朝の口臭を消す

前日の夜しっかり歯磨きをしているつもりでも、朝起きると口臭が気になるという人は決して少なくありません。
ブラッシングをして就寝しても、眠っている間に口の中の雑菌は多くなります。

それにより、朝は口臭のリスクが非常に高くなるのです。
しかし、朝の強い口臭を消すための対策は沢山あります。

食生活やオーラルケアの工夫といった手段をご紹介するので、朝の口臭に悩んでいる方はぜひ実践してみてください。
朝の口臭に有効なうがいについても解説します。

オーラルケアのランキング

朝の口臭の原因

朝起きた時口臭が気になりやすくなるのは、こうした問題が原因として挙げられます。

  • 歯の磨き残し
  • 唾液の分泌量の低下

ブラッシングが不十分なのであれば、より念入りに歯を磨いてから寝る事で、朝の口臭をある程度消す事が出来るでしょう。
また、唾液が少なくなる事でも口が臭くなる場合があります。

唾液には口内の雑菌を減らす作用があり、口が渇いていると雑菌が増殖し口臭が出やすくなるのです。
このケースであれば、マスクをして眠る事である程度口の渇きを抑える事が出来ます。

しかし、苦しくなってかえって寝不足に繋がってしまう恐れもあるので、無理はしないでください。

口臭を自分でチェックする方法は?

口臭を自分でチェックする方法

自分の口臭は、以下の方法で知る事が出来ます。

  • 舌苔や歯垢を取って臭いをかぐ
  • 唾液の味がすっぱかったり苦かったりしないか確かめる
  • 手を舐める
  • 息を吹きかけたポリ袋とその場の空気を入れたポリ袋の臭いを比べる
  • 口臭測定器を使う

口臭測定器については、口臭外来で用いられる医療用の測定器の他に、家庭用の1,500~4,500円ほどの測定器があります。
家庭用のものはインターネット通販や家電量販店で購入可能です。

医療用の測定器ほど機能は高くありませんが、朝出勤前に自分の口臭のレベルが普段より強いか、弱いかを把握する事は出来ます。
口臭のレベルが高ければ、それを消すための対策をとりましょう。

朝の口臭を消すための前夜の対策

朝の口臭を消すための前夜の対策

夜寝る前にオーラルケアをすれば、翌朝の口臭を抑えられる可能性があるのです。
朝の口臭を消すために、夜以下のような対策をとってみましょう。

  • 歯を磨く
  • 舌を磨く
  • 寝る前にコップ1杯の水を飲む

朝の口臭を出にくくするためには、歯磨きだけでなく舌も磨いて舌苔を取り除いてください。
舌苔は口臭の大きな原因です。

舌は強くこすらず、ある程度舌苔が取れれば問題ありません。
また、就寝前に水を飲むのは口内の乾燥を防ぐためです。

毎晩水を飲む習慣を身に付ければ、深夜の口の渇きを防げる可能性があります。

朝起きた時の口臭を消すための対策

朝起きた時の口臭を消すための対策

寝起きの口臭は朝になってからでも対策が出来ます。
朝起きてから臭いに気付いても困らないように、口臭を消す方法をここで知っておきましょう。

歯磨き以外でも朝の強い口臭に対処する方法は沢山あるのです。
ここでご紹介する対策は、ある程度の即効性がありますので、ミーティングやデートを控えている日でも満足できる効果が期待できます。

朝は身支度でバタバタしがちですが、自分でやりやすいと思う方法を実践してみましょう。

汗を流す

身体の中に毒素が溜まっていると、それが口臭として現れる恐れがあるのです。
ウォーキングや長めの朝風呂で汗を流すと、体内の毒素が排出され口臭も気にならなくなる可能性があります。

多めに汗をかく事で、気になる朝の口臭を消す効果が期待できます。
また、前日にニンニクなど臭いの強い食べ物を食べた場合も、汗をかく事で臭いの成分を外に出せる可能性があるのです。

もし朝時間があったら、汗を流すという方法を試してみてください。

飲み物で口臭対策をする

飲み物の中には、朝の口臭を消す効果が期待できるものがあります。
その1つが緑茶です。

緑茶には、カテキンなどの消臭成分が含まれており、それらが朝の気になる口臭を消してくれる可能性があるのです。
ただ、何杯が飲まないとあまり効果が望めないので、朝口臭が気になったら出かけるまでに飲むのは緑茶だけにするぐらいのつもりでいましょう。

抵抗がなければうがいにも緑茶を用いると、より高い消臭効果が期待できます。
他にも、牛乳が朝の口臭を抑えるのに有効です。

前日臭いの強い食べ物を食べた場合、翌朝牛乳を飲むと胃の中の臭いを包んでくれるので口臭が気にならなくなる可能性があります。
しかし、舌苔が多い人には、牛乳は逆効果なので注意しましょう。

食べ物で口臭対策をする

食べ物にも、朝の口臭を消す可能性のあるものがあります。
朝食にハーブサラダを取り入れると、口臭を抑える効果が期待できます。

オススメのハーブは、ミントやバジルです。
特にバジルは消化を良くする効果も望めるので、胃の疲れによる口臭を抑えてくれる可能性があります。

また、梅干しも殺菌作用を持ち唾液の分泌を促進するという点では朝の口臭に有効です。
そもそも朝食自体とらないという人もいますが、口臭対策の観点でみてもそれは好ましくありません。

朝食を食べない人は、それを理由に歯磨きもしない傾向にあります。
そのため、寝起きの雑菌まみれの口で外出する事になり、日中口臭が気になるリスクが高くなるのです。

サプリメントを飲む

コンビニやドラッグストアで口臭サプリメントを購入する事が出来ます。
水やぬるま湯で飲むカプセルタイプの他、タブレットタイプやスプレータイプもあります。

口臭サプリメントは即効性が高い上、その場ですぐに口に入れられるという点がメリットです。
余裕がない時でも朝の口臭を早く消す効果が期待できます。

しかし、口臭サプリメントは一時的に口臭を抑えるためのものなので、慢性的な口臭に悩む人にはオーラルケアや食生活の工夫をオススメします。

ガムを噛む

ミント系のガムであれば、朝の口臭を消す効果が期待できます。
こちらも即効性があるので、時間のない朝などすぐに口臭に対処したいという時にオススメです。

迷惑にならない場合に限り、人と会っている間ずっとガムを噛み続ける事も出来るでしょう。
そのため、口臭がある事を人に知られるリスクも下げる事が出来ます。

口臭対策が出来るだけでなく、歯に付着した食べかすを取り除く、唾液の分泌を促すというメリットもあります。
歯磨きに近い効果が期待できるガムですが、細かい部分の汚れや歯垢を取り除きたいのなら歯磨きをする方が圧倒的に有効です。

マウスウォッシュを使う

マウスウォッシュには、殺菌作用が望めます。
そのため、これだけでも口臭が緩和される事がありますが、口内の汚れを取るのは難しいため完全に口臭を消す効果は期待できません。

朝の口臭をより少なくしたいのなら、歯磨きを丁寧にした上でマウスウォッシュを使う事をオススメします。
マウスウォッシュには刺激感のあるものが多いので、スースーするのが苦手な人は代わりにうがい薬を使いましょう。

うがい薬にも口内の雑菌を減らす効果が望めるため、マウスウォッシュと同じく口臭を抑えられる可能性があります。

口臭を予防するためのうがい

口臭を予防するためのうがい

朝の口臭を消すには、口内を清潔に保つ事が重要です。
ブラッシングで歯を綺麗にする事も大切ですが、口臭をより確実に抑えるには舌や喉の汚れも取り除かなくてはなりません。

ここでは、口臭予防効果が望めるうがいのやり方をご紹介します。
重曹水やハーブティーを使った方法を挙げますが、水だけのうがいでもやり方次第では口臭に対処できる可能性があります。

うがいという手軽な方法で口臭を予防したい人は、ぜひ参考にしてください。

水トリートメント

まずは水だけでうがいをする「水トリートメント」のやり方をご紹介します。

1.15秒間口をゆすぐ。頬や唇の裏と歯の間にも水がいきわたるようにする
2.上あごの粘膜に舌を密着させ、15秒間前後に動かす
3.あごを30度ぐらい上げ、15秒間うがいする
4.真上を向いて「あーおーあーおー」と声を出しながら15秒間うがいする

これらを3セット行いましょう。
朝の口臭を消すためには、起床後と朝食後にこの水トリートメントを行うと、口臭予防効果を実感しやすくなります。

さらに、昼食や夕食の後、夜寝る前にも行うと日常的に口臭を感じにくくなる可能性があります。

重曹水を使ううがい

100ccの水に小さじ1/2の重曹を入れ、その重曹水でうがいをすると、口臭を消す効果が期待出来ます。
これは、重曹水のアルカリ性の性質が口臭に有効なためです。

朝の口臭を消したい時も、日中口臭が気になる時も重曹水でのうがいはオススメ出来ます。
例えば、コーヒーを飲むと、後で口が臭くなる事があります。

これは、コーヒーによって口内が強い酸性になるためです。
そんな時、アルカリ性の重曹水でうがいをする事で口内が中和され、口臭が消える可能性があります。

ちなみに、コーヒーのようにカフェインを含む飲み物を飲むと、神経が興奮状態になる事で唾液の分泌量が低下します。
こうした要因でも口臭が発生するので、口臭に悩んでいる人は誰かと会う前にコーヒーを飲むのは控えましょう。

ハーブティーでうがいをする

ハーブティーは、人によって好き嫌いが分かれますが、口臭予防にオススメ出来る飲み物です。
ハーブそのものを食べる事でも口臭を消す効果が期待できますが、ハーブティーにして飲んだりうがいをしたりする事でも朝の口臭を抑えられる可能性があります。

歯磨き後のうがいにハーブティーを用いると、朝の強い口臭を消す効果が期待できます。
ハーブティーが苦手でなければ試してみてください。

ちなみに、口臭予防にオススメのハーブはミント、セージ、タイムです。

口臭を予防する生活習慣

口臭を予防する生活習慣

朝の口臭を消すためには、前日の食事に気を付けるよりも普段から食生活に気を遣うのがオススメです。
そうすれば大事なデートの時も、前日になって慌てて夕飯のメニューを調整するといった事は少なくなります。

以下のような口臭の原因になりやすいものは、出来る限り避けましょう。

・ニンニク
・油もの
・ドライフード(パン、クッキーなど)
・肉
・卵
・カフェイン入りの飲み物(コーヒー、紅茶など)

一方、口臭の出にくい食べ物としては、このようなものが挙げられます。

・リンゴ
・硬いパン

また、乳製品については、人によって口臭が出にくいパターンもあれば出やすくなるパターンもあります。
心配な人は牛乳やヨーグルトは避けるようにしましょう。

食生活に工夫を加える他に、ストレスを溜め込まない生活を送る事も口臭予防に繋がる可能性があります。
ストレスは唾液の分泌量低下に繋がる事があるので、日々リラックスタイムを設けましょう。

朝の口臭を消す方法のまとめ

朝の口臭を消す方法のまとめ

朝感じる事のある強い口臭は、丁寧な歯磨きの他うがいのやり方を工夫する事でも消す事が出来ます。
水だけでのうがいでも口臭に対処できますが、もし余裕があれば重曹水やハーブティーを使ったうがいも試してください。

口臭サプリメントやガムなどで口臭に対処する事も可能ですが、それらはあくまでその場しのぎの対処法です。
より根本的に口臭を消したり予防したいのなら、飲食物の選び方など普段の生活習慣から見直す事が重要でしょう。

オーラルケアのランキング