歯とコーヒー

コーヒーは魅力的な飲み物ですよね。
香りにも癒やされるし、飲むと頭がスッキリして仕事に集中出来るので、愛飲している方が多いのも納得出来ます。

とは言え、コーヒーを毎日飲む習慣がついてから「歯の着色」が気になるようになったという方も多いはず。
そこでこの記事では、コーヒーで歯が着色する原因や歯医者・自宅でコーヒーによるステイン(着色汚れ)を除去する方法についてまとめてみました。

記事の後半では、コーヒーで歯が黄ばむのを予防する方法についてもご紹介しているので、合わせて読み進めてみてください。

オーラルケアのランキング

コーヒーで歯が着色する原因とは?

コーヒーで歯が着色する原因は、コーヒーなどのお茶に含まれる渋み成分「タンニン」や「ポリフェノール類」の影響です。
タンニンやポリフェノールは、歯の表面を覆っているタンパク質「ペリクル」と結びついて歯の黄ばみを作り出します。

タンニンは昔のお歯黒の主成分としても使われていた経緯を考えると、どれだけ歯に色が付きやすい成分かは想像しやすいでしょう。
ただし、1~2回コーヒーを飲んだぐらいで、すぐに歯が黄ばむわけではありません。

コーヒーを習慣的に飲んでいると徐々に着色汚れが蓄積されて、歯磨きだけでは歯についた色が落ちなくなり、黄ばみが目立つようになってしまうのです。
また、歯を着色させるのはコーヒーだけではありません。

この後にご紹介している飲食物や嗜好品も歯を着色させる原因になるので、歯の黄ばみが気になる方は一緒にチェックしておくと良いでしょう。

コーヒー以外にもある歯を着色させる飲食物や嗜好品

コーヒー以外に歯を着色させる原因になる飲食物や嗜好品は、以下の通りです。

コーヒー以外のタンニンやポリフェノールを含む飲食物

紅茶、緑茶、ウーロン茶、コーラ、赤ワイン、トマトソース、ケチャップ、からし、ソース、カレー、チョコレート、醤油、いちご、ぶどう、キムチ、合成着色料など

着色しやすい嗜好品

タバコのタール(ヤニ)⇒タールは粘着力が強力なため、コーヒーなどの飲食物に比べて歯の着色汚れが悪化しやすい

こうしてみると、色が濃い食べ物は大体着色の原因になる事が分かります。
とは言え、実際に全てを制限して歯の白さを保つのは、現実的に考えて難しい事ですよね。

ですので、歯の白さをキープするためには、これからご紹介していく歯の黄ばみ(ステイン)を落とす方法や予防法について知っておく事が重要でしょう。

コーヒーによる歯の黄ばみは歯医者で落とすのが正解

コーヒーによる歯の黄ばみは歯医者で落とすのが正解

コーヒーなどによる歯の黄ばみを手っ取り早く確実に落としたい場合には、歯医者の施術を受けるのがオススメです。
ステインの蓄積具合にもよりますが、早ければ1回施術を受けるだけでも歯の白さをかなり取り戻せるでしょう。

【ステインの蓄積度別/歯医者で歯の黄ばみを落とす方法】

ステイン蓄積レベル 施術名
PMTC(歯科専門器具を使ったクリーニング)
エアフロー(専用パウダーと水圧で歯の黄ばみを落とす)
ホワイトニング(歯を漂白させる薬剤を使う)

それぞれの施術内容や費用などについて、一つひとつ詳しくご説明していきますね。

歯医者のPMTCでステイン除去

歯医者のPMTCとは、歯のお掃除の専門家である「歯科衛生士」が専門器具を使って、普段の歯磨きだけでは取り切れないステインを除去してくれる施術です。
ただし、PMTCは歯科医院によって保険や自費の区分が様々ですので注意をしましょう。

【保険と自費のPMTCの違い】

保険適用の場合 自費治療の場合
費用目安 2,000~4,000円前後/回 ※ 5,000~15,000円前後/回 ※
施術時間 30~45分程度(法律で決められた本数しか施術出来ないので、1度にクリーニング出来る時間が短い) 60~90分程度(法律による決まりがないので、1度で全ての歯のクリーニングを終わらせる事も可能)

※医療費3割負担の場合の目安金額です。お口の状況や施術内容によって個人差があります。自費治療は、歯医者によって料金相場に大きな開きがあります。

また、コーヒーなどによる着色の蓄積がごくわずかな場合は、保険適用内のクリーニングである超音波スケーラーだけでも十分にステインを除去出来ます。
どのクリーニングが良いかは、一度かかりつけの歯医者さんで相談してみてくださいね。

PMTCでも落ちない歯の黄ばみはエアフローで落とす

着色汚れの蓄積がある程度進んでいると、PMTCでも歯の黄ばみが落ちない場合があります。
そういった時には、「エアフロークリーニング」を受けるのがオススメでしょう。

エアフローとは、歯の着色汚れに有効な超微粒子のパウダーと水圧を吹き付けて、歯に蓄積したしつこいタバコのヤニやコーヒーなどによるステインを落としてくれる専門器具です。
歯と歯の隙間の黄ばみまで綺麗に落としてくれるので、歯全体の白さも取り戻せます。

また、エアフローは治療目的ではなく審美目的で使われているため、保険外の適用になるケースがほとんどです。
自費治療のPMTCの場合は、最初からメニューにエアフローが含まれている事もあるので事前にチェックしてみてくださいね。

【エアフローの費用目安】

3,000~6,000円前後/回

完全に歯を白くしたいならホワイトニングがオススメ

コーヒーなどの着色汚れの蓄積が進んで歯に色が染み込み、歯そのものの色が変わってしまった場合は、クリーニングだけで歯の黄ばみを落とすのは難しいでしょう。
そういった場合は、漂白成分を利用した歯医者のホワイトニングで完全に歯を白くするのがオススメです。

【クリーニングとホワイトニングの違い】

クリーニング 着色汚れを落として、歯本来の白さに戻す
ホワイトニング 薬剤の力で、歯本来の色よりもさらに白い歯を目指せる

ただし、ホワイトニングは歯の白さを極められる一方で、着色しやすい飲食物・嗜好品に制限が掛かるデメリットがあります。
また、自費治療になるため、費用が高くなってしまうのも大きな欠点だと言えるでしょう。

【ホワイトニング費用の目安】

ホームホワイトニング 25,000~50,000円前後/回
オフィスホワイトニング 10,000~70,000円前後/回
デュアルホワイトニング 50,000~80,000円前後/回

※自費治療のため、歯医者によって料金相場に大きな開きがあります。

自宅でも出来るコーヒーによる着色汚れを落とす方法

自宅でも出来るコーヒーによる着色汚れを落とす方法

コーヒーによる着色の蓄積が軽度な場合は、自宅でも着色汚れを落とす方法があります。

  • ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う
  • 歯の消しゴム(研磨剤)で歯の表面の黄ばみを落とす
  • 電動歯ブラシで通常の歯磨きでは落ちない着色汚れを落とす

「歯医者に通うのが面倒くさい」「ある程度白くなればいい」という方は、上記のような自宅でのセルフケアがオススメかもしれません。
この後でそれぞれのメリット・デメリットなどについて具体的にご説明していくので、自分に合う着色汚れを落とす方法を比較検討してみてくださいね。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を利用する

ホワイトニング効果のある市販の歯磨き粉を利用すると、以下のようなメリットを得られます。

【ホワイトニング系歯磨き粉のメリット】

・通常の歯磨き粉よりも、歯の表面についたコーヒなどの着色汚れを落としやすい
・通常の歯磨き粉よりも、ステインの再付着が防げる
・歯医者の施術より安価で通院の手間がない
・歯磨き粉を歯ブラシにつけるだけでいいから手軽
・外出先でも自宅でも好きな時に使える

逆に、市販のホワイトニング効果がある歯磨き粉には、以下のようなデメリットも存在します。

【ホワイトニング系歯磨き粉のデメリット】

・通常の歯磨き粉に比べて費用が高い
・歯医者のホワイトニングのように歯本来の色よりもさらに白くは出来ない
・研磨剤配合の場合、歯の表面が傷付いてしまう可能性もある

ただし、「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」のように、研磨剤の力に頼らない歯磨粉であれば歯を傷つけずに白い歯を目指せます。
しかも、薬用なので国に効果を認められた成分が6つも入っており、お口の健康を総合的にサポート出来るのでオススメです。

歯の消しゴムでコーヒーの着色汚れを除去する

歯の消しゴムでコーヒーなどの着色汚れが除去出来る理由は、「研磨剤」です。
激落ちくんのように非常に目の細かいヤスリのような性質をしたメラミンスポンジを利用して、歯の表面についた汚れを削り落とします。

【歯の消しゴムのメリット】

・値段が500円~1,000円前後と安い
・操作性が良いため、誰でも手軽にコーヒなどによる歯の着色汚れを除去出来る

【歯の消しゴムのデメリット】

・歯が傷ついて、着色汚れがつきやすくなる
・力の加減を間違えると、知覚過敏を引き起こす可能性がある

歯の消しゴムは、簡単に着色汚れが落ちます。
しかし、その分歯の表面を傷つけやすく長期間の利用には向かない商品です。

歯の汚れを一時的に急いで落としたい時などに限定して、使うようにしましょう。

電動歯ブラシでコーヒーの着色汚れを落とす

電動歯ブラシは、通常の歯ブラシよりも歯垢除去率が高くコーヒーなどの着色汚れを落としやすい商品が多いようです。
そのため、普段の歯磨きをさらに強化したい人にはオススメのアイテムだと言えるでしょう。

【電動歯ブラシのメリット】

・通常のブラッシングだけでは落ちない汚れも除去出来る
・自宅でも手軽に歯の表面をツルツルに出来る
・ホワイトニング系歯磨き粉を併用すれば、より白い歯を目指せる

【電動歯ブラシのデメリット】

・電動歯ブラシに合わせた磨き方を習得する必要がある
・あまり磨けていなくても、磨いたつもりになってしまう

電動歯ブラシでコーヒなどによる着色汚れを除去したい場合には、一度歯医者で正しい使い方についてレクチャーしてもらってみてくださいね!

コーヒーによる歯の黄ばみを予防する方法

コーヒーによる歯の黄ばみを予防する方法

コーヒーなどによる歯の黄ばみを予防する方法でオススメなのは、以下の2つです。

飲食後はうがいをする

コーヒーのように着色しやすい飲食物を摂取した後には、必ずうがいをしましょう。
歯に色がつきにくくなります。

ストローで飲む

アイスコーヒーなどの冷たい飲み物の場合は、ストローを使って飲むようにしましょう。
歯に飲み物が触れないように口の奥の方に液体を流し込めば、歯が黄ばむのを防げます。

ホットでもストローを使用したい場合には、海外で人気の「ホットストロー」を使うのもオススメですよ!

歯とコーヒーによる着色のまとめ

歯とコーヒーによる着色のまとめ

それでは最後に、歯とコーヒーによる着色についておさらいしていきます。

歯が着色する原因

・飲食物→着色成分であるタンニンやポリフェノール類が原因で着色する
・嗜好品→タバコのタール(ニコチン)が原因で着色する

コーヒーなどによる歯の黄ばみを歯医者で落とす方法

・ステイン蓄積度弱→超音波スケーラーやPMTC(クリーニング)で落とす
・ステイン蓄積度中→エアフロー(専用パウダーと水圧)で落とす
・ステイン蓄積度強→ホワイトニング(漂白成分)で歯そのものの色を白くする

自宅でコーヒーなどによる着色を落とす方法

・ホワイトニング系歯磨き粉で着色汚れを落とす
・歯の消しゴムで歯の表面の着色汚れを研磨して落とす
・電動歯ブラシで普段の歯磨きでは落ち切らない着色汚れを落とす

コーヒーなどによる歯の黄ばみを予防する方法

・飲食後はうがいをする
・着色しやすい飲み物を摂取する時はストローを利用する

この記事を参考に着色しやすい飲食物や嗜好品に注意をして、歯医者やセルフケアを実践しつつ、白く輝く歯をキープし続けてくださいね!

オーラルケアのランキング