口臭を消す食べ物

口臭を消すために食べ物を食べるという方法があります。
食べ物の中には、ニンニクやネギ類など口臭を引き起こしやすいものも少なくありません。

しかし、口臭を減らす効果が期待できるものも沢山あるのです。
今回は、口臭を消したい時にオススメの食べ物をご紹介します。

一般的にはあまり口臭を減らす食べ物として認識されていないものも多くあります。
そのため、ガムぐらいでしか対処した事がないという方は、ぜひ参考にしてください。

ガムを切らしている時でも、口臭対策に役立つ飲食物がある事を知っておきましょう。

オーラルケアのランキング

食べ物が原因で口臭が出る

口臭の原因の1つは食べ物です。
食事の後に口の中が臭ってくる場合は、食べ物によってこのような現象が起きている可能性があります。

・食べたものの臭いがお腹の中から上がってくる
・口内の食べかすをバクテリアが分解する際にガスを発生させている

お腹からくる臭いよりも、喉や舌にこびりついた食べかすの方が口臭のもとになりやすい傾向があります。
食べかすの約9割は歯でなく喉や舌に付着するのです。

そのため、食後の口臭を消すなら、歯磨きやフロスを一生懸命するよりも、うがいをして食べかすを出してしまう方が効果的でしょう。
また、食べ物だけが口臭の原因になるのではなく、唾液の量やいびきによる口の渇きも原因の1つと言えます。

口臭の原因になる食べ物

口臭の原因になりやすい食べ物、飲み物は以下のようなものです。
これらを食べた後は、口臭を消すための対策が必要になります。

  • 粉もの
  • アルコール飲料
  • 発酵食品
  • ニンニク
  • たまねぎ
  • ネギ
  • 香辛料を含むもの

発酵食品やニンニクのように食べ物そのものが臭う場合、食後の口臭が気になりやすいのです。
しかし、そうでないものでも、口の中に残りやすいものは口臭の原因になる事があります。

また、食事中は唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素が食べ物を分解するのですが、その時に酸が発生し、口内が酸性になる事でも口臭が強くなるのです。
特に、アルコール飲料や炭水化物を口にした後に、アミラーゼによって酸が作られやすくなります。

口臭を消す効果の期待出来る食べ物と飲み物

口臭を消す効果の期待できる食べ物と飲み物

口臭を強くする食べ物、飲み物もあれば、口臭を消す効果が期待できる飲食物もあります。
口臭が気になる時、また口臭を出したくない時はこうした飲食物をとりましょう。

・パセリ
・緑茶
・ヨーグルト
・りんご
・オレンジ
・メロン
・レモン水
・梅干し
・烏龍茶
・たんぱく質分解酵素が含まれるもの(キウイ、パイナップル、パパイアなど)
・牛乳
・ガム
・ハーブティー
・ハーブサラダ

飲み物で口臭を消す場合は、1杯だけではなく、何杯か飲む事で消臭効果を得やすくなる可能性があります。
上記では、お茶系の飲み物やレモン水などを挙げましたが、水でも大量に飲む事で口臭を消す効果が期待できるのです。

万が一、食べ物に気を遣う余裕がなければ、口臭専用のサプリメントも販売していますので食後飲むのも良いでしょう。
また、消臭効果が見込めない食べ物でも、よく噛むのが必要な食べ物であれば、食後口臭が出にくくなる可能性があります。

例えば、フランスパンやお赤飯、雑穀米は硬めの食べ物であるため、おのずと噛む回数が多めになります。
何回も噛む事で唾液の分泌量が増加し、口臭が発生しづらくなるのです。

胃腸が弱い人の口臭を消す食べ物

胃腸の状態が良くないと、口臭が気になる事があります。
お酒を飲む量が多い人や食べ過ぎの傾向がある人など、胃腸に負担を掛ける生活をしている人は、胃腸の疲れによって口臭を引き起こしている可能性があるのです。

以下のような食べ物であれば、胃腸の機能を改善させる可能性があるので、それに伴い口臭を消す効果が期待できます。

・ほうれん草
・ゆず
・そば
・長いも
・キャベツ
・かぼちゃ
・りんご

胃腸をフルに働かせているという感覚がなくても、体質的に胃腸が弱いのであればこうした食べ物がオススメです。
胃痛や吐き気、下痢といった症状が出やすい人は、これらのような胃腸をいたわる食べ物を取り入れましょう。

うがい液やチューインガムで口臭は消せる?

うがい液やチューインガムで口臭は消せる

うがいをしたりチューインガムを噛んだりする事は、口臭を消す効果が期待されます。
うがい液を使わず水だけでうがいする事や、シュガーレスのガムを噛むのも、口臭を抑えられる場合があります。

しかし、より高い消臭効果、口臭予防効果が見込めるのは、塩化亜鉛の含まれたうがい液と砂糖入りのガムです。
これらには、口臭の原因物質を大幅に減らす可能性があります。

いずれも、口臭の原因物質を9割前後減少させる効果が期待できます。
一方、それらに頼り過ぎるのは好ましくありません。

例えば、うがい液を1日何度も使うと細菌が減り過ぎてしまい、口内が荒れる恐れがあります。
普段の歯磨きや食べ物に注意する事も忘れないでください。

うがいで口臭予防する方法

うがいで口臭予防する方法

食べ物の残りかすが原因で発生する口臭は、歯磨きだけでは予防しきれません。
うがいをして、喉や舌にこびりついた食べかすを落としましょう。

うがいをする時は、いきなり喉に水を行き渡らせてガラガラするのではなく、まずブクブクゆすいで口の中を綺麗にする所からスタートしてください。
頬の裏と歯の間にも水を行き渡らせましょう。

舌は上あごに前後こすりつけるようにすると、汚れが取れやすくなります。
口の中が綺麗になったら喉に水をためてガラガラうがいしましょう。

このやり方であれば、うがい液を使わない水だけでのうがいでも食べかすによる口臭を消す効果、予防する効果が期待できます。

口臭を消す上で注意する事

口臭を消す上で注意する事

口臭を消す効果が期待できる飲食物を摂取する事も、口臭対策の1つです。
食べ物や飲み物で対処するのは手軽かつ身近な方法ですが、決して確実な口臭対策とは言えません。

例えば、内臓疾患が原因で口臭が出ている人は、病気の方を先に治す必要があります。
また、口内環境が原因で口が臭う人は、オーラルケアを念入りに行わなければなりません。

また、普段食べ物で口臭に対処している人の中には、口臭対策について誤った知識を持っている人もいるのです。
ここでは、そうした誤解を解くために、口臭を消す上で注意して頂きたい事について解説します。

口臭を消すならこまめに口内を洗浄する

口臭の原因の多くは、口内環境が悪くなっている事です。
内臓疾患が原因でない限りは、歯磨きやフロスで口内洗浄を十分に行えば、口臭を消す事に繋がる可能性があります。

食べ物のよる汚れは歯だけでなく舌にも付きやすいので、舌磨きもしっかり行いましょう。
もし自分でケアする事に限界を感じたら、歯医者さんのクリーニングで歯石や歯垢を取り除いてもらう事も可能です。

時に歯周病によって口臭が発生している場合もあります。
その場合も、歯医者さんへ行き治療を受ける必要があるでしょう。

ミンティアやフリスクは一時的な対処法

口臭を消すために、ミンティアやフリスクといった小さなタブレットを持ち歩いている人がいます。
持ち運びがしやすい上に必要な時すぐに取り出して食べる事が出来るので、重宝している人も多いのです。

また、ミント系の味によって口の中がさわやかになりますし、実際口臭を抑える効果も期待できます。
しかし、それらは口臭の原因に作用してくれる訳ではありません。

一時的な口臭対策にしかならないという事を知っておいてください。
食べ物が原因で口臭がするなら、うがいをしたり水を飲んだりした方が確実に臭いを抑えられる可能性があります。

コーヒーで口臭は消せない

コーヒー豆の出がらしを虫よけに用いる事がありますが、これには消臭効果も期待できます。
こうした事から「コーヒーを飲めば口臭を消す事が出来る」と認識している人もいますが、これは誤った認識です。

コーヒーには口内を酸性にする作用があり、かえって口臭を強くしてしまう恐れがあります。
よって、消臭にコーヒーを用いるなら、室内の臭い消しに出がらしの豆を使いましょう。

口臭を消すのであれば、他の食べ物や飲み物をオススメします。

口臭を消す食べ物のまとめ

口臭を消す食べ物のまとめ

口臭は、食べ物や飲み物で一時的に抑える事が可能です。
食べ物の中には、口臭の原因物質を減らしてくれたり、唾液の分泌量を増やしてくれたりするものもあります。

しかし、飲食物で口臭を消す事ばかりにこだわらず、口内を清潔にしておく事を第一に考えておきましょう。
歯や舌、喉を綺麗にするためのオーラルケアは、日々欠かさず行えばある程度の口臭を防ぐ事が出来ます。

自宅で念入りにケアし続けるのが難しい場合は、歯医者さんでクリーニングを受けてください。
また、歯周病やドライマウスが口臭に繋がる事もあります。

そうした問題がある場合、または疑われる場合も迷わず歯医者さんのケアを受けにいきましょう。

オーラルケアのランキング