口臭と内臓

「口臭が気になって、人と面と向かって話すのが苦手」という方は、非常に増えているようです。
歯磨きやマウスウォッシュなどで口臭対策をしても、口の臭いを指摘される回数が多い場合は、「内臓器官」が関係している可能性も考えられるでしょう。

そこでこの記事では、口臭の原因と内臓の関係についてまとめてみました。
記事の後半では、内臓器官を回復して口臭予防をする3つのポイントについてもご紹介しているので、ぜひ合わせて読み進めてみてください。

オーラルケアのランキング

口臭を引き起こす5つの原因!内臓も関係している?

口臭を引き起こす主な原因は、以下の5つだと言われています。

1.起床・空腹・緊張時などに起こる生理的口臭
2.飲食物・嗜好品による一時的口臭
3.ストレスによる唾液量低下で起きる口臭
4.自分が臭いという思い込みによる心理的口臭
5.病気が原因で発生する病的口臭

この中で内臓との関係が深いのは、病気が原因で発生する「病的口臭」です。
ただし、病的口臭の9割以上は、内臓疾患よりも口の中に原因があると考えられています。

そのため、まずは以下のような口臭に繋がるお口の病気の原因を、歯医者で優先的に排除するのが口臭を減らす近道だと言えるでしょう。

【口臭に繋がる口の中の病気の一例】

  • 歯周病
  • 虫歯
  • 歯垢や歯石による清掃不良
  • 舌苔(ぜったい:舌の汚れ)
  • 不適合・経年劣化している被せ物や詰め物
  • 唾液の減少
  • 入れ歯の洗浄不足
  • 口腔がん

ドブ臭い口臭は内臓が悪い可能性あり

口臭の原因が口の中にあるかどうかは、歯医者で検査を受ける事で分かります。
しかし、歯医者で診てもらっても、口臭の原因になる疾患が見つからない場合は、内臓器官が悪い可能性があるでしょう。

特に、ドブ臭い強い口臭がする場合は注意が必要です。
胃がん・食道がんなどを患っている可能性があります。

また、強いアンモニア臭がする場合は肝臓がん・肝硬変、甘酸っぱい口臭は糖尿病などの内臓疾患が疑われるでしょう。
とは言っても、口臭の原因が内臓疾患と直接関係しているかは自己判断では分かりません。

心理的口臭による思い込みの可能性もあるので、気になる時はこの後にご紹介する口臭外来などで検査を受けるのがオススメです。

口臭が気になったら口臭外来で検査を受けよう

口臭が気になったら口臭外来で検査を受けよう

口臭外来とは、口臭の原因疾患の特定とその治療を行える専門外来の事です。

自分の口臭の状態を把握したり、人には相談しにくい口臭について専門家のカウンセリングを受けたり出来ます。

「口の臭いが気になるけど、原因が分からない」という場合には、口臭外来での検査を受けてみましょう。
ただし、すでに内臓疾患や口の中の病気で既往歴(過去に罹った病気)や自覚症状がある場合は、専門機関(歯科、内科、耳鼻咽喉科、呼吸器科)を先に受診するのがオススメです。

内臓機能を回復して口臭予防をする3つのポイント

内臓機能を回復して口臭予防をする3つのポイント

「最近、胃や肝臓の調子が悪いな」と感じている場合は、内臓機能を回復して口臭予防をするチャンスかもしれません。
以下の3つのポイントを意識して、あなたの内臓機能を向上させましょう。

1.内臓疾患(病気)が原因の口臭は早めに病院へ
2.ツボ押しで内臓機能を回復させる
3.内臓機能の働きを促進させる食材を食べる

特に、2つ目と3つ目のポイントは自宅でもできる簡単なセルフケアなので、今日からでも始められます。
それぞれのポイントの具体的な説明はこの後にしていくので、ぜひ、ご一読ください。

内臓疾患が原因の口臭は早めに病院へ

胃・肝臓・喉・呼吸器などに慢性的に以下のような症状がある場合は、内臓疾患が原因で病的口臭が発生している可能性が高いようです。

  • 鼻や喉の炎症(鼻炎・副鼻腔炎・喉頭炎・咽頭炎など)
  • 胃や肝臓の不調や炎症
  • 糖尿病

ちなみに、風邪などの鼻詰まりが要因となって夜間の口呼吸が多くなり、唾液が減少して口臭が発生している可能性もあります。
そういった場合には、自己判断でセルフケアするよりも、早めに病院を受診するのがオススメでしょう。

的確な治療を受ければ劇的に口臭が改善されて、今後の口臭も予防しやすくなりますよ。

ツボ押しで内臓機能を回復する

「病的疾患はないけれど、胃や肝臓に元気が足りない気がする」という時には、ツボ押しで内臓機能を回復して口臭予防をしましょう。
ツボ押しの方法は、親指で“3秒かけて押し・3秒かけて離す”を5回繰り返すのが、基本の動作です。

以下にご紹介している箇所のあたりから、「痛気持ちいい場所」を探って押すのがポイントでしょう。

内臓機能全般の働きを促すツボ

みぞおちとへその中間にある

消化器系の不調にオススメのツボ

・おへそから指3本外側にある
・手首のシワの中央部

内臓機能の働きを促進する食材を食べる

内臓の不調を感じているのは、不摂生な食事が関係しているかもしれません。
内臓機能の働きを促進するために、「まごは(わ)やさしい」と呼ばれる食材をバランス良く食べて、栄養を摂取し口臭予防をしましょう。

豆類(豆腐・味噌・納豆など)/高タンパク質・ビタミン・食物繊維
ごま(白ごま・黒ごまなど)/カルシウム・ミネラル・タンパク質
は(わ) わかめ(海藻類)/ビタミン・ミネラル・食物繊維
野菜(緑黄色野菜がオススメ)/ビタミン・ミネラル
魚(アジ、さんま、鮭など)/たんぱく質・鉄分
しいたけ(きのこ類)/ビタミン・食物繊維
芋類(じゃがいも、里芋など)/炭水化物・糖質・ビタミンC

ぜひ、体の内側からケアしてみてくださいね!

口臭と内臓のまとめ

口臭と内臓のまとめ

口臭の主な原因は、口の中にあります。
しかし、口の中に口臭の原因が見つからない場合は、「内臓器官」が関係している可能性も考えられるでしょう。

自覚症状や既往歴がある場合は専門機関を受診したり、原因が思い当たらない場合は口臭外来を受診したりして、本当の口臭の原因を突き止めてみてください。
適切な治療を受ければ、劇的に口臭が改善されるはずですよ。

また、日々のセルフケアの中で、内臓機能を促進するツボ押しや食材を取り入れるのもオススメでしょう。
この記事を参考に、ぜひ試してみてください。

オーラルケアのランキング