吹き出物の薬のおすすめ

20代から40代ごろまで出来る吹き出物は、「大人ニキビ」とも呼ばれています。
吹き出物は、皮膚の奥まで炎症を起こすので痛痒く、治りが遅いため跡として残る事もよくあります。

そんな吹き出物は、市販の薬で治す事が可能です。
そこで今回は、吹き出物に効くオススメの市販薬を5つご紹介します。

症状が悪化したり跡になる前に、市販薬でキレイに治しましょう。

大人ニキビランキング

吹き出物が出来る場所とその原因

ニキビや吹き出物は、お肌の乾燥や皮脂過剰によって毛穴が詰まり、アクネ菌などが繁殖する事で出来るものです。
清潔なお肌を保ち、保湿を充分に行っていれば、吹き出物が出来る事はほとんどありません。

しかし、清潔で潤ったお肌を保っていても、上記以外の原因で乾燥や皮脂過剰が起こる事があります。
これは、吹き出物が出来た場所によって、原因をある程度特定する事が可能です。

原因が特定出来れば、それに合った対処法が出来るので、吹き出物を早く治す事が出来ます。
吹き出物が出来た時は、顔や体のどの部分にあるのかをチェックしてみましょう。

顎に出来る吹き出物

顎に出来る吹き出物は、ホルモンバランスの崩れが原因です。
もともと顎は皮脂腺が少なく毛穴が小さいため、吹き出物はあまり出来ません。

しかし、ホルモンバランスが崩れると、皮脂の過剰分泌やお肌の乾燥が起こり、顎に吹き出物が出来るのです。
人の体には、女性ホルモンと男性ホルモンが存在しています。

女性の場合、男性ホルモンよりも女性ホルモンが優位に立っているものです。
しかし、過度なストレスや生活習慣などが原因で、男性ホルモンが優位に立つ事があります。

女性ホルモンが減ると、ハリやツヤが失われ、お肌は乾燥してしまいます。
一方、男性ホルモンが増えると角質を硬くさせ、皮脂の過剰分泌が行われます。

男性の髭が生える場所にあたる顎は、上記の理由によって吹き出物が出来やすいのです。
それ以外にも、無意識に触る、髪の毛が触れるなどの刺激で、吹き出物の発生や悪化の原因になる事もあります。

おでこに出来る吹き出物

おでこは、皮脂腺が多いためテカりやすく、吹き出物がよく出来る場所です。
意外な事に、おでこの吹き出物はお肌の乾燥が原因で発生します。

これは、お肌が乾燥すると、これ以上皮膚の水分が無くならない様に皮脂を沢山分泌するからです。
また、おでこは顔の中で1番汗を掻きやすく、前髪がよく触れる場所でもあります。

このため、おでこは不潔になりがちで、アクネ菌などの細菌が繁殖しやすく、ニキビや吹き出物が出来やすいのです。
年齢を重ねてもオイリー肌の方は、実は肌の奥が乾燥しているという事がよくあります。

おでこの吹き出物が多い方は、スキンケアで清潔な肌を保ち、充分に保湿を行う事をオススメします。

背中に出来る吹き出物

自分で確認しにくく、ケアも行いにくい背中にも吹き出物は出来ます。
背中の吹き出物は、シャンプーなどのすすぎ残し、雑な洗い方が原因です。

背中は手が届きにくく洗いづらいため、汚れや汗が充分に落ちない事があります。
また、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しが背中の毛穴を詰らせ、吹き出物を発生させてしまいます。

顔の吹き出物のほとんどは、アクネ菌によって炎症を起こすものです。
しかし、背中など身体に出来るの吹き出物のほとんどは、マラセチア菌というカビ(真菌)の1種が原因で炎症を起こします。

原因となる菌が違うため、顔と同じケアをしても中々治りません。
背中の吹き出物を治すために薬を購入する際は、真菌にも効く商品を選ぶ事をオススメします。

吹き出物に効くオススメの市販薬5選

吹き出物に効くオススメの市販薬5選

ニキビや吹き出物に効く市販薬は、とても多くの種類があります。
パッケージや成分を見ても同じような記載が多く、どれを選べば良いのかとても悩むものです。

そこで、ここからは吹き出物に効くオススメの市販薬を5つご紹介します。
どの様な肌質にオススメなのかも合わせてご紹介をするので、ぜひ参考にして下さい。

自分に合った市販薬を見つけて、吹き出物を早く治しましょう。

ペアアクネクリームW

ペアアクネクリームW

ペアアクネクリームWは、思春期ニキビから吹き出物まで、幅広く使える塗り薬です。
有効成分のイブプロフェンピコノールが細菌の繁殖を抑え、吹き出物の炎症を鎮めます。

また、配合されているイソプロピルメチルフェノールが菌を殺菌し、ニキビや吹き出物の進行を防ぎます。
顔だけではなく、背中の吹き出物にも使える市販薬です。

塗ると透明になるクリームなので、メイク前に使う事も出来ます。
植物系のほのかな香りなので、薬品の臭いに敏感な方でも使いやすいでしょう。

吹き出物への効果が高い上に香りも目立たないので、使いやすくてオススメの市販薬です。
さらに、ペアアクネクリームWは、ニキビや吹き出物の薬の中で唯一税控除が可能な商品でもあります。

確定申告時に購入レシートを出すと所得控除を受けられるので、節約したい方にもオススメです。

ペアアクネクリームW

内容量 14g
価格 1,026円(税込み)
メーカー ライオン株式会社

テラ・コートリル軟膏

テラ・コートリル

テラ・コートリル軟膏は、ステロイドを含んだ塗り薬です。
配合されているオキシテトラサイクリン塩酸塩が細菌を殺菌し、炎症を鎮めます。

顔以外にも背中の吹き出物に使えるので、とても良いでしょう。
テラ・コートリル軟膏は、吹き出物やニキビ用の市販薬の中でも、特に強い効果を持っています。

ステロイドを含む市販薬のため、炎症を起こしたニキビや吹き出物のみに使用しましょう。
そして、長くても5~6日程で使用を止める様にして下さい。

また、皮膚の赤みや痒みなどの副作用が起こる可能性もあるので、注意をしましょう。
ステロイドを含む薬を常用していない方には即効性があるので、オススメです。

テラ・コートリル

内容量 6g
価格 1,080円(税込み)
メーカー ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

クレアラシル ニキビ治療薬クリーム

クレアラシル 治療薬クリーム

クレアラシル治療クリームは、ニキビや吹き出物の炎症を抑える塗り薬です。
配合されたイオウが余分な皮脂を吸収し、毛穴の詰まりを取り除きます。

しかし、配合されているレゾルシンには真菌に効果がないため、身体の吹き出物の改善は出来ません。
また、敏感肌や乾燥肌の方が使用すると、刺激を感じたり、皮膚の皮が剥がれる事があるので注意しましょう。

オイリー肌で吹き出物に悩む方にオススメ出来る市販薬です。
クレアラシルには、吹き出物の赤みをカバーできる肌色タイプと、目立たない白色タイプがあります。

化粧と一緒に使う場合は、肌色タイプを選ぶと良いでしょう。

クレアラシル ニキビ治療薬クリーム

内容量 18g
価格 1,166円(税込み/Amazon価格)
メーカー レキットベーンキーザー・ジャパン株式会社

オロナインH軟膏

オロナインH軟膏

オロナインH軟膏は、吹き出物はもちろん、火傷や切り傷などにも使える塗り薬です。
殺菌・抗菌作用があるクロルヘキシジングルコン酸塩液が、吹き出物の炎症を鎮めます。

オロナインH軟膏は、ニキビや吹き出物の市販薬の中でもワセリンやオリーブ油が配合されているので、乾燥肌の方にオススメです。
しかし、オイリー肌の方が使用すると、油分が吹き出物やニキビの原因になってしまうので注意しましょう。

ただし、オロナインH軟膏はマラセチア菌には効果が薄いため、身体の吹き出物改善には期待出来ません。
また、オロナインH軟膏にはベタつきがあるので、寝る前に使うと良いでしょう。

寝る前に使う時は、枕や髪の毛に付かない様に、ガーゼや絆創膏を貼るのがオススメです。

オロナインH軟膏

内容量 11g(チューブ入り)
価格 324円(税込み)
メーカー 大塚製薬株式会社

ビフナイトn ニキビ治療薬

ビフナイトの評判・口コミ

ビフナイトnニキビ治療薬は、皮脂の吸収やアクネ菌の殺菌が出来る塗り薬です。
他の吹き出物やニキビ用の市販薬よりも、イオウが多く配合されています。

オイリー肌にはオススメですが、乾燥肌や敏感肌の方は注意して使いましょう。
ビフナイトnニキビ治療薬には、イソプロピルメチルフェノールが配合されているので、身体の吹き出物の改善も可能です。

ただし、他の市販薬よりもイオウの臭いがキツイため、香りに敏感の方にはオススメできません。
塗ると乾燥して白くなる性質があるので、就寝前に使うと良いでしょう。

ビフナイトには、通常の薬用クリームとニキビ治療薬の2種類があります。
パッケージが少し紛らわしいので、購入時はしっかり確認する様にして下さい。

ビフナイトn ニキビ治療薬

内容量 18g
価格 1,188円(税込み)
メーカー 小林製薬株式会社

吹き出物に市販薬を使う前に知っておこう!

吹き出物に市販薬を使う前に知っておこう

吹き出物やニキビ用の市販薬は、すぐに買えてとても便利な物です。
ですが、吹き出物に薬を使う前に、知っておきたい事がいくつかあります。

間違った使い方をすると、ニキビや吹き出物が悪化したり、お肌がボロボロになってしまう事があるのです。
市販薬を安心・安全に使うために、以下の事を知っておきましょう。

敏感肌やアレルギー体質の人の注意点

市販薬は、病院で処方される薬よりも効果が低い商品が多いものです。
しかし、市販薬と言えど、敏感肌やアレルギー体質の方には効果が強すぎる事があります。

  • イオウ
  • サルファ
  • レゾルシン

ニキビや吹き出物用の市販薬に上記の成分が配合されていると、敏感肌の方は刺激を感じる事があります。
また、上記の成分に対してアレルギーを持っている方は、斑状丘疹状皮疹(はんじょうきゅうしんじょうひしん)という皮膚疾患が起こる可能性があるのです。

口コミだけに囚われず、しっかりと自分に合った市販薬を選びましょう。
薬局で購入する際は、薬剤師や登録販売員に相談をする事をオススメします。

吹き出物の薬は清潔なお肌に使う

どんな塗り薬でも同じ事が言えますが、薬はお肌を清潔にした状態で使いましょう。
これは、市販薬を不潔なお肌に使っても、薬の効果が半減してしまうからです。

清潔なお肌に薬を使う方が効果は高く、吹き出物も早く治ります。
ニキビや吹き出物用の市販薬を使う場合は、朝と夜の1日2回、洗顔後に使用すると良いでしょう。

また、髪の毛が薬に付いてしまい、薬の効果が半減する事もあります。
就寝前に使う際は、髪の毛をまとめたり、吹き出物に絆創膏やガーゼを貼るなどの工夫を行いましょう。

ただし、商品によっては絆創膏などを貼らない方が良い物もあるので、説明書に記載されている使用方法を守って下さい。

吹き出物の薬はお肌を乾燥させる

ニキビや吹き出物に効く市販薬の中には、お肌を乾燥させる成分が配合された商品がいくつかあります。
乾燥肌や敏感肌の方が使うと、より乾燥が酷くなる事があるので注意しましょう。

オススメの市販薬でもご紹介しましたが、イオウは皮脂の吸収作用がある反面、お肌を乾燥させる成分です。
乾燥肌や敏感肌以外の方でも、ニキビや吹き出物が無い部分に使うと、お肌が乾燥してしまいます。

すると、敏感肌や皮膚炎などの新たな肌トラブルに繋がる事があるのです。
吹き出物の薬は必ず、患部のみに使う様に心がけましょう。

また、基礎化粧品で保湿を行う場合は、吹き出物を避けるようにして下さい。

自宅で出来る!吹き出物を防ぐ方法

自宅で出来る吹き出物を防ぐ方法

出来てしまった吹き出物は、薬を塗って治す事がとても大切です。
しかし、吹き出物が繰り返さないために、予防を行う事も非常に重要と言えます。

ニキビや吹き出物を防ぐ方法は、自宅で行う事が出来ます。
出来る事からコツコツ続けていけば、吹き出物知らずのキレイなお肌に近づく事でしょう。

仕事や家事、遊びに忙しいと、つい疎かになってしまうスキンケアなどを見直す事で、吹き出物を防ぐ事が可能です。
吹き出物を改善・予防するために、オススメの改善方法を見ていきましょう。

洗顔で清潔なお肌を保つ

ニキビや吹き出物を防ぐには、お肌を清潔に保つ事が非常に重要です。
しかし、清潔を意識し過ぎて1日に何度も洗顔を行ったり、力強い洗い方をすると、肌のバリア機能は低くなってしまいます。

ニキビや吹き出物を改善・予防するには、以下の事を心がけましょう。

・洗顔料はしっかりと泡立てる
・ゴシゴシと擦らない
・ぬるま湯(30~34℃)で洗う
・すすぎは最低20回ほど行う

洗顔料は、炎症を抑える効果がある薬用の物や、泡立ちの良いクレイタイプがオススメです。
そして、しっかりと泡立てて、皮脂が多いTゾーンから洗う様にしましょう。

また、スクラブ入りの洗顔料は毎日使うにはお肌の負荷が大きく、敏感肌や乾燥肌を招きます。
このため、週に1、2回の頻度に抑えて使用する様に心がけましょう。

吹き出物や大人ニキビ用の基礎化粧品を使う

吹き出物を治すためには、専用の基礎化粧品を使う事が効果的です。
ニキビや吹き出物は、様々な原因でお肌が乾燥するため発生します。

このため、お肌を充分に保湿する事が、吹き出物を防ぐ1番の方法と言えるのです。
吹き出物や大人ニキビ用の基礎化粧品は、保湿に長け、炎症を鎮める薬用の商品が沢山あります。

価格の安いトライアルセットを用意しているメーカーが多いので、自分のお肌に合うかを試す事が出来ます。
何度もニキビや吹き出物が出来る方は、基礎化粧品を変えてみる事をオススメします。

また、併せて吹き出物の市販薬を使う事で、より早く治す事が可能です。

サプリメントや市販薬で栄養を補う

本来は、栄養バランスが整った食事を摂取する事が理想なのですが、仕事や家事が忙しいと中々難しいものです。
ビタミンや乳酸菌などが入った市販薬を飲む事で、体の内側から吹き出物を防ぐ事が出来ます。

特に、日本人はビタミン類が不足していると言われています。
ビタミンはお肌の健康維持をサポートする栄養素なので、積極的に摂取する様に心がけましょう。

  • ビタミンB群
  • ビタミンE
  • L-システイン

吹き出物が繰り返し出来る方は、上記の栄養素が入ったサプリや市販薬がオススメです。
市販の薬を併せて使えば、吹き出物の治りも早くなります。

体の内側と外側から吹き出物をケアし、キレイなお肌に近づけましょう。

吹き出物にオススメな市販薬のまとめ

吹き出物にオススメな市販薬のまとめ

悪化した吹き出物は、シミや跡など、別の肌トラブルに繋がります。
早めにニキビや吹き出物に効く市販薬でケアを行いましょう。

しかし、今回ご紹介したオススメの市販薬を使っても吹き出物が治らない場合は、早めに皮膚科を受診する事をオススメします。
また、吹き出物が繰り返す方は、不規則な生活習慣を送っていないか、スキンケアの方法に問題がないかなどを振り返ってみましょう。

吹き出物を治すには、専用の基礎化粧品に変えてみるのも方法の1つです。
お手頃な価格でトライアルセットが販売されているので、自分のお肌に合うかを試してみると良いでしょう。

吹き出物は化粧で上手く隠れないので、長引くとストレスを感じる方が多いと思います。
今回ご紹介したオススメの市販薬やケア方法を参考にして、吹き出物を早めに治しましょう。

大人ニキビランキング