口臭の歯磨きの仕方

口臭が気になるって辛い事ですよね。
ちゃんと歯を磨いているはずなのに口臭を家族に指摘されて、「歯磨きの仕方が悪いの?」「口臭の原因が分からなくて対策できない」と思い悩んでいる方も多いはずです。

そこでこの記事では、口臭の原因や対策、正しい歯磨きの仕方などの役立つ情報についてまとめてみました。
今まで口臭が気になって人と話す時に自信が持てなかったり、ガムやタブレットが手放せなかったりしていた方は、ぜひ参考にしてみてください。

オーラルケアのランキング

口臭は歯磨きの仕方のせいなの?考えられる5つの原因

口臭の原因のほとんどは、口の中にあると言われています。
そのため、正しい歯磨きの仕方を覚えるのは、口臭対策をする上で非常に重要だと言えるでしょう。

ただし、全ての口臭の原因が、歯磨きの仕方が悪い事と関係しているわけではありません。
日本口腔外科学会では、以下のように口臭の原因は大きく5つに分類されると公表しており、原因に合わせた対策をする事が大切だと指摘しています。

【口臭の5つの原因】

1.生理的口臭
2.病的口臭
3.飲食物・嗜好品による口臭
4.ストレス口臭
5.心理的口臭

それぞれの原因や対策についての詳しい内容はこの後にご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

生理的口臭は歯磨きの仕方で軽減出来る

生理的口臭とは、人間であれば誰でも強い口臭が発生する状況・状態で口から出る不快なニオイの事です。

【生理的口臭の種類】

  • 起きた時に発生する口臭
  • お腹が空いた時に発生する口臭
  • 緊張している時に発生する口臭
  • 女性の生理・妊娠時にホルモンバランスの変化が影響して発生する口臭
  • 加齢臭などの年齢特有の口臭 など

生理的口臭が発生するのは、唾液量が減少しやすいシチュエーションで細菌が増殖し、口臭の原因物質(揮発性硫黄化合物)が増加してしまうせいです。
そのため、以下のような対策をすれば、唾液量を増やし口臭を軽減出来ます。

【生理的口臭の対策】

  • 丁寧な歯磨きの仕方で細菌や口臭の原因物質を減少させる
  • 水分を積極的に摂取して、口の中に潤いを与える
  • よく噛んで食事をして、唾液量を増やす

病的口臭は歯磨きの仕方と病院への受診で変わる

病的口臭とは、病気そのものや病気につながる因子が原因となって起こる口臭の事です。

【病的口臭を発生させる因子や病気】

・歯周病
・虫歯
・歯垢や歯石
・舌苔(ぜったい:舌の表面につく細菌の塊)
・唾液の減少
・プラスチックの人工歯に移ったニオイ
・歯の被せ物や詰め物の不良・腐敗
・口腔ガン
・鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患など

病的口臭の原因の約9割は、口の中にあると言われています。
そのため、病的口臭の対策は以下の方法がオススメです。

【病的口臭の対策】

歯医者に行ってお口の中の衛生状態を整えてもらう(以下、施術例)

・虫歯や歯周病を治療する
・歯垢や歯石をとる
・正しい歯磨きの仕方を教えてもらう
・義歯を清掃してもらう
・適合が悪くなっている詰め物や被せ物を再治療してもらう

口の中以外の不調は、歯医者以外の医療機関で診断を受けて治療する

飲食物・嗜好品による口臭は一時的!

飲食物・嗜好品による口臭とは、以下のような物を摂取した際に発生する口臭の事です。

【口臭の原因になる飲食物・嗜好品】

・にんにく
・ネギ
・ニラ
・アルコール類
・タバコ など

対策としては、以下の方法がオススメでしょう。

【飲食物・嗜好品による口臭の対策】

・飲食物・嗜好品による口臭は一時的なので、時間が経過するのを待つ
・丁寧な歯磨きの仕方でお口の中の食べカスや汚れを取り除く
・水を積極的に飲んで唾液量を増やす
・慢性的な喫煙で口の中に残ったヤニ臭は、歯医者のクリーニングで軽減する

ストレス口臭は唾液量を増やすのが鍵

ストレス口臭とは、人が心理的負担を抱えた際に唾液量が減少する事で発生する口臭です。

【ストレス口臭の原因になる心理的負担の例】

・職場での人間関係
・家庭での人間関係
・恋人や友人との関係
・将来への不安
・金銭面での不安
・仕事内容への不満
・睡眠不足 など

そのため、ストレス口臭の対策には以下のような方法がオススメです。

【ストレス口臭の対策】

ストレスを解消して唾液量を増やす(以下、ストレス解消の例)

・不満や不安を口に出したり紙に書いたりして、感情を表に出す
・マッサージを受けて体をほぐして、リラックスする
・旅行をして非日常的な快感を味わう
・身体を動かしてストレスを発散する
・お風呂にゆっくり使って副交感神経を優位にしてリラックスする

唾液量を増やす習慣を持つ(以下、唾液量を増やす習慣の例)

・よく噛んで食べる
・水分を積極的に取る

唾液量が減っても口臭がしないように、正しい歯磨きの仕方を実践する

心理的口臭は口臭チェッカーでレベルをチェック

心理的口臭とは、実際に口臭が発生していないにもかかわらず、自分自身で口から強いニオイが出ていると思い込む症状の事を指します。
日本人は特にエチケットに対する意識が高く、正しい歯磨きの仕方が出来ていて口臭が発生していなくても、口のニオイに神経質になってしまう方が多いのです。

そのため、ここまでご紹介した口臭原因に当てはまらないのに、自分の口臭に自信が持てない方は以下の対策をするのがオススメでしょう。

【心理的口臭の対策】

・口臭チェッカー(口臭測定器)を持ち歩いて、自分の口臭を数値で把握する
・口臭外来で専門医に本当に口臭があるのかを診断してもらう

歯磨きの仕方を変えて口臭対策!正しい磨き方のポイント

歯磨きの仕方を変えて口臭対策する正しい磨き方のポイント

口臭の原因物質を無くすためには、お口の中の清掃状態が重要です。
この機会に正しい歯磨きの仕方を覚えて、口臭予防が出来るセルフケアの方法をマスターしておきましょう。

【正しい歯磨きの仕方のポイント】

・小刻みに歯ブラシを動かしながら1歯ずつ磨く
・歯ブラシの毛先が広がらない150~200g程度の力で歯を磨く
・歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に当てて磨く
・前歯の裏側は、歯ブラシを縦にしてかき出すように磨く

他にも個人の歯並びに合わせて、色々な磨き方があります。
あなたに合わせた歯磨きの仕方は、歯医者で相談をしてみましょう。

それでは次に、自宅でも使える歯科アイテムを使った口臭対策の方法についてご紹介していきます。

歯の隙間が口臭の原因に!デンタルフロスを使おう

歯磨きの仕方を覚える際に忘れてはいけないのが、歯と歯の間のお手入れです。
歯と歯の間の汚れは、普段の歯ブラシだけでは除去しきれないため、口臭の原因の一つ。

デンタルフロスと呼ばれる歯と歯の間を磨く専用の糸ようじを使って、1日に1回はお掃除するのを忘れないようにしましょう。
普段デンタルフロスをする習慣がない方は、使用後の糸ようじを鼻に近づけると、口臭の原因になる強烈な悪臭に驚くはずですよ。

ちなみに、歯と歯の間の隙間が広くなっている方は、歯間ブラシと呼ばれる専用の小型ブラシを使うと、より歯垢除去率が高まります。
自分の歯と歯の間の清掃に適した歯間ブラシのサイズが分からない時は、一度歯医者に相談をしてみてくださいね。

口臭対策に役立つ歯磨き粉や歯ブラシの選び方

口臭を対策するためには、歯磨きの仕方の他に「歯磨き粉」や「歯ブラシ」の選び方にも気を配りましょう。

【口臭対策にオススメの歯磨き粉】

歯磨き粉は、病的口臭の原因になる虫歯や歯周病を予防する効果が高い商品がオススメです。
特に歯科医に推奨されている「コンクール ジェルコートF」などは、虫歯・歯周病予防に有効な成分が配合されているので人気がありますよ。

【口臭対策にオススメの歯ブラシ】

歯ブラシを選ぶ際に重要なのは、歯ブラシヘッドの「大きさ」と毛先の「硬さ」です。
以下のポイントを基準に、あなたに適している歯ブラシを選びましょう。

・歯ブラシヘッドの大きさの目安は、上前歯2本分(小さめのサイズがオススメ)
・歯ブラシの毛先は、歯茎の状態に合わせて柔らかめor普通の物を使う

あなたのお口の状態にピッタリの歯ブラシや歯磨き粉が知りたい場合は、やはり一度歯医者で相談するのがオススメですよ!

歯磨きの仕方が正しければ口臭対策に電動歯ブラシもあり

電動歯ブラシは、普通の歯ブラシよりも高い歯垢除去力を誇る商品が多いものです。
そのため、口臭対策にもオススメのアイテムだと言えるでしょう。

ただし、基本の歯磨きの仕方・ブラッシング技術のレベルが低い場合は、せっかくの電動歯ブラシの能力を引き出す事は出来ません。
むしろ、電動歯ブラシの「当てる位置」や「力加減」などを理解していないと、通常の歯磨きよりも歯に汚れが残ってしまうので注意をしましょう。

もし正しい使い方が分からない場合には、歯医者で一度相談をしてから使うようにしてくださいね。

歯磨きの時間が無い時は水うがいで口臭を軽減しよう

「せっかく正しい歯磨きの仕方を覚えたのに、職場では食後に歯を磨く時間を取れない」
そんな時には、ご飯を食べた後にうがいをする習慣を作りましょう。

お口の中の食べカスを外に出すイメージで、強めにクチュクチュ✕ガラガラうがいをするだけでも口臭を軽減できます。
ただし、お昼に歯磨きが出来ない分は、朝・晩の歯磨きでお口の衛生状態を整えなくてはなりません。

特に就寝前は時間をかけて1本1本を丁寧に歯を磨き、デンタルフロスを使うのを忘れないようにしてくださいね。

歯磨きの仕方以外の口臭対策!プラークを減らすには?

歯磨きの仕方以外の口臭対策のプラークを減らすには?

口臭の原因になるプラーク(細菌の塊)を減らす方法は、何も正しい歯磨きの仕方をするだけではありません。
普段の食生活への意識を変えるだけでも、細菌のエサになる糖分をコントロールして、プラーク量を減らせるのです。

以下のポイントを意識しながら、口臭を発生させる原因になる食生活を改善してみてくださいね!

【お口の環境を整える食生活のポイント】

・お菓子などのちょこちょこ食べ(間食)を控える
・糖分を含んでいるガムやアメを食べる習慣を改める
・習慣的な夜間のおつまみの摂取を控える
・水分を取る場合は、糖分を含まないお茶や水などにする

歯磨きの仕方のせいじゃない?臭い玉による口臭

歯磨きの仕方のせいじゃない臭い玉による口臭

歯磨きの仕方にかかわらず、咳やくしゃみをした時に喉の奥から悪臭を放つ白い球体が飛び出てくる場合があります。
それは、扁桃(へんとう:のどちんこ)の横にあるくぼみに溜まった膿栓(のうせん//別名:臭い玉)のせいでしょう。

膿栓とは、扁桃に炎症がある影響で、くぼみに細菌の死骸などが貯まる事で出来る貯留物です。
歯周病でもないのに口臭がするのも、こういった病的口臭が関係している可能性が高いでしょう。

臭い玉と言われるほどの臭い膿栓の対処・予防法は、この後にご紹介しているので、参考にしてみてください。

口臭の原因になる臭い玉の対処と予防法

口臭の原因になる臭い玉の対処に、歯磨きの仕方は関係ありません。
気になる場合は耳鼻咽喉科を受診して、臭い玉を除去してもらった方が良いでしょう。

また、ネット上では自分で臭い玉を取る方法が掲載されています。
しかし、滅菌されていない道具で素人がデリケートな扁桃部位を触るのは危険なので、必ず医療機関を受診するようにしてください。

膿栓の予防には、以下の方法がオススメです。

【膿栓の予防法】

・鼻づまりが生じた時は、すぐに医療機関を受診する
・定期的にうがいをして、口や喉の細菌を洗い流す
・口周りの筋肉をつけて、無意識に口が開かないようにする

お口の中に、細菌が溜まりにくい習慣作りを心がけてくださいね。

口臭の歯磨きの仕方のまとめ

口臭の歯磨きの仕方のまとめ

口臭の主な原因は、以下の5つです。

1.生理的口臭
2.病的口臭
3.飲食物・嗜好品による口臭
4.ストレス口臭
5.心理的口臭

特に、お口の細菌が口臭を誘発させる原因になりやすいので、正しい歯磨きの仕方を覚えて、衛生的なお口の環境を保つようにしましょう。
また、臭い玉と呼ばれる歯磨きの仕方が関係ない病的口臭の場合は、早めに医療機関を受診するのがオススメです。

気になるお口のニオイを無くして、正面を向いて明るく誰かと話せる、本来のあなたを取り戻してくださいね!

オーラルケアのランキング