数は1日1回に留めておく
・舌の奥から手前に優しくなぞるように2~3回程度磨く
・舌ブラシの使用後はよく洗って乾燥させる

ぜひ、参考にしながら舌苔を取り除いて口臭対策をしてくださいね!

舌苔が治らない原因と口臭のまとめ

舌苔が治らない原因と口臭のまとめ

舌苔が治らない主な原因は、「ドライマウス」や「唾液の減少」が関係していると考えられます。
また、ドライマウス以外の場合でも、以下のような疾患や特徴があると、舌苔が治りにくく口臭が発生しやすくなるでしょう。

  • 口腔カンジダ症
  • 溝状舌
  • 免疫力の低下
  • 慢性的な喫煙
  • 舌磨きのし過ぎ

そのため、舌苔を無くして口臭対策するためには、お口の環境や体の健康面など内側からのケアをしつつ、舌磨きによる過剰な舌への刺激を抑えるのがオススメです。
ぜひこの記事でご紹介しているポイントに、ライフスタイルを見直して、綺麗な舌を目指してくださいね!

オーラルケアのランキング