歯ブラシを濡らすのはダメ

「歯磨きをする前に、歯ブラシを濡らすのはダメ」
そんな噂を聞いた事があるけど、本当はどうするのが一番良いんだろう?と疑問に思っている方は多いようです。

歯ブラシを使う前に水で洗わないとなんとなく不潔な感じがするし、そもそも濡らすのがダメだと言われる理由が分かりませんよね。
そこでこの記事では、誤った歯磨きの方法を例に出しながら、虫歯予防の効果が高まる正しい歯磨きについて詳しくご紹介してきます。

あなたの普段の歯磨き習慣で間違っている部分を直して、キレイで健康的な歯を維持してくださいね!

オーラルケアのランキング

歯ブラシを濡らすのがダメな理由は泡立ち

歯ブラシを濡らすのがダメだと言われている理由は、「歯磨き粉の泡立ち」が関係しています。
通常、歯磨き粉は歯ブラシが濡れている状態だと泡立ちが良くなりやすいものです。

歯磨き粉の泡立ちが良くなると、お口の中の清涼感は高まる一方で、磨き方が不十分でも磨いた感じがしてしまい、磨き残しが増えてしまいます。
そのため、「歯磨き前に歯ブラシを濡らすのはダメ」という説が広まったのです。

とは言え、実は歯磨き前に歯ブラシを濡らすか濡らさないかは、虫歯予防においてそこまで重要ではありません。
むしろ、正しい歯磨きには、これからご紹介する「うがいの回数」「磨き方」の方が重要なのです。

歯ブラシを濡らす以外にダメなのはうがいの回数

歯ブラシを濡らす以外にダメなのはうがいの回数

歯ブラシを濡らす以外にダメなのは、「うがいの回数が多い」ケース。
歯磨き粉には、虫歯予防に役立つフッ素などの成分が含まれており、出来るだけ洗い流さずに口の中に長時間残す方が有効に働くと言われています。

そのため、歯磨き後に何度もうがいをして、せっかくの虫歯予防成分を口の外に出す行為は避けた方が良いのです。
歯ブラシを濡らすかを気にするよりも、まずはうがいを優しく行い最小限の回数に留める事を意識してみてくださいね。

歯ブラシを濡らす以外にダメなのは磨き方

歯ブラシを濡らす以外にダメなのは磨き方

次に、歯ブラシを濡らす以外にダメなのは「誤った磨き方」です。
乾いた歯ブラシを使って泡が少ない状態で磨いたとしても、磨き残しが多ければ当然ながら歯の汚れは蓄積されていきます。

まずは、歯ブラシを濡らすかどうかよりも、正しい磨き方を覚えるのが先決だと言えるでしょう。
以下の基本の正しい歯磨きの方法をポイントに、あなたの磨き方を見直してみてくださいね。

正しい歯ブラシの持ち方

鉛筆を持つように歯ブラシの柄を握ってください。

正しい歯の磨き方

歯と歯茎の境目を狙って、1本1本細かく磨いていきましょう。
歯の裏側は、縦や斜めにブラシを当てると磨きやすいのです。

力の加減や歯ブラシの選び方については、この後に詳しくご説明します。

硬い歯ブラシでゴシゴシ磨きはNG

歯ブラシを濡らすかどうかに限らず、硬い毛先の歯ブラシで力強くゴシゴシ磨くのはダメです。
以下のようなリスクが生まれやすくなります。

【硬い歯ブラシで強く磨くリスク】

  • 歯の表面(エナメル質)が傷付いて、汚れが付きやすくなる
  • 歯の表面(エナメル質)が傷付いて、歯が染みやすくなる(知覚過敏)
  • 歯茎や口の中の粘膜が傷付いて、痛みが出る
  • 歯ブラシの毛先が開いて、磨き残しが増える

硬い歯ブラシで強く磨いたからと言って、歯の汚れが沢山取れる訳ではありません。
むしろ、逆効果になるケースがほとんどです。

基本的には、歯茎の状態に合わせた柔らかめor普通の硬さの歯ブラシで、優しく丁寧に磨き上げるようにしましょう。

電動歯ブラシは手動より磨けていない場合もある

最近は、電動歯ブラシを使う人も増えています。
電動歯ブラシは、歯磨き粉の泡立ちが良くなりやすいため、歯磨き前にブラシ部分を濡らすのはダメです。

また、電動歯ブラシを使っていると、以下のような理由で手動で磨いた時よりも磨けていない場合があるので注意が必要でしょう。

・電動歯ブラシに合わせた磨き方をしていない
・電動歯ブラシの方が磨いた感があり、磨き残しが増えやすい

電動歯ブラシは、振動型・回転型・超音波型などタイプによっても磨き方が変わります。
使用前には説明書をよく読み、正しい磨き方を覚えてから使うようにしましょう。

正しい磨き方が分からない場合には、歯医者で電動歯ブラシの使い方を教えてもらうのもオススメですよ。

歯ブラシを濡らす以外にダメなのは食後すぐの歯磨き?

歯ブラシを濡らす以外にダメなのは食後すぐの歯磨き

歯ブラシを濡らす以外にダメだとよく言われるのは、「食後すぐの歯磨き」です。
しかし、この説は専門家によっても判断の分かれる所で、食後すぐの歯磨きが絶対にダメだとは言えないのが現状でしょう。

特に日本小児歯科学会では、以下のような文章が公表されているので、子どもは食後すぐに歯磨きをした方が虫歯予防効果を得られやすいようです。

食後すぐに歯をみがくと、あたかも歯が溶けてしまうというような報道が新聞やテレビで伝えられたため、現場がやや混乱しているようです。(中略)通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐ事の方が重要です。

公益社団法人日本小児歯科学会/食後の歯磨きについてより、一部引用
http://www.jspd.or.jp/contents/main/proposal/index09.html

また、現在は日本口腔衛生学会でも「食後30分間、ブラッシングを避ける」ではなく「酸性飲食物摂取直後のブラッシングは避ける」と表現が改められています。
そのため、成人の場合でも、通常の食事の後に磨くタイミングは神経質になり過ぎなくても良いでしょう。

朝の歯磨きは朝食後より朝食前がオススメ

夜寝る前の歯磨きが重要なのは周知の事実です。
しかし、実は朝の歯磨きも非常に重要な役割を果たします。

なぜなら、寝ている間に増加した虫歯や歯周病などの原因菌を、朝の歯磨きで洗い流せるからです。
オススメのタイミングとしては、朝食前の歯磨き。

口の中の汚れを除去してから食事をすれば、体内に細菌が入るのを防げます。
ただし、朝食後の歯磨きも飲食の汚れを取るためには欠かせません。

理想は、朝食前も後も歯磨きをする事です。
どうしても準備が間に合わない時は、起きたら「うがい」・朝食後は「歯磨き」を取り入れてみてくださいね。

歯ブラシを濡らすのはダメのまとめ

歯ブラシを濡らすのはダメのまとめ

それでは最後に、誤った歯磨きの方法や正しい磨き方について、簡単におさらいしていきます。

歯ブラシを濡らすのがダメな理由

・歯ブラシを濡らすと歯磨き粉が泡立ち、磨き残しが増えやすい
・歯ブラシは乾いた状態で使った方が磨きやすい

うがいの回数について

・うがいの回数が多いとフッ素が流れてしまう
・フッ素が長く口の中に残るようにうがいは優しく最小限にする

磨き方について

・誤った磨き方は、虫歯・歯周病の原因になる
・鉛筆持ちで優しく丁寧に1本1本磨く
・硬い歯ブラシで強く磨くのはダメ
・歯の裏は、斜めor横にするとブラシが隅々まで当たりやすい
・電動歯ブラシを過信せず、正しい磨き方を覚えよう

歯ブラシのタイミングについて

・子どもは食後すぐに磨くのがオススメ
・成人は、酸性飲食物摂取直後に限りすぐ磨かない
・朝は、朝食前と後に磨くのが理想

「歯磨き前に歯ブラシを濡らすのはダメ」という噂は、正しいものでした。
正しいうがいや磨き方なども取り入れて、これまで以上に虫歯から歯を守ってくださいね。

オーラルケアのランキング