歯磨き粉と着色

ホワイトニング系の歯磨き粉って、色々な種類があってどれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。
口コミを見ると「全然着色が落ちなかった」という意見もあり、本当に歯を白くしてくれる商品を見つけるのは難しいなと感じている方も多いようです。

そこでこの記事では、ホワイトニング歯磨き粉の選び方や磨き方・着色の原因などについてまとめてみました。
記事の後半では、歯医者で歯を白くする施術や歯磨き粉以外で着色予防する方法についてもご紹介しているので、合わせて読み進めてみてください。

オーラルケアのランキング

着色汚れとホワイトニング歯磨き粉の選び方

ホワイトニング歯磨き粉の選び方のポイントは、以下の3つです。

1.有効成分を含んでいるか

着色汚れを取り除きたい時には、国に効果が認められている有効成分が配合されている歯磨き粉を選んだほうが良いでしょう。

【タバコのヤニ除去や着色汚れに効果的な有効成分】

  • ポリリン酸ナトリウム
  • ポリエチレングリコール
  • ポリビニルピロリドン など

2.研磨剤無配合か

研磨剤は歯の表面についた着色汚れを削り取るのに効果を示す一方で、歯に傷を付けて新たな着色汚れを溜まりやすくさせてしまう側面があります。
そのため、長期的な歯の白さを保つためには研磨剤無配合、もしくは低配合の商品を選んだ方が良いでしょう。

3.発泡剤無配合か

発泡剤無配合もしくは低配合の歯磨き粉は、ホワイニング成分をお口の隅々まで行き渡らせるために、時間をかけて丁寧に歯磨きしたい時にオススメです。
逆に、発泡剤配合の歯磨き粉は泡が邪魔をして歯磨き時間を短くしてしまう可能性があるので注意をしましょう。

着色汚れにオススメの自宅で使えるホワイトニング歯磨き粉

着色汚れにオススメの自宅でも使える市販ホワイトニング歯磨き粉は、以下の2つです。

はははのは

はははのは

「はははのは」は、ブラッシングとの併用で着色汚れを浮き上がらせてくれるポリリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムがW配合されている歯磨き粉です。
しかも、研磨剤・発泡剤・着色料・漂白剤・合成界面活性剤等が不使用で、歯に優しく高品質な仕上がりになっています。

今なら、公式サイトで初回限定1,980円(税込)で購入出来るので、ぜひ試してみてください。

美歯口 30DAYS ホワイトニングキット

美歯口の評判・口コミ美歯口 30DAYS ホワイトニングキット

「美歯口 30DAYS ホワイトニングキット」は、30日分が1つ1つ小分けにパウチされている新しいタイプのホワイトニング歯磨き粉です。
ヒドロキシアパタイト(ホタテ貝殻由来)・ポリリン酸ナトリウムなどが配合されており、ブラッシングと併用すれば着色汚れを落として、自然な白さへと導いてくれます。

こちらも公式サイトであれば、初回限定1,058円(税込)で購入出来るので、まずは試しに1ヶ月使ってみてくださいね!

ホワイトニング歯磨き粉の効果倍増!磨き方のポイント

ホワイトニング歯磨き粉の効果倍増する磨き方のポイント

ホワイトニング歯磨き粉の効果を倍増させる磨き方のポイントは、以下の3つです。

1.歯ブラシは濡らさずに使う

歯磨きをする前に歯ブラシを濡らしてから使うと、せっかくのホワイトニング成分がお口の中でゆるくなり流れてしまいます。
基本的には、歯ブラシは濡らさずに乾いた状態で使用するようにしましょう。

2.うがいは最小限に留める

ホワイトニング歯磨き粉の薬剤は、出来るだけ長くお口の中に残るようにした方が効果を発揮しやすいようです。
歯磨き後にうがいを何度もしてしまうと、せっかくホワイトニング成分が排出されてしまうので注意してくださいね。

3.磨く時に力を入れすぎない

歯を磨く時に力を入れたからといって、歯表面の着色汚れが取れるわけではありません。
ホワイトニング目的で歯磨きをしている時も、歯ブラシの毛先が広がらないくらいの力加減を目安にして、優しく磨き上げるようにしましょう。

ホワイトニング歯磨き粉で磨いても歯の着色が目立つ原因

ホワイトニング歯磨き粉で磨いても歯の着色が目立つ原因

ホワイトニング歯磨き粉で磨いても歯の着色が目立つ原因は、大前提として歯本来の色が元々そこまで白くない可能性があります。
ホワイトニング歯磨き粉は着色汚れを落とす事は出来ても、歯本来の色をさらに白くする事は出来ません。

人によって歯の白さは個人差があるので、もしさらに白い歯を目指す場合には、歯科医院などで受けられる漂白成分を利用したホワイトニングを受ける必要があるでしょう。
また他にも、この後にご紹介している要因などが関係して、ホワイトニング歯磨き粉の効果を感じられない場合があります。

着色しやすい飲食物や嗜好品の摂取率が高い

日頃から着色しやすい飲食物や嗜好品の摂取率が高い傾向にある方は、ホワイトニング歯磨き粉を使っていても、着色汚れが目立ちやすいでしょう。

【着色しやすい飲食物・嗜好品の例】

コーヒー、赤ワイン、コーラ、ウーロン茶、緑茶、ぶどう、いちご、ジャム、カレーライス、ビーフシチュー、チョコレート、タバコ(ヤニ)など

そのため、着色しやすい飲食物・嗜好品を習慣的に摂取している方は、以下のポイントに気をつけて歯に着色汚れが定着しないように注意する必要があります。

・着色しやすい飲食物・嗜好品摂取後は、必ずうがいをする
・1日3回の歯磨きを徹底して行う(ホワイトニング歯磨き粉を併用して)
・歯医者の定期的なクリーニングで、歯磨きでは取り切れない汚れを除去する

白い歯をキープするために、着色がつきにくい工夫を意識して生活してみてくださいね。

加齢によって歯が薄くなり着色したように見える

人は年齢を重ねると、歯の表面を覆っているエナメル質が薄くなります。
その影響で歯の内部にある黄色みの強い象牙質の色が透けて見えるようになり、歯が着色したように見えてしまうのです。

そういった加齢が原因の歯の黄ばみは、ホワイトニング歯磨き粉を使っても白く出来ません。
この後にご紹介している歯医者でのホワイトニングor上から白い被せ物やラミネートベニア※を付ける施術を受ける必要があるでしょう。

※ラミネートベニアとは…歯の色をした薄く白い板を歯の上につけて審美性を高める施術

虫歯の影響で歯が着色してしまった

虫歯の影響で歯が黒や茶色に着色して見えている場合は、ホワイトニング歯磨き粉を使っても歯を白く出来ません。
歯医者で虫歯になってしまった部分を削って、詰め物を入れたり被せ物をしたりする必要があるでしょう。

また、詰め物や被せ物も銀歯ではなく白い素材を使いたい場合には、自費治療となり費用が数万~数十万程度かかる場合があります。
虫歯が進行すればするほど治療は困難になってしまうので、早めに歯医者を受診するようにしましょう。

抗生物質の影響で歯が着色してしまった

テトラサイクリン系の抗生物質を飲んでいると、薬の影響で歯が紫色や黄色に着色したように見えてしまう事があります。
こういった場合にも、ホワイトニング歯磨き粉で歯を白くするのは難しいでしょう。

ただし、歯医者で以下のような施術を受ければ歯を白く出来ます。

漂白成分を利用したホワイトニング

着色の進行具合にもよりますが、軽度であればホワイトニングで標準的な歯の白さまで戻す事も可能です。

ラミネートベニア

歯の表面を削り白い板を貼る施術を受ける事で、抗生物質の影響で着色してしまった歯を覆い隠せます。

被せ物(クラウン)をする

歯を全体的に削って上から人工の白い歯を被せる事で、抗生物質の影響で着色してしまった歯を完全に覆い隠す事が出来ます。

ティーシーズ

歯の表面に白い板を貼る施術ですが、ラミネートベニアや被せ物と違い、歯の表面を削る必要がありません。
健康な歯を傷つける事がない、大きなメリットのある施術だと言えるでしょう。

歯磨き粉で着色落としが出来ない時は歯医者がおすすめ

歯磨き粉で着色落としが出来ない時は歯医者がオススメ

ここまでお伝えした通り、加齢・虫歯・薬などが影響している歯の着色はホワイトニング歯磨き粉を使っても落とす事が出来ません。
また、着色がかなり進行している場合や歯本来の色をさらに白くしたい場合にも、ホワイトニング歯磨き粉より歯医者での施術がオススメだと言えるでしょう。

ただし、ホワイトニング歯磨き粉は、飲食物や嗜好品による着色をつきにくくしたり落ちやすくしたりするのに役立ちます。
特にこれからご紹介する、歯医者での歯を白くする2つの施術を受けた後は、ホワイトニング歯磨き粉を利用すると歯の白さをキープしやすくなりますよ。

歯医者のクリーニングで着色汚れを落とす

歯医者のクリーニングは、日々の歯磨きでは落とせない着色汚れを落とすのに適した施術です。
特に以下の3つは、着色汚れを落とすのによく使われているクリーニング法なので、しつこい着色が気になる時は歯医者で相談してみてくださいね。

超音波スケーラー

水と超音波を出す専門器具で歯の洗浄をしてくれます。
着色が軽度であれば、超音波スケーラーでも十分に着色汚れを落とせるでしょう。

健康保険が適用されるため、費用が安価なのも魅力です。

PMTC

専用器具とペーストを使って、歯の表面をツルツルに磨き上げてくれます。
中度以上の着色汚れを落としたい方に、オススメでしょう。

施術時間などによって自費や保険の区分が変わるため、費用については事前にかかりつけ医にご相談ください。

エアフロー

水圧と専用パウダーで、歯の表面についた重度の着色汚れを洗い流してくれます。
自費区分にあたる治療のため、費用については事前にかかりつけ医にご相談ください。

歯医者のホワイトニングは理想の白い歯を目指せる

歯医者の漂白成分を使ったホワイトニングは、歯本来の色をさらに白くしてくれます。
そのため、芸能人のような白い歯を目指したい方や着色が進みすぎて歯自体に黄ばみが染み込んでしまった方などにオススメの施術でしょう。

ただし、クリーニングやホワイトニング歯磨き粉と違って、費用が1回あたり数万~数十万程度かかるといったデメリットがあります。
また、施術後は一時的に歯が着色しやすい状態になり、着色しやすい飲食物や嗜好品に制限がかかるので注意をしましょう。

ホワイトニング歯磨き粉以外で着色予防する方法

ホワイトニング歯磨き粉以外で着色予防する方法

ホワイトニング歯磨き粉以外でも、着色汚れを予防する方法があります。

それは以下の2つです。

1.ストローを使って飲む

コーヒーなどを習慣的に飲む方は、歯に着色が付きやすいようです。
とは言え、歯を白くするために飲むのをやめるのは難しいと言えます。

そういった場合には、歯に直接飲み物が当たらないようにストローで口の奥に液体を流し込むのがオススメでしょう。
最近は、温かい飲み物にも使えるホットストローも販売されているので、ぜひ利用してみてください。

2.デンタルフロスを使う

歯の表面はホワイトニング歯磨き粉で着色予防出来ても、歯と歯の隙間は歯ブラシだけではケア出来ません。
歯の隙間をお掃除する専用のデンタルフロスを使って、定期的に汚れを落とし着色汚れを除去しましょう。

ホワイトニング歯磨き粉を使った後にフロスをすれば、薬剤も隅々まで行き渡りますよ。

着色予防で避けた方が良いホワイトニンググッズ

ホワイトニンググッズの中には、着色予防をする際には避けたほうが良い商品があります。
それは「研磨剤」で着色汚れを落とす物。

研磨剤は歯の表面の汚れを落としてくれるため、着色の除去には効果があります。
その一方で、歯を傷付けて汚れを付きやすくしてしまうデメリットがあり、着色の再付着率を高めてしまうのです。

特に、「歯の消しゴム」と呼ばれる商品は、研磨剤をメインに着色汚れを落とす性質を持っているため、着色予防には不向きと言えます。
手っ取り早く着色を落としたい時にのみ、利用するようにしましょう。

歯磨き粉と着色のまとめ

歯磨き粉と着色のまとめ

それでは最後に、ホワイトニング歯磨き粉と着色についてまとめていきます。

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

・有効成分を含んでいるか
・研磨剤や発泡剤が不使用か
・オススメ歯磨き粉は「はははのは」や「美歯口 30DAYS ホワイトニングキット」

ホワイトニング歯磨き粉の磨き方のポイント

  • 歯ブラシは濡らさない
  • うがいは最小限に留める
  • 強く磨きすぎない

ホワイトニング歯磨き粉で磨いても着色が取れない原因

・歯本来の色が黄ばんている
・着色しやすい飲食物や嗜好品の影響
・加齢の影響
・虫歯の影響
・抗生物質の影響

歯磨き粉で着色落とし出来ない時の歯医者の施術

・専門器具を使ったクリーニングで着色落とし
・ホワイトニング薬剤で歯を漂白

歯磨き粉以外の着色予防

・ストローを使う
・デンタルフロスを使う
・研磨剤を使ったホワイトニンググッズは着色予防に向かない

ホワイトニング歯磨き粉で日々の着色を予防しつつ、ぜひ白い歯をキープしてくださいね!

オーラルケアのランキング